1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月30日

北海道マラソン 完走メモ

テーマ:マラソン大会
この日曜日は、第30回北海道マラソンでした。
3回目の参加です。
日本で唯一真夏に開催される公認のフルマラソン大会ですので、過去も今もオリンピック候補と言われる方たちが走る大会です。
有森さんや、谷口さんもこの大会で記録を出し、夏のオリンピックで好成績を収めたわけです。

真夏の開催ですから、さすがに暑くて記録は決してのびません。

私も初めて参加した時は4時間を少し超えてしまいました。最後の2kmくらいから、歩きが入ってしまいました。

しかし、昨年も今年も歩くことなく3時間40分前後でゴールできています。

真夏の大会なので、この記録は冬の大会より10分ほど悪くなる、とも言われていますが、でも、今の自分に3時間半を切る走力は無いかもしれません。

今年は、ルナサンダルで走りました。

昨年の夏に初めてルナサンダルを購入し、一年かけてフルマラソンを走れるようになりました。

初めてルナサンダルでフルマラソンを完走したのは、今年の4月のかすみがうらマラソンでした。サブ4は達成しました。

そのあと洞爺湖マラソンで3時間38分。
そして、今回の北海道マラソンで、3時間39分で3回目のルナサンダルフルマラソン完走となりました。

ルナサンダルを履き始めてからいろんなカラダの変化がありましたが、今回は、筋肉痛はほとんど出ませんでした。

足底筋膜炎になってしまってたので、心配しましたが、ふくらはぎも、足底も痛みが出ず、ただ、足の指のマメとか、足裏の前は皮膚がヒリヒリして少し痛みが出たくらいです。

かなり、カラダが変化したように感じます。

この調子で、隠岐の島もルナサンダルで走るようになるのでしょうか?
{30675D14-2DD2-491C-B899-55270D3EFB51}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年11月26日

初東京マラソン参加!

テーマ:マラソン大会
2007年の2月に第一回が開催された「東京マラソン」に、9年間かけてようやく当選しました。

東京で市民のためのフルマラソン大会を開こうという、「東京夢舞いマラソン」に参加し始めてから、実に10年以上たったことになります。

これまでのことは、このブログでずいぶん書きなぐっていたわけですが(それも、当選しないことへの不満などを)、その間自分の仕事も、板橋に行ったり、芝大門に通ったり、それから大阪に単身赴任になり、また相模原市、それから新百合ケ丘、東京丸の内。で、北の大地 北海道札幌にと ずいぶん変化があったなあと思います。

また、その間にマラソン大会にもずいぶん参加していましたね。
(タイムはあまり変わらないけどね)


これまで、散々文句を言ってきた大会ですし、実は今年の2月に一度は参加しておこうと、なんとか走らせてもらった経緯はありますが、正式に「当選メール」をいただいて参加するのは初めてですから、これが初参加ということになりますかね。

なので、どういう走り方するか、ずっと考えています。

今年は、最終ブロックからのスタートでしたので、そこからの追い上げで前半は我慢しつつも後半走り切るということで、厳しい状況も、グロスでサブ4。ネットで3時間40分くらいだったと思います。20分ほどはスタートラインまでかかりましたから。
最後尾ブロックは、みなさんほとんどファンランの方々でしたから、ペースが遅くてなかなか前に行けず苦労したぶん、前半に余力をため込めたおかげで後半に脚はもちました。

でも、ゴールはしたものの、なんとなくスッキリしなかったのは確か。

で、今回は、札幌単身で走る時間はいくらでもあるかと思いきや、家事雑用も多く、また睡眠障害もあったので無理して朝起きることも控えていたので朝ランもほとんどやらず、休みの日にがっつり走る程度。それも一ヶ月に一回は帰省して帰省のときはさまざまな用もあり結局あまり走ることができず月間200kmを超えるのが精一杯の状態です。

