1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011年02月24日

新トレランシューズ購入!

テーマ:トレイル
トレイルランを始めて、これで3足目のトレランシューズ。
最初はノースフェイスのシューズだったが、サイズがちょっと小さくてまたくるぶしにあたり擦れもおきており、関西で主に使用していた。
2足目が、モントレイルのコンチネンタルデバイド。
これは発売当時も人気が高く確かに足入れ感がよく、そして自分の足にもぴったりだったが、かなり磨耗してしまい、そろそろ使用には厳しい状況になっていた。
そこで、今回、ハセツネ30kを前にして購入したのは、同じモントレイルのマウンテンマゾヒスト。
名前からして、山道を走りたいというまさにヘンタイたちにピッタリのシューズと思うが、そのとおり、足いれかんは、引き続きスムーズ。そして、ソールもしっかりしているにもかかわらず軽い。
もう1点購入を悩んだのは、ATプラスというものだったが、これはさすがゴツゴツしすぎて重たくて、オンロードも10km程度はあるハセツネ30kのコースでは、ハードすぎかと思い、結果、こちらのマゾヒストにした。
$走りながら、食べて、聞いて、考えて!


シューズはなんといってもランナーにとっては一番大切なもの。
今週末は、東京マラソンが開催されるが、自分は、このシューズのためし履きでもしてみようかと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月21日

第18回(自分は5回連続)泉州国際市民マラソン 完走記

テーマ:マラソン大会
20日夜、久々に大阪の仕事仲間と食事会。楽しかった。
そのあと、ホテルでマッサージをお願いしたら、なんだかよく眠れなくなっちった。
大阪のおばちゃんに、大阪のいいところを話してたからか、やたらしっかりやってくれてすっげ~痛かった。

で、ホテルは乾燥がひどく、さらに室内のエアコンを切っても眠れず結局4時半ころには起きて身支度をして、5時15分ころにホテルをC/O。
それから地下鉄で新大阪に行き、久々の朝マック(関西だと、「朝マクド」?)

会社へのお土産を購入して新幹線に乗る。
新幹線は早めに予約しておいたので、グリーン車を安く買えた。
そこで、乗ったとたんからゆっくる眠れる。
気持ちいい。

8時30分ころに新横浜に到着。乗り換えて職場へ直行。始業前にチャント職場に到着してほっとした。

まあ、今回の泉州は疲れた。足がかなり痛い。
スタート直後から左のくるぶしに捻挫のような違和感が続き、その結果、走り終わってから痛みが激しい。右の足も同じくらい痛いけど。
最近レース後の痛みではいちばんといっていいほどの痛みかな?

【今回の記録】
S~5km  22分47秒
5~10km  22分31秒
10~15km 22分28秒
15~20km 23分18秒
20~25km 24分02秒(S/D レッドブル)
25~30km 25分29秒(S/D ユンケル+ムサシ)
30~35km 26分43秒(S/D レッドブル)
35~40km 27分45秒(S/D ユンケル)
40~G   12分19秒            
TOTAL  3時間28分37秒

今回スペシャルドリンクをけっこう活用したが、やはり疲れてきたところでのレッドブルは悪くなかった。しかし、通常の練習とは異なるので、かなりスピードが出ているところでは、飲みにくくまた量も多かったと思った。

前半は時々GARMINを見ると、ほぼキロ4分30秒ペース。自分にとってはこれはキツい。できれば4分45秒台でイーブンにしたいところであるが、やはり33km以降の坂になる大きな橋4回のアップダウンに備えるべく貯金づくりをした。
途中、けっこう自分でも抜いて走っていたように思うが、20kmあたりから抜かれることが多くなった。しかし、GARMINではほぼ4分30秒程度。
だから自分が遅いというより、まわりの選手が速くなってきたのか?と不思議に感じた。
ただ、そうはいっても徐々に落ちてきて30kmあたりでは、そうとう足にダメージ。
30km地点でほぼ2時間20分程度だったので、なんとか3時間30分は切れると思い粘る。
しかし、またもやアタマで計算してしまい、坂道でなんとか6分でいいや と思い出し、スピードが出ない。
最後のスペシャル(35km地点)を飲み干してから、長い長い。
ただ、この坂道も、この前のハセツネの焼く5kmののぼりに比べたら、平地に近いくらい。
今回、30kmまでもほとんどアップダウンがないコースなので、何度も、「ハセツネに比べりゃ、平地はラクだわ!」と思いながら走っていた。
坂道が無いということはどれだけ無理して速度を上げられるか・・・と。

なんとか3時間28分でゴール。
今回も、ゴール直後橋ってきたコースに向かってお辞儀をキチンとできました。
そしてタオル掛け、Tシャツ、ドリンクをもらい、いつもの自衛隊さんのつくる「トン汁」。しかし、喰えなかった。最近は走ると胃が気分悪くなることが多く走った直後は喰えないのだ。
荷物を引き取り、着替えをしてりんくう駅からなんばにむけ、特急ラピートで帰る。
心地よかった。

ホテルでゆっくりお風呂に入り、そのあと、5日ぶりのビール!

