2014年01月04日

2013年を振り返って

テーマ:鍛錬の記録
2014年にすでに替わっていますが、ようやく昨年(2013年)のことをブログで振り返ってみたいと思います。

2013年は自分にとっては本当に変化の大きい一年でした。
仕事では、自分は統括していた組織が組織改編でなくなり、自分は本社機能の副本部長という中途半端な立場になりました。
立場は中途半端ながらも、会社の業績に大きく影響を与える組織でもあり、かなりストレスが強く、肉体的精神的にも悩まされることになりました。

そういう中、比較的、走ることについては順調に記録の亢進ができました。
1月末に開催される、「館山若潮マラソン」では思ったより調子良く、サブ3.5はクリアできました。
そのあと2月の「泉州国際マラソン」では、3時間24分という事故ベスト更新ができました。これも、当日関東などから参加したラン仲間が常に前方にいて引っ張ってくれたことと、在阪のラン仲間の応援がとにかく素晴らしかったからです。最後まで集中が途切れず、結果自己ベストを2分以上を更新することができました。

その後3月の「三浦ハーフ」も比較的順調に100分を切れ、その後の「京都マラソン」もサブ3.5を記録、そのまま4月末のSTYに臨みたかったのですが、この頃から体調に異変をきたしました。
体重は徐々に減少。走っていると脚ががくがく震えるような症状。
また、夜は心臓がドキドキして良く眠れず不眠が続きました。
あるとき、ふつうに30km走をしていたときに、決定的に異常を感じます。
それは、あとわずか10kmにも満たない地点で走れなくなりました。
途中で、駅に向かい電車に乗りました。
体重は今までになく5kg以上減少していました。
立っていると、脚ががくがく震え、会社でのプレゼンでも震えが止まらない状況になりました。
この症状はあまりにも異常だと感じ、クリニックに行きましたが、漢方薬で様子見となりました。それでもおかしいと気になり再度受診し、血液検査をすると、「甲状腺機能亢進症」という症状であることがわかりました。
その後、処方された薬で症状は改善しましたが薬の副作用がひどく、わずか40分ほどの通勤の電車の中でトイレに何度も行きたくなり落ち着かない状況になりました。
楽しみにしていたSTYは、仕事の都合で行けなくなりDNSとなりましたが、それどころか体調は良くなく10kmも走れない状態でした。

6月の隠岐の島ウルトラに向け大事なGW。しかし、体調はようやく回復してきている状況で、GW後半になんとか10km走れるくらいに回復しました。

その後6月上旬にラン仲間のイベントがあり、府中から東中野まで約30km走ることができました。そしてアフターは焼肉。おかげさまでかなり体調は回復。
そして「隠岐の島ウルトラマラソン」では思いのほか調子よく、結果、11時間を切れるかという11時間4分のベスト更新で、終えました。
そして、その後の「雄勝トレイル」イベントでは最高に楽しい達見ができました。
この時点で体調は完全にもとに戻りつつありました。

その後の夏場は、「ハセツネ安全走行講習会」のスタッフとして、またハセツネに向け山道のトレーニングに励みました。

その結果、10月12日のハセツネ本戦では、前年の19時間を4時間も短縮する15時間50分でゴールできました。また、2週間後に開催された「伊南川ウルトラ」では、大雨の中10位という記録を打ち立てることができました。
山道ではかなり体力回復もあり、またかなり忍耐力もできていたのでしょう。
山道をしっかり走り通せました。

しかし、その後、

年末に向け仕事はかなり忙しくまた、ストレスが増し、また体調が悪化しました。

それでもなんとかまだ保っています。

それはやはり、走る喜びを私は知っているからですね。


年末、27日の深夜
大手町をスタートし、十数人が箱根に向け走りだしました。

一歩一歩、ゆっくりとでも確実に。

自分はこの一年何を学んだのだろうか。

少なくとも、前に進む勇気と厳しさと強さ。

それだけでも、収穫だったのかもしれない。

未だ体調は万全じゃないけど、でも、
体調は常に万全なんてことは無いのだ。

それでも前に進む勇気が必要なんだ。

2013年は厳しい一年でしたが、この年で、また学んだ一年でありました。

多くの仲間に、感謝。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年12月01日

奈良前調整ラン

テーマ:鍛錬の記録

走りながら、食べて、聞いて、考えて!-201012010951000.jpg


いいお天気でもっと走りたい!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年11月25日

今月はどこまで走れるか?!それにしても宇賀地の根性走りに感動!

