元おすもうさんの「顔じゃないけど・・」

元おすもうさんが相撲のこと語ります。
Twitter @motoosumousan

「顔じゃない」とは、大相撲の隠語で「分不相応」という意味、いわゆる身分や能力などを考えてふさわしくないということをいう。また、非礼や不作法などを叱る場合にも使われる。@Wikipedia

テーマ:
おつかれさんでございます。
大相撲九州場所も中盤❗️

今は土俵の外で起こった事件が世間を騒がし、大変残念ですが、詳しい事は警察にお任せし、私達は他の力士達のように土俵の中に注目しましょう。

まずは休場明けで身体の状態が気になる二横綱についてですが、40回目の優勝を目指す白鵬は今日までの相撲を見る限り、問題はないと思います。
このまま優勝争いを引っ張ってくれるでしょう。

少し心配なのは稀勢の里です。
まだ、相撲勘が戻っていないようで、勝った相撲もバタバタしている感じですし、負けた相撲も一方的です。
ただ、今の稀勢の里にとって大事なのは場所に出続け相撲を取る事だと思うので、たとえこれからまた負けてもケガをしない限りは休まず相撲を取り続けて欲しいと思います。
立ち合い張り差しなど余計な駆け引きをせずに出来るだけ下がらず前に出る相撲を心掛ければ、調子も上がってくるはずです。

大関・豪栄道は今日負けて一敗となってしまいました。
引き技に頼る悪い癖が出始めているので、やはり立ち合いで早く前ミツを取り前に出る相撲を心掛けてもらいたいです。

初めてのカド番となる高安ですが、こちらもやはり立ち合いが大事です。
少しカチ上げの威力が弱く見えるので迷わず前に攻める相撲に期待します。

今場所も貴景勝、阿武咲など若手の相撲が面白いです!
そしてベテラン安美錦も身体が良く動いています。
これから後半の展開が楽しみです❗️

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「本場所」 の記事

テーマ:
おつかれさんでございます。
大相撲九州場所、いよいよ初日の取組が発表されました❗️

しかし、残念ながら横綱・鶴竜の4場所連続となる休場が発表され今場所も四横綱の揃い踏みはなくなってしまいました。そして大人気力士である宇良も休場となってしまいました。

特に鶴竜は先場所休場した時、師匠の井筒親方が次の出場場所に進退を賭けると発言されているだけにまさに崖っぷちの状況となってしまいました。来年初場所以降の鶴竜が気になります。

宇良は先場所負った膝のケガの回復具合が思わしくないないようです。
身体が小さく、動き回る相撲が持ち味の宇良だけにこのケガが相撲人生の後々まで響かないようにしっかり休んでもらいたいと思います。

さて、同じくケガの状態が気になっていた横綱・稀勢の里、大関・高安、関脇・照ノ富士は出場となりました❗️

稀勢の里は秋巡業から関取との稽古を開始し、本人も大丈夫と言っているようですが、高安と照ノ富士はまだ不安が残ります。
しかし、本人が出場を決めた以上は精一杯頑張って良い相撲を取ってもらいたく思います⁉️

何はともあれ、1年納めの九州場所。
横綱・日馬富士の連覇なるか?それとも豪栄道が先場所の雪辱をはたすのか?白鵬も40回目の優勝を狙っています❗️そして、阿武咲、貴景勝の若手達の活躍にも注目です‼️

熱戦に期待しましょう❗️
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おつかれさんでございます。
大相撲九州場所まで、あと1週間❗️
四横綱がそれぞれの調整で場所前の稽古に励んでいます‼️

そして気になるのが、先場所足のケガてわ途中休場した大関・高安と関脇に陥落した照ノ富士の状態です。

今場所、初めてのカド番となる高安は秋巡業は全て休み、ケガの治療に専念していましたが、福岡入りしてからは同じ部屋の横綱・稀勢の里との三番稽古を開始しているようで、ケガについても何も言っていない事から場所の出場は問題ないように思えます。
ここから調子を上げて出稽古等で他の部屋の関取達とも稽古出来るようになれば大丈夫でしょうか?

