1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年05月30日

生理現象には勝てない!

テーマ:ブログ

昨日のこと。


会社に車で行った。そもそもそれが間違いであった。

そして、隔週でカイロプラティックに通っているので、終業後車で向かった。

ほぼ30kmは離れているので、当然車に乗り込む前にトイレにも行った。


しかし・・・、渋滞だった。

なんとか、抜け道も知っているので少しは早めに抜けたとは思うが、しかし、渋滞は続いた。


通常1時間程度で着くはずなのだが、1時間半は余裕をもって出たのだが、予想以上に渋滞は続く。

ようやく抜けたと思ったが、また渋滞。

そのうちに、なんだかちょっとヤバイ状況が・・・。

おかしい、トイレにいったはずなのに・・・。


と、思ってトイレを探しながら運転をしていたが、流れ出したのでそのまま運転を継続、

動き出すと、なんとなく落ち着く。


そのうちにバイパスに突入。調子よく走るが、バイパスにはトイレは・・・無い。

なんとか、出口にトイレがあるかと思ったが・・・無い。

だんだん、やばい状況。

そのまま、有料道路に突入。

トイレは無い。

そして、有料道路を出れば、何かあるはず・・無い。


そして、ようやくコンビニを見つけた。

よかった。なんとか間に合った。と思った。

そして、車を停めて、コンビニに向かった。入り口の自動ドアに立つが・・・開かない。


なんで?


よく見ると、「明日開店」の看板が!

まじかよ。ヘンな汗が出る。

そのおかげか、すこし、落ち着く。

まわりを見渡したが、トイレらしいものが 無い。


信号待ち。あせる。やばい。

くそ~。

はやく、青になれよ!

はやく~。


ああ~~~~~。

やばい。


青だ!よかった。


走りだすとなんとか・・・。


あ、また信号。

くそ~。


あ、あそこを曲がれば・・・


あ、また信号。


くそ~。


やばい!


どうしよう。


そして、ようやく目的のカイロプラティックのあるビル近くまで。


あ、駐車場。よかった。


そして、カイロプラティックに向かう。

そして、すぐトイレに飛び込む。


ああ・・・よかった。もった。


勝利。


満足。


こういうことも、あるもんだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月30日

みなとみらい 本日は曇り

テーマ:マラソン

走りながら、食べて、聞いて、考えて!-201005300950000.jpg



今日は、船のイベントやってました。

横浜は毎週、なんかイベントやってます。

人が多いのはにぎやかでいいけど、走りにくいときもあるので、ちょっと・・・困ることもありますが。


お天気はどにょりした曇り空のお陰で、動かないと、Tシャツ短パンでは寒いくらいだったので、調子よく走れました。

この程度の気候だと水分補給も多くは必要ないので、最初に500mlを入れておけばほぼ間に合います。

おかげで、ウルトラの練習というよりもフルのためのペース走のようなものになってしまいました(反省)


さて、結局、今月は336kmで終了ですね。

目標の400kmも、また350kmさえも届かなかった。

やはり、朝や夜にも走らないと月間350km以上は困難です。


距離だけの問題ではないのですけど。


明後日から6月、ウルトラの月です。楽しみです!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月28日

澄み切った青空

テーマ:マラソン
走りながら、食べて、聞いて、考えて!-image.jpg

横浜から新宿が見える朝
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月26日

「うっかりさん」は、「つぐみちゃん」を守れるのか?!

テーマ:マラソン

と、タイトルは、ドラマを見ていない人はまったくちんぷんかんぷんだが、日テレ「Mother」の話題でした。

このドラマも、佳境にはいりつつある。

たんなる幼児虐待の話から、真の親子愛とは?というようなすごい展開になりつつあるところで、今日は終了。来週に期待しよう。


で、自分も、一年間の総決算「隠岐の島ウルトラマラソン」に向け佳境にはいりつつある。

これから約3週間は、体調管理が主になり、いかにスタミナを蓄え、万全の体調で大会に臨むか?そういう時期にはいりつつある。従い、おっと、風呂上りにこんなブログ更新をしていてはいかんの~。


今月は、GWの走り込みが貯金となり、すでに300kmを超過している。しかし、いまひとつ、スタミナが十分ついているか、ちょっと不安もある。さらに、昨日のロング走で痛めた右足首。シューレースがキツ過ぎたのか、それともなんらかねじってしまったのか、夜になり痛みが増してきて現在湿布はしているがたった40kmでこの調子では100kmでもつか、本当に不安になってきた。


