1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年10月30日

許せないので書き記します。また、抗議します。

テーマ:ブログ

ちょっとした行き違いや、双方のコミュニケーションミスであれば、お互い様ということもあるので、大騒ぎすることは無いが、今回はあまりにも酷い対応をされたので、ここに抗議し、また今度責任者に謝罪を求めたいと考えております。

(普段なら、こんなに怒りはありませんが、今回はあまりにも酷い対応でこんな時間になっても忘れられないのでWeb上でも抗議させていただきます)


実は、本日(29日)は、大阪の元部下がわざわざ関東に来るというので、事前に準備しておりました。

せっかく大阪から来るというわけですので、美味しいものを食べさせてあげたいと思う一心で、横浜の名物とも言われた「牛鍋」を食べに行くことにしたのです。


仕事も終えて、8時にはいけるだろうということで、29日の午前11時半にお店に電話をして予約をしようと思いました。

電話をして、「8時から」というと、「8時であれば、お越しいただければ大丈夫です」という答えでした。

こちらとしては、その回答に「そうか、それほど混んでない時間なんだな」と思い、そして、部下といっしょにそのお店に向かったわけです。

また、関東に来ている大阪出身のものにも伝え、さらに、こちらの従業員にも来るように伝えてその店に行くことにしました。

先に自分と大阪から来た2名でその店に到着したところ、フロントの責任者だと思われるものが、「只今、満席です」と断りました。

そこで、「ちょっと、まって。それはおかしいのでは?私は午前中に電話して、予約をとろうとしたら、8時からは大丈夫です。という答えだった。一言も、混雑していたら入れないこともあります。とは聞いていない」と、主張しました。

そうすると、「それは、すみませんでした」と、謝るだけ。

「いやいや、謝ってすむことではなくて、わざわざ、こうして大阪から来ているんです。あなたがお客であったらどう思いますか?」といっても、まったく誠意もないような、無礼な謝り方でなんとかしのごうとするのが見え見え。


しかし、自分は納得できません。

なぜなら、そういう受け答えが実際あったわけですし、そもそも、実はその店から車で10分もかからず本店もあるわけです。もし、お客様が困っていると思うならば、少なくとも、本店に電話をして受け入れ可能か?確認するのがお客様の状況を考えた対応ではないでしょうか?

また、もし、もっとすぐれた対応であれば、「当店では満席で無理なので、この近辺にこういうお店がありますので、よろしければ席を確認させていただきますがどうでしょう?」という対応もあってもおかしくはありません。


しかし、まったくその責任者は、そういう行動を考えずに、私を追い払おうとするだけでした。


「まったく、○○さんという老舗でありながら、こういう態度を取られるわけですね。」という言葉にも耳を貸すようなそぶりもせず、「非常に不快です。あなたの名前は?」と聞くと平然と答えてきました。


あまりにもあきれて、もはやここにいることが不快なので、店を出て他の店を探すことにしましたが、非常に残念でなりません。


店の責任者は、いったいお客様に対してどういう気持ちを持っているのか?非常に不愉快です。

明日、早速、電話をして謝罪を求めたいとは思いますが、今回、わざわざ大阪から出てきたものを招待することに対し、このような扱いを受けた以上、私の面子の問題ではなく、しっかりと謝罪をもらわない限り腹の虫はおさまりません。


まさか、最近これだけお客様志向とか、お客様本位とか、お客様満足とか言われている時代に、老舗の看板だけでかような扱いをする店に対し、激しく憤りを感じるようなことになるとは思いませんでした。


明日、電話をします。この経過については、しっかりこの場で報告します。


ぜひ、読者は私がおかしいと思うのであれば意見をお願いします。


こんな仕打ちは私は許せないだけです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年10月29日

君の行く道は、果てしなく遠い・・・

テーマ:ブログ

なかなか、物事というのは自分の思うようには進まないものです。


半藤さんも、「昭和史」で書いていましたが、人間は(特に日本人は)「おきてほしくないなあ~」ということを避けて「おきないもの」と思い込んでしまうようです。

「楽観」と「悲観」という意味ではないのですが、

アメリカが日本を裏切るわけないような~とか、

まさか、ソ連は条約を破棄して攻め入らないよな~ など、今までの歴史は常に「起きてほしくないこと」に翻弄されていたように思います。


でも、往々にして そうなってほしくないことがおきるものです。

残念ですが。


自分もこのところ、ずっと考えていたこと、こうあってほしいということはどうもなかなか難しいことのようで、まだまだこの困難が続くのかと思ったら、急に力も抜けてしまいました。