やはり泉州国際はいい大会です。
地元の応援はたまりません。

それなのに、今回も、住宅街の空き地になっているところで、立ち小便ランナー一人発見!さらに、唾吐きランナー発見!さらに、ゴール直前の最終エイドで、ゴミ箱が並んでいるのに、「わざわざ」紙コップを自分の足元に落とすランナー発見。
まったく、困った状態だな。

「不良ランナー」は排除したいところだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2011年02月16日

夕方ラン

テーマ:マラソン
走りながら、食べて、聞いて、考えて!-DSC_0101.JPG

途中、空腹から低血糖になり、レッドブルで復活する 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月16日

Peace Run 2011 サポートしてます!

テーマ:マラソン
昨日はすごくいいお天気になりましたね。
でも、まだ雪が残っていたので、午前中に床屋さんとか、買い物をすまして午後走りました。

午後は、どうも風が冷たく曇り勝ちの冬の空模様でした。

$走りながら、食べて、聞いて、考えて!-DSC_0099.JPG


体調は、ちょっと重くてスピードもあまり出せませんでしたので、今週末ちょっと心配。
また、シューズは先日の館山と同じNikeのルナスパイダーでしたが、ソックスをRxLSocksの5本指にしたのですが、どうも最初違和感あり。
後半は馴染んで何も感じなくなりましたが、このシューズの特徴なのか、微妙な足のかたちに、微調整されるようです。
ただ、今週末本番は、不安もあるのでアシックスのスカイセンサーにするかもしれません。
まあ、直前で考えましょう。

それと、今回の泉州国際は、登録者はスペジャルドリンクの配置が可能なので、今からミニのコーラのボトルをあつめてそれを使おうと思っています。

・20km地点 まずはここではMUSASHIなど酸味の強いものにしようかと思います。
・25km地点 このあたりで多少エネルギー補給必要か?ユンケルも用意しようかと思います。
・30km地点 32km地点から、大きな橋を4回アップダウンしますがその直前の30kmあたりに確かスペシャル可能だったと思いますので、そこにはレッドブルをいれたボトルを配置しようと思います。最低、ここだけはしっかり補給しないと4本の橋はキツくなります。
・35km地点 最後ですね。ここも、レッドブルがいいかもしれません。

都合4箇所におけるので、今回はネイサンのミクストレイルを腰につけて水のボトルのみをつけて走ろうかと思います。スペシャルで栄養補給ということで対応しましょう。

あとはお天気も気になりますが、前々回も雪が舞いましたが、まあなんとかなるでしょう。

からだが絞りきれておらず苦しいレースにはなりそうですが、いけるところまで行こうと思っています。
なんてったって、これが今期の最後のマジレースですので。


さて、ツイッターでラン仲間から情報をもらい自分も協力することにしました。


Kayさんを応援しよう!

$走りながら、食べて、聞いて、考えて!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月15日

雪国?横浜

テーマ:写真
まあ、すごいことになっちまったよ。
明日の首都圏はどうなるんじゃ?
$走りながら、食べて、聞いて、考えて!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月13日

本日のディナー

テーマ:マラソン
走りながら、食べて、聞いて、考えて!-DSC_0092.JPG

本日のディナー。
鯛のサラダ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年02月13日

いつの間にか、つながる楽しさ

テーマ:ブログ
本格的に走り出したのは、2005年か6年頃。
それから、10kmの大会デビューから、もう100kmウルトラもやり、とうとう「山岳耐久レース」という分野に進出するのか、自分は。

でも、その間にいろいろな人たちとつながって、いろいろ教えてもらったり刺激しあうことで、またチャレンジしようとするモチベーションにつながり、本当に、マラソンとブログなどをやっていてよかったとあらためて思うのです。

今だから全然平気だけど、30kmを初めて走ったときは足が痛くて痛くて眠れませんでした。
そして、42kmというのは未知の世界で、それをやったらどんな感動がやってくるのだろう?と思いながら完走したり、同じく100kmだって、どんなになっちゃうの自分と思って走ってた。

でも、不思議と平気な感じだった。

感動はしたけど、やりきったことの疲労感と満足感が心地よかった。

そして、とうとう、ハセツネと呼ばれる「耐久レース」というものに足を踏み入れてしまった。

トレイルは、フルマラソンの練習のため な~んて思っていたのに、30kmの山道を走ってみたら、また、あの、30kmや42kmや100kmを完走したいと思ったと同じように、達成感を味わいたくなった。
本当に不思議に、また真摯に取組みたくなった。

今度は6時間30分で32kmの山道を走りきらねばならない。
ロードで32kmなんて、2時間ちょっとで全然走れるのに、山ではそうはいかない。

細い山道だから当然、ランナーの渋滞もある。
自分で責任をもって臨まないといけない。エイドはない。山を汚せない。
時間内に到達しないと先にいけない。

いや~またまた厳しいものに手をつけちまったな!

