1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-08-30 23:24:04

Minority Report~マイノリティ・リポート~

テーマ:SF
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
マイノリティ・リポート

Minority Report
マイノリティ・リポート

About The Movie
 劇場で公開中の映画「宇宙戦争」の大御所2人がコラボした最初の作品がこの映画!ご存知、「トップガン」(公開されてからもう20年!)や「M:I-3(ミッション:インポッシブル3)」のトム・クルーズ主演。共演は「S.W.A.T.」や「フォーン・ブース」、来年公開予定の「Miami Vice」のコリン・ファレル、「モーヴァン」や「ギター弾きの恋」のサマンサ・モートン、「ジャッジ・ドレッド」や「エクソシスト」、「レナードの朝」などで知られる名優のマックス・フォン・シドーなど。監督は「E.T.」や「インディ・ジョーンズ」シリーズ、「ジョーズ」などで知られる名監督のスティーヴン・スピルバーグ。お得意のSF作品です。

About The Story
アメリカはワシントンD.C.。時代は進み、2054年の世界では殺人予知システムのおかげで殺人事件が消えていた。犯罪予防局に所属する犯罪取締りチームは新たな殺人予知の為、現場へ急行した。そこで見事に事件を未然に防いだのはジョン・アンダートン主任(トム・クルーズ)だった。メンバーからも信頼されている彼だがこの組織に疑いを持つダニー・ウィットワー(コリン・ファレル)とはライバルであり、ダニーは組織の粗を探しに来ていた。運命のいたずらか、予想だにしなかった出来事が起こってしまう。新たに予知された殺人事件の犯人がなんとジョンだったのだ。会った事もない相手を殺すはずがないと疑いを持つジョンだが組織は彼を追い始める。そしてライバルであるダニーも同様にジョンを追う。真相を追究する為、ジョンはある行動に出る。






Commentary, etc・・・
 新たなタイプのSFサスペンスといったストーリー展開でエンターテイメント性が高い感じですかね~。豪華なコラボですが、なんだか最近のスピルバーグ作品は詰めが甘い気がするのは僕だけなんですかね~??この作品もそんな感覚を覚えました。予告ではアクション色が強かった感じがしたので観る前のスタンスがそうさせたのでしょう。数回観たら、そこまででもないかな~って思いましたから。沢山観すぎて、目が肥えてくるとそういったことにもなりやすいかもしれません。あれこれ理由つけたら、SF作品は観れませんからね~。登場する車のシーンは興味がありました~。あと、あの未来型のモニターを操るシーンが好き!!なんかメカメカしくて。家で真似して遊んでました。パントマイムみたいだから~。

Grade of this Movie
 来ました、恒例の評価。

今作はB-と出ました。

 先にもお伝えしましたが、なんか変な期待の仕方が自分的にいけなかったのでしょう。「M:I-2」的な感じのアクションをSFでもやるのかな~、なんて思ってしまっていたので。トムさんは過去の作品ではアクション作が全くなかったので、芸歴は長いけどアクションは遅咲きなんですよね。だからそっちが気になってしまって・・・。あとは監督の矛盾点かな。余談ですが、「M:I-2」に続いてトムの従兄弟が出ていますよ~。ご存知でしたか??






この記事が気に入った方は「人気BLOGランキング」へGo!


メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-08-29 21:49:33

The Replacement Killers~リプレイスメント・キラー~

テーマ:アクション/アドベンチャー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
リプレイスメント・キラー

The Replacement Killers

リプレイスメント・キラー


Abouot The Movie
数々の香港映画に主演し、今作で遂にハリウッド・デビューをした人気スター、チョウ・ユンファ(男たちの挽歌などで有名)のハード・アクション作。彼らしいガン・アクションがハリウッド方式で観ることができます。共演は「ミミック」や「誘惑のアフロディーテ」、「サマー・オブ・サム」のミラ・ソルビーノ、「クリフ・ハンガー」や「デイズ・オブ・サンダー」のマイケル・ルーカー。監督はCMなどを手掛けていて今作がデビューとなったアントワン・フークワ。彼はこの後に「ティアーズ・オブ・ザ・サン」や「トレーニング・デイ」、「キング・アーサー」などを手掛けています!しかもプロデュースはあのジョン・ウー(「フェイス・オフ」等を監督)。香港時代からの黄金コンビがハリウッドで仕掛けた第1回作品です。
About The Story
 スゴ腕の殺し屋、ジョン・リー(チョウ・ユンファ)は華麗な動きで今日も一人、また一人とターゲットを抹殺していた。様々な組織が暗躍する街である日、事件が起きる。港で取引を進めていた男らが警察の包囲網に掛かり、一人の男が命を落とした。この捜査の指揮をしていたのはジーコフ刑事(マイケル・ルーカー)であった。死んだ男はチャイニーズ・マフィアのドンの息子だったのだ。ドンであるミスター・ウェイ(ケネス・チャン)は早速、ジョンに殺しの依頼をする。それは息子の復讐の為にジーコフの息子を殺せというものだった。殺しに向うジョンだったが、彼は躊躇し、ミスター・ウェイの指示に背く。その為にジョンの家族は中国で人質となってしまう。家族を守る為に国外への逃亡を考えたジョンは偽造パスポートを作るメグ・コーバン(ミラ・ソルビーノ)の元を訪れる。しかし、組織の手はそこまでも来ていた・・・。


