厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は3月29日、第10回会合を開き、多発性骨髄腫治療薬として昨年2月から販売を開始しているサリドマイドの処方期間を現行の14日から最大12週に延長することを了承した。

 現行の14日では、患者が通院する頻度が高く、負担が大きいことなどが理由。事務局は最大処方量について、14日分を基本とするなどとしたサリドマイド製剤安全管理手順(TERMS)や添付文書の文言を削除する案を示したが、参考人からの「(処方日数の)上限はあるべき」などの意見に配慮し、12週を上限にすることとした。

 サリドマイドは1950年代後半に催眠鎮静薬として旧西独で開発され、日本でも広く使用されていたが、妊婦が服用した場合、胎児への重大な障害や死産を引き起こすことが明らかになったため、62年に販売を中止。しかし、90年代に海外で多発性骨髄腫への治療効果が報告されたことをきっかけに、国内でも藤本製薬が昨年から販売を開始している。


【関連記事】
サリドマイド個人輸入量が半減
サリドマイド誤投与で注意喚起-厚労省
サリドマイド製剤、年明けにも販売
サリドマイド製剤販売手順を了承
サリドマイド教訓に、患者とオープンな議論を―血液学会池田理事長

アフリカ開発で協力=岡田外相がタンザニア首相と会談(時事通信)
男性刺され死亡 福生駅前の路上 交通トラブル?(産経新聞)
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診(産経新聞)
皇太子ご一家、静養で長野に(時事通信)
「定数削減、統一選で問う」大阪の橋下知事(産経新聞)
AD