どうか、この程度ですましておいて、ハセツネ71kmの本戦とか、丹沢12耐とか、富士山登山とか、UTMFとかに発展しないよう、自分を押さえつけないと大変なことになりそうだ。

だいたい、そういうことが好きな人たちと、こうやってつながってしまったから、困難なのではあるが(そういうことに耳を貸さぬようにすることさえ)

ま、みんな何故か、厳しいことが好きだよね。

いつか、このブログでも書いたが、ランナーってのはやっぱりマゾなのだろうね。
それも、恐ろしく際限の無い、マゾ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年02月13日

快晴横浜。でも、寒い。

テーマ:マラソン
走りながら、食べて、聞いて、考えて!-DSC_0090.JPG

泉州国際一週間前。
軽い調整ラン。
空気は冷たいが走りやすい。
ランナーも沢山。
山下公園では、来週の横浜国際女子マラソンの外国選手と思われるランナーが、速いスピードで走っている。コース下見と思われるランナーも。
来週は泉州国際でやれるところまで頑張る。

ただ、喉がなんとなく痛い感じが、心配。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月11日

時間がたつほどに、悔しさが増す。

テーマ:トレイル
8日のハセツネ30k試走。
いまだ引きずっている。
というよりも、あれから走っていないから余計こんな気持ちなのかもしれん。

あの、コースをどうやって攻略したらいいか?電車の中で地図を眺めて考えてしまう。
いや、考えたってダメなものはダメなのだが。

3月の末にも、奥宮さんの練習会があるが、それはもはやレース直前10日ほど前になるので、その前になんとかしないといけない。

渋滞対策も考えなくてはならない。
最初から飛ばしたいところではあるが、あとのことを考えるとそりゃ無理だ。
となると、あの山道からはしばらく渋滞を我慢しなくちゃならないのか?
そうすると、ますます、カラダの冷えも心配なので、ウエアも考えなくちゃならない。

食糧はどうするのか?
今度は失敗したくない。
あの、長い下りの坂道は?
また、あの長いのぼり道は?
飲み水は今回は適度に調整できたが、不足も考えられる。

あ~とにかく悩み深い。

来週は、泉州国際というのに、アタマの中はハセツネ30kに占領されている。

こまったもんだ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年02月09日

昨日の反省を踏まえ、考える

テーマ:トレイル
2月1日に、「ハセツネ30k」をエントリーした。
30kmっていう距離だから、ロードではないにしろ、「六甲山」でも15km程度が2時間程度。昨年の「照月湖」20kmでも2時間20分程度。「鎌倉天園」では1時間程度で走れるわけで、32kmとはいえ、どんなにかかっても5時間で走りきれると思った。

しかし、本格的なトレイルというのか、そもそも「山岳耐久レース」というか、全然違うことを知る。
今までの自分のトレイルの認識は、結局は、クロスカントリー程度であったということだ。いや、クロスカントリーならばロードレベルの速度で走れるのがポイントだろうが、そうではない。
結局、「小走りハイキング」ってことだったんだな~ と帰りの電車の中で、ずっと考えていた。

朝、5時ころに起きて準備開始。事前に荷物は準備していたので、朝ごはんをたべて着替えをしてお腹の調子を整えて・・・ということだが、ここでの失敗1はお餅を2個にしたこと。
過去、フル以上のレース時は、常に餅3個が基本だったのだが、「まあ、30km程度だし大丈夫だべ」とナメてかかってしまった。妻からバナナはどうする?と聞かれたがこれもパスした。これも失敗。

6時30分ころに出かけ、電車に乗る。武蔵五日市には8時30分過ぎに到着する乗り継ぎ。
途中、長いこと電車に揺られ、立川を過ぎて、武蔵五日市線にはいるとさびしくなる。
ランナーらしき人もあまり見かけない。不安。
で、駅についた。

改札口を出て、きょろきょろしているとそれらしき格好の方と目が合う。お互いに「トレランの・・・」という声をかけて、のぼりのある集合場所を見つける。

早速受け付けを済ませ、カンタンな着替え。
奥宮さんもこられて、いろいろアドバイスをもらうが、自分のウエアは、上は、ファイントラックにTシャツにアームウオーマ。そしてそこにモンベルのアウターシェル。これでいけるだろうと思ったが、奥宮さんからも「あと1枚持っていったほうがいいですよ。」といわれ、ザックに入れる。これも考えたら失敗。
ちゃんともう一枚暖をとるものが必要だったように思う。

