NEW !
テーマ:


先日の練習会は、1kmを4人で走るリレー形式のトレーニングを行いました。





一人当たり250m。
走り終わるとすぐさま走ってきた250mをジョギングしながらスタート地点に戻らなければなりません。




おそらく1人250mを15〜20回ほど走られたと思いますが、最後の最後まで精一杯走られていたのが印象的でした。




この練習がリレーではなく、250m × 15〜20本という練習だったらどうだったのでしょうか?




ここまでスピードを出して最初から最後まで走るといったことはなかったのではないかと思ったりします。




不思議なもので250mを15〜20本という練習より、リレーをしていて終わってみたら250mを15〜20本行っていたといった練習の方が自分の限界を超えたところでトレーニングを行えていたということが多いです。




250mを15〜20本という練習は、どうしても終わりのことを頭で考えてしまいます。
最初からハイペースで走ったら最後までゼッタイに持たない、無理だ。
だから最初は抑えていこう。
そんな考えになるときってありませんか?




トレーニングにおいては「熟練」「未熟練」が存在するようです。熟練者は1本1本に高出力を出して走れる傾向が強くなるそうで、最初から最後まで同じようなキツイペースでも頑張って走れるのはこのためです。




熟練度を増していくためには心理的な限界を打破し、肉体的限界にいかに近づけるかにかかっています。




心理的な限界とは、苦痛や疲労感、恐怖感等が介入して、限界まで動こうとすることにブレーキをかけようとすることです。。自分の壁を越えるような練習をしていないといつまでもこのブレーキが自分の頑張りを止めてしまうことになり兼ねません。




最近、世界陸上銅メダリストの為末 大さんが出版された「限界の正体 自分の見えない檻から抜け出す法」という本に関して、宣伝記事を目にすることがありました。




そこに次のようなことが書いてあったので紹介します。




「人間の能力も、才能も、時間も、命も、有限です。矛盾するように思うかもしれませんが、僕は、限界はあると思っています。 しかし、その限界は、力を出し切った人の前にしか、あらわれないものです。人間 は本気で挑んだときにしか、自分の範囲を知ることができません。限界を突破するとは技術であり、スポーツ選手は、限界を突破することを技術として体得しているのです。

たとえば陸上であれば、走っていると、息が上がりはじめ、「もう、これ以上は走れない」と限界を感じることがあります。

けれどそれは、本当の限界ではありません。




限界を超える経験をした人は、「このあたりが限界かな」と思った先に、本当の限界があることを知っています。だから、簡単にはあきらめず、限界を超える努力をするのです。

ところが、陸上競技の経験がない人は、息が上がった時点で限界に達したと思い込 み、早々とあきらめてしまいます。自分の限界は、まだ先にあるのに、手前を限界だと勘違いしてしまう。

つまり自分の能力を低く見積もってしまっているのです。




たしかに、限界はあります。 全力で走れる距離の限界、身長、筋力、時間の限界はあるでしょう。

でも、多くの人が心の中で感じている限界とは、本当の限界ではありません。 まだ伸び代があるのです。

であるならば、自分の思い込みがつくった限界を取り除きさえすれば、自分の才能をもっと発揮することができるのではないでしょうか。」
cakesより




またリレーではこの限界を取っ払うことができたりします。
そこで為末さんは次のようなことも言っていました。




誰かができれば自分にもできるという心理。
無理だと思っていたことも、誰かがチャレンジしてその壁を破りその成功者を見たことで、この壁は破れないという思い込みが解除され限界が取り払われると。




まさしくリレーもみんなで走るからという作用が大きく関わっているのではないかと思います。




また一人ではできない練習もみんなとやれば頑張れたといった心理もわかるような気がしました。




そのメンタルをブロックしている要素を少しずつ取り除きやればできるんだということを感じてほしい、そんな願いを込めながらランニング・デポならではのバリエーション豊富なメニューをこれからも作っていきたいと思います!




練習会、お疲れ様でした!

8周年パーティーへつづく
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。