火星に恋して

テーマ:

もうかれこれ15年ほど前に、火星が大接近した年があった。

私はそのとき、望遠鏡を買って火星を見ることにした。


宇宙好きだが、星自体にものすごく興味があるかというと、

それほどでもないのだが

どういうわけだか、私は岩が大好きなのだ!


バックパッカーをしていたときも、いい岩を見つけると

よだれが出そうなくらいにうっとりしていた。

つまり岩フェチなのだ。


そんな私が一番に憧れているのが酸化鉄(赤さび)の岩石の星




火星!!







私の頭の中の宇宙人-火星 ←火星ちゃん♪


火星は2年2ヶ月ごとに地球に接近し、15年~17年ごとに大接近する。



私の頭の中の宇宙人-オリンポス山 オリンポス山



私の頭の中の宇宙人-火星表面 火星の表面




私は田舎に帰省したときに、一人で望遠鏡で火星をのぞいてみた。

ド田舎なので明かりも少なく、星がよく見えるのだ。


すると、大きな赤い星が見えた。


こんなに大きく見えると思わなくてびっくりしたのだが、

じっと見ていると、

星の表面を突風のようなものがビュービュー吹いて

砂が巻き上がっているのが見えた。



これは一体なんだろう??


何度見ても、砂嵐が目に映る。


私は夜の闇の中で、一人でそれを見てしまったことが、急に恐ろしくなった。


こんなものがはっきりと見えるなんて、そんなはずはない。


なぜこんなものが見えるんだろう。

私はゾッとした。

見てはいけないものを見てしまったんだ・・・



そのとき付き合ってた彼に、その話をすると、

夢でも見たんじゃないかと軽くあしらわれた。


誰も信じてくれなかったので、私自身もなにやら自信がなくなってしまった。


あれは私の想像だったのかな。




ところが、最近になってそのことを思い出し、ネットで調べてみると

火星には表面全体を覆ってしまうような大規模な砂嵐は、頻繁に起きており、

それは小さな家庭用の望遠鏡でもよく見えるものなんだそうだ。




私の頭の中の宇宙人-火星砂嵐前後

↑右が砂嵐の起きている火星。星全体を覆うような大規模なもの。



私の頭の中の宇宙人-火星砂嵐 ←砂嵐の様子





またいつか望遠鏡で火星を見てみたい。



私の火星への憧れはやまない。永遠に。





にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

↑火星行ってみたいあなたは、ポチっとしてね♪

もうすぐ日食ですね♪ 大阪では部分日食で、太陽が三日月型になります。

日食観測は正しい方法で!間違ってもサングラスなんかで見たらダメだぞ。


AD

UFOとの遭遇

テーマ:

『ねえ、UFOって見たことある?』


・・・などと場末のバーで、酒を飲みながら話していると、

『あんたこそ、宇宙人なんじゃないの?』などと思われかねないが、


私は2回、UFOを見たことがある。



一度目の遭遇は、小学校の頃。


当時、「小学○年生」という小学館発行の雑誌に、『UFOを呼ぶ方法』というのが

載っていた。

いくつかの方法の中に、石を使ったものがあった。

それは中央に縦長の石を置き、周りを適当な大きさの石を並べて囲むというものだった。


ある日、私はトンボが死んでいるのを見かけ、暇だったのでお墓を作った。

縦長の石を置いて、花を飾っていたら、上記の方法を思い出して、

石を並べてサークル状にしてみた。


何の気なしにしたことだった。

それから近所の友達が来て、一緒に遊んだ。


それからしばらくして、空に何かが浮かんでいるのを発見した。


それは白い風船に見えた。卵を横にしたようなものだった。

しかし止まったまま、どこにも飛んでいかなかった。

飛行船かもしれないとも思った。


それはとても奇妙なものだった。


すごく遠くにあるのか、それとも近くにあるのか

とても大きいものなのか、小さいものなのか

遠近感が全く分からなかったのだ。


友達と私はUFOだと思い、「テレパシーを送ろう!」と

「こちらに来てください」とか「光線を出してください」と念じた。


すると、その白い物体からジグザグの黄色い光線が出た。

何度も。


テレパシーが通じたんだ!!


