2011年05月24日

お弁当メール

テーマ:いけん・ひとりごと
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月21日

Road to the Hasetsune Goal

テーマ:トレイル
少し走り出したのが、2004年のころ。
2005年の4月に、初フルマラソン挑戦。そしてあえなく32km地点リタイア。
その悔しさから、夏場の練習を強化し、秋のつくばで正式にフルマラ完走。4時間切り!

最初のころは、徐々に走る距離が増えていたが、30km走を初めてやったときは、ひどい脚の痛みに涙した。

それから、いつの間にか、普通の練習で20~30kmを走り、フルの距離への不安もなくなった。

走る距離をかせぐには、ゆっくり走れば問題なくいける。しかし、スピードがないと意味がない。

そういう気持ちもあり、フルマラソンの記録や達成感をさらに伸ばすために、ラフロードを走ることを考えた。また、夏場のトレーニングとして山道は涼しく気持ちよかったのだ。

しかし、そうしてトレイルランというものに脚を踏み入れながらも、自分としてはなんとかフルの記録を伸ばしたかった。せめて3時間30分はきりたかった。

ようやく3時間30分がコンスタントに切れるようになったが、今度は、フルの記録よりもさらに長い超長距離のウルトラや、トレイルへどんどん突き進んでいる。

もうこの歳でさすが新たに記録を更新するのは難しいという気持ちもあるが(そうは思いたくないのだが)、さらに新たな世界を垣間見ることが増え、そしてその素晴らしさにはまってしまったとしか言いようがない。

来月の19日は、「隠岐の島ウルトラマラソン」開催日。4回目の挑戦。
そして、とうとう、トレイルランの象徴的な大会「ハセツネ本戦」へのエントリーを行い、10月に71kmの山道を24時間以内に走りとおす大会に参加する。

正直、走り始めたころも、数年前までは、まったくもってハセツネの事は知っていても自分が山道を走ることになるとは想像していなかった。

でも、走る。

ロードの大会も素晴らしい。だからこそ、最近は大都市で大会が増え、さらに参加者も増加している。
しかし、ロード以外の山道には、山道のよさがある。

自分にとっての今年の最大のイベント。

必ず、完走しよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月20日

ハセツネ本戦 エントリー 完了!

テーマ:トレイル
とうとう、マウンテンマゾヒストの世界に足を踏み入れてしまいました。
10月22日~23日。
しっかり、走り、歩き、ゴールを目指します!

$走りながら、食べて、聞いて、考えて!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月19日

震災2ヶ月後

テーマ:20110311東日本大震災
すでにあの忌まわしい震災が発生してから2ヶ月が過ぎた。
発生直後、某政治家が「バチがあたった」みたいなことを言って批判を浴びたが、なくなった方々や被災された方々には不適切な発言ではあるものの、確かに、この震災については学ぶ点が多かったように思う。

【日本人の災害対策】
約2万人が死亡および行方不明という確かに規模の大きい災害ではあったが、一方、マグニチュード9レベルという想像を絶する大地震がありながらも、日本であるがゆえに被害は極小化されたのではないか?という意見がある。

もし、日本以外で同規模の地震が起きたら、まずは建物の被害というのは、もっと甚大であったと思われる。日本の厳しい耐震構造の建物は非常に機能したと思われる。特に、震源地に近い宮城県仙台においても、津波による倒壊はあったものの、地震への対策は十分とられていたからこそ、大きな建物の倒壊などがなかったのだと思う。

そして、津波についても、確かに間に合わない悲惨な事態もあったものの、ある地域では全員助かった村や学校があったことも、日ごろの災害対策が行き届いていたことではないだろうか?

【日本人の想定外の対応】
3月11日から数日間の日本の生活を、日本国民全員想定していただろうか?地震の規模も、津波の大きさも、停電による影響も、原発の事故の影響も、ほとんどの日本人は、あのような大きな影響を想定してはいなかったように思う。
自分も、「いざとなったら、いくらでも歩いてかえることはできる」と言いながらも、まさか、16kmも革靴で歩くことになるとは想定していなかった。会社においてあるスニーカーなどは出番はなかった。
携帯電話が全くつながらない。一方で、ツイッターでの状況把握のみ可能というのも全く想定していなかった。停電による移動困難も、水不足も、ガソリン不足も、計画停電も全く想定などしていなかった。
しかし、不思議とあの3月11日の地震発生から2~3日間は、たんたんと日本人は行動していた。

そういう自分も、地震発生時には電車の中。そこに、乳母車と赤ちゃんをかかえたお母さんやサラリーマン、学生などがいて、避難する際に、自分も入社面接に行こうとしていた学生もそのお母さんを助けた。
歩くしかないと思った自分は、すぐにコンビニに入り水と食糧を確保した。
しばらく歩いて、暗くなりまた停電を想定して自分は懐中電灯も確保した。
翌日、思った以上に普通に会社に出勤してくる仲間がいた。
月曜日になって、通勤困難もあったものの、でも、大きな暴動などなかった。

不思議だが、あんなにとんでもない、想定もしない出来事があっても、日本人はなぜか想定していたかのように冷静に、人におもいやりをもって生活できるのだろうか?