そして、まもなく雪が積もりだしたらさすがに関東のように、スピード練習などはとてもとてもできそうにない。

とはいえ、なんとかサブ3.5はしたいものなのですが。もう走れないかもしれない東京マラソンですからね。

まあ、しばらくもがいてみるしかないですね。

ということで、今日はがっつり
当選記念ということで、43km(たぶん、+1kmはあったかと)と、フルの距離を走ってみました。

いやいやからだは重いし、ペースは遅いし、肩はこるしで今の調子ではサブ4でさえ危険ですね。(´ε`;)ウーン…

そうは言っても、約2ヶ月ちょっとはありますし、年末年始にがっつりひとり箱根駅伝でもやって鍛えますかね。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2014年02月22日

泉州国際マラソン、そして明日は東京マラソン

テーマ:マラソン大会
2月16日は、泉州国際マラソンでした。
何度も参加している大会で、コースも走りやすく陸連登録選手のみスペシャルドリンクが準備でき、そのスペシャルドリンクはしっかり手渡ししてもらえるので、とても自分にとっては相性の良い大会で、いつもここで記録更新もできていました。
昨年は、自己ベストの3時間24分。
初めて、25分を切ることができ、今回はなんとか20分を切りたかった。

今回はしっかり休めるよう前日土曜日の午後に大阪入りし、宿泊は堺駅前のホテル。
スタート場所は浜寺公園なので電車でものの20分程度の場所でした。

8時ちょっと前にホテルを出て浜寺公園に向かいました。
8時30分前には到着し、すぐに受付完了。そして、ナンバーカードをつけて準備完了。
あとは、スタートの10時半を待つだけ。
10時半スタートっていうのもすごく良かった。
スペシャルドリンクは、20km、25km、30km、35kmの4回。
そこに、コーラ+ユンケル、レッドブル+ユンケルを水で薄めたものを交互に配置し、リカバリーする作戦。

大阪のラン仲間の久野先生に会い、準備完了しスタート位置に。

今回は、前半抑えめに入り後半の橋を4回しっかり走れるように。

しかし、前半抑えめに入ったつもりが、キロ4分半のペース。
キロ4分50秒で十分なのに、なぜかペースが落ちない。
自分としては、力も抜いて楽に走れるペースで走っているつもりが4分半ちょっと。

そのうちに、ときどきダッシュしてはジョグっている若いランナーが近くにいて、何度か同じことを繰り返していたので、
「ダッシュすると故障するぞ!」と注意して自分の走りに集中する。

そろそろ20kmに近づき、ハーフで1時間40分。サブ3.5は十分射程内。

そしてようやくスペシャル。
いつものように、ボランティアスタッフが渡してくれるかと思ったものの、番号を呼ぶ越えが聞こえず、気になったので、大声で自分のナンバーを叫ぶ。
そして、テーブルが近づいたものの、スタッフがドリンクをあわてて探しており、結局とれず!

レベルは違うけど、スペシャルがとれないってことで川内選手と同じように動揺した。
一瞬、もどろうかと思ったくらい。

しかし、あと5kmで次のスペシャルがあるからとなんとか我慢して走り続ける。

そのうちに、なんとなくペースが落ちているような・・・。

25km。
スペシャルがとれた。

しかし、かなりばててきている。
そう、風も強かったけど、この日の関西はけっこう気温が上がり15度くらいはあった。

30kmまでの5kmが長い。
そのうちに、キロ5分まで落ちてしまった。

なんとか30kmのスペシャルをとり、そして橋に向かうが、橋を登る手前で六花先生に抜かれた。

橋を上りはじめたころはそうとうペースダウン。

35kmのスペシャルをとったとき、もう完全に集中力が切れ、とうとう立ち止まってスペスあるを全部飲み干す。

ここからが地獄。
とにかく足が動かない。
なぜ、なぜ、なぜ。

でも、どうしても完走はしたい。
館山であきらめたダメージがよみがえり、なんとかここで踏ん張れないのかと自問自答を繰り返してた。

そして、その答えは、
「そうか、そういえばお医者さんに今の治療薬を飲むと記録は出ませんよ」って言われたな、と。

そうして自分でまたあきらめてしまった。

結局、ゴールは3時間41分。

泉州国際ではワースト。


なかなか、今年は記録が出ない。

で、明日は、東京マラソン。

いろいろな手段を講じて、ようやく走れるようになったけど、受付に言ったら、最終ブロックのKブロック。

こりゃ、こまった。
スタートまで20分はかかる。
仕方ないので、最後尾からまくりあげてみるか。

そのほうがいい結果でるかもな。

ということで、明日、最後尾から行きますのでよろしく!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014年02月02日