Commentary, etc・・・
 ハリウッドに少しずつアジアのテイストが入り始めたのはこの作品辺りからでした~。元々はジャン=クロード・ヴァン・ダムが香港の名監督であるジョン・ウーをアメリカに招いて作った「ハード・ターゲット」がきっかけとなりましたが、それ以降は動きがあまり無く、この作品で一気に開けた感じです。ジャッキー・チェンの作品などとは異なり、ガン・アクションがメインなのが売り。長身なユンファは他の俳優と並んでも見劣りしないのがアジア人として嬉しいです。短めの映画(約90分程度)なのであっ、という間に終わってしまいますが、ド派手なエンタメとしてはコレぐらいでいいかなって感じます。
観ていてすごく思いました。
ミラがカワイイ~!!しかも、構えるとカッコいい~!!!
首からぶら下げてる“カミソリ”デザインのネックレスが素敵~☆
Grade of this Movie
 ではでは恒例の評価ですが、
でお願いします(誰に対して??)。
 これまた映画館で観ましたが、この時は結構地味に話題になっていました。で、個人的に香港時代からチョウ・ユンファが好きなので昔と同じようにスゴい作品になるかな~って思っていたのですが、ちょっとストーリーが単純過ぎる感がありまして。時間が短いからスグに終わってしまったし、そういう部分では少し残念。ですが、まあアクション自体は派手ですので「スカッとさせる映画が観たい!」なんていうときにはオススメです。理屈どうこうじゃなくて、気楽に楽しめるエンタメ系ですから。
ちょっと舞台裏
 この映画の売りはやはり派手な“ガン・アクション”。香港映画でも山ほどガン・アクションをこなしたユンファですが、今作はハリウッド史上に残るほどの弾薬量!いつもトレード・マークの「2丁拳銃」でバッタバッタと敵を倒していくのですが、今回はハンパじゃなかったそうです。指にいくつものマメが出来るほど乱射!!でもプロ根性で文句も言わないでこなしたのには拍手!!もちろんミラ・ソルビーノも負けじとアクションをこなしてます!!どちらもがんばり屋さんなのでーす。
余談ですが、これだけ多くのブログがあるのにこの映画について書いてる人がいないなんて~。
今、公開されてる作品や先の作品ばかりが映画じゃないのですっ!!

この記事が気に入った方はコレをクリックして「人気BLOGランキング」へGo!


メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-24 20:55:57

Blue Crush~ブルー・クラッシュ~

テーマ:ドラマ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ブルークラッシュ

Blue Crush
ブルー・クラッシュ
About The Movie
 夏真っ盛りの青春ドラマ![サーフィン映画]としても評判が良く、主人公らは女性というのも新しい。主演は「モンタナの風に抱かれて」のケイト・ボスワース。共演は「S.W.A.T.」や「バイオ・ハザード」、「ガール・ファイト」のミシェル・ロドリゲス、「キューティー・ブロンド」や「パール・ハーバー」のマシュー・デイビス、そしてサーファーとしては有名で今作がデビュー作となるサノー・レイクら。監督は「トップガン」に出演経験もあるジョン・ストックウェル
About The Story
 サーフィンのメッカとも言われる南の楽園、ハワイ。このハワイのオアフ島のノスショアに住んでいるアン・マリー(ケイト・ボスワース)は幼少期、天才サーファーと呼ばれたほどだった。そんな彼女は今もサーフィンを続けており、「パイプライン・マスターズ」という世界一危険と言われる大会を目指して練習していた。が、以前経験した事故がトラウマとなり、恐怖心が拭えずにいたのだった。バイトと練習を繰り返すアン。そんなある日、バイト先のホテルで知り合ったフットボール選手のマット(マシュー・デイビス)と親しくなり、彼と恋に堕ちて行くアン・親友のエデン(ミシェル・ロドリゲス)はそんなアンを心配するが、目標を見失っているアン。しかし、大会への時間は刻一刻と迫っていた。
Commentary, etc・・・
 これはなかなかの秀作。しかも、女性が主人公なので切り口も斬新に感じます。劇場でもスマッシュ・ヒットしましたが、観ればその良さが分かりますwwいかにも夏らしい雰囲気が全編に漂い、誰もが“夏”を体感できるので家で観てから海に行くのもグー!男でもビビるような波に向っていく彼女達はカッコよく、その姿に憧れる女性も多いハズ。また、それぞれが抱える悩みとか不安が妙にリアルで「ウン、ウン。ある、ある。」と思えるところがヒットの要因でもあります。プロのサーファーも出ているので迫力もあるので一見の価値アリ!!男女共に見て、楽しんで、リゾート気分を満喫しながら海に行く予定でも立ててください!サーフィンが出来ない場所でも海を見たりする楽しみの一つに!!
Grade of this Movie
 いつも見て頂いて感謝です!
今回も評価入れてみましたが、あくまで僕的な評価なので。
では、評価は・・・が出ております!
 予想していたよりも面白く、是非とも女性にも観て頂きたいな~って思いました。アクティブな女性はカッコいいし、すごく綺麗だと思いますー。が綺麗で、夏の空気が画面から伝わってきますよ、ホントに。サーフィンだけじゃなくて、色々な角度から楽しむことが出来るので要チェック!観た方はまたまた違う楽しみ方を探してくらさーい!!
Message to The Readers
 特定しないで多くの「女性」の方々にメッセージ!!
今までにはなかなか無かった女性メインのスポーツ・ドラマ。今作のテーマはサーフィンですが、女性だって色んなスポーツが楽しめます!それに、男性同様にスポーツをしたり、様々な事にチャレンジする女性って綺麗でカッコイイですよ~。少なくとも、僕はそう思ってますから~!!いつもゴージャスに着飾っているよりも、「へ~、こんな一面もあったんだー」って思えるし。髪をしばって、タンクトップとかでスポーティにそしてアクティブにしている女性はキレカッコイイんですっ。友情や愛情、挫折などなど多くのことを見て、共感できる今作は自分の新たな一面を見つけ出してくれます。
ちょっと舞台裏
 「モンタナの風に抱かれて」では乗馬を披露し、今回はサーフィンに挑戦したケイト。運動神経がいいので今回の役を得ることが出来ましたが、かなりの猛特訓を受けたそう。相当ハードで溺れそうにもなったとか。やっぱりハリウッド俳優はリアルさを出す為にとことん役に入り込みますね~。大したもんだね~、ケイトちゃん。

この記事が気に入った方はコレをクリックして「人気BLOGランキング」へGo!
メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-08-21 02:53:27

デザインを一新しました~!!

テーマ:ご挨拶/コメント/当サイトのご案内

皆様、

「Rusty's Cinema Complex」へ来ていただき、有難う御座います!

デザインを新たにしました~!映画や映画関連グッズなどを紹介している当ブログですが、多くの俳優(ブラッド・ピットを筆頭にジョージ・クルーニーやジェイミー・フォックスらも参加!)している「ホワイト・バンド」チャリティに僕自身も興味があり、このデザインにしました。


My SistaのElleが日本に来た際にアメリカ版の「Wite Band」をくれたのですごい嬉しかったのです~。彼女も同じようにコレを着けています。


映画、音楽を通してこのキャンペーンに興味を持ってもらえると嬉しいです。


U can do something. U're the one who can save the world.


いつも来てくださる方も今回初めてここへ来た方もこのブログを楽しんでいただけると嬉しく思います。まだまだ未熟でブログらしいものではないのですが、これからも色々な楽しみ方を繰り出していけたらと思います。いつでも気軽に来てください!!


I hope U enjoy this blog, and the movies!!




この記事が気に入った方は「人気BLOGランキング」へGo!
メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-08-21 02:38:34