テーマ:鍛錬の記録

昨日24日時点で227km。

まあ、週に2回ほどしか走れない(いや、走ろうとしていないだけだが)のにほぼ一日10kmペースをなんとかくらいついている感じで、ボクって偉いかも!?


月間300kmという目標を、今でもあきらめてはいないのだが、なかなか緒kとしは突破できていない。

理由は明確で、「朝もしくは夜ランをしていない」からなのだ。

週に2回休むのは日本国内普通の常識。それに祝日でなんとか300kmに持っていけるとは思うのだが、自分の仕事の場合は祝日出勤も多いので、基本週2回の休みくらいしかとれない。(おっと、労働基準監督署のみなさんにチェックされたら、会社に監査が入るかも!?)

その分、なんとか早朝か夜に走ることができれば、月間300kmも難しくはない。

要は、

「休みに30km×2回+平日10km×1回」もしくは、「休みに20km×2回+平日10km×3回」はたまた「休みに20km+30km+平日10km×2回」あたりが現実的。

これだと、なんとか週間70kmは確保できるので、当然30日で300kmは達成できる という計算になるのだが・・・。


しかし、なんさか最近朝起きれなくて。歳はとったから朝は早くてもいいのだが、朝の寒さはベッドの温さの誘惑には勝てない。

朝10kmをなんとか走ろうと思うと、自分の場合、寝る前にウエアを準備しておいて、5時には起きないと無理。

準備やトイレで約20分程度はかかる。ようやく走り始めるのは5時半くらい。そして自宅にもどってシャワーしてなんとか7時には朝食。そして7時半には家を出る。

これが無駄の無い朝なのだが、大阪単身赴任のときは、会社が近かったので、6時におきて走り始めても9時ちょっと前に会社にはたどり着けたので十分に時間があったのでけっこうカンタンに300kmは達成できたのだ。


とすると、今後は、朝は厳しくとも月間300kmを目指すには、週2回の休みでおおよそ70kmにしなくちゃいけない。毎回ロング走ということで、こりゃもたんわ。


な~んて弱音を吐いていたが、昨日、この前の「国際千葉駅伝」を見てたら、宇賀地の走りには感動!

凄い形相で本当に必死に走って素晴らしい走りをした。

日本の学生選抜も女性ランナーも非常によかったのだが、何よりも印象深かったのは宇賀地の走り。

もう感動なんてもんじゃなくて、走っている姿みたら涙出た。

なんという必死さ。坂道をあんなに早く走る凄さ。こだわり。いいものを見せてもらった。


また、あのケニアのアンカーの女性ランナー。

ありゃ、脚が半分以上。腰の位置違いすぎる。それをよくまあ、かわして日本の学生はふんばったよね。

タイミング的に、ケニアが追いついたところで、坂道になりそこでケニアが抜ききれなかったのが敗因だろう。

坂道は脚の長さより、日本特有のピッチ走法(というほどストライドが小さくはないが)が強いということの証明だと思う。


いや~ひさしぶりに感動!


それと、混合の駅伝はなかなかいい企画じゃないか?

ただし、外国の人たちはEKIDENをあまり走ったことの無いせいか、たすきわたしも下手だよね。

ノルウエーだったと思うが、1~2区でたすきわたしの瞬間に2区のランナーがころんだのは痛かった。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年11月24日

最高の季節!

テーマ:鍛錬の記録
2010年11月24日

定点観測

テーマ:鍛錬の記録
走りながら、食べて、聞いて、考えて!-201011240955000.jpg

最高にいいお天気!さむいけどね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年11月14日

APEC最終日のみなとみらいを通過して!

テーマ:鍛錬の記録
APEC最終日。当然ながら進入禁止。
いつもの15号線をみなとみらいに向かって進み、そのまま横断歩道でストップ&ゴーを繰り返し、赤レンガ倉庫方面にいくしかない。
前半調子よく4分30秒レベルで走れるも後半はけっこう疲れてしまった。
まだまだスピードスタミナがついていないなぁ。
しかし警備は厳しく、いつもの大桟橋も入れず仕方なく山下公園を通り過ぎ根岸に向かう。
警備はみなとみらい地区あたりだけかと思ったら、山下公園も、港の見える丘公園も、本牧も、根岸付近までいた。びっくり。
それに、空ではヘリが複数飛び交っている。
ヘリの音もずっと聞いているとすごいストレス。
それに、ヘリの腹を見るとなんとなく嫌な感じで、あそこから何か振ってきたらどうしようとか、きっと戦争のときには恐怖を感じたよな~とか変な想像もしてしまった。
ものものしい警備も、根岸まで行って復路を帰ってくるときは、もうずいぶん緩和されていた。
ま、なんとか30km。
来週、横須賀ハーフがあるから、スピード練習もしなくちゃな~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年11月10日

チャレンジAPEC警備体制

テーマ:鍛錬の記録

走りながら、食べて、聞いて、考えて!-201011100944000.jpg



APECが本格的に開催されています。

それに伴い、この前の日曜日に通れたところも立ち入り禁止になったりしています。


今日は、最高にいいお天気。

太陽が威張っている!というような光輝く快晴!