(久々のブログ投稿)館山と泉州、そして隠岐の島

テーマ:マラソン大会
走りはじめたころ、最初の大会は、「横浜マラソン」の10kmでした。
そして、その後「谷川真理ハーフ」「浦安シティ」のハーフマラソンでした。
フルマラソンの初参加は「かすみがうらマラソン」。
そこで、初リタイアでした。
この時も、前半調子よく32kmあたりで走れなくなり(脚は大丈夫だったけど、精神的に)、それでリタイアしました。
その時を振り返ると、とにかく走り続ける気力が無くて、スタミナ切れという感じでした。
その後、リタイアした大会は、ハセツネ本戦の初参加。これは、胃腸不調が原因で第一関門でリタイア。1週間前に腰痛になったのも原因でした。
3回目のリタイアは、隠岐の島。ただ、この時は5月末に疲労骨折がわかり、急回復できたもののあとあとを考え笑顔での中間地点でのリタイアでした。
そして、今回、けっこうマジレースで臨んだ、相性の良い館山で、それも30km手前でリタイアしました。
この原因ですが、多分に、今までの目標とこのレースに臨む目標が違っていたことに加え、準備で失敗したことだと考えています。
まずは、目標の違いですが、今までは大会に参加し、完走することが楽しかった。
で、結果がその努力についてきたのですが、今回は、最初からサブ3.5を意識しすぎていた。なので、途中失速しはじめ足の動きが悪くなったとき、まだキロ5分程度なのに非常に焦ってしまい、さらに失速を感じた際に、もう集中が切れてしまいました。
さらに、気分も悪く、多分ハンガーノックがあったように思います。
そして、準備の失敗。
週末土日の休みの勤務になり、週末集中で走るようになってから平日にほとんど走れないので、館山の前日土曜日に軽く走るつもりが22kmも走ってしまいました。
その疲れは翌日に回復はしませんでした。
それは、今週の状態をみても明らかでした。
週末金曜日に皇居4周。20kmをキロ4分30秒ペースで走りました。
そして土曜日は30km走をしましたが、これがきつい。
前日の20kmのダメージはかなりあって、スピードが全く出ない。
このような状態の中でフルマラソンを走りきるのは厳しい。少なくとも、サブ3.5を目指すなら前日は走らないことが必要だと思いました。
日曜日、雨予報だったので早めに軽くは知りましたが、カラダはガチガチ。
それで、ようやくカラダが暖まりスピードが出たのは、8kmすぎ。
この時期、それだけ筋肉の動きは悪いってことです。
しかし、その後、負荷が少なくスピードを維持して走ろうと思ったときのペースは4分45秒程度でした。
ってことは、このペースさえ守ればサブ3.5は射程内です。

ということで、次の泉州ではキロ4分45秒を維持して走るつもりです。

たった今、別府大分マラソン真っ最中ですが、期待の前田選手が失速です。
前田選手もリキミがあったとコメントされています。

目標は、まず走りきること。

再度、しっかり走りきる練習をしましょう。

今年の隠岐の島。おどろきの5日間で参加定員閉め切られました。

ますます、マラソンブーム。沈静化しません。。。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年07月04日

ぼくの夏休み

テーマ:マラソン大会
テレビゲームの好きな人は、けっこう知っていると思うけど、「ぼくの夏休み」というゲームソフトがありました。
photo:01

夏休みに田舎に行ってそこで毎日地元の人たちと遊んだり、探検したり、そしていろんな人とふれあい、そういう毎日を絵日記に綴っていく そんなゲームソフトです。
昆虫相撲をしたり、秘密の基地を作ったり、海にもぐったり、山に行って探検して宝物を発見したりと、毎日たくさんの出来事があって、そして最後は、夏休みの終わりは、悲しい気持ちになってしまうという、ちょっと切ないゲームソフトです。

