千葉景子法相は26日の閣議後の記者会見で、足利事件での菅家利和さんに対する無罪判決言い渡しについて、「こういうことがないようにさまざまな法的、制度的な検討をしなければいけない。可視化の問題やDNA鑑定のあり方とか、措置すべきものがあれば対応していかなければ(ならない)と思う」と述べ、えん罪を防止するために犯罪取り調べの録音・録画(可視化)の導入が必要だとの考えを強調した。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕菅家さんに無罪判決へ=足利事件再審
〔用語解説〕「足利事件」
菅家さんに無罪判決へ=足利事件再審、18年ぶり名誉回復
「再考を強く求める」=足利事件再審判決の撮影不許可で
菅家さん在廷での撮影認めず=足利事件の再審判決

政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
<脅迫文>兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り(毎日新聞)
小1生の母親「学校に慣れるか不安」76%(産経新聞)
外相、28日から米・カナダ訪問=普天間移設、検討状況説明へ(時事通信)
ミカン130本を小学校に植え「所有権」主張(読売新聞)
AD