なかなか、いつまでも、わからないことが多い世の中です。


信頼しているある方から、「まずは社会勉強と思って・・・」というメッセージをもらいましたが、ここまできても「社会勉強」と割り切る必要があるのかもしれません。



政治でも、とうとう郵政は民営化から公営にもどったようです。

そのやりかたを、「なるほど」と冷静に見ることも必要なのかもしれません。

そういうやり方もあるんだ・・・とか・・・。

今回の件は、天下りとか渡りとかいうことを非難をうけていますが、郵政を公営化したとすれば全然おかしくないわけですから・・・。


なかなか世の中には、巧みに、うまく物事を運ぶ人たちがいます。

そういう人たちが、結果、多くの富や権力を得るわけですね。


そんなことに気づくのに、もう遅いかもしれませんが。


というわけで、まだまだ、自分の道も 果てしなく遠い と感じたのでした・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年10月29日

自然の中を走る楽しさ!

テーマ:マラソン

昨日は、平日休み。火曜日からの快晴は続くと思われたので、しっかり走ろうと思っていた。

今までの経験からも、湘南国際マラソンまで、もう10日くらいに迫ったいま、いまさら長い距離を走ってもまったく効果が無いことは明白であるので、距離にはこだわらず楽しく走ることにした。


あまりにもお天気がよいので、横浜の大桟橋あたりも気持ちよさそうだったのだが、思い切って林間コース、そう、港南台から行く北鎌倉方面にのびる、金沢自然公園、天園コースを走ることにした。


それも、北鎌倉の建長寺のてっぺんまでいって、そこから折り返す往復のルートを、走れるだけ走るということを心に決め、スタート。


最初は脚に力があるので、坂道も難なく走れる。

足元を注意しながら、木の根っこをさけつつ走る。

多少の下りは最高に気持ちよく一気に駆け降りる。


とにかく、トレイルは自分の足をどこにおけば安全か?を常に集中して走るので、それ以外何も考えられない状態で走る。

ふと気がつくと、汗もびっしょりだし、リザーバの水を飲むことさえこの時期は忘れてしまう。


意外にあっという間に、茶屋を抜け、大平山も駆け上る。そのあとはちょっと難所!がけが多いので注意して歩くところも。こういうところをトレイル専門のランナーは駆け降りるらしい・・・これは、到底できないな~。


トレイルのときに重宝するのは、明るい色のサングラス(というより、ゴーグル)と、手袋。

トレイルや夕方走るときに、虫が目にとびこまないよう購入したが、これが非常に具合がいい。

地面の凹凸が見やすい。ちょっと薄暗いところも大丈夫。


建長寺で写真を一枚とって、おりかえし。

すれちがったハイカーに「もう、おりかえしてきたの?」と驚かれるのも、ちと、気持ちいい(笑)。


折り返しの復路のほうが、がぜん走りやすい。枯れ草がここちいい。

汗が冷たく感じて、すぐかわくし、最高の季節だと感じる。


おりかえし15kmで、約1時間45分程度だった。

走った走った。でも、全然疲れていない。


たまに、こうして走ることに集中できれば、もっともっとランニングも楽しくなる!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年10月27日

精神的に弱いのか?