Changing Lanes~チェンジング・レーン~

テーマ:サスペンス/スリラー
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
チェンジング・レーン〈スペシャル・コレクターズ・エディション〉
Changing Lanes
チェンジング・レーン
About The Movie
 ありがちな日常風景をシリアスでスリリングに描いたサスペンス。誰にでも起こり得る物語は考えさせられます。主演の二人は「デア・デビル」や「ペイチェック」に主演し、先日にはジェニファー・ガーナーと結婚したベン・アフレックと「コーチ・カーター」や「トリプルX/ネクスト・レベル」のサミュエル・L・ジャクソン。共演には監督としては「ザ・インター・プリター」を、俳優としては「アイズ・ワイド・シャット」に出演のシドニー・ポラック、「シャフト」や「シックス・センス」のトニー・コレット、「ヴィレッジ」や「A.I.」のウィリアム・ハートら豪華キャスト。そして監督は「ノッティング・ヒルの恋人」のロジャー・ミッチェル
About The Story
 ニューヨークはマンハッタン。この土地で働く若手の敏腕弁護士であるギャヴィン(ベン・アフレック)は自分が担当している裁判に出廷する為に高速道路を飛ばしていた。
時を同じくして、アルコール依存症で妻子と別居をしている男、ギブソン(サミュエル・L・ジャクソン)も親権をめぐる裁判に出廷する為に高速を走っていた。渋滞の高速は誰でも気がアセるが、それが二人の男の運命を翻弄していく。急いでいるギャヴィンはたまりかねて強引な車線変更(チェンジング・レーン)をしたのだった。そのせいでギャヴィンとギブソンの車は接触事故を起こす。急ぐあまり、ギブソンを適当にあしらってその場を去ったギャヴィン。その場に残されたギブソンは怒りに震え、ギャヴィンが落としていったファイルを手にしていた。ここから二人の運命は狂っていく・・・。
Commentary, etc・・・
 ありふれた日常の中で起こる事件がとても身近に感じるので観ている方も頭の中に様々な思いが駆け抜けるストーリー。きっとこんな一場面にアナタも遭遇したことがあるでしょう。事故は起こさなかったかも知れないけど、車の割り込みに「おいおい!危ないなぁ」なんて思ったことはあるハズです。「もしもあの時こうだったら」とか考えたことを思い浮かべながら観ると余計に怖いかもよ~。
Grade of this Movie
正直に今作を評価したら・・・
C-かな~。
 あくまで個人的な評価なので鵜呑みにしないで下さいね。観る方によって変わってくるのはよ~く分かってますから。ただ、話題性が高い作品だったし、CMなどの作りは良かったのに本編は若干ダラダラした感じがあったので・・・。もっとなんかスリリングで先がまるで見えないサスペンスかと思っていたら、そうではなかったのです。良く言えば現実的というかリアルな展開なのでしょうが、悪く言えば引っ張り過ぎてしまっていて本質が薄くなった気がします。ただ、ホント誰にでもありうるストーリーやシチュエーションなのでそういった部分で共感される方も多いと感じてます。まあ、僕の評価よりも観た方それぞれの感性が最優先ですから。また感想などを教えてもらえると観方も変わりますね~。
Message to The Readers
今回のメッセージはこの方へ!!
sirius1971 さん!
 この映画でも車絡みで不運なことが起こりますが、気を落とさないでポジティブにいきましょう!!この作品の主人公らはかなり不運です。まあ、そういう運命を選んだのも本人たちのような気がしますが。ですが、そんな彼らでも答えを見つけようとしていきます。きっとこの作品からsirius1971さんも何かグッド・アンサーが得られるかもしれません。誰にでもツイてない時がありますが、必ずいいこともありますよ。ポジティブに信じることを大切にっ。季節と同じように運気もめぐります!

この記事が気に入った方は「人気BLOGランキング」へGo!



メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-08-17 14:09:04

Finding Nemo~ファインディング・ニモ~

テーマ:アニメ
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ファインディング・ニモ

Finding Nemo
ファインディング・ニモ
About The Movie
ウォルト・ディズニーとCGアニメのピクサーが贈るフルCGアニメーションの大ヒット作!日米で記録的なヒットをした今作は子供から大人まで存分に楽しめる作品。声の出演者は珍しく知名度が低い方ばかりですが、ギルの役で「二重誘拐」や「プラトーン」、「トリプルX2/ネクスト・ジェネレーション」のウィレム・デフォーが参加しています。
About The Story
オーストラリアの海深くで生活している“カクレクマノミ”のマーリンとコーラル夫婦。綺麗なこの地域で二人は生まれた卵を育てていた。ある日のこと、そんな二人をバラクーダが襲い、コーラルと卵は命を落としてしまう。生き残ったのはマーリンとたった一つの卵だけ。時は過ぎ、マーリンとたった一人の息子であるニモは仲良く生活していた。ニモは学校に行く程に成長し、沢山の友達もいた。友達と肝試しをしていたニモは父親の忠告も無視して人間の乗ったボートに近づいていた。そんなニモをなんとダイバーが捕らえてしまう。事情を知ったマーリンは愛する息子を探して大海原へと旅に出る。途中で知り合った物忘れの激しい魚、ドリーと協力して大冒険が始まる!
Commentary, etc・・・
 ホント、幅広い年齢層の方々に楽しんで頂ける作品でいかにもディズニーらしい仕上がりです。親子愛や友情、笑いあり、涙アリで暴力描写も少ないので安心して観れるCGアニメです。アメリカで観た際は観客の反応も日本と違うし、日本以上になんだか親近感を持って観ることができました。まあ、言葉が同じだし、日本と表現の仕方が違うからっていうこともありますがね。ただ、終わった後の子供のハシャギかたは同じで可愛かったのをよーく覚えてます。カメのサーフィンとかが可愛く、CGとは思えないほどの海の映像に驚き、前に乗り出して観てしまったほどです。夏も終わりに近づいてますが、その前に今作を観た人も観ていない人もゆっくり観て、夏の思い出の一つに加えてください。
Grade of this Movie
 もちろん評価させていただきます。
が今作の評価でーす!!
 幅広い年齢層にマッチする作りはやはりポイントが高いでしょう。映像も数年前と比べて格段に上がってますし、物語的にも十分に楽しめるし。まあ、しいて言うなら男の人には物足らない感があるかも。アクション作などではないのでそれは期待しないで下さい。そんなこと言わなくてもご存知なのは承知ですけど(汗)。でも、逆にこういった作品を観るのもいいものですよ!!親子愛友情勇気希望がギッシリ詰まってますから!気が付くと目頭が熱くなっているかも!?ダイビングの感覚で部屋を涼しくして観ても遊び心があっていい感じかもしれません。
Message to the Readers
 今回のメッセージはどの方宛かな??
そう、今回は睦月さんに!!
 魚もイルカも人間も、生き物みんなに共通して言えるのはHeartがあるっていうことですかね。僕はそんな気がします。どの世界にも争いなどがあるけどそれは一部で、本当はみんながもっと力を合わせれば人種や種類なんていう小さな事も争いも簡単に超えられるし、それぞれが繋がっていることを理解できるってコレを観て思いました。自分に勇気や自信が持てるっていうこともコレを観て更に実感!キレイごとじゃなくて、動物的感覚ですかね~。生き物っていいモノ一杯持ってるんですよねー、それぞれが。
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ファインディング・ニモ DVDコレクターズ・ボックス