あらためて日本人の「こころ」というか、「信念」のようなものを見た。

【お返しの文化】
さらに、想定外の悲惨な災害に合った日本に対し、これも想定外の各国からの支援が始まった。
これは、本当に驚いたとともに、こんなに日本という国が世界的にも評価されていたのだろうか という何か誇らしいような、うれしいような、安心できるそんな気もちが生まれた。
いくつかの国は、「以前、日本から支援をいただいた」ということでのお返しといった。
そうか、そんなに日本は世界のためにいろんなことをやってきたのか。
確かに、この時代までいろんなことがあったけど、でも日本人は世界でしっかり日本のこころを浸透させていたのかもしれない。
お中元、お歳暮。お世話になった人への感謝をこめての儀式。
でも、それが日本人が世界に伝えた気持ちだったのかもしれない。

日本を応援するイベントが世界で繰り広げられている。
被災者を支援するイベントがたくさん行われている。
生まれ故郷を応援する歌が流れている。

まだ、原発事故は収拾はしていないが、でも、
日本に生まれてよかった。
日本人に生まれてよかった。

そう、最近思えるのである。

3月11日が多くの日本人に本当の日本を思い出させたような気がしてならない。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年05月14日

いかん、泣いてしもた

テーマ:音楽
2011年05月05日

フィギュアスケート世界選手権の最後のエキシビジョン ロシアからの愛

テーマ:20110311東日本大震災
2011年05月05日

すばらしい自然の音

テーマ:音楽
2011年05月01日

納得して死ねるのか?

テーマ:いけん・ひとりごと
こんな日本人、いや人間がいたとは。
医師とは・・・

http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk&feature=share
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月01日

隠岐の島ウルトラまであと49日

テーマ:ウルトラマラソン
5月1日。今日で、あと49日と大会も迫る。
う~ん、ちと焦るな。

昨日久々に50km走をやりました。大阪単身赴任のときは、京都~大阪がほぼ50kmだったので、ある意味楽しいランができましたが、自宅から出発する自宅付近で50kmを走るのは、走りなれているからこそ、けっこう精神的に辛いものになりますね。

結局、朝8時過ぎ。NHKの「おひさま」を見たいところを我慢して自宅から横浜市の金沢区のあたりまでいけばたぶん片道25kmくらいにはなるだろうと思い、スタート。

ルートは20km程度まではいつものとおり。
最初からゆっくり走る予定も、やはりいつの間にかキロ5分半は出ている。
速すぎ。これでは絶対に100kmはもたない。自分の実力では。
そう思い、キロ6分レベルにしようとするも、それ以上にゆっくりにするとLSDのように辛い練習になってしまいけっこうキツい。
仕方ないので、やはりキロ6分前後のJogで行くしかない。
それと、シューズは、セーフティタイプがどうも重たくかんじ、またボテボテして、さらに後半ずるずるという感覚がいやで、ライトタイプにしようも、先日のLSDでナイキのルナスパイダーのアウトソールがはがれてしまっている。仕方ないので、レース用のアシックスのスカイセンサーで走った。

最近は、このくらいのライトタイプが足と一体化していて気持ちよいのだが、先日の泉州国際でこのシューズで足をいためたので、なんとなく嫌な気分。

でも、快調に走れる。まだ朝も早く観光客も少なかったからなのだが。

あっという間に、大桟橋。
$走りながら、食べて、聞いて、考えて!


この景色はいつ見てもいいねえ。
みなとみらいが一望できるし、お天気がもっとよければ、高層ビルの谷間から富士山も見える。
そして、この桟橋の先端で、お祈りをして走り続ける。

今回は、このところお気に入りのSAVASのゼリーを補給食にしたのだが、これはおいしい。
特に、マスカットが最高にお気に入り!

山下公園を抜け、いつものとおり本牧に向かう。
そして、第一エイド。コンビニで氷とレッドブル補給。

再び走り続ける。
根岸を抜け、磯子も抜け、新杉田。ここでほぼ20km。けっこう疲れてきている。
あと5kmは進めたい。
こんもあたりから車も増え、さらに自転車が多い。
ロードバイクが・・・。けっこうきちんと信号も守り、マナーも良いサイクリストもいるが、たまにメットもせずGパンでロードバイクを乗っているマナーの悪いものもいて、危険を感じることも少なくない。
一時期、マラソンランナー急増し、マナーの問題もとりざたされたが、今後は自転車に対する問題が勃発するだろうね。

トンネルを抜けるともう金沢区。
そして能見台あたりでちょうど25km。折り返し。
いや~きつい。

来た道を折り返し走る。
だんだんキロ6分半から7分レベルに落ちる。
コンビニでまた氷と今度は渋いお茶を飲む。
けっこうお茶の渋みが気持ちいい。

しかし35kmあたりから40kmあたりが一番キツいなあ~。
途中お腹もすいて、コンビニで桃がたっぷりはいったゼリーを食べる。
それから、山下公園までようやくもどり、そこで、フリフリコーラ。


$走りながら、食べて、聞いて、考えて!

あと8kmくらいで50kmなのだが、ここが一番キツいなあ。

ただのこり5kmくらいからけっこう調子がよくなってきた。
意外にも、まだいける感じでキロ5分半ペースにも戻った。

隠岐の島の本番ではこの48kmあたりが昼間のレストステーション。ここで着替え後半に向かう。
課題は、50kmあたりから60kmまでのこの10km。
同じような単調なところを走り、まだ40km以上もあるという負担も大きく、苦しい時間帯。
しかし
60kmを過ぎたところで、急に精神的に楽になる。
あと3●km。というこの数字が大丈夫という気持ちになるのだ。

ま、とりあえず50kmを走り終えたが、スカイセンサーはどうも合わない。
左親指にマメが・・・。
やはり、シューズを買わないと。

これから新緑の5月。
気持ちよく練習して、6月の隠岐を迎えたい。

$走りながら、食べて、聞いて、考えて!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。