テーマ:マラソン

昨日、「意欲」というテーマでブログを書いたら早速ランナー仲間からメッセージをもらった。

そして、あらためて自分を振り返ってみると、やはり精神的に弱いのかもしれない ということを感じてしまった。


昔から、受験のときとかも、朝お腹の調子が悪くていつも正露丸を飲んで試験を受けていた。

ヘンな話だが、思い切って高いものを買うときに、汗をかくことがある。

そして、今回のように、いろんなことが積み重なって進まないと、ストレスのせいか頭痛になり、この頭痛は二日酔いとか、偏頭痛のように頭痛薬を飲むことではなかなか回復しないのだ。


そういえば、そういうストレスで、何度か病院でしっかり検査をしたことがあるな~。

でも、MRIまでとっても異常なかったし。

最近は血圧も気にして朝起きると測って見るのだが、頭痛があるときはやっぱり異常値が出る。

緊張型頭痛とか聞くけど、そういうものなのかもしれない。

だって、今日は仕事がひと段落したせいか、頭痛がないもんな~。


やっぱり精神的に弱いのかもね~。


と、受験のときのことを思い出したが、もうずいぶんたつんだね。

受験のときから2倍以上の月日がたったんだね~。


当時は、まだ電車も全部エアコンがなかったし、東横線なんて緑色の電車が走ってたよ。(みんなでアオムシって言ってたけど)

それに初乗り60円だったし。

なんだか手入れをしていないザンバラ頭に、シャツにGパン。それも、パンタロンとか。そしてサンダルとかはいてたし、当時の学生は全然かっこよくないし、汗臭かったんだろうね。


そんなことを思い出しながら、混んでいる朝の電車にいる学生をながめながら、ふと思い出していました。


なんだか、あっという間だったな・・・・・・・

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2009年10月26日

意欲

テーマ:マラソン

意欲というか、やる気というか、充実感というか・・・まあ、ようは非常に前向きな発想や行動だが、これらは、例えば、気持ちだけが・・・とか、カラダがとか、精神的に とか、どれかだけが というわけではなく、総合的にコンディションが伴っていないと、なかなかそういう前向きな行動に移せないように思う。


今回、「手賀沼」についてもまったく、そういうような状態だった。

前日の疲れもあったのは確かだが、それ以上に、仕事の悩みというか問題が片付かず、少し頭痛を伴うような状況で、カラダは決してベストではないにしと、ハーフを走れない状態ではない。その証拠に自宅から出かけて、ハーフの距離は走れた。

しかし、朝早くおきて、出かけていってレースに参加して・・・ということが、どうにもこうにも、気力が無くなっていた。

前日、荷造りをしているときから、ある意味、(DNSを)心に決めていたような気もする。


荷造りもいいかげんだったし、しっかり走ろう!と思っていたら、きっと、雨だろうが、走るためにいろんな工夫を考えたろう。

それが結局は、雨のときを考えた対応も、また晴れのときも、ウエアもなんとなく「こんなんでいいかな~」という状態で荷造りをしてしまったのだ。

だから、もう一度中身を見たら、ドリンクボトルはあるのにウエストポーチが入っていなかったり、ハーフの距離を走るのに、タイツにしたり、雨のときにビニールも用意していないし、何よりも、先日気づいたのだが、アスリートクラブでつくったシューズのアウトソールに問題(黒い磨耗しにくいゴムがはがれて地面のブロックとかにひっかかるようになっていた)があったにもかかわらず、それをリュックにつっこんでいたのだ。

この前30km走をやったときにそれに気づいて、「今度のレースでは軽いレース用を履こう」と思っていたのに。


こういうチグハグなことがおきてしまったのは、やっぱり、精神的にも、からだも、ベストな状態になっていなかったという証拠だろう。


だって、しっかり意欲をもって臨んだ「ウルトラ」のときは、万全の準備ができていたし、横浜マラソンだって、夢舞いだって、しっかり準備できていたもの。


とにかく、仕事をしながら、レースに参加しベストの成績を上げるというのは本当に難しいことなのかもしれないね。

ランナー仲間が、それにもかかわらず、いい結果を出してくるのを見ると、「ああ、やっぱり自分は情けないなあ。だらしないなあ。」とか思ってしまう。



まあ、こんなだからちっとも向上しないのかもしれませんが。


湘南国際も、あと2週間後ですが、なんとか、ベストに持っていけるようしっかり調整したいと思います。

(どうか、またまた、「答えのないパズル地獄」は、ご容赦ください!)