先のブログのように、ウルトラの場合はまさに50km過ぎからが正念場であり、ここでけっこうダメージがあると、80km過ぎまでもってこれない。つまり、80km過ぎまでなんとか走りきれば、のこり20km未満というのは、歩きもいれてもなんとか走はできる距離であるから精神的にも相当違うのだ。

つまり、100kmのウルトラの場合、80kmを走りきれるかが、大きなポイントかと感じている。従って、どんなことがあっても80kmまでは故障をせず、痛みが現れずもってほしいのだ。


すでに2回、走ったコースなので、おおよそ50km地点の景色、60km地点、70km地点、80km地点、90km地点の景色は思い返せる。隠岐の島の場合、意外に80km付近はアップダウンがまだ多くてけっこうキツい場所。70km地点過ぎに大きなエイドがあり、そこで、島根大学のボランティアの方にもマッサージをしてもらったり、しっかりサポートしてもらえるのだが、そのあとは、また単調な道が続き、海岸線の暑い中を走らねばならない。

そして、そのあとまた大きな坂が待っている。


ああ、しかし、そういえばその前に毎年コーラをいただける私設エイドもあったっけ。その後、アップダウンを向かえ、両側が林の一本道をいき、右に曲がれば、歌を歌って応援してくれるエイドにたどりつく。

ここで、かなり元気がもらえる。あと10km。

そこから、また少しアップすると、飛行場・・・・・。それからも、なぜかわからないが坂道が続く。

そして、最後のエイドを過ぎれば、赤い橋。あとはもうすぐ、ゴール。

ここまで走ってきた自分がとてもすごいものに思えてくる。


今、この一年を100kmに例えると、まさしく、あと3kmの時期に入った。


隠岐の島ウルトラマラソンまで、あと25日。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年05月26日

マラソンのキツさは、どのあたり?

テーマ:マラソン

フルマラソンもハーフも、そして50km以上の超長距離のウルトラも走るが、それぞれ距離の長さで苦しいとか楽ってことはない。


100kmを一度に走るウルトラの場合は、確かに一日に起きているほとんどの時間は、走る続けるわけなので大変さは別格にも思われるが、実際には苦しさとしてはフルマラソンやハーフと大差ない。


そんなことを考えて、実際に自分の感じた、大会別のストレスを距離ごとにどう異なるかをグラフ化してみた。

とはいっても自分の、その時の気持ちでしかないので、何の根拠も正確なデータもない。ただ、「この距離あたりはけっこうキツい!」というキツさを10段階評価で表現してみたものである。

当然、コースのアップダウンの違いによってこの負荷グラフも異なるのだが、おおよそこういう感じになる。


【フルマラソンの場合】

やはり、後半の35kmあたりがキツい。そして40kmからゴールまでも長く感じる。


走りながら、食べて、聞いて、考えて!


スタートしてから、20km中盤まではけっこうラクなのだが、そこからキツさがましてくる。


【ハーフマラソンの場合】

フルの半分の距離とはいえ、自分の場合フルだとキロ4分50秒未満で走ればそこそこいい結果を出せるが、ハーフの場合では4分30秒をきらねばならない。その結果かなり前半から飛ばしキツさも高い。特に、最初の数キロはゼイゼイ状態。フルは本当にキツい。



走りながら、食べて、聞いて、考えて!


【ウルトラの場合】

ウルトラはキツさという面では精神的なものが非常に大きい。序盤はまだまだ始まったばかり。最初の通過点もあと99kmからスタートなので、まずは平静を保って走るしかない。ただ、なかなか半分にいかず、50km程度あたりは、すでに5時間以上経過しているにもかかわらず、まだフルマラソン以上もあると思うと、けっこうキツい。

しかし、かなり平静を保って走れる。これが、ウルトラの醍醐味である。



走りながら、食べて、聞いて、考えて!


