1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年05月31日

横浜国際女子マラソン コース詳細

テーマ:マラソン

決定した「横浜国際女子マラソン」のコースについて。

(地元ならではのコース解説をしておきますので、もし市民ランナーの皆さんでも試走してみたいという場合は参考にしてください!)


走りながら、食べて、聞いて、考えて!


●スタートは、山下公園の、たぶん新しくなったマリンタワー前だと思われます。

 マリンタワーは、先日、陸上にある灯台としての役割を終え、観光名所としてリニュアルオープンしました。建物の前には、芝生でのテラスもあり、なかなかいい感じの場所に生まれ変わっています。

 横浜マラソンもそうですが、山下公園は比較的トイレ設備もしっかりあり、そして広さもあるので、この場をメイン会場とするのは非常に良いと思います。

 11月は銀杏並木の落ち葉で埋め尽くされるかとおもいますが、雨が降ると滑りやすいのでちょっと注意です。


●スタート後は、税関方面に向かい、シルクセンターを左折し山下公園の陸側を一周するようです。

 そして再び山下公園を右手に見ながら、今度はみなとみらい方面に向かいます。


●赤レンガ倉庫前をとおり、コスモクロックという大きな観覧車をみつつ、みなとみらい方面に向かいます。(コスモクロックからインターコンチのホテル付近がいつも私が「定点観測」として写メを撮っている場所です)今は超高層マンションも多くできあがりまさにベイフロントの街ができつつあります。


●そのまま北方面に向かうと、美しい橋ができており、そこをゆるやかに右にカーブしながらわたります。

このコースではたぶん一番美しい気持ちのよい場所だと思います。


●橋をわたると、今度は左に折れ、市場の前を通ります。そしてガードしたをくぐりますと、R15.そう、箱根駅伝のコースに合流します。


●R15を箱根方面に向かいますが、そごうデパートやベイクオーターを左手に見つつ今度は桜木町、関内方面に向かいます。


●桜木町駅までの左側の壁には今まではなかなか洒落たペインティングがあり楽しかったのですが、開催の時期はどうするのはわかりません。私は、ありのままの横浜を楽しんでもらったほうが良いなあとは思いますけど。


●桜木町駅を過ぎると、右手に市民ランナーの殿堂「B&D」がありますので、お忘れなく。


●横浜市役所を右に見ながら、今度は横浜スタジアムにぶつかります。そこをクランク状に右折、左折し今度は、横浜元町。そう、ハマトラ(古い?)も懐かしいでしょう・・・この街並みを抜けて、たぶん、トンネルをくぐると思います。そうすると今度は、本牧方面に出ます。


●本牧方面を行きますと、「横浜国際女子マラソン」のコースにぶつかります。そこを左折し、しばらくしてまた左折すると、矢増した公園までの約1km程度になります。


この約14kmが、「横浜国際女子マラソン」のコースです。


道路はすべてアスファルトでよく整備されていたと思いますので走りやすいと思います。

確かにアップダウンはほとんど無いといっていいほどですね。

一周約14kmの前半は比較的景色もよく、まさに観光地ではありますが、後半は生活道路や商業施設付近を通ります。有名な中華街は、ちょうどこのコースの真ん中に囲まれた状態になりますね。


普段練習の際は、車道は走れませんので、歩道を走りますが、難点は横浜の街並みは比較的「石畳」などが多いということです。歩道は特に多いので、脚は疲れるかもしれません。

また、山下公園の前は、銀杏の落ち葉が多いですし雨が降るとけっこう滑りやすいので注意ですね。


それと、この付近にはランニングステーションなるものも出来ているようですし、スーパー銭湯なるものやSPAなどもあるので、ランナーにとってはけっこう楽しめると思います。


さて、秋までの間で、わがベジー!の皆さんも招待していちど約14kmのこのコースを試走してみようと思います。ぜひ、その際はご参加ください。


今年の横浜は本当に楽しそうですね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月30日

機能性タイツの進化!

