2014年02月22日

泉州国際マラソン、そして明日は東京マラソン

テーマ:マラソン大会
2月16日は、泉州国際マラソンでした。
何度も参加している大会で、コースも走りやすく陸連登録選手のみスペシャルドリンクが準備でき、そのスペシャルドリンクはしっかり手渡ししてもらえるので、とても自分にとっては相性の良い大会で、いつもここで記録更新もできていました。
昨年は、自己ベストの3時間24分。
初めて、25分を切ることができ、今回はなんとか20分を切りたかった。

今回はしっかり休めるよう前日土曜日の午後に大阪入りし、宿泊は堺駅前のホテル。
スタート場所は浜寺公園なので電車でものの20分程度の場所でした。

8時ちょっと前にホテルを出て浜寺公園に向かいました。
8時30分前には到着し、すぐに受付完了。そして、ナンバーカードをつけて準備完了。
あとは、スタートの10時半を待つだけ。
10時半スタートっていうのもすごく良かった。
スペシャルドリンクは、20km、25km、30km、35kmの4回。
そこに、コーラ+ユンケル、レッドブル+ユンケルを水で薄めたものを交互に配置し、リカバリーする作戦。

大阪のラン仲間の久野先生に会い、準備完了しスタート位置に。

今回は、前半抑えめに入り後半の橋を4回しっかり走れるように。

しかし、前半抑えめに入ったつもりが、キロ4分半のペース。
キロ4分50秒で十分なのに、なぜかペースが落ちない。
自分としては、力も抜いて楽に走れるペースで走っているつもりが4分半ちょっと。

そのうちに、ときどきダッシュしてはジョグっている若いランナーが近くにいて、何度か同じことを繰り返していたので、
「ダッシュすると故障するぞ!」と注意して自分の走りに集中する。

そろそろ20kmに近づき、ハーフで1時間40分。サブ3.5は十分射程内。

そしてようやくスペシャル。
いつものように、ボランティアスタッフが渡してくれるかと思ったものの、番号を呼ぶ越えが聞こえず、気になったので、大声で自分のナンバーを叫ぶ。
そして、テーブルが近づいたものの、スタッフがドリンクをあわてて探しており、結局とれず!

レベルは違うけど、スペシャルがとれないってことで川内選手と同じように動揺した。
一瞬、もどろうかと思ったくらい。

しかし、あと5kmで次のスペシャルがあるからとなんとか我慢して走り続ける。

そのうちに、なんとなくペースが落ちているような・・・。

25km。
スペシャルがとれた。

しかし、かなりばててきている。
そう、風も強かったけど、この日の関西はけっこう気温が上がり15度くらいはあった。

30kmまでの5kmが長い。
そのうちに、キロ5分まで落ちてしまった。

なんとか30kmのスペシャルをとり、そして橋に向かうが、橋を登る手前で六花先生に抜かれた。

橋を上りはじめたころはそうとうペースダウン。

35kmのスペシャルをとったとき、もう完全に集中力が切れ、とうとう立ち止まってスペスあるを全部飲み干す。

ここからが地獄。
とにかく足が動かない。
なぜ、なぜ、なぜ。

でも、どうしても完走はしたい。
館山であきらめたダメージがよみがえり、なんとかここで踏ん張れないのかと自問自答を繰り返してた。

そして、その答えは、
「そうか、そういえばお医者さんに今の治療薬を飲むと記録は出ませんよ」って言われたな、と。

そうして自分でまたあきらめてしまった。

結局、ゴールは3時間41分。

泉州国際ではワースト。


なかなか、今年は記録が出ない。

で、明日は、東京マラソン。

いろいろな手段を講じて、ようやく走れるようになったけど、受付に言ったら、最終ブロックのKブロック。

こりゃ、こまった。
スタートまで20分はかかる。
仕方ないので、最後尾からまくりあげてみるか。

そのほうがいい結果でるかもな。

ということで、明日、最後尾から行きますのでよろしく!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014年02月02日

(久々のブログ投稿)館山と泉州、そして隠岐の島

テーマ:マラソン大会
走りはじめたころ、最初の大会は、「横浜マラソン」の10kmでした。
そして、その後「谷川真理ハーフ」「浦安シティ」のハーフマラソンでした。
フルマラソンの初参加は「かすみがうらマラソン」。
そこで、初リタイアでした。
この時も、前半調子よく32kmあたりで走れなくなり(脚は大丈夫だったけど、精神的に)、それでリタイアしました。
その時を振り返ると、とにかく走り続ける気力が無くて、スタミナ切れという感じでした。
その後、リタイアした大会は、ハセツネ本戦の初参加。これは、胃腸不調が原因で第一関門でリタイア。1週間前に腰痛になったのも原因でした。
3回目のリタイアは、隠岐の島。ただ、この時は5月末に疲労骨折がわかり、急回復できたもののあとあとを考え笑顔での中間地点でのリタイアでした。
そして、今回、けっこうマジレースで臨んだ、相性の良い館山で、それも30km手前でリタイアしました。
この原因ですが、多分に、今までの目標とこのレースに臨む目標が違っていたことに加え、準備で失敗したことだと考えています。
まずは、目標の違いですが、今までは大会に参加し、完走することが楽しかった。
で、結果がその努力についてきたのですが、今回は、最初からサブ3.5を意識しすぎていた。なので、途中失速しはじめ足の動きが悪くなったとき、まだキロ5分程度なのに非常に焦ってしまい、さらに失速を感じた際に、もう集中が切れてしまいました。
さらに、気分も悪く、多分ハンガーノックがあったように思います。
そして、準備の失敗。
週末土日の休みの勤務になり、週末集中で走るようになってから平日にほとんど走れないので、館山の前日土曜日に軽く走るつもりが22kmも走ってしまいました。
その疲れは翌日に回復はしませんでした。
それは、今週の状態をみても明らかでした。
週末金曜日に皇居4周。20kmをキロ4分30秒ペースで走りました。
そして土曜日は30km走をしましたが、これがきつい。
前日の20kmのダメージはかなりあって、スピードが全く出ない。
このような状態の中でフルマラソンを走りきるのは厳しい。少なくとも、サブ3.5を目指すなら前日は走らないことが必要だと思いました。
日曜日、雨予報だったので早めに軽くは知りましたが、カラダはガチガチ。
それで、ようやくカラダが暖まりスピードが出たのは、8kmすぎ。
この時期、それだけ筋肉の動きは悪いってことです。
しかし、その後、負荷が少なくスピードを維持して走ろうと思ったときのペースは4分45秒程度でした。
ってことは、このペースさえ守ればサブ3.5は射程内です。

ということで、次の泉州ではキロ4分45秒を維持して走るつもりです。

たった今、別府大分マラソン真っ最中ですが、期待の前田選手が失速です。
前田選手もリキミがあったとコメントされています。

目標は、まず走りきること。

再度、しっかり走りきる練習をしましょう。

今年の隠岐の島。おどろきの5日間で参加定員閉め切られました。

ますます、マラソンブーム。沈静化しません。。。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。