それから、長らくその物体はそこにいたが、

お昼ご飯の時間になったので、私は家の中に入った。


次に見たときは、もういなくなっていた。


その次の日、学校で私と同じ地区の男子が、「UFOを見た!」と騒いでいた。

そして「光線を出していた」と言った。


私はやっぱり見間違いじゃなかったんだと、ホッとした。


信じられないような嘘くさい話に思えるだろうが、正真正銘の本当の話だ。

実はこのUFO、地元の新聞にも載っていたのだから!

たくさんの人が、空に浮かぶこの物体を見ていたということだ。


ただ、私が並べた石はただの偶然かもしれない。

自分が呼んだとまでは、さすがに言わないな。




2度目の遭遇は、成人してから。


仕事で某県の山奥に宿泊していたときのことだ。

同僚たちと外にいて、星を眺めていた。素晴らしい星空だった。


そこに移動している星があった。

誰もが人工衛星だと思った。


するとその星のようなものは、ありえない軌道を描いて、

びゅんびゅんと上下左右といろんな方向に、ものすごいスピードで飛び回った。

まるで、眺めている私たちをおちょくっているようだった。


最初は「UFOだ!」と騒いでいた私たちも、しばらく見てたら飽きてしまった。



あれがなんだったのかは分からない。

ただ未確認飛行物体(UFO)であったのは確かだ。





私は宇宙人の存在をずっと信じている。


この世に我々だけが、地球のような美しい星を与えられて

宇宙の謎を考えられるまでの知的文明を持っているなんて、

そんなことを考えること自体がおこがましいし、


この広大な宇宙に、知的文明を持った生命体が

我々地球人だけだなんて、なんとも心細いことではないか。



都会に住んでいたら、空を見上げることなどあまりないし、空も狭い。

たまにはふと、空を見上げてみるのもいいかもしれない。


そこにはあなたの知らない何かが、存在しているかもしれないのだから。




にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ←『地球人』という名の宇宙人のあなたはポチッとしてね♪
AD

週刊モーニングが好き

テーマ:

私は毎週木曜を楽しみにしている。

それは『モーニング』の発売日だから。



私の頭の中の宇宙人-モーニング


かれこれ何年読んでいるっけな?

とにかく面白い漫画ばかり載っているんだよねえ。ドラマ化されることも多いし。

執筆陣が豪華で、井上雄彦、弘兼憲史、かわぐちかいじ、最近では浦沢直樹なども連載している。



その中で特に私が注目している漫画を紹介する。





『ディアスポリス』


私の頭の中の宇宙人-ディアスポリス

東京にいる密入国外国人は約15万人。

そこには密入国異邦人による秘密組織・異邦都庁が存在していた。その中には裏の銀行も病院も警察も存在する。


この漫画の連載が始まったときの衝撃はすごかった。

以来、この漫画が一番楽しみになった。

残虐で過激なシーンも多いし、怖い人もたくさん登場するが、涙も人情も笑いもある漫画である。

アジア系留学生の犯罪集団やネット犯罪など、扱うテーマが非常に興味深い。

いつかドラマ化してくれると思うんだけどなあ。



『ひまわりっ』
私の頭の中の宇宙人-ひまわりっ

南九州テレホンサービスに勤めるOLアキコの物語。


この漫画は本当に面白い!

最初は父親の健一がうざくて憎らしくて、あまり好きな漫画ではなかったんだが、

登場するキャラがあまりに強烈で、笑いもディープというか年代が合ってるというか。。。

最近はアキコが宮崎を離れ、漫画家として上京し、さらにヒートアップしている。




『きのう何食べた?』
私の頭の中の宇宙人-きのう何食べた?