テーマ:マラソン

先日、日比谷のアートスポーツで、雨天時の対策として店員さんに奨められたのが、ゴールドウィンの「C3Fit」


走りながら、食べて、聞いて、考えて!
今日は、これを履いて走ってみた。そのインプレということである。


ちなみに、C3Fitの開発コンセプトなるものだが、

「C3fitは、"運動機能を着るウエア"というコンセプトの下、着圧が身体機能・運動機能に働きかけ、身体全体をより良いコンディションへと導き、あらゆる動きを快適にサポートすることを目指したブランドとして誕生しました。
当社では、この新ブランドの立ち上げに際し「コンプレッションアンダー事業グループ」を新設しました。

コンプレッションウエアは、段階着圧の機能により、血行促進やリンパの流れの改善などに効果が期待されるウエアです。
特にタイツなど下半身に着用されるものがより効果的とされており、足首から大腿部にかけて段階的に着圧を緩めることで、静脈の還流を促進します。
また、筋肉の余分な振動を抑えることで無駄なエネルギーの発散を抑え、運動効率を高める効果も期待できます。

当社では、厚生労働省の「医療機器クラスⅠ」届出にあたり、その製造に関連する工場・倉庫・研究所および本社について、厳しい検査基準をクリアしました。」

というもの。(ゴールドウィン社のプレスリリース抜粋)


そして「C3Fit」という意味も、

「C3の意味するものとは・・・
Compression --- 着圧(Compression)が身体機能、運動機能に働きかけ、
Conditioning --- ベストコンディションへと導き(Conditioning)、
Comfort --- あらゆる動きを快適(Comfort)に。」


さらに価格だが、税込9975円。(CWXなどに比べ約3分の2程度)


さて、そのインプレだが・・・


なかなかいい!


今日は実際に履いて22kmを走ってみた。水曜日に40km走をしたばかりだが決して体調も悪くなく、疲労感もない通常の状態で走ったといえる。


その印象は、

足首からふくらはぎ、膝、太ももとかなりきつめの圧迫感から徐々に緩めになっていることが、足首から筋肉や膝を持ち上げて支えてくれているような感じがしっかりある。

そのせいか、筋肉の疲労感が確かに少ないように感じる。

筋肉が振動してリラックスするのではないか?その振動を抑えるコンプレッションウエアというのが本当に効果があるのだろうか?という疑問があったのだが、振動を抑えることで確かに無駄な疲れがないように思った。

そして、生地自体も汗を効率よく乾燥させるために体温を高めないので、意外に涼しい。


確かに、これはウルトラなどのロング走にはもってこいかもしれない。


CW-Xでは、生地の縫い目の問題なのか、カラダの皮膚とのスレが発生したこともあったが、このウエアはピタっとフィットしているので、まさに「第二の皮膚」というものなので、スレも感じない。


難点をいくつか挙げるとすれば、

履くためには、しっかり足首にウエアをまとめてから足首をとおし、そして着実にふくらはぎや膝の位置とウエアをFitさせていかねばならない。これが、走り始める前のサラサラの皮膚状態ならよいが、汗ばんでいるとけっこうキツい作業になりそうだ。つまりそれだけ着圧感が強いのだ。


そして、もう一点の問題は、CW-Xにはついているコインポケットはない、ということ。


しかし、些細なことだし、CW-Xの場合は最後にウエストを紐で固定するがこのウエアはゴムだけなので、その分の手間はいらない。(しかし、それだけFitしたものを選ばないと難しいってことかもしれない)


まあ、自分にとってはこのウエアは80点以上の合格点だ。

よし、これで、隠岐の島にはチャレンジしようと思う。


まあ、よく考えたら、ゴールドウィンは、あの北京オリンピックで話題になった、「SPEED」の水着を扱っているわけだから、このウエアの真髄は納得できるものかもしれない。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月29日

横浜国際女子マラソンコース発表!

テーマ:マラソン

「ハマの名所で好記録を!」

山下公園発着~中華街東門~赤レンガ倉庫~みなとみらい21地区~横浜スタジアム~本牧 など


走りながら、食べて、聞いて、考えて!