ウルトラの場合は、「残り●●km」という気持ちが、大きく負担さを変化させるのだ。

普段、自分でmは知っている20km以下になるだけで、相当気分的になれる。当然あと10kmになれば勝ったも同然という気持ち。


ま、あくまでも、これは自分の場合ですが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月25日

快晴みなとみらい

テーマ:マラソン

走りながら、食べて、聞いて、考えて!-201005250909000.jpg


今日のみなとみらい、山下公園、港の見える丘公園は、とってもいいお天気だった。

そして、この時期、中高生の学習旅行の一団も多く、公園には学生服の子供達がおおかった。


往路は、まだ到着したばかりで、全員あつまって、諸注意などを説明しているようなタイミングであったが、折り返して帰路では、いくつかの小グループで行動をしていた。


この年頃の男女はたいてい、女子学生が前を歩き男子学生が後ろからついていく。

たいてい5、6人の小グループなのだが、女子学生2,3名がずんずん歩いていく。そして、男子学生は、遅れないよう小走りでついていくのだ。

どのグループもほぼ同じ行動をしている。

まあ、やはり女子学生のほうがいろいろ行きたいし、男子学生はお守り役ってことなのか、それとも言うがままになっているだけなのか・・・。


みなとみらいも、公園がよく整備されていて、そう危険なところはないし、横浜といえば、山下公園、港に見える丘公園、外人墓地、そして中華街、元町とたいてい観光でいくところはこのあたり。今日はお天気もいいから、最高にいい思い出になったことだろう。



今日は、前半どうも調子がよくなく、30km程度しか走れないかな?とも思ったが、15kmあたりではけっこう調子よくなったので、なんとか24kmくらいまでの片道をしっかり走ることができた。

しかし、折り返してからは、けっこうグダグダ。

途中、コンビニで4回ほど氷を購入し、ボトルにいれて氷をなめながら走った。

また、今年3回目の「ガリガリクン」も。

ただ、最近は、水分補給はしていても、お腹の具合がよくなくなる。というのは気持ちが悪いということなのだが。

何か固形物を食べないとどうも気持ちが悪い。

この調子では100kmではキツいかも。


本日、結局GARMINで42.2km丁度を走った。4時間13分程度。

ま、ウルトラでは速すぎだが、今日はけっこうきつかった。


そして、左のふくらはぎが張っているし、右の足首がどうも痛みがでてしまったので、アイシングをしっかりしたが不安も増した。


暑い日の練習はこれで十分とはいえないが、まあ、なんとか走りきったので、よしとしよう!


隠岐の島 ウルトラマラソン まで あと26日。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月23日

雨のみなとみらい

テーマ:マラソン

走りながら、食べて、聞いて、考えて!-201005231007000.jpg


本日は朝から終日雨だということ。

そうなると、けっこう開き直って、雨でも走ろう!という気にはなるものだ。

結局、仙台国際のポンチョを着て走りだした。

まあ、なんとか20km程度は走っておきたいなあ・・・木、金、土と3日間走れていないし。

と、いうことでみなとみらいに向かったが、まあ、よく雨が降ること。

あっという間にポンチョの外側は雨で濡れ、そして、内側は汗が・・・。

赤レンガ倉庫付近にいくと、なにやらイベントのようなステージが複数用意してあり、簡易トイレもたくさんあり、今日は何かおおきな音楽イベントがあったようだ。

写真にもあるように、テントが一杯並んでいるし。

そして、象の鼻地区もステージがあり、山下公園では、ドラゴンボートフェスタというようなイベント(カヌーの競争)をやっていた。せっかくのイベントなのにこの雨では残念だろうな・・・と思いつつ、走りぬけ、そのまま港の見える丘公園に。

雨がフルと比較的からだがラクなのか、坂道もけっこう気も地よく上れた。

そしてあとは帰路。来た道を戻るわけだが、山下公園と象の鼻地区を結ぶ連絡道で、このあたりで活動しているランニングクラブのグループとすれ違った。女性が多い。

ふと、思い返すと、今日は日曜というのに、4,5人くらいしかランナーとすれ違ってなかった。

まあ、こんなに雨の降る中で走っているのは、よほどの変人だしな~と思いつつ、走る。

途中、氷を補給すべく、コンビニに立ち寄るが、丁度いい氷がない。

4店舗めでようやくGet!。

結局22kmで終了。2時間7分。

ポンチョは外は雨でびしょびしょ。中は汗でびしょびしょ。干すか、選択しないと使えないかもな。

汗をしっかり発散させ、雨を入れない、そういうパーフェクトなポンチョは・・・ないんだろうね。

シンサレートはそういう生地らしいけど、自分の出る汗は間に合わないような気がする。


ということで、今日は開き直っての雨ランで終了。

走れば結局気持ちいい!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月22日

今日は誕生日!

テーマ:マラソン
走りながら、食べて、聞いて、考えて!-image.jpg

娘のネ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月20日

あと一ヶ月

テーマ:マラソン

隠岐の島、ウルトラマラソンまで、あと一ヶ月になった。

長かったような、短かったような・・・あっという間の一年だった。


昨年の今頃も、ロング走をくりかえし、準備はしていたのだが、今年はちゃんと完走できるだろうか?不安が日々増してくる。


先週の「野辺山」では、ラン仲間が苦戦していた。自分も今年はいくら万全の準備をしたとしても完走できるかはやってみないとわからない。特に、お腹の弱い自分は、暑くなると不安が増す。


今週火曜日は、相模原の職場から自宅までの約32kmを帰宅ランをしてみた。仕事のあとなので疲れもあったが、20km過ぎでお腹がすいて低血糖の傾向もあった。

大会の時に履こうと思っていた、「DSトレーナ」は、調子は悪くないがけっこう足が疲れてしまい、翌日水曜日に走るときは、逆に軽い「ゲルフェザー」を履くことになった。そのほうが足がラクに感じたのだ。どういうわけなんだろう。


GARMIN405は、12時間は電池が、もたないので時計を考えないといけない。


もし、快晴になったらどうやってバテずに走りきれるか?考えておかないととんでもないことになりそうだ。


いやいや、雨になったら自分は経験も少ないので、走りきれる体力もスタミナも勇気も自信もない。


日増しに不安が募る。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年05月19日

マラソン大会の参加賞などについて

テーマ:マラソン

マラソン大会も、一年間、毎週のように何らかの大会があるようになったわけで、徐々にいろんな変化もあるが、参加賞というと、Tシャツがほとんど。

まあ、役立つか といえば、ランナーにとっては消耗品なので、いくらあっても困らないだろうという面もないことはない。しかし、さすがもう我が家も衣装ケース1個にはいらなくなり、先日は、妻が会社に持って行ってくれて処分してくれた。


デザインによってはいいものもあるが、Tシャツばかりでは能もないと思うのだが。


で、今までもらった参加賞などの、ランキングを発表!


ほとんどの大会は、Tシャツがいただけるが、デザインセンスもよく、けっこう気に入っているのは、「NAHAマラソン」のTシャツ。品質もよくデザインもいい。また、隠岐の島ウルトラマラソンのTシャツも素材はいい。湘南もいいか。でも、横浜マラソンはなんだかいつも「?」だね。

以前は、谷川真理ハーフのTシャツもよかったけど。

デザインはいいけど、品質はNGなのは、宝塚ハーフ。デザインはアトムのデザインなのでちょっと手に入らないので嬉しい!


タオルをもらえる大会は、泉州国際と、仙台国際。あと、以前は京都ハーフももらった。館山若潮は今年からちょっと大きめのフェイスタオルをいただけた。

自分は汗かきだし、ウエアは結局気に入らないと着ないから、どちらかというとタオルが嬉しい。

特に泉州国際は、以前はボタンホックがついていたが最近は経費削減かホックはなくなった・・・残念。


仙台国際は、いつも工夫を凝らしてくれて、参加賞は、一昨年はなんと、ポータブルタイプのポンチョ。昨年は、ウエアもはいるザック。そして今年は、アームポシェット。さらに、完走するとタオルをかけてくれて、そのあと、パーティーで食べ放題。豪華絢爛である。


番外では、かすみがうらでもらえる、「れんこんうどん」が美味!ぜひ食べておきたい。

そうそう、番外編で、以前大阪単身のときに、夢舞いに参加した際に、「遠来賞」でエビオス大瓶1コもらったのは嬉しかった。


さて、それでは、ベスト5を発表!


⑤東京夢舞いマラソン リストバンド「夢」マークつき・・・これは今でも大事に使っています。汗ふきにベンリだもの!


④第一回湘南国際マラソン スポーツバッグ・・・もはや、第二回以降から参加した人はしらない、江の島発着の幻の大会。なんと、バッグでした。重宝したので使いすぎてとうとう先日廃棄処分しましたが・・・残念。


③2009年日産スタジアム駅伝 アームウオーマ・・・実は、発熱で参加しなかったので友人にもらったのですが、アシックスのアームウオームで、これも重宝しています。


②泉州国際市民マラソン 大判タオル ボタンフックつき!・・・前述のとおり。毎年プリントの色が変わります。自分は4回参加したので4色もってますが・・・ホックがなくなったので、もうそろそろランクダウンかも?


①2008年仙台国際ハーフ ポンチョ(ポケッタブルタイプ)・・・これはスグレもの!雨の日もこれでしっかり走れます。冬や雨もようの遠征の際は必ず持っていきます。


マラソン主催・企画する皆さん、どうか、いい参加賞をお願いします!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。