雑誌「JJ」4月号で、「女らしく着るトレンチ、優しく見えるライダース」という特集が掲載されています。

 

 

 

誌面では、強めの印象になりがちなライダースジャケットを優しい雰囲気で着こなすことを提案。そのポイントは2つです。

 

1)優しい色(ベージュ・白・グレーがおすすめ)のワントーン配色と合わせる。

2)甘めディテールと合わせてハードな印象を柔らかく。

 

 

上記を参考に、手持ちのしまむら服で、ライダースジャケットのコーデを4パターン考えてみました。

 

 

 

 

 

長くなりそうなので2回に分けて、今回の記事では1番と2番のコーデについて書きます。

 

 

【ALLしまむら系・ライダースジャケットを優しい雰囲気で着回し】

[1番のコーデ]

ストライプブラウス→しまむら 1,900円(511-0098)

スカンツ→しまむら 1,900円(554-0155)

パンプス→しまむら 1,900円(143-1615)

バッグ→アベイル 2,980円(645-4594)

ライダースジャケット→アベイル 3,980円(476-0043)

合計 12,660円

[2番のコーデ]

レースブラウス→しまむら 1,900円(527-1577)

デニムパンツ→アベイル 1,490円(セール・363-0405)

パンプス→しまむら 1,900円(143-1612)

バッグ→しまむら 2,900円

ライダースジャケット→アベイル 3,980円(476-0043)

合計 12,170円

 

 

1番のコーデでは、白と淡いグレーのワントーンコーデに、ライダースジャケットを合わせました。ベージュ・白・グレーのワントーン配色が辛口なライダースを優しく着る秘訣、と誌面で紹介されています。

 

ストライプブラウス、スカンツ、パンプスと、しまむらとコシノヒロコさんのコラボブランド「HK WORKS LONDON」のもの。黒のライダースを合わせることで、大人っぽく颯爽とした雰囲気が出せるのではないかと思います。

 

ライダースジャケットは、しまむら系列店「アベイル」で昨年秋に購入。ライダースジャケットって、革の質感やサイズ感など、商品によって結構違いますよね。このライダースは革がやわらかめで、サイズはコンパクトなところが気にいって購入を決めました。体に沿う感じで、フェミニンコーデにも合わせやすいと思っています。

 

 

 

2番のコーデでは、レースブラウスとデニムパンツのコーデに、ライダースジャケットを合わせました。誌面でも、似た組み合わせのコーデが掲載されています。

 

私は、ライダースジャケットにはスカートを合わせて“甘辛MIX”で着ることが多いのですが、誌面では、エレガントになりすぎないようにデニムを合わせることをおすすめしていました。

 

レースなどの甘めディテールを合わせるにしても、甘さと辛さの加減をどの程度にするのか、全体的にかっこよく仕上げて甘さをちょい足しするのか、全体的にフェミニンもしくはガーリーな雰囲気にしてライダースで甘さを調節するのか、そのへんがポイントで、個性が出るところなんですねー。

 

レースブラウスは、先日、「しまむら」で購入したばかり。ロマンティックで繊細な首元のレースに一目惚れしましたハート

 

 

 

次の記事では、フェミニンと合わせたライダースジャケットのコーデ↓の詳細をUPする予定です。

 

 

 

▼ 「しまむら」のブログランキングに参加中↓

 にほんブログ村 ファッションブログ しまむらファッションへ
にほんブログ村

 

▼ 「しまむら」グループの公式サイト

しまむらアベイルシャンブル

 

 

▼ TODAY'S CORDINATE ITEM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD