日米共同声明で訓練の一部移転先に例示された鹿児島県・徳之島の3町長(徳之島、伊仙、天城)は28日、県知事室で伊藤祐一郎知事と対応を協議した。訓練受け入れを拒否し、6月上旬にも平野博文官房長官に直接抗議することを確認した。

 会談後の会見で、大久保明・伊仙町長は琉球支配、米軍統治など苦難の歴史を踏まえ「我々は抵抗の歴史を受け継いでいる」とし「地元の民意を無視した発表をしても国民が支持しない」と述べた。大久幸助・天城町長は「島民の結束は固くなるだけ。強引に押しつけるならば成田闘争以上の激しい反対運動になる」。高岡秀規・徳之島町長も「改めて民意は反対としっかり伝えたい」と同調した。

 3町長は、日本政府に新たな反対署名約1万5000人分を手渡し、オバマ米大統領あてには反対の民意を伝える手紙を送る方針だ。【村尾哲】

【関連ニュース】
普天間移設:「甘い汁は毒に」徳之島3町長、集会で訴え
普天間移設:首相と徳之島3町長の会談、7日で調整
普天間移設:徳之島3町長、首相と面会へ…反対民意伝える
平野長官:空港沿岸埋め立て打診 徳之島住民と会談
普天間移設:官房長官が徳之島町議5人と会談

一部ユニット型特養の整備など「柔軟に対応を」―関東地方知事会(医療介護CBニュース)
不正ケシ流通 神奈川県が判断ミス、謝罪(産経新聞)
タクシー道順で口論…西宮市職員、運転手殴る(読売新聞)
HP、ブログ解禁で合意へ=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)
元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)
AD