2012年04月29日

富士5湖ウルトラチャレンジ100km完走記

テーマ:ウルトラマラソン
$走りながら、食べて、聞いて、考えて!

4月22日雨模様の河口湖付近。
なんとか、100kmを完走しました。

ウルトラマラソンについては、隠岐の島しか走ってなかったので、初めて違うコースを、大会を走ることになりました。
だから、どうしても、隠岐の島と比較してしまいます。

正直、完走しても、隠岐の島よりも感動も達成感も嬉しさもあまり無かった。

でも、一週間たった今、なんだかやっぱり富士五湖のレースも楽しかったと思えます。
いや、ウルトラのレースがそういうものなのかもしれないけど。
でも、やっぱり、富士五湖のレースも首都圏から近くなのに、あんなに自然にあふれる山と森と湖の道を走れる贅沢。そして、朝方見れた、大きな大きな富士山は、とっても印象的でした。

この大会は、そう、隠岐の島に向けた練習のつもりで走ることにしてたのですが・・・ところが、けっこうFaceBookで知り合った仲間が参加することや、また、練習もそこそこできたので、けっこうマジに走る気持ちになっていました。

練習は、1月の館山フルを終えてからはほぼ30kmレベルのロング走。
さらに、62kmと50kmを2回走り、50kmれネルでのそう走力が落ちない体力はついていたように思います。
途中、腸炎で苦しんだ時期もありましたが、本番前はしっかり休むこともでき、前日に受付、そしてペンションに宿泊できました。

スタートは午前5時。その前に3時くらいから会場付帯の駐車場が開門するので、なんとか2時半にはペンションを出るように準備しました。

そして午前3時に会場入り。

会場では、FaceBookで知り合った方々としばし過ごし、そして5時。曇り空の中、スタート!

今回は、前半から積極的にジェル補給食をとり、またWGHをしっかり走行中に摂取することで、後半の疲れに備えるようにしました。

走りはじめは、キロ6分程度。
そして10kmすぎあたりで、信号で待たされたり、歩道を走らされたり、この大会のやりかたをここでわかりました。
隠岐の島は交通規制もして、しっかり道路を走れますが、富士五湖は基本、歩道走行。信号を渡る場合は信号厳守。
正直、ストップ&ゴーは疲れます。

でも10kmおきに、ジェルとWGHを補給した結果、後半も大きく崩れず、なんとか走りきれました。
疲労が大きく感じたのは、90kmあたりからかも。
多少、スピードは押さえて走ってましたが、この調子なら、本番の隠岐の島でも完走確実かと安心したのですが・・・なんと、どうも右脚が。。。

多分、シンスプリントかな。

少し大事をとって走りを押さえて準備します。

でも、富士五湖、おかげさまで、11時間27分でした!自己ベスト。

やっぱり、楽しかったんです。富士五湖のウルトラも!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。