この記事が気に入った方はココをクリックして「人気BLOGランキング」へGo!



メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-08-15 16:39:22

Serendipity~セレンディピティ~

テーマ:ラブストーリー/ラブコメディ
アミューズソフトエンタテインメント
セレンディピティ

Serendipity
セレンディピティ


About The Movie
 奇跡的な出会いを描いたラブ・ロマンス。「アンダー・グラウンド2」や「パール・ハーバー」のケイト・ベッキンゼールと「アイデンティティー」や「アメリカン・スイートハート」など幅広いジャンルで活躍するジョン・キューザック共演。監督さんは「マイ・フレンド・メモリー」などで知られるピーター・チェルソムさん。クリスマスのNYが舞台で、心温まるラブ・ロマンスに仕上がってます。



About The Story 
 寒くても人で賑わい、どこか温まるニューヨーク。クリスマス5日前のデパートで1組の手袋をめぐって出会ったジョナサン(ジョン・キューザック)と英国の女性サラ(ケイト・ベッキンゼール)。偶然がキッカケで食事をし、愉快でどこかロマンティックな時間を共にする。短い時間ではあったが、どこか名残惜しさを感じていたジョナサンにサラが面白い提案をした。それは5ドル紙幣にジョナサンが連絡先を書き、サラは自分が持っていた本に連絡先を書いて古本屋に売ったのだ。もし、いつの日かこの“本”を見つけることが出来たら二人は運命的な出会いが出来るというもの。それから数年が経ち、二人は別々の世界でそれぞれの想いを持ったまま生活していた・・・。果たして、運命の扉は開くのだろうか??



Commentary, etc・・・
 本に連絡先を書いて売るのはまだ見つけられそうだけど、5ドル紙幣は・・・。でも、そんな奇跡的な恋愛もしてみたいものです。確かに、「オイオイ、そんなんあるわけないし(汗)」なんて思うかもしれませんが、そこはエンタメ。それに、この世の中、どんな恋愛や出会いがこの先待っているのかなんて誰も予測できませんし。そういった意味では世界中のどの人も“奇跡”で結ばれているのかも。運命じゃなくて。そんな風に感じましたよ、この作品は。また、冬のNYってなんか「恋の街」的なイメージがありますよね~。ロックフェラー・プラザのスケートリンクやクリスマス・ツリーはどこかロマンティックで。この映画を観たくなったキッカケは単純にこの作品のポスターを見た時に「いい感じだな~」なんて思って観ました。ケイトの髪型が可愛くて印象的。


Grade of this Movie
 さてさて今回のこの作品の評価はいかに???


評価はB++!!


 観たときは「おーい!それはありえないっ!奇跡過ぎる~」って思いましたが、なんかそんな無理なことも“奇跡”の良さかな~って感じました。恋愛映画ではお決まりな「すれ違い」もあってハラハラしながら応援したくなる♪どんどん観ているうちに他人事ではなくなる感じが上手く描かれています。「がんばれ!おーい、諦めるな!!」なんて言いながら観たりするのも面白い。気が付くとそんな気持ちにさせてくれます。あつーいホット・コーヒーにクリームを入れていくとそれがセンターから広がっていくようにこの映画も進むにつれて暖かい気持ちが観客の心の中で広がっていきます。まだ、あなたの“奇跡の人”が待っているかも!?


