仙谷国家戦略相は21日、「外国人医師は、日本で改めて試験を受けないと医療行為ができない。そういうこと(規制)を取っ払うよう仕掛けないといけない」と述べ、日本の医師免許を持たない外国人医師でも一定の技術レベルが認められれば、国内で診療が行えるよう検討する考えを示した。

 神戸市内で記者団に語った。

 当面は「特区」や特定の医療機関に限って規制緩和を進める方向で、行政刷新会議の規制改革分科会などで検討し、政府が6月までにまとめる新成長戦略にも盛り込みたい考えだ。

 仙谷氏はまた、医療行政を担う厚生労働省医政局について、「みんな無責任になっていて物事が進まない。存在が邪魔になるなら、解体しなければいけない」と述べ、組織見直しに強い意欲を示した。

覚せい剤1キロ密輸容疑、瀋陽空港で日本人逮捕(読売新聞)
「勉強頑張りたい」=心臓移植成功の男児、帰国し会見-秋田(時事通信)
施設所有会社役員を起訴へ=大成建設社員も-渋谷の温泉爆発・東京地検(時事通信)
<B型肝炎訴訟>36人が追加提訴、原告419人に(毎日新聞)
奈良県立美術館でM.C.エッシャー展始まる 80作品を紹介(産経新聞)
AD