当然、しっかり走りたくなる。

で、なんとか走りだしたものの、調子はあまりよくなく、それでもなんとかみなとみらいまで。

と、警官や装甲車がたくさん。


途中、いつものとおり左折してみなとみらい地区にはいりましたが、不安になったので、信号待ちでおまわりさんに、「こっちいけますか?」と聞いたら、「職質されるかもしれませんが大丈夫ですよ」というので、そのまま走るも、ますます警官が多く増えてきて、ふとみわたすと、自分いがいは全部警官なんて状況に。

そして、とうとう「ここからはダメです」と入れず、もろくもコース変更となりました。


空にはヘリ。

装甲車は、フロントガラスを鉄板で覆ったものなど、ほんとうに物々しい状況。


さすがこれじゃ走れませんよ。

というより短いサイクルでのストップ&ゴーのくりかえしは疲れます。


結局22.7kmm2時間15分。


なんだかお天気のようにすっきりしないランでした。


午後からは買い物にでも行こう!っと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年11月08日

久々の帰宅RUN

テーマ:鍛錬の記録

6日土曜日は、朝からお天気も穏やか。夜も雨の心配は無いということで、朝「帰宅RUNグッズ」をザックに詰め込み会社へ。

そして定時で会社をあがり、出発する。久々の32kmの帰宅RUN。


しかしスタートは午後6時過ぎだから、当然まわりは暗い。

そこで、ハンディでLEDライトを持って走ることにした。


多少手が不自由かとは思ったものの、必要な場所にライトを当てられるのでけっこう便利。

途中、街灯のほとんどない歩道付近では足元を照らすのに役立つし、このライトは点滅もしてくれるので、車や歩行者からも発見されやすく、安心。特に、最近は、音楽を聴きながら走っている人も、歩いている人も、自転車をこいでいる人も多いので、目でわかるようにしないと危険。


途中、公園脇では、おなじようにヘッドライトを付けて走ってきたランナーともすれ違った。

交通量の多い道路では、車も自転車も歩行者にも気をつけてもらえるので、やはり存在感を示したほうが走っているほうとしても安心。


国道16号線を横浜方面に向かっていくのだが、途中、車専用道路になって歩道は会談を下りていったり、真っ暗なところもある。が、このライトがあれば安心。


それに、いくら舗装されていても、ちょっとした凹凸で躓いて転ぶことはよくある。

走り始めたころにも、ボストンで転んだり、横浜でころんだり、最近は、縁石にひっかかり転んだり、まあ意外に転ぶものだ。

今回もライトはつけていても2度ほど躓いてバランスを崩した。

それに、途中、歩道にも縁石が横たわっているところもあり、知らないでひっかけたら大怪我にもなる。


走り始め最初のころは、脚の力もしっかりしているから問題は無いのだが、後半になり脚力に不安がでてくると、リカバリーが効きにくくなり結果転びやすくなる。



今回も最初は、調子よく走れた。しかし、どうも17km程度過ぎると俄然、空腹感がひどくなり、急に脚がふらつきだす。軽い低血糖症状だ。

大会のときは、前日までにしっかりピーキングしておくので今までこの症状がでたのは1度くらいだったが、最近の練習では、時々発生する。

急に、意識がぼや~っとしだし、お腹がすいて、走る気力そのものがよわまる。

足がふらつき、体重をしっかり支える力も弱くなる。

今回も、17kmすぎでこの症状になり、コンビニによった。


こういうときは、お腹が少し膨れ上がるような感覚に、元気の出る補給が欠かせない。

「最中」と「レッドブル」

これで立ち直る。

走りだして、1km程度だが、その間にすっきり元気になってくるから不思議。

甘いものは空腹感を解消させ、レッドブルのカフェインやアルギニンが効果を発揮するのだろう。


たったかたったか、けっこう調子よく走る。

急激なのぼりはあまりないがそれでもアップダウンはあり、狭い歩道を走っていく。

それにしてもどうして日本の歩道ってこんなに狭いのだろう。


20kmを過ぎ、大きな坂を上っておりてあと5kmくらいになってほっとする。

あと、少し というところで信号待ち。


膝に手をついて休むが今度は急にお腹が痛くなる。気分が悪くなる。

おかしい・・・しかし、このまま走り続けるとまずい!と思い、ガソリンスタンドに向かう。

「すみません、トイレを貸してください」


ここで、スッキリ。

あと3km程度で家に着く。


到着。


普段32km程度を走るのはそう苦痛ではないのだが、空腹感もあり、ザックを背負って走るのはけっこう疲れる。


結局3時間16分程度。まあ、いい感じで走れたかな?