隠岐の島が好きな理由は、「ぼくの夏休み」と同じような島の雰囲気と島の人たち、そしてその環境がイメージどおりで、自分のふるさとのように感じてしまうそういう場所です。
なので、毎年、この島100kmを走りに出かけたくなるのです。

で、この前行ってきた、石巻市の雄勝町も、まさに「ぼくの夏休み2」なのです。

海も山もとても近くて、きっと夏休みになったら子供たちが山を駆け巡り、海に飛び込み、とうもろこしをお腹いっぱい食べ、夜になったらホタルが舞い、盆踊りがあり、蚊取り線香のにおいがつんとくるような夏。

そんな夏が、そんな日本の夏が、ここにはあるんだと思います。

今は、堤防も家も壊れてしまって復興はまだまだだけど、きっと夏休みには、そういう風景がみられると思うのです。

雄勝も、ふるさとのひとつになってしまったようです。


今回、雄勝のトレランに参加した、多くのランナーが、また行きたいと行っています。
また、津波でなくなった町に大きなショックを感じています。

でも、0からまた町を作り上げようとしている雄勝の方たちの強さにとても感動しています。どうしてそんなに優しくなれるのだろう・・・。トレランであんなに笑顔で参加者とふれあった大会は今まで無いということを行っている人も多いです。

「ぼくの夏休み」の舞台は、だれをも迎え入れ、そしてこころを解放させ、笑顔にし、幸せな気持ちにしてくれるようです。

これから、夏。

あのきれいな海と、あおあおとした山と、心地よい風と、静かな町。
そして、笑顔。

ぼくの夏休み、何章めかわからないけど、宝物を見つけにまた行きたいですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月14日

きつかったし、寒かったけど、あったかい気持ちになれた、京都マラソン

テーマ:マラソン大会
$走りながら、食べて、聞いて、考えて!-京都




ようやくブログを書くことにしました。
このところ、じっくりブログを書く余裕も無かったのですが、ようやく4日後たって書きます。

写真は今回の京都マラソン大応援団!
こんな楽しいみなさんのおかげで、最高のレースになったと思います。
本当に感謝してます。

京都のコースは本当にきつかったです。
最初のほうは西京極の競技場から嵐山など比較的平坦なロードでしたし、ときおり霧雨のように小雨もあり、気温もそれほど高くもなう低くもなく最高のコンディションかと思いました。
きょうとのコースはこの西京極からぐるっと右回りで京都盆地をまわり東山の平安神宮をゴールとするワンウエイなのですが、盆地なので時折山方面に上っては折り返し下るというような、そんなコースですので、徐々に脚にきます。
それでも、立命館や金閣寺あたりを走っている時はまだ良かったのですが、半分をすぎた頃、北山あたりで凄い雨に見舞われました。
たまたま、うちの奥さんが北山駅前で応援してくれた頃が一番きつい雨になり、一気に頭からバケツで水をかぶったような感じになりました。
しかし、このあと、実は一番の難所の山登り。
しかし、山登りの苦しさよりも、雨の方が厳しくて意外に坂道を乗り越えてそのあとは比較的楽に走れました。
ただ、風が急に冷たくなり、カラダは冷えだしたのでなんとか運動量を落とさず走ろうと必死に腕を降りました。
その後、河川敷のラフロード。
このラフロードはけっこうきつい。
というより、また再びアスファルトに戻った際に脚が動いているのに前に進んでいないようなおかしな走りになってしまいました。
ただ、この時も大応援団のおかげで、諦めず走れたのです。
そして、京都大学をとおり、なんとかゴールしたのは、3時間27分。

これで、今年に入り3連戦のフルは、館山328、泉州324、そしてこの京都も327とすべてサブ3.5!
よかった。

これも素晴らしい応援のおかげ。

本当に素晴らしいレースになりました。

それと、同じ思いのランナーが全国にいることの幸せ。

必ず、このご恩はお返ししなくちゃ。

本当にありがとう。大応援団( ´ ▽ ` )ノ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月19日

ラン仲間の応援で、久々の記録更新!そして、最高に楽しい遠征になりました!感謝!!!

