2014年01月04日

2013年を振り返って

テーマ:鍛錬の記録
2014年にすでに替わっていますが、ようやく昨年(2013年)のことをブログで振り返ってみたいと思います。

2013年は自分にとっては本当に変化の大きい一年でした。
仕事では、自分は統括していた組織が組織改編でなくなり、自分は本社機能の副本部長という中途半端な立場になりました。
立場は中途半端ながらも、会社の業績に大きく影響を与える組織でもあり、かなりストレスが強く、肉体的精神的にも悩まされることになりました。

そういう中、比較的、走ることについては順調に記録の亢進ができました。
1月末に開催される、「館山若潮マラソン」では思ったより調子良く、サブ3.5はクリアできました。
そのあと2月の「泉州国際マラソン」では、3時間24分という事故ベスト更新ができました。これも、当日関東などから参加したラン仲間が常に前方にいて引っ張ってくれたことと、在阪のラン仲間の応援がとにかく素晴らしかったからです。最後まで集中が途切れず、結果自己ベストを2分以上を更新することができました。

その後3月の「三浦ハーフ」も比較的順調に100分を切れ、その後の「京都マラソン」もサブ3.5を記録、そのまま4月末のSTYに臨みたかったのですが、この頃から体調に異変をきたしました。
体重は徐々に減少。走っていると脚ががくがく震えるような症状。
また、夜は心臓がドキドキして良く眠れず不眠が続きました。
あるとき、ふつうに30km走をしていたときに、決定的に異常を感じます。
それは、あとわずか10kmにも満たない地点で走れなくなりました。
途中で、駅に向かい電車に乗りました。
体重は今までになく5kg以上減少していました。
立っていると、脚ががくがく震え、会社でのプレゼンでも震えが止まらない状況になりました。
この症状はあまりにも異常だと感じ、クリニックに行きましたが、漢方薬で様子見となりました。それでもおかしいと気になり再度受診し、血液検査をすると、「甲状腺機能亢進症」という症状であることがわかりました。
その後、処方された薬で症状は改善しましたが薬の副作用がひどく、わずか40分ほどの通勤の電車の中でトイレに何度も行きたくなり落ち着かない状況になりました。
楽しみにしていたSTYは、仕事の都合で行けなくなりDNSとなりましたが、それどころか体調は良くなく10kmも走れない状態でした。

6月の隠岐の島ウルトラに向け大事なGW。しかし、体調はようやく回復してきている状況で、GW後半になんとか10km走れるくらいに回復しました。

その後6月上旬にラン仲間のイベントがあり、府中から東中野まで約30km走ることができました。そしてアフターは焼肉。おかげさまでかなり体調は回復。
そして「隠岐の島ウルトラマラソン」では思いのほか調子よく、結果、11時間を切れるかという11時間4分のベスト更新で、終えました。
そして、その後の「雄勝トレイル」イベントでは最高に楽しい達見ができました。
この時点で体調は完全にもとに戻りつつありました。

その後の夏場は、「ハセツネ安全走行講習会」のスタッフとして、またハセツネに向け山道のトレーニングに励みました。

その結果、10月12日のハセツネ本戦では、前年の19時間を4時間も短縮する15時間50分でゴールできました。また、2週間後に開催された「伊南川ウルトラ」では、大雨の中10位という記録を打ち立てることができました。
山道ではかなり体力回復もあり、またかなり忍耐力もできていたのでしょう。
山道をしっかり走り通せました。

しかし、その後、

年末に向け仕事はかなり忙しくまた、ストレスが増し、また体調が悪化しました。

それでもなんとかまだ保っています。

それはやはり、走る喜びを私は知っているからですね。


年末、27日の深夜
大手町をスタートし、十数人が箱根に向け走りだしました。

一歩一歩、ゆっくりとでも確実に。

自分はこの一年何を学んだのだろうか。

少なくとも、前に進む勇気と厳しさと強さ。

それだけでも、収穫だったのかもしれない。

未だ体調は万全じゃないけど、でも、
体調は常に万全なんてことは無いのだ。

それでも前に進む勇気が必要なんだ。

2013年は厳しい一年でしたが、この年で、また学んだ一年でありました。

多くの仲間に、感謝。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。