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2009年10月25日

手賀沼エコマラソンDNS。エントリーできなかったランナーにお詫びします。

テーマ:マラソン

走りながら、食べて、聞いて、考えて!-200910251024000.jpg



昨日の仕事は疲れた。

朝、早起きして6時45分には会社についてそこから、釣りのイベントの会場まで車で約1時間。

そして、イベントはお客様を招待してのイベントなので、気らくにはできない。

イベント終了は4時過ぎ。

そこからまた車で会社にもどったが、雨がひどくなりもはや完全に今日の手賀沼へのモチベが下がる。


会社へもどって、今度は、またまた答えの出ないパズルをやらざるを得なく8時頃まで幹部で打ち合わせ。

しかし、答えのないパズルはいつまでたっても答えは出ないわけで、どこかで、妥協するか、できるできないに関わらず腹をくくるしかなく、とりあえず結論は月曜日に持ち越し。


それから、車で自宅まで帰るが、R-16から保土ヶ谷バイパス、そして横浜新道とけっこう強い雨が降っているのに、無茶な運転をするのが多いのだろう。

3箇所で事故を目撃。

それも複数台の事故が多く、最後の横浜新道では消防車まで出動していた。


そんなこんなで、かなり精神的にも疲労して帰宅。


今日は手賀沼ということで、リュックに荷物もつめるも、なんとなくやる気がない。


でも、ぎりぎり間に合いそうな時間に出発することにして寝た。


朝、起きてみるとやっぱりお天気は雨。

さらにモチベーションはダウンし、何よりも21kmを走るために、朝早く起きて、混んだ電車で行き、そして会場まで歩いて、トイレを並んでまったりと、いろいろ考えたらもう出かけるのが面倒になっちゃって。

結局DNSを決め込む。


走りたくなかったわけじゃないので結局自宅付近の横浜で雨もけっこう降っているにも関わらず、走ってしまった。


今回、手賀沼もあっという間にエントリーを締め切られて参加したくてもできなかったランナーがたくさんいたと思う。

そういう人たちにたいして本当に失礼なことをした。


本当に申し訳ありませんでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年10月24日

本日イベント立ち会い

テーマ:マラソン

走りながら、食べて、聞いて、考えて!-200910241115000.jpg


釣りのイベントがあり行ってきました。
どんどん釣れて楽しんでいただけました。

明日は雨模様。
3年前の手が賀沼も雨上がりの大会で難儀しました。
今日はけっこう疲れたし、明日の参加意欲は半分に減衰してます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年10月23日

初心にもどって・・・

テーマ:マラソン

一昨日、11月8日の湘南国際のフルに初参戦するメンバーで30km走を行ったわけだが、翌日はさすが脚が痛くてつらかったようだ。


確かに、自分も初めて30km走をやったときの苦しみなどを思い出した。


はじめはたった10kmを走ってハアハア言っていた自分が、20kmを走って脚の痛みを知り、また30kmを走って長く姿勢を保つつらさと、どうしようもない脚の痛みを知った。


初めて30kmを走ったメンバーも、走り終わって言ったことが 「息は苦しくないけど、脚がとにかく痛い」ということ。

自分も同じ思いだった。

長く、ゆっくり走ることでの呼吸の乱れは苦しさは全然ない。

しかし、長い距離を同じ姿勢で走ることは、からだ全体が硬く硬直して、肩こりや腕なども痛むし、何よりも脚がとんでもない重い痛みで苦しむ。太ももやふくらはぎなど全体に重~い、鈍~い痛みが、じわじわと感じだしそれが薄れることは無い。

あの痛みは、確かにつらいものだ。


あの痛みを感じなくなれば、大丈夫!というものでもなくて、今でも、長い距離を走れば同じように痛みを感じる。


走り終わったときに、「脚、痛いでしょ?でも自分も痛いんだよ」

確かにそうなのだ。今だって、長い距離を走れば脚は痛む。

でも、その痛みに慣れたというできか、痛みを耐えられるようになったのか、痛くても走れるようになったのか・・・いやどれも正解で、ようは、痛くなっても平気になったのである。

まだまだ、走ろうと思う強い気持ちと、踏み出す勇気が備わったのではないだろうか?


みな、同じ経験をしてきた。


自分も、あらためて、30kmを走ったときの苦しさ、痛みを思い出し、また初めてフルに参加してリタイアしたときの悔しさを思い出す。


あのときの自分があったから、今の自分になった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年10月21日

本日はランニング日和りなり!