ということで久々の帰宅RUNは終了。


ぐっすりベッドで寝ることができたが、もはやシーズンインのこの時期、翌朝おきてさらに20kmを走る ランキチがここにいた。


今月7日までで、すでに85km!この調子で今月はしっかり走りこもう と!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年10月07日

レッグマジック なるもの

テーマ:鍛錬の記録

我が家で「レッグマジック」なるものを購入した。通販で。

ご存知、コレ


走りながら、食べて、聞いて、考えて!




TVの通販番組でもよく見かけたものだと思うが、とうとう我が家でも特に下半身の鍛錬+ダイエットのために購入したのだ。

これを一日数分やれば一ヶ月ですっきり脚も細くなるらしい。


家に到着してから組み立てて、やってみたのだが・・・ぬあんと・・・これは、キツい。

自分としては、マラソンで100kmも走れる体力もあるし、山道のアップダウンもなんとか走りきるくらいの脚力もあるのだが、決してこれはその程度で十分耐えられるものではない。


脚をのせて動き始めると、最初の10数秒は笑顔でやれるものの、30秒すぎたらもうかなりキツい。

1分間で汗もしっかり出てくる。こりゃ凄いわ、ほんと。


家族でやっているが、これを風呂上りにやるのはだめ。もういちどシャワーを浴びたくなる。


これで効果があるかどうか・・・期待したいところだが、どうか、このままこの機械が壊れるくらい使いこまれることを期待したい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月05日

5月スタートダッシュ!

テーマ:鍛錬の記録
2日に三崎港で待ていてくれたハーレー↓
走りながら、食べて、聞いて、考えて!-201005021648000.jpg


5月のGW。仕事柄、GWとはいえそう長くは休めない。しかし、通常の休みにプラス1日の休みを頂戴して3連休させてもらった。目的は、6月のウルトラマラソンに向けた「鍛錬」。

とにかく長い時間、長い距離を走れるからだづくり。脚ずくり。コンディションづくり。それが狙い。


市民ランナーの中には、この50km超のウルトラマラソンをメインとして走るウリトラランナーの部類もいると聞いてはいるが、自分はそこまでの根性は無い。

これらのウルトラランナーの皆さん方は、まったくもって、一般の方には想像できない体力と脚とそして胃腸の強さを持っている。さらに、タフさも違う。


恐ろしいのは、このGWあたりから毎月ウルトラなんて猛者もいるらしい。いやいや、それ以上に、2週連続で!なんて猛者も。


しかし、さすが自分は、そこまでには至らない。その領域は、「ウルトラの神様」といわれるもののように思う。

自分は、この6月の大会を、シーズンのさいごのケジメとして、また、目標として走ることにしている。

一年間走り続けたことがこの大会で完結するのだ。そういう思いで臨むことにしている。


したがって、通常から100kmをすぐ走れるからだにはなっていないので、準備にはいろいろ時間もかかる。


今回、2日に実行した70km走については、長い距離を走ったというよりも、約9時間という長い時間を走り続けることができたこと自体は、十分体力があるということで、まずはひとつのバーをクリアしたかと感じている。

昨年、本番でも50km~60kmがいちばんキツかったが、今回は、なんとか乗り切れた。

これで本番でもなんとかなるかと感じた。


長い時間は知ることで負担の大きい、胃腸の不快感は、飲み物よりも食物を有る程度とったほうがよさそうだとわかった。


シューズも、今回ゲルフェザーでいけたので、まあなんとかなる。ソックスもRxL SOCKSでいける!


問題はウエアかな?

CWXのハーフは少しキツく感じて窮屈だった。もっとリラックスできるものでよいかもしれない。

それに、腕がウエアに擦れて痛くなった。これも課題。


これらいくつかをシミュレーションして本番に臨む。ここまでやれば悔いはないというところまでやって臨む。


隠岐の島 ウルトラマラソンまで あと45日。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。