一方、心配なのが照ノ富士です。
巡業は途中から参加し、関取との稽古も開始していたようですが、あまり状態が良いとは言えないとのこと。
今場所10勝以上上げれば大関に戻れるからと焦ってしまう気持ちがあるのかもしれませんが、無理は禁物です。

2人ともまだ場所に出場するかはわかりませんが、場所に出るならしっかりと稽古をして、無理なら、しっかりケガを治してという先を考えた判断をして欲しいと思います⁉️



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おつかれさんでございます。
大相撲秋巡業も終わり、いよいよ九州場所の番付が発表されました❗️

先場所、優勝争いに名を連ねた阿武咲が新小結となり、また39歳の安美錦が再入幕を果たす等、話題たくさんの九州場所ですが、何と言っても注目は四横綱の状態でしょう⁉️

まずは先場所、優勝した横綱・日馬富士。
巡業では軽めの稽古中心で主に身体のケアに努めていたようですが、10回目の優勝に向けて気合い十分のようです❗️

休場していた稀勢の里は巡業の初日から関取達との稽古を精力的に行い、ケガも大分良くなってきたようです。
ぜひとも復活に期待したいです‼️

同じく休場していた鶴竜も巡業では良い稽古が出来ていたようですので、進退を賭けると言っていましたが、良い結果で終われる事を願います。

そして、白鵬も途中から参加した巡業では徐々に調子を上げてきています❗️
先場所の若手達の活躍に刺激を受けていたのではないでしょうか⁉️

とりあえずは四横綱ともに出場が予想できるだけに一年納めの九州場所、熱戦に期待しましょう‼️
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おつかれさんでございます。
大相撲秋巡業も大盛況❗️

先場所の途中休場により関脇陥落となった照ノ富士も合流し、稽古を再開しているそうです‼️

さて、大相撲を支える裏方さんとして行司さん呼出しさん床山さんを紹介してきましたが、大相撲と力士、そして相撲部屋を支える存在として大きいのが、おかみさんです。

おかみさんとは部屋の師匠である親方の奥様のことであり、親方の身の回り事はもちろん、部屋の運営から所属する力士達の事にも気を配っています。

最近ではテレビ等でよく相撲部屋のおかみさんの密着特集の番組もあるので、おかみさんの大変さは有名かと思います。

おかみさんの仕事は部屋によって様々で、毎日のちゃんこ作りを手伝うおかみさんもいれば、部屋にちゃんこ作り専門の人がいたりする場合はその人に任せたりする場合もあります。

他にも後援会の方々のために部屋のパーティやイベント後を考え招待したり、差し入れ等があれば、御礼状を書いたり、もし力士がケガをすれば病院等の面倒を見たり、時には力士の悩みを聞いたり、お金を貸したりなんて話も聞きます⁉️

おかみさんは親方の奥様であるのは当然ですか、力士達の母親代わりでもあり、また部屋の経営者でもあり、本当に多忙な日々を送っています。

それだけに部屋の力士が強くなり出世していけば、その喜びもひとしおでしょう。

力士達にとっても厳しい親方と優しいおかみさんのバランスによって辛い稽古を乗り越えていけるのかもしれません⁉️
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おつかれさんでございます。
大相撲秋巡業も中盤❗️横綱・白鵬も合流し、ついに四横綱が揃い踏み‼️いよいよ九州場所に向けて、各力士達が動き出しました⁉️

さて、大相撲を支える裏方さん達の中で忘れてはならないのが床山さんです。

床山さんは主に力士達のちょんまげを結うのが仕事です。

力士達は毎日、稽古後に乱れたちょんまげを床山さんに結い直してもらいます。

基本的に床山さんは各部屋に所属していますが、中には床山さんのいない部屋もいて、その場合は一門の床山さんが出張します。

そして本場所中には支度部屋に行き取組前後に力士達のちょんまげを結います。
よく相撲中継やスポーツニュース等で力士達が支度部屋で髪を結いながらコメントを出しているのを見た事があると思います。

ちょんまげはびんづけ油と言われるすき油で髪を固めて結います。
この油は独特の匂いがあり、この匂いが力士の特徴でもあります。

ちょんまげの形には二種類あり、幕下以下の力士達は普段の丸い形で本場所にも出場しますが、十両以上になると大銀杏といって、銀杏の葉のような形のちょんまげで本場所に出場し、このちょんまげを結うのが力士達の目標の一つにもなります。