ちょっと舞台裏
 今作の劇中に登場する「Serendipity3」は実際にニューヨークのアッパー・イースト・サイドにあるお店。カフェと雑貨屋さんが1つになっているお店でかなり有名。今作以外でもジョージ・クルーニーとミシェル・ファイファーが共演した「素晴らしき日」にも出てきます。
もし、NYへ行くチャンスがあれば是非足を運んでみてくださいねん☆
ちなみに「セレンディピティ」とは“思わぬ偶然を見つける能力”という意味。



Message to the Readers

 今回はこの方にメッセージ!


かなぶんさ~ん、


 いつも読んでいただいて感謝ですっ。この映画を観て、“恋愛の奇跡”を改めて見つけてくださいねっ☆きっと忘れていることや知らなかったことも一杯吸収できる作品です。ある意味、恋愛に対して夢を持っていてもいいな~って感じられます。そこからまた何かが生まれるかも知れません。未来は誰にも分からないし、意外と近くにあったり、遠くにあったり。その為には今をまた楽しんでくださいね♪I hope U can find something from this movie!!



この記事が気に入った方は「人気BLOGランキング」へGo!

メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2005-08-11 01:24:40

Sniper~山猫は眠らない~

テーマ:アクション/アドベンチャー
山猫1
ジェネオン エンタテインメント
山猫は眠らない

Sniper
山猫は眠らない


About The Movie
 アクション作というよりは渋いサスペンス作といった感じの出来。主演は「プラトーン」で強烈な印象を残し、「トレーニング・デイ」や「7月4日に生まれて」などにも出演のトム・ベレンジャー。共演は「タイタニック」のビリー・ゼーン。この他にはバイ・プレーヤーとして人気もあった故J.T.ウォルッシュも出ています。監督はジェニファー・ロペス出演の「アナコンダ」やシルベスター・スタローンの「スペシャリスト」を手がけたルイス・ロッサ。地味で公開時は「B級」扱いされていましたが、実はかなり骨太のサスペンスでS級並の出来!


About The Story
 密林が広がる南米パナマ。人気が少ないコロンビアの国境近くのジャングルの中で鋭い目で獲物を狙う影があった。ワシントンD.C.のペンタゴンからの極秘指令を受けてその任務を遂行する米海兵隊の敏腕スナイパー、トーマス・ベケット上級曹長(トム・ベレンジャー)だった。基地に戻った彼の元へ若いエリート・スナイパーであるリチャード・ミラーが送られてきた。リチャードはこのパナマにある麻薬組織のボスであるオチョアと組んでいるアルバレス将軍を抹殺する指令を受けてきたのだった。ベケットは伝説的な腕を持ち、彼と組んだパートナーは皆戻らないということで有名だった。一方のリチャードもオリンピックに出場経験があり、スゴ腕という噂があった。気が進まないベケットだったが、軍部の指令に従って作戦を進めるが・・・。


Commentary, etc・・・
 ホント、公開当時はかなり地味で注目もされていなかったのですが、劇場でちゃっかり観ました!!面白い!!あまりバンバンと撃つド派手アクション好きな人には向いていません。静か~に、そして確実に1人1人を仕留めていく様はまさに「男の美学」的な描写。ジャングルをバレないように動き、確実に仕留めていく感じがこの日本名タイトルの由来でしょう。お金を掛けるからいいものが出来るとは限らないんですよね、映画って。敵から隠れるシーンなんかはスゴいっす!「ええ~!?そんな所にいたの??」なんて驚くほどですから、ハイ。


Grade of this Movie
 この「山猫は眠らない」の評価は


ですよ!


 隠れた名作かもしれません。登場人物は少なく、それほどお金を掛けた作品ではないのですが、内容がしっかりしています。逆に言えば男臭いかもしれませんが、たまにはこんな作品を楽しむのもいいかもしれません。日本ではなかなか置いてあるお店が見つからないかもしれませんが、見つけたらラッキー!出来れば多くの方に観ていただきたい作品の一つです。

Message to the Readers

 今回はアクション好き、そして男臭い作品好きな方へ!!

とにかくイイです、コレ。ただのアクション作ではなく、心理戦も描かれていて哀愁すら漂います。シリーズ化されていますが、この1作目は極上!たまにはこんなシリアスな作品もいいですよ!無理に女性を主要キャストに登場させていないのが逆にいい。女性も必見です!!



この記事が気に入った方はコレをクリックして「人気BLOGランキング」へGo!

メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-08-10 14:16:16

Pretty Woman~プリティ・ウーマン~

テーマ:ラブストーリー/ラブコメディ
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
プリティ・ウーマン 特別版

Pretty Woman
プリティ・ウーマン

About The Movie
 大ヒットしたラブ・コメの定番的作品。主演はU.S.版「Shall We ダンス!?」や「真実の行方」のリチャード・ギア。共演は「オーシャンズ12」や「フル・フロンタル」、「ザ・メキシカン」のジュリア・ロバーツ。この他にも「プリティ・プリンセス」シリーズのヘクター・エリゾンドなども脇を固めて盛り上げます。監督は「プリティ・プリンセス」シリーズや「恋のためらい」などで知られるゲイリー・マーシャル。この手のラブ・コメがお得意で定評もあるので両手離しで安心して楽しめます。
Abouot The Story
 実業家で企業売買を繰り返すエドワード・ルイス(リチャード・ギア)はあるパーティーの晩に恋人と別れ、いつもは運転しないスポーツカーに乗ってハリウッドを走っていた。道が分からなくなった彼はハリウッド・ブルーバードで一人のストリート・ガール(いわゆる売春婦)に道案内を頼む。無事に高級ホテルに戻ったエドワードはそのストリート・ガールのヴィヴィアン(ジュリア・ロバーツ)を部屋に呼ぶことにした。ヴィヴィアンにとっては絶好のチャンス。今まで見た事もない豪華な世界にあこがれていたのだ。逆にエドワードも無邪気で知的なヴィヴィアンとの出会いは新鮮であった。
Commentary, etc・・・
 分かってますよ、今更なのは。でもね、もう15年も前の作品なので実は知らない若者も多い気がして紹介してみました。が、しかーし!!15年の年月を感じさせない良さがギッシリ詰まってます。何回コレを観たことか。主人公はリッチだけど、お金じゃないのよね~、愛とか恋とかはっ。主人公エドワードはそれを少しずつヴィヴィアンから教わり、変わっていくし、ヴィヴィアンもまた外見などからは判断出来ない素敵なハートを見せてくれる。お互いが別の何かを持っていて起こすケミカル・リアクションとそれとは逆に同じ何かが引き寄せるシンパシーが恋愛には欠かせないのかも。笑って、怒って、泣いて・・・。そうそう、“人生はヘマをするから面白い!”。
About The Soundtrack
サントラ, ナタリー・コール, デヴィッド・ボウイ, ゴー・ウエスト, ジェーン・ウィードリン, ロクセット, ロバート・パーマー
プリティ・ウーマン

 今回はサウンド・トラック(サントラ)もご紹介!このアルバム、めちゃくちゃいいです!まあ、一般的には10曲目に収録されているロイ・オービソンの「Oh Pretty Woman」が注目されがちですが、甘いっ!

 個人的にオススメはまず3曲目のGo Westがパフォーマンスする「King of Wishful Thinking」。映画のオープニングでエドワードが車を走らせる時に掛かりますが、なんか希望がある感じでいい!フラれても強く進んでいこうっていう歌詞がいいです。
 次にオススメはロクセット(懐かしい~)が歌う5曲目の「It Must Have Been Love」。これは定番ですが、ほろ苦いラブ・ソングとして世代を超えて好かれるタイプの曲だと思います。切なくて、どのシーズンに聴いてもいい1曲
 さてさてお次は7曲目!これ、個人的にすごく好きなんですよ。ピーター・セテラが歌う「No Explanation」。出だしの演奏から引き込まれ、歌詞でも引き込まれる。これもまた切ない別れの歌ですが、なんかこうジ~ンと来るんですよ、マジで。サビへの盛り上がりも気持ちをグイグイと引っ張っていきます。ピーター・セテラといえば、人気バンド「シカゴ」のボーカル。彼はソロでも活躍しています。
 
 そしてもう1曲オススメとして9曲目に収録されているローレン・ウッドの「Fallen」。これは劇中でオペラに向う二人のバックグラウンドで掛かります。これは恋に落ちたときのラブ・ソング。♪I can't belive how, I had fallen for you♪なんて結構いいじゃないっすか。静かで上品なテイストの曲でピアノが栄える。
 さあ、これでサントラも聴きたくなったでしょ~??損はしないので買ってみてはいかがなもんでしょーか?名盤です。
Grade of this Movie
 恒例の評価はっ??
文句なしのA++しました!
 多くの人が「良かった」というのでまあ、予測していた方もいるかとは思いますが、理由としてはまずこの当時までは無かったシチュエーション。ただのラブ・ストーリーにしなかった点が◎。コミカルな要素があるし、暖かい雰囲気もある。そして音楽。80年代から90年代の映画はサントラが一気に注目され、映画のエレメントとしては重要になった時代。それだけに、やはりいい楽曲が溢れてるのです。今では主流の「ラブ・コメ」系原点はやはりこの作品になるでしょう。ジュリアをスターダムに押し上げたのも今作ですから。
ちょっと舞台裏
 劇中に登場するビバリー・ヒルズの高級ホテル「リージェント・ビバリー・ウィルシャー」は世界的にも有名。観ていて「あのホテルのペントハウスでシャンペンを飲みながらイチゴが食べたいっ!」と感じた女性も多いですよね~。が、あれは映画だけのお話。劇中の最上階のペントハウスは実在しません。あれはセットなんですよね~。今でもあのホテルに来て「あの部屋に泊まりたい」っていう方が多いそうですが、残念ながら無理なんです。リチャード・ギアも来日時に話してました~。
Message to the Readers
 今回からは読んで下さっている方にメッセージをお届けしようと思います。普通に通りすがりの方はもちろん、読者登録されている方やコメント、トラックバックしてくれた方々などにランダムでメッセージを書いていきますねっ☆
 お名前が分かる方(ブログ内のお名前)はちゃんと名指しでお送りしますのでお楽しみに!!「この方に薦めたいっ」と思う作品を選んでいきますのでこうご期待!読む楽しみをまた一つ増やしてみました。
 さて、第一回目!今回の作品を観たことがあってもなくても観て欲しい方は
『今、これを読んでくれている方、皆さん』です!!
やはり初回をこうして読んでいただいているので是非この映画を今楽しんで観て下さい。僕は公開当時、劇場で観てすごく楽しみました。笑えて、涙こぼれて、そして微笑が自然に出てくる作品なので。きっと躓いたりしたときでも、すぐに前を向いて歩けるようになりますよ~♪