テーマ:マラソン


走りながら、食べて、聞いて、考えて!-200910211257000.jpg




お天気最高!
湿度も低く快適!
で、平日休み!
走らないって言ったら、犯罪かも?というくらい条件揃ってしまいました。
と、いうことで本日は会社の仲間と湘南国際前の30km走を敢行!
さすが20km以上は初体験の仲間は苦心するも脱落する事なく完走。
まずはひと安心?


今回は、10kmのコースを設定。

山下公園~赤レンガ倉庫~国際会議場~市場~ベイクオーター~マリノスタウン~国際会議場~赤レンガ倉庫~大桟橋~山下公園 という、みなとみらいの、景色を楽しみながらのほぼフラットなコース。

最初は、コース案内もあり、自分がペースメーカー・コース案内としてキロ7分程度でいっしょに走る。

その後山下公園にもどったところで、各自のペースで走りだす。

自分もキロ5分程度に速めて走ったが、最初の10kロがいい準備運動になったのか、いい感じで走れるも、途中 暑さと空腹でペースダウン。どうも、空腹によるハンガーノックはいまだ健在なので、十分注意してレースに臨まねば・・・。


また、今回初めてJogging Station を利用。

場所が意外にわかりにくい場所ではあるが、普通のお家のようなつくりで、更衣室はカーぺット敷き。ロッカーは木工のけっこういいつくり。シャワーは・・・まあまあかな?

平日の12時くらいにいったので、全然すいていて気持ちよく利用はできた。

水・金と火曜日あたりも夕方は混むらしい。

また、横浜マラソンのときは、予約必要とのことでした。


自分がここを利用するときは、まあ、特別なことがない限りは自宅から走り出したほうがベンリなのであまりないと思いますが、横浜あたりを走りたい方にはとてもベンリだと思います。



終了後、中華街で店を物色しアフター。
これが大正解!
中華街の店選びのポイントは、一本路地を入ること、それと、どういう中華にするか?
今回は台湾系。
まず、間違いない!


大正解!
台湾の屋台料理的な、気軽さがあり、味はなかなか悪くない。それぞれの料理の値段も高くない。

気軽に食べれるお店でした!

4人でさんざん飲み食いし壱万円!
へへ!
味は、最高でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年10月19日

痩せると体力も落ちるし、体力がついたと思ったら太るし!

テーマ:マラソン

この夏、一瞬ではあるが激痩せしたのだ。

今でも原因がつかめないが、とにかく太らなかった。

食欲があるのに、太らなかった。だからお菓子もけっこう食べてみた。

でも太らなかった・・・すぐには。


それから、痩せたら走るにはいいだろうと思ったものの、とんでもない!

痩せたら、体力もおちて20kmだって無理。10kmもやっと。ヘタすると5kmで脚ががくがく。

もはや、当分フルなんて無理と思った時期もあった。


とにかくただ立っていても脚が振るえることもあったくらいなのだ。

バリ島のウブドのフォーシーズンズでストレッチ教室にも参加したが、脚が振るえすぎて、コーチから緊張しているといわれたくらいだった。(でも、緊張ではなくて、とにかく筋力がなくなったのだと思うのですよ)


8月末までは、本当にしばらくフルなんて走れる状態ではなかったのですがね~~~~。


ところが、最近は、30kmは普通の練習の距離。20km程度は当然。さらにたまに40km走をやっても大丈夫!というくらい回復したのだ!ヨカッタヨカッタ!

と、思うのは、まだ早い!


その結果、体重ももどってしまった汗


激痩せ時期の体重のまま、今のスタミナにもどっていたら、きっとサブ3.5は確実!うまくいけばサブ3も夢じゃあない!(って言いすぎか)

というようなことを目論んでいたが、まったく、うまくはいかないものだねぇ・・・。しょぼん


ということで、来週の手賀沼も、11月の湘南も、残念ながらしっかり体重を支えながら走らねばならなくなってしまった。

スピードも厳しいだろう。

でも、しかたないね。なんとか年明けにはベストにもっていけるよう今から準備しておきましょ。


ほんと、世の中、なかなかうまくはいかないもんだね~。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。