そして床山さんにとっても、この大銀杏を結えるようになると一人前と呼ばれ、若い床山さん達は日々、練習しています。

大銀杏は一回結うのに30分くらいかかります。
巡業などでは床山さんによる髪結い実演が行われますので、機会があったら是非見てみてください。

床山さんは力士達と一緒に過ごす時間が多いので、髪を結っている間に相撲の話は勿論、私生活や時には恋愛話等、色んな話をして相談相手になったりもします。

それだけに力士達にとっても床山さんの存在は大きく、ある横綱は床山さんが定年退職した後も自分のポケットマネーで専属としてお願いし続けた人もいたそうです。

行司さん達は大相撲の事務的な部分を、呼出しさん達は土俵周りの部分を支え、床山さん達は力士達の内面までも支えているといった所でしょうか⁉️

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おつかれさんでございます。

前回は大相撲を支える裏方さんとして行司さんを紹介しましたが、今回は呼出しさんについてです❗️

呼出しさんとは本場所等の取組の際、まず土俵に上がり、「ひがぁーしぃー白鵬ー」といった独特の節で力士を呼び上げるのが有名ですが、やはり他にも沢山の仕事をされています。

その中でも大変なのが土俵築きです。
本場所や巡業のものはもちろん、各相撲部屋の稽古土俵は全て呼出しさん達によって作られています。

巡業の土俵は一日しか使わないので発泡スチロールのような土台があり、それに土を盛った簡易的なものですが、本場所や部屋の土俵は毎場所ごとに作り直します。

部屋の土俵はまず今まで使っていたのを崩して、作り直すので2〜3日、力士達も手伝って作ります。
そして本場所の土俵は呼出しさん達総出で1週間くらいかけて作ります。

土俵の俵も呼出しさんの手作りで丸めた藁に土を入れ、ビール瓶で叩き頑丈に作ります。

完成した出来立ての土俵はとてもキレイですが、本場所の千秋楽を迎える頃にはボロボロになってしまいます。
それだけ力士達の衝撃が強いという事でしょう⁉️

次に大相撲といえば太鼓や拍子木の音が聞こえてきますが、これも呼出しさんが鳴らしています。

太鼓には叩き方によってそれぞれ意味があり、それを習得する為、若い呼出しさん達は場所の合間に国技館に集まり稽古します。

本場所初日の前日には太鼓を叩きながら街を歩き各相撲部屋や関係者、昔からの贔屓の店等に行き、初日の取組を呼び上げ、本場所の始まりを教えてくれます。

拍子木はいわゆる合図のようなもので土俵入りの時には木を叩きながら力士達を先導します。
また、支度部屋で木を叩き力士達に取組の始まり等を教えたりもします。

他にも仕切りの間に土俵上を箒で掃いたり、懸賞の幕を持って土俵上を回ったり力士達が力水を付けるのを手伝ったり、取組が終わり勝った力士の懸賞金や下がりを持ちやすく直したり・・

呼出しさんの仕事は本当に沢山あります。
やはり力士や行司さん達と同じく階級があり、相撲部屋に入門し、最初は部屋で生活するので若手の頃はこれらの仕事に加え、部屋のちゃんこ作り等もやるので、あまりの大変さに途中で辞めてしまう人も多くいるようです。

今、幕内の上位で土俵に上がる呼出しさんや土俵の周りで動き回っている若い呼出しさん達はそういった仕事を日々頑張って大相撲や力士達を支えてくれているのだと思って見ると、また大相撲の違った魅力が見えてくるのかもしれません‼️

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おつかれさんでございます。
大相撲秋巡業も大盛況❗️
横綱・稀勢の里も鶴竜も稽古を再開し、九州場所が俄然楽しみになってまいりました‼️

さて、最近の大相撲ブームにより力士、親方はもちろんですが、大相撲を支える裏方さんたちがについてもテレビ等で取り上げられる事が多くなり、また裏方さんたちも自身のSNS等から人気を増やしている方も増えました。

大相撲の裏方さんとして、やはり一番有名なのは行司さんでしょうか?