日本陸連の沢木啓祐専務理事は今回のコースを「沿道に多くの観衆が期待でき、マラソン通のファンにとって一箇所で3回選手を見ることができる」と強調。

高低差13mは名古屋14m、大阪19.3m、東京30.6mの各大会と比較しても「極めて平坦なコースで好記録が期待できる」


・・・


なるほど。自分は周回コースは好きではないのだが、このコースは理解はできる。

みなとがわの道路を封鎖すれば、まあ大きな混乱はないだろう。

しかし、横浜東口~石川町付近のみなとがわの商業施設やレストランなどは一時的には営業できないくらいの事態にはなるかもしれないが・・・大丈夫かな・・・。そのあとお客様も流れるだろうし。

今回のポイントは3周するってことですが、スタートは山下公園で、これは「横浜マラソン」と同じ場所。(たぶん反対向きにスタートだと思いますが)

そして、みなとみらい方面に向かうのですが、その先は、つい最近できた新しい橋と市場付近の道路を抜けて、箱根駅伝のR15にぶつかる。たぶん、このコースは使われるだろうと予測はしていたが、ぴったりあたっちまった。

そして、今度は横浜駅東口を抜け、桜木町~関内~石川町とぬけ、本牧方面。今までの横浜国際女子駅伝のコースに合流することになる。

そしてまた山下公園へ向かう道となる。


ここを3周か・・・。


確かにアップダウンが比較的少ないね。でも、みなとみらい付近以外の景色はちょっと厳しいかな?


日程は、11月15日に決定したそうだ。

それにあわせ、「横浜マラソン」(ハーフ)は、11月29日・・・?!

え、これって、もしかして、「つくば」と完全にバッティング?


いやはや、これはこれはなかなか厳しい事態になりましたね~。


自分は11月8日に「湘南」をエントリー済みですから、結局、「つくば」は今年はやめて「横浜」のハーフでスピードアップとしましょうかね。

今年はロングが多かったせいか全然記録も伸びなかったしね。


11月のことですが、もうあっという間ですね。


今年の横浜も、前半は開港150周年のイベント。そして後半は「横浜国際女子マラソン」と楽しいですね。


こういう環境の中を走れるってやっぱり気持ちいいな!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年05月29日

隠岐の島~雨の場合に向けての準備も開始!

テーマ:マラソン

ヘビーな会議もとりあえず終わり、やっと週末。

「隠岐の島ウルトラ」まで、あと22日。

もう、あと3週間ってことです。


東京方面での会議も続いたおかげで、実は、会議終了後に日比谷のアートスポーツに寄り道して帰宅した。


そして、「隠岐の島がもし雨だったら!」を想定した準備をした。


まずは、

アタマは、ランニングキャップ+サングラスでよいかと。

フード付のポンチョなども必要かもしれないが、(とりあえず、昨年の仙台ハーフでいただいた参加賞のポンチョを持っていくけど)けっこう汗が抜けずきついかもしれないので、アタマはランニングキャップを基本としよう。

サングラスは、快晴以外は、イエローレンズのオークリーをつけることにする。


トップだが・・・これは原則はポンチョしかないかな?と。モンベルのブレーカーもあるが、実際には水は弾かないだろう。店員さんもそう言ってた。

だから、着替えは1回しかできる機会はないが、速乾性でかつカラダの冷えないものにしないといけないなあ。


ボトム。これは店員さんに相談したら、最近発売されたタイツを紹介されたので、それを購入した。まずはこれでやってみよう。


そしてソックス&シューズ。

シューズは2足同じものがいいと言われた。仕方ないので、アスリートクラブでもう一足DSトレーナーを用意しておこうか・・・。そしてソックスは5本指のものを3足用意して履き替えることにしようと思う。



まあ、なんとかなるかもしれないが、自分は、けっこう晴れ男で、今までひどい雨でのレースは・・・ああ、夢舞いで一度あったけど、それでも、シューズがぐっちゃぐちゃになるようなレベルではなかったし、手賀沼の時なんて、スタート直前まで大雨。でもスタートの瞬間は晴れたんだから、やっぱり晴れ男だよな~。

まあ、そういうことで、先日の「野辺山」のような状況は今までないのだが、もし「隠岐の島」が同じ状態になったときに、自分がどれだけ天候に対し耐えられるか・・・正直不安です。


せっかく、1年間。年間3500km程度を走ってきたのだから、なんとか今回も完走したい。


明日土曜日は関東も雨模様。


こういう時に、雨の練習もしておいたほうがいいのかな・・・・・? 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月27日