テーマ:マラソン大会
泉州国際マラソン。
気温4度という冷たい空気の泉州路を駆け抜けてきました。
記録は自己ベストの3時間24分18秒。コースとしても2010年が3時間28分でしたので、コースベストでもあります。
2010年の館山で3時間26分27秒を出し、その後25分を切るまでまた3年かかりました。

今年の館山でもなんとか27分まで上がってきてたので、なんとか3時間半は切りたいと思ってましたので、ほっとしてます。

ただ、全然練習もからだも出来ておらず、仕事も変わったばかりで飲む機会も多く全くピーキングできていませんでしたから、勝因は何よりもラン仲間と一緒にはしり、また応援をしっかりいただいたからだと思います。

スタートから自分的には比較的速いペースの4分30秒前後で飛ばしました。
前方にはラン仲間がいて、その姿が視界からみえなくならないよう、少しずつ遅れても粘りの走りができました。
なんとか追いつきたいという気持ちは、何度も折れそうになる気持ちを奮い立たせてくれたのです。
さらに、和歌山から応援にきてくれたラン仲間は、何度も追いかけて大きな声で応援してくれました。
3箇所の折り返しでは、同じラン仲間を探すことにして、気持ちを紛らわし、そしてお互いに元気づけました。
スペシャルドリンクは、20km地点はエナジーコーラ、25kmは梅酢ドリンク、30kmでユンケル、そして35kmで再度エナジーコーラ。
これらがけっこう効果あり、最後の橋の坂道でも元気を維持してくれました。

今回本当に楽しくいいレースができました。
何よりも、最後まで気持ちが折れずに必死に走り切れたことは、ラン仲間のおかげです。

今回ほど、マラソンはチーム力であるということを痛感したことはなかったです。

本当にありがとう!

また、チャレンジしたくなったよ!


$走りながら、食べて、聞いて、考えて!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年01月23日

久々の投稿・・・そして、今年の隠岐の島は楽しみます!!!

テーマ:マラソン大会
最近、とんとブログのほうはご無沙汰でした。
どうも、SNSがどんどん進化し、FaceBookや、Twitter、LINEなどで、ブログを書くことも減ってしまいました。

久々に投稿。

今年も、隠岐の島ウルトラマラソンは参加します。
エントリーは完了。

昨年、完走できるような状態ではなく、(っていうか、スタートできるかも危うかったので)中間のレストで走るのをやめましたが、今年は絶対完走です!

楽しみです。
やはり、あのコースは最高に楽しいです。
平坦な長~い、ダラダラしたコースよりも、あれだけのアップダウンがあるほうが気分転換にもなるし、長さをあまり感じないですみますから。

ということで、今年の予定をちゃんと整理しておきましょう!

1月27日 館山若潮マラソン(フル)
2月17日 泉州国際マラソン(フル)
3月3日 三浦国際ハーフ(ハーフ)
3月10日 京都マラソン(フル)
4月21日 富士五湖(100km)・・・DNS決定!
4月26日 STY(約80km)
6月16日 隠岐の島ウルトラ(100km)
10月   日本山岳耐久レース24時間以内
12月   奈良マラソン(フル)

こんなんかな?

夏場はまたハセツネに向けての練習に集中したいと思います。


と、こういう計画を考えてはいますが、1月1日付けで異動になったので大丈夫かな・・・(-_-;)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年11月12日