その間に、参加者が続々集まり、日曜日の話題に。
今日も6時くらいになるとか・・・。さすが参加する人たちはすでに準備をしている人が多く、自分も前日にヘッドライトを購入したが、ほぼ全員が準備はしていた。
でも、まさか6時になるとは・・・。だって、8時間も「たかが30km」でかからんだろう・・・と思った。でも、それが甘かった。

駅前から近くの公園に向かい、そこでストレッチをやって、そして練習スタート。
徐々に山道に入っていく。途中で、いろいろ奥宮さんが解説してくれる。
ただ、そのたびに、「寒い」。

最初は、元気モリモリ。けっこうシャカシャカ走れていたし、前のほうにいて走っていたのだが、これが徐々に附いていけなくなる。

沢から山にはいり、かなり険しい坂をよじ登る。
「え~、トレランのコースというのに、こんな坂かよ!こりゃまさに山登りだろうが!」と内心思うが、声にはできない。
いきなり、呼吸は乱れるは、汗はたれるは、サングラスも曇るわで、最悪。
でもなんとか「入山峠」に到着。ここで一休み。
早速、ごはんを食べる人、パンを食べる人など固形物を取る人多く驚く。
自分は、まさか、ジェル程度で十分だろうと思っていたが、いやいやすごい食欲。
これが3つめの失敗。ここらでもすぐに食べておくのが重要だとあとで気付く。

ここからは下り基調も、そのあとに長いのぼりがあるから無理をせずに・・という解説あるにもかかわらず、気持ちよく走ってしまう。これでまた太腿を使いすぎてしまった。
これが失敗4。
さらに、そのあと、長いのぼりが続く。
いや、長いなんてもんじゃない。
隠岐の島の長い坂道も、こんなに長くなかったように思うし、先にはトンネルがあったが、この坂15km付近の醍醐丸峠付近までは、斜度はそれほどでもないが長い。
そこを、やはり、隠岐の島ウルトラ3回走破している自分としては、歩くことはならんと言い聞かせ無理して走る。
そして、なんとか一歩も歩かず峠まで。これが失敗その5。
長いアスファルトの下りとのぼりで無理しちゃったもんだから、そのあとが体力が急激にダウン。
峠付近の仮設トイレの前で、とりあえず、1個しかないおにぎりを食べる。
それから、また山道に入っていくが、こんどは、棘の道。ここで、脚や腕、顔付近も棘のたくさんついている木に悩まされた。
そして、また休憩。
市道分岐あたりからは下り基調も、下るとのぼりもあり、これがけっこう堪える。
次第に、腰が痛くなり太腿と腰の鈍い痛みで二重三重の苦痛。
徐々にペースを落とし、自分は徐々に後ろから行くようにコースを譲る。
厳しいさかのぼりのあとには、必ず休憩で待っていてくれるのだが、そのたびに、今度はからだが冷えて腰がますますいたくなる。
2度ほどころんだ。足がもう踏ん張りきかず、下りが怖い。

それでもなんとかみんなに遅れないようついていく。
今熊山に入るまえで、元全日本のマラソンランナー江田さんがお子さんをピックアップするために一足さきに車で下山。
江田さんは明るい笑顔と掛け声で、自分がへこたれているときに励ましてくれました。
本当にありがとう。

そこから、今度は今熊山の神社に向かう。
そこにはトイレがあるというのでなんとかがんばらなくちゃ。

神社の広場につくと、眺めがいい。でも疲れが尋常じゃなく、腰が痛い。
奥宮さんからも、体幹が弱いから と指摘を受ける。もっともだ。

この神社からはあとは気持ちよく走れるコースというので、走りたいがやはり脚腰の痛みと足の力が落ちてきてふんばりがきかない。

それでもなんとかおりて、ハセツネ30kのゴールを見て、スタートもみてようやく駅前に。
着いたのはほぼ5時。
結局、7時間近くかかった計算。
GARMINもすでに電池切れだった・・・。


いや~とにかくキツくてまいった。


今振り返れば、なんとかもうちょっとやれたかも?と思うのだが、それにしてもさまざまなコンディションをしっかりそろえないとダメだ。

途中、いっしょに走ってくれた女性の方にも、「試走をしておけば、試走もしないで参加する人にくらべたら全然ちがいますよ」と勇気付けられたが、たしかにそうかもしれない。

本番は4月3日なので、なんとかそれまでに、もう一度は試走をして準備したい。

気をつけること。
食料と水。そしてそれを前半から積極的に摂取すること。
ウエア。
アスファルトのロードで足を使わないこと。

この点だけはしっかり意識し参加したい。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。