走水から馬堀をながめる

テーマ:マラソン
2009年05月24日

まったく余裕がありません・・・・・

テーマ:しごと

今度の火曜日にとってもシビアな会議があります。

そのための準備で、ここ数日、アタマもカラダもいっぱいいっぱいでもう走る時間どころか、走ることも考える余裕がありません。

つらい・・・。


早く終わりたい。


火曜日が終わったら、水曜日から 「隠岐の島」にむけての最後のロング走をして、コンディションを整えたいと思います。


人生のうちで、いろいろありますが、毎度、こういうヤマ場というか、乗り越えないといけない壁というか、いや~なものがあるのですよね~・・・まったく。


「隠岐の島」まで、あと28日!


なのですが、火曜日まであと2日・・・。今日も職場で準備中・・・。ま、雨というのがちょっと慰めかな・・・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月21日

あらためて、モラルについて意見を言う

テーマ:いけん・ひとりごと

昨今、マラソンブームに乗って急拡大したランナーのマナーの問題がこういったブログなどでもよく書かれているが、結局、「個人の意識の問題」ということに至っている。

つまり個人の「モラル」の問題である。

こういう話をし始めると自分も歳をとったなあ・・・確かに若いころは、年寄りがそんなこと言ってたよな~とも思うが、結局、そういうことを気に留めなくなってしまった環境がモラルダウンをうがなしてしまったのだと思うので、いつの時代もいわれることなのであろう。


だから、たいした問題ではないのかもしれない・・・

しかし・・・ 最近こういうことがあった。


朝、電車に乗ったら電車のドアの真ん中に立っている女性(大学生もしくはOL?)ひとり。

足元に紙袋を置き仁王立ち。

自分は、すぐに乗り換えたいので、仕方なくドア付近に肩身の狭い思いをして立つ。

乗換駅に着いてすぐ乗り換える。 その女性も乗り換えを急いでいたらしく、すぐに乗り換える。そして席を見つけ着席。(自分はそのはす向かいあたりに座した) そして電車が発車し、ちょっとたつと、その女性は紙袋から「あんぱん」のようなパンを2個取り出し、わしづかみでパンをつかみ噛み付く。

「わしづかみ」である。 「ムシャムシャ」という音が聞こえそうなほど、豪快な食べっぷり。

しばし唖然。

結局2個のパンを食べきりしばらくすると、降りていった。・・・・


そして、本日。

本日は、別の事務所によってからいつもの職場に向かうことにしたので、別ルートで出かける。

そこでも乗換駅で急行を待ち乗った。


電車が発車してしばらくすると、今度は隣の女性(これも大学生かOLくらい。化粧バッチリ)が、パンをおもむろにとり出し、パンをちぎって食べだす。

そしてしばらくして食べ終え、ドリンクをごっくんして電車を降りていきました。


どちらも若い女性。

化粧や身だしなみはばっちり。


でも、朝の電車の中で、パンを食べるのにおかしいと思わないのでしょうか?


対面座席のような電車であればそういうことはあるかもね~。

ましてや、おじさんなんか夜はよくワンカップの見ながら帰っているんだからいいじゃないか?という声もあるでしょう。

しかし、朝の通勤電車のベンチシートで、そういうことが平然と行われているわけです。


このご時勢、マスクをしてインフルに備えましょう!なんていっている時期に、手づかみでアンパンをほおばっているのです。


たいした度胸だと思いませんか?


香港やシンガポールでは電車の中で食べ物を食べると罰金だと思いましたが・・・日本もそういうことにならないとだめなのでしょうか・・・。


それに朝はとっても忙しいのでしょうね。



でも、 化粧する時間はあっても、朝ごはんを家で食べる時間はないのが、最近の若い女性の生活なのでしょうかね?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月20日

今日は風が爽やかでした!