行司さんは本場所の土俵では力士たちの間に立ち、立ち合いを合わせ勝負の行方を判定します。

行司さんたちも相撲部屋に所属して、部屋の親方を師匠、先輩力士たちを兄弟子と呼び、入門からしばらくは部屋で力士たちと一緒に生活します。

行司さんにも番付(階級)があり、力士たちと同じく序の口格から始まり年数等により昇進していき、階級により衣装(装束)などが変わります。十両格以上になるといわゆる資格者として行司の付き人がつく等、力士でいう関取と同じような待遇となります。

行司さんの一番上の階級は立行司といって名前も木村庄之助と式守伊之助という名を名乗り、周りからは親方と呼ばれるようになります。
庄之助と伊之助では庄之助の方が位が上で現在は伊之助のみで庄之助は空位となっています。

やはり相撲の勝負は際どい場合もあり、また結びの一番等は観客も多いので、経験を積んだ行司さんでないと冷静に勝負を裁けないということでしょう。

また本場所等の決まり手の説明等の館内放送も行司さんが行っています。

行司さんの仕事は他にも番付を書くというものがあり、あの独特な相撲文字を習得する必要があります。相撲文字は横綱等上位のものは太く力強く書かれ、下位のものはとても細く書くのも大変なので、まさに見事な職人技といえるものです。

他にも本場所や巡業での支度部屋等に貼られる貼り紙等を書いたりといった、いわゆる事務作業もあり、行司さんの仕事は多岐に渡ります。

相撲が強くなりたくて、力士に憧れて相撲部屋に入門する人もいる一方、行司さんに憧れて入門する人も多くいます。
ただ入門した後、仕事の多さに驚く人もまた多くいるそうです。

しかし華やかな表舞台の裏側には、こうして陰から支える、まさに裏方さんの存在も大事だということですね❗️






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おつかれさんでございます。
大相撲秋場所も終わり一週間と少しが過ぎ、全日本力士選手権というトーナメント戦、そして2020年東京五輪に向けたビヨンド2020場所というイベントを経ていよいよ秋巡業が始まりました❗️

全日本力士選手権では先場所休場した横綱・稀勢の里が昨年に続き優勝を果たし、ビヨンド2020場所では日馬富士が横綱五人掛かりや白鵬、稀勢の里による三段構えの披露など珍しいものが行われるなど大相撲界にとっても明るい話題が増えました。

そして、秋巡業では稀勢の里と鶴竜が最初から参加し、稀勢の里は初日から鶴竜も今日から幕内力士との稽古を始めたようで2人とも復活に向けて動き出したみたいです。

稀勢の里は本人の言葉によるとケガの具合も大分良くなっているようで、あとは関取との稽古を続け、相撲勘を戻し身体の動きを良くしていけば大丈夫でしょうか⁉️
ちょっと横綱昇進時からの体重増加が気になるので、稽古をしっかりして少し絞った方がより動きも良くなるかもしれません。

鶴竜は先場所休場した際、師匠の井筒親方が次に出場する場所に進退をかけると発言されているだけにこの巡業では焦らずにじっくりとケガを治して調子を上げていってもらいたいものです。
あまり気負い過ぎるとムリをして、またケガを悪化させてしまう事もあるかもしれないので慎重にやってもらいたいと思います。

とりあえずは2人の様子を見ると次の九州場所に出場する気持ちがあるように見えますので、ここから良い方向に進んでいく事を願います。

また白鵬も途中から参加するような話も聞こえていますので、九州場所では各横綱ともに調子を整え、万全の状態での四横綱揃い踏みを期待したいと思います❗️


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おつかれさんでございます。
横綱・日馬富士の優勝で幕を閉じた大相撲秋場所でしたが、今場所も阿武咲をはじめ貴景勝、朝乃山など若手の活躍が目立った場所でした❗️

特に阿武咲は前半、朝乃山は後半の優勝争いに名を連ね、もしかしたらと思ってしまうほどでした⁉️

阿武咲は新入幕から三場所続けての二桁勝利という史上初の好成績で、来場所は新小結の声も聞こえてきます。

貴景勝もここ数場所では三賞の常連となり、今場所は日馬富士・豪栄道を破り、もう横綱・大関との実力差もほぼないのではないかというくらいに力をつけてきました。

もう、阿武咲と貴景勝の2人で優勝を争う場所もすぐ来てしまいそうです‼️

そして新入幕の朝乃山も場所を盛り上げてくれました。
まだ大銀杏も結えないくらいの出世の速さで優勝争いをしたのは良い経験となったのではないでしょうか。上位陣にとって、また1人恐い存在の若手が増えました。

三横綱・二大関の休場という99年ぶりの異例の場所となった今場所は若手達にとっては大きく成長できた場所であったのかもしれません。

あと何年か経った時、時代が変わるきっかけである場所だったと言われるのが今場所ではないでしょうか⁉️


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。