40代の男性同士の弁護士と美容師のカップルのお話。


連載当初、ゲイのカップルの(しかも40代!)の話がモーニング誌で受け入れられるか案じていたが、なんかこの二人、いい感じなんです。

ほとんど料理シーンなんだけどね。

シロさんの作る料理は食べたくなるものばかり。

だから時々切り抜いて取っておき、まねして作ることもある。

クッキングパパも切り抜くことあるけど、材料やレシピが難しいものが多いからなあ~

でもこれは非常に庶民的料理で作りやすい!




『社長 島耕作』
私の頭の中の宇宙人-島耕作

なんだかんだ言っても、これが載ってない週はなんだか物足りない。

私がモーニングを読み始めたときは部長だったけど、ついには社長まで出世。

なんといってもこの漫画は勉強になる!


でも個人的には島耕作はそんなに好きじゃない。

仕事できる、女にモテる、クリーンな男。

確かに耕作は素晴らしい男なんだが、なんていうか、こんなやつが実際にいるかよ~!って感じ。

ここまで女にもてるっておかしいもん。だってもう60歳だよ。

だからこれは一種のファンタジー漫画ともいえるなあ。




にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ←耕作が嫌いでも、漫画が好きな人は押してください。
AD

旅のマイ・コレクション

テーマ:

元バックパッカーの私が、秘かに集めていたものがある。




それがこれ↓







私の頭の中の宇宙人-各地マグネット ←うちの冷蔵庫。クリックして拡大して見てね!








世界の観光地のマグネット!!



アメリカやヨーロッパなどの先進国にはよく売られている。


日本のも作りがよければ買う。




ところで、フランスとイタリアで(当時、お金にあまり余裕がなくて)

買い損ねているのだが、


誰か行く人いないかしら・・・?



私の記憶が正しければ、パリのバスティーユ広場、ベネチアのサンマルコ広場で

売られているはずなのだが・・・



誰か行く人おらん?




にほんブログ村 旅行ブログへ ←とにもかくにも、クリックいただけると嬉しいです。

映画史で一番ぐっとくるセリフ

テーマ:

マリリンの出演する大好きな映画がこちら


お熱いのがお好き ※ラストをネタバレしてるので注意して読んでね♪




ジェリー(ジャック・レモン)とジョー(トニー・カーティス)が殺人現場を目撃したために、ギャングの一味に追われるハメに・・・



そこで二人は女装して女性だけの楽団に入るわけだが、

そこのメンバーのシュガー(マリリン・モンロー)に出会い、ジョーは一目惚れする。



女装 ←レモンの女装は無理があるな(汗)




・・というストーリーである。


マリリンとカーティスのラブストーリーはまあ置いといて、


女装したジャック・レモンは大富豪に惚れられて困り果ててしまう。

ラストでは富豪に求婚されているレモンが、『あなたとは結婚できないわ』

告げるのだが・・・


レモン・『だって、本物の金髪じゃないのよ』


富豪・『構わん』


レモン・『タバコも吸うわ』


富豪・『いいよ』


レモン・『サックス奏者と3年も暮らしていたわ』


富豪・『許すよ』


レモン・『子供が産めないのよ』


富豪・『もらうさ』


レモン・『わかんないのね!(かつらを取って)俺は男なんだ』



富豪・『完璧な人間はいない』




エンド



そしてTHE・ENDとなるわけですが、いやはや恋は盲目というか、

正体を明かしても『それが何?』という感じの富豪に、レモンは呆れ顔。


しかし・・・

途中までのセリフもさることながら、

ここまで惚れられてたら、私ならあきれるを通り越して尊敬するし、

間違いなくぐっと来る。

ってか、惚れてまうだろー!!


その後の話はどうなるかは置いといて、とにかく映画史に残る有名なセリフである。



にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ ←完璧な人間以外の人は押してください。