テーマ:マラソン
走りながら、食べて、聞いて、考えて!-image.jpg

いつの間にか、10キロとか20キロの距離など、慣れたなーと思っていたら、なんだか最近は30キロもへーちゃらになっちまったなー。
でも、所詮、たらたらゆっくりしか走れないけどね。
最近は、ハーフの100分切りも、フルの4時間切りも、なかなかむつかしい目標にかんじるなー。
いかんなー。
海の景色や、風を感じて、たらたら走るのが快感になっちゃった。
まあ、お天気がいいからだけどね。
しかたないから、お天気が悪い時に、速く走る練習しよっかなー。
全く、根性なしのランナーの独り言でした。(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月20日

今日も三浦半島

テーマ:マラソン
走りながら、食べて、聞いて、考えて!-image.jpg

本日もお天気があまりにもよいので、またまた三浦半島まで出かけてしまいました。
三崎口から9時に出発し、三崎港方面に向かい、剣ケ崎方面にそれます。そのまま、ひたすら整備された道を行きますと、金田港に出ます。このあたりは、本当にのんびりした漁港の町。そして、しばらく10kmを過ぎると、三浦海岸が見えてきます。
三浦海岸の端まで行って、久里浜から浦賀に抜け、そして今度は観音崎に。最後は美しい馬堀のジョギングコースを走ると、大津港、堀の内方面に。
今日は、ここまで約37km。

スタート前に、カーボショッツをとり、10kmおきに補給した結果、スタミナは切れずなかなかいい調子で走れました。また、日焼けも考慮してSKINSのストッキングをはいたのですが、これも長距離には適しているようで脚の疲れがあまり出なかったように思います。

練習でいろんなことを確かめてなんとかここまできました。

隠岐の島 ウルトラまで ちょうど一ヶ月!
今日みたいなお天気であれば最高です!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月16日

あたまの中、グルグル♪

テーマ:マラソン

先のトピで書いたように、ここ2,3日は完全に「相対性理論」の「やくしまるえつこ」の声が頭の中をグルグルしている。

それほど、インパクトのある声だし、なんてったって歌詞も普段使わない言葉が続く。


「がっこう、がっこう、がっこう崩壊進行中!がっこう崩壊進行中クロニクル~♪」

って、全然意味わからん。


「酸素、水素、二酸化炭素。酸素、水素、二酸化炭素。酸素、炭素♪」っていうのも・・・


まあ、気になった方は一度、Youtubeや、iTune Musicなどで聞いてみてほしい。

(私のオススメ→テレ東、地獄先生、さわやか会社員、ラブずっきゅん)



と、「隠岐の島」まで、もはやあと35日となった。

5月の頭はけっこうロング走で走りこみをしたので、すでに今月は200kmを超えた。300kmは体調を崩したり故障がなければ確実にこなせる。

6月にはいったら、完全に休養というとりも、調整をしっかりやっておきたい。


昨日、会議で東京方面に行ったついでに帰宅前に「日比谷アートスポーツ」により、「カーボショッツ」や「ソックス」などこまごまと購入しておいた。やはり、アートスポーツだと、補給食や、そうそう、トレイルシューズもふんだんに種類があったね。

モントレイルコンチネンタルデバイドは非常に気に入っているシューズだが、つま先や底など痛みも、目だってきたので、買い替え時はこのお店を利用してみようかな?(ま、「隠岐の島」終わってからの話だけどね)


というように、なんだかこのところ、仕事のことも大変なことも多いが、ほとんどが「隠岐の島」をターゲットに生活がまわってているようで、まあそれだけこの大会に対する思いが強くなってしまったのは、やはり去年の初参加、初完走がいまさらながら自分にとって非常に大きな心の財産になっているのではないかな?と感じるのである。


だから、今度は「恥ずかしくない走り」をしたいという気持ちが強くなっている。

最初の入りのペースもイメージできている。

途中のトイレの場所もアタマに入っている。そう、ビニールシートを敷いておいてくれて、シューズのまま利用できるトイレにしてくれていたと思う。

給水所や、着替えの場所、それに、途中コーラを補給してくれたり、何度もエイドで氷を頂戴したり、そういうイメージが完全に忘れていない。

さらに、ゴールするイメージもつかめている。


もう今さらたくさん走る効果はないので、体重を増やさずコントロールする程度にしておこうと思う。

(おかげさまで、走りこみの成果でちょっとスリムってますので!)


隠岐の島 まで あと35日。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。