陣馬山トレイル2012

テーマ:マラソン大会
とりあえず記録として。
昨年はハセツネリタイアの反動でこのレースでなんとか完走を果たしたく、気持ちも盛り上がっていたせいかけっこう楽しめた大会でした。記録は2時間58分。
で、今年は、今度はハセツネ完走後で、さすがにしっかりいい結果をださないと恥ずかしい とか思っちゃったりして、さらに、ハセツネのフィニッシャーシャツ着て、いちおうマーシャルワッペンもザックにつけたままだったので恥じる行為はできないという気負いがあったかもしれない。
さらに、足の捻挫はまだ痛みは消えたわけでないし、さらに前日の朝にまたまた腹風邪というか調子が悪くなり満足にカーボローディングもできず。
ただし、前泊したホテルは実にいい部屋で、ゆっくりできたせいか気持ちよく会場入り。(5時起き⇒6時ホテル出発⇒7時現地到着)
7時過ぎに会場で受付を済まし、トイレに行くこと3回。(最後はトイレ渋滞もあるも、スタッフのひとがこっそり近くの公民館のトイレを教えてくださり感謝!)
9時スタート!
とにかくこのコースは、登山口までに早めに到着しないと渋滞に巻き込まれるのでけっこうマジ走り。途中、歩き出すランアーがいたもののなんとか走りきり登山道に。多少歩く程度の渋滞だけで、そのまま頂上方面に。
しかし、みんなよく走る。上り道でも平気で走っていく。さすがに、ハセツネではのぼりは極力スタミナ温存のために歩いたために、ついていくのがタイヘン。
どんどん、道を譲るも、自分を抜いていったランナーも途中で、はあはあと息切れで、また同じ位置に。
そんなこんなで、なんとか頂上に到着。
富士山が見えたのでちょっと写真をとり、あとは一気に下る。
ここからなんだか凄い勢いで駆け下りるランナーが多くてびっくり。
それもほとんどシングルトレイルなのに、声もかけずに抜く。
さすがに、危ないと感じ、自分を抜いていった無言の女性ランナーには、「危ないですよ!抜くときは声かけてね!」と。
その女性ランナー、結局は、また私に抜かれたのだが。
この陣馬山からの下りは確かに走れる。たのしい。でも、脚に来るね~。特にふともも。
そして、捻挫足も痛み始め、やばい~と思った頃に、アスファルトのロードに。
給水所を経て、ここで、バナナを半分いただく。
そして、上り道が延々と続く感じのロード。約7km。
これがキツい。
一箇所斜度がきつくてといとう歩く。(昨年は走りとおしたのに)
それからはダメ。
ようやくトレイルにもどり走りたいところだが、下りは捻挫足にはキツい。
ゆっくり行こうと思うが、ここでも、下りを元気に駆け下りるのが多くて、後ろから声もかけずに抜いていく。
または、はあはあという凄い息遣い。
それに気づき、道をゆずるとその先でまた立ちどまりやんすんでいる。おいおい、ペースを考えろよ!と言いたい。
もう、あとわずかでロードに出るという手前で、また、声をかけずに、狭いところを抜いていったランナーには、さすがにキレかけた。本当にあぶなかった。

結局、2時間55分でゴール。
昨年よりはちょっといいけど、でも、正直2時間30分台で到着したかったな。
まあ、仕方ない。
今のコンディションではケガなく捻挫もひどくならず走れたということでよしとしましょう!

http://connect.garmin.com/activity/242130374
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年10月30日

久しぶりに、フルマラソンに燃える…つもり。

テーマ:マラソン大会
このところ、あまりにも過酷で楽しかったハセツネ完走の後遺症で、全くロードレースへの興味を失いかけていた自分だが、こういうときに限って、というか、こういうときだからこそなのか、京都マラソンに当選してしまった。
おかげで、マジ、フルマラソンをしっかり練習しようかなと、思い出した。
だって、東京マラソンがスタートしてから、このような大都市マラソンは全て抽選で、ことごとく落選してきたから、縁がないもんなんだと思い込みだしてきてたし、今年なんか、どの大会に申し込んでいたか、大会日程さえ正確に把握できていなかったくらいだ。

もう、抽選の大会は面倒だからいいや…とか、フルマラソンももういいかなー、ウルトラとかトレランのほうが楽しいなーとか、そんな気持ちも湧き始めていたのだが。

しかし、いざ当選となると俄然、モチベーションは上がった!
まずは、ホテルの手配をすぐさま行い、エントリーフィーを決済!
しかし、エントリーフィーはいくらだったかもわからず決済してから確認するという始末…。

さて、京都フルマラソンが決まったからには、練習しなきゃ!
と思い、早く起きて朝ランしようと思ったが、そこはなかなか(・ω・)ノ

ま、3月10日のこの京都まで、奈良、館山、泉州と12月から月1本のフルマラソンが決まってしまったので、故障しないよう練習していきましょう。

これで、来年3月まではフルマラソン。
京都が終わったら、ウルトラモード。
そして6月隠岐の島が終わったら、10月までハセツネモードと年3回の楽しみが確定しました(^_-)-☆



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。