この記事が気に入った方は「人気BLOGランキング」へGo!


メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-08-09 00:31:14

Indecent Proposal~幸福の条件~

テーマ:ドラマ
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
幸福の条件

Indecent Proposal
幸福の条件


About The Movie
 最近はあまり映画に出なくなったデミ・ムーア(元ブルース・ウィリスの奥さんで「G.I.ジェーン」や「ア・フュー・グッド・メン」に出演)と「マネー・トレイン」や「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のウッディ・ハレルソン、「スパイ・ゲーム」や「モンタナの風に抱かれて」の名優、ロバート・レッドフォード共演による愛憎的ドラマ。監督は「危険な情事」や「運命の女」など毎回リアルな切り口で大人のドラマを作り上げるエイドリアン・ライン。かなりヘビーで現実的なストーリーが観客にいくつかの質問を問いかけてきます。


About The Story
 夫婦とは?愛とは?
若い時から深く愛し合い、仕事でも成功しているダイアナ(デミ・ムーア)とデイビッド(ウッディ・ハレルソン)は理想的な夫婦。マイホーム用の土地も購入し、順風満帆に感じられたが、世の中の不景気の彼らに試練を与えた。金銭のやりくりも厳しくなった二人はデイビッドの親からお金を借りて、ラスベガスを目指した。到着し、ギャンブルをした二人は見事に勝って大金を手にする。大喜びで札束の布団で寝る二人。だが、運命は彼らにまたも新たな試練を与える。翌日にその大金を全てすってしまうのだった。そんな二人を見ていたのは億万長者の男、ジョン(ロバート・レッドフォード)。ジョンは一目でダイアナに恋をし、ある提案を二人に投げかける。「彼女と一晩過ごしたら100万ドルを2人にあげる」というのだ。あまりにも非常識なジョンの言葉に怒りを覚える二人だが冷静になって考え、将来の為にその申し出を受けることを選ぶ・・・。


Commentary, etc・・・
これを初めて観た時はかなり衝撃的でしたー。自分だったらどうだろう?なんて考えてしまいます。愛する人を1日貸したら大金が手に入る。その1日に何があっても文句は言えないし、何が起こるかも予測できる。愛かお金か?観たことのない方は是非ご覧になって考えて頂きたい。様々な意見が出てくるでしょうね~。もしもアナタの恋人や愛する人が1日、誰かと過ごして大金を手に入れられるとしたら?現実的でしかもシンプルでヘビーな内容にかなり考えさせられます。それぞれのキャラクターもしっかりしていていい雰囲気。男の人は苦手な作品かもしれませんし、カップルで観るのは酷かも。出来れば仲のいい友達と観るか一人で観た方がいいです。


Grade of this Movie
なかなかヘビーで内容が濃い今作の評価は


A-とさせていただきました。

 

 人生の賭けですよね。「お金で愛は買えるのか?」なんて。重い、リアルすぎる。そんな気持ちになりました。観たのは公開時でしたが、今でもハッキリ頭に残る内容はこの映画の出来の良さでしょう。デミがすごく綺麗で可愛かったし、ハレルソンもなんか妙にしっくりきてました。レッドフォードもハマり役といった感じ。お金持ちっぽいし、上品ですから。女性なら「いいかも」って思える相手だから余計に男の人は悩むかも。自分の気持ちに疑わしくなったらこういう作品を観るのもいいですよー。


答えは観た方自身で見つけて欲しい。そこにあるのは現実の、真実の愛かも。


この記事が気に入った方はコレをプチッとクリックして「人気BLOGランキング」へGo!


メイン・ページの「View of Boston」はココから!!クリックしてネ~♪

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。