宮崎県都農町の肉用和牛繁殖農家で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いが強い母牛3頭が見つかった問題で農林水産省と宮崎県は21日、この農家から南に約3.4キロ離れた川南町の畜産農家の乳牛と和牛6頭も感染の疑いが強いと発表した。感染が疑われる県内の牛は9頭になった。

 酪農・肉用牛の複合農家で、乳牛37頭、黒毛和牛、交雑種各14頭の計65頭を飼育している。県によると20日朝、獣医師を通じて宮崎家畜保健衛生所に、都農町の事例と同じように6頭がよだれやかいようの症状を示していると通報があり、動物衛生研究所での検査の結果、感染の疑いを確認した。県は65頭すべてを殺処分し、消毒などの防疫措置を取り、移動・搬出制限区域も設定する予定。【石田宗久】

【関連ニュース】
<関連記事>口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省
<関連記事>蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
<関連記事>わかる:宮崎・牛口蹄疫疑い 風評被害防止に懸命 産出額全国3位の畜産県
<関連記事>宮崎・口蹄疫疑い:半径10キロを移動制限 農水省と宮崎県 国産牛と豚の輸出停止も
<関連記事>ニュースな言葉:口蹄疫

衆参同日選「コメントしない」=鳩山首相(時事通信)
6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭(産経新聞)
心肺停止の男性死亡=都営バスに追突-東京(時事通信)
みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)
<中国毒ギョーザ>21日から日中警察会議(毎日新聞)
AD