1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2008年08月31日

2008バリの旅録(その2)

テーマ:ブログ

今日は、北海道マラソンの日でした。
市民ランナーにとっては、厳しい大会ですが、どうか参加される皆さん、後悔だけはしないよう「完全燃“走”」されることを祈っています!


さて、バリの旅録のつづきですが、今回は出発前に7月のベジー!の練習会の際に、マイク氏と夏休みの話になり、同じ日になんと同じ場所に旅立つことがわかっていたのです。
ですから、搭乗を待っている間も気になって探していたのですが、見つかりませんでした。
しかし、機内に乗っている間に、マイク氏が挨拶に来てくれました。
同じ、ランナー仲間が偶然に同じ場所に同じ飛行機で行くというのも不思議ですね。

イミグレ付近でもマイク氏とは挨拶をしましたが、さすがホテルは違うところだったようであとは会うことはなかったのですが。
まあ、もし、ベジー!の仲間で、「バリ島にでも行くべか?」なんてことになった際は、ぜひ、全員トレイルシューズを持ってバリの山を駆け抜けたいものです。(冗談ですが、オランウータンに会えるかもね?)


バリ便は、夜10時過ぎに到着し、それからホテルに向かいますので、ウブドや遠い場所への宿泊の場合は、そこからさらに1,2時間かかることもあるので、初日は移動だけで終わってしまいます。
今回も、ジンバランという空港から15分くらいの場所でしたので、自分の場合はすぐホテルに着き、軽食をいただき、シャワーをしてすぐ寝ました。


そして、翌日からはまさに「のんびりリゾート」
プールサイドには「ガゼボ」という屋根付の横になれる場所があるのですが、ここで本やiPodを持ち込み、一日中寝転がってだらだら。
途中、スポーツジムに出かけ、汗をたっぷりかいたらプールで汗を流し、また横になてだらだら。
お昼は、食事を注文し、ビールを飲みながらだらだら。
夕方、また寝ていると、冷たいスイカのサービス。
そして、すぐ夕暮れ。


こんなだらだら生活は、一度してしまうと復活できないものですね。

翌日は、これも何度も行っているのに今年も行ってしまった「ウォーターボムパーク」という施設に。
クタというエリアにあるのですが、ここの特徴は、ウォータースライダーがたくさんあるということ。
それも毎年新しいものができるし、さらに大きな施設なので、待つこともあまりありません。
一人で落ちていくようなスライダーあり、ゴムのチューブにまたがってジャングルの中をくねっているチューブのかなを落ちていくスライダーあり。
のんびり、流れるプールあり。と各種さまざま。

でも、ここでも、サンデッキチェアを確保しそこに横になってたまにスライダーに行くようなだらだら。
この日は、このパークを出るとDFSに出かけて買い物をしてホテルに戻りました。


そして翌日は、またもやホテルのプールサイドでだらだら。
でも、いいレストランを見つけよう ということで、思い切って夕方タクシーに乗って出発。
LaSal というスペイン料理の店を探す!
そう、イタリアンはけっこうこの島にも多いのですがスペイン料理が意外になかった。
そして発見!
しかし、まだディナーは開店前ということで、仕方なく1時間程度飲み物ですごす。

そして、ようやく食事開始!
バリで食べるスペイン料理は、これはなかなかおいしかった!
この店はお勧めですよ!(結局大人3人で8000円くらいだったし!)

今回は、こういういいお店も見つけたので、よしとしよう!


そして最終日は、午前からまずはテニスをして、そのあとは海辺でだらだらして、最後に、パッキングをしてチェックアウトしたあとに予約していたスパでマッサージ!

今回も決して長い期間の滞在ではなかったのですがそれなりに楽しめました。

まあ、我が家の旅行というのはこういうだらだら旅行なので仕方ないですね。


帰りの便は、これも夜の11時過ぎ。
夜間飛行となるので、さすがエコノミー席では厳しい。眠れない。
ということで、今回は、マイレージをここで活用。アップグレードしてビジネスで帰りました。
ビデオプログラムでは、ARASHIの松ジュンが出演していた映画を放映していたので、しっかり見させていただきました。


期間中、バリはほとんど25~27度程度の気温で、湿度も低くさわやかでした。
この時期は、いわば乾季で冬にあたるのでしょう。
日本に帰国したら、・・・最悪の湿度の高い雨模様。

この時期、バリはいちばんいい季節ですよ!

(おしまい)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年08月30日

定点観測

テーマ:マラソン
image.jpg
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月29日

2008バリの旅録(その1)

テーマ:ブログ

今年の夏も、またまたバリに行ってしまった。
もう、何度目なのか、とうとう両手でも足りないほどになってしまった。

バリはハネムーンの場所である。
そして一時期、インドネシアのジャカルタでの仕事の都合で、帰りに一泊程度したこともあり、さらに
ここ最近は、家族で訪れる海外旅行の第一候補になってしまった。

理由はいくつかあるが、決して「バリフリーク」と呼ばれるようなものではなく、「面倒くさくはない!」ってことから
結局、この土地を選定してしまうのだ。

まずは、「行ってからが安い!」ってこと。
海外旅行ともなるとたいていは、ディスカウントのパッケージツアーが安いということで、それで、ハワイとかヨーロッパに行ってみるのだが、たいてい
現地で使うことが多く、結局たくさんのお金を使ってしまうことが多いのだ。
ハワイにも行ったがとにかく、どのお店に行っても高いのだ。
(当然といえば当然だけどね)
でも、バリの場合は、結局は慣れかもしれないが、レストランもそこそこの値段だし、旅行会社を使ってオプションツアーを行かなければ安く済むのが魅力だ。
(なんてったって、1万円で、どっさりインドネシアルピアのお札と交換されるし、交換レートも店によって最近でも70万後半のルピア~80万後半のルピアまで幅広い)

次に、「食べ物が合う」
これは、けっこうそう思う人は多いと思う。
決して辛過ぎず、そして甘すぎず。
特に、最初は食べれなかった「アヤムゴレン」(鳥のから揚げごはん)は、必ず頂戴する好物になってしまった。

そして、ここ最近は、ブランド物も充実し始めたし、ショッピングに事欠かない。

さらに、ホテルの競争が厳しいせいか、非常にサービスレベルが高い。

今まで、いくつかのホテルに泊まったが、ここ3年間はずうっと、ジンバランというエリアのインターコンチにしている。

理由は、「至れり尽くせりのサービス」に尽きる。
とはいっても、「クラブインターコンチ」というワンラク上の部屋を予約することが条件だが、それにすると、
デンパサールの空港に着くと
・・・イミグレの前で、待っていてくれる。
   パスポートと、VISAの料金を渡すと手続きは全部やってくれ、そして、その間、空港内にあるインターコンチのラウンジでくつろげる。
荷物も準備してくれ、そしてイミグレ済みのパスポートを返却されればあとは、税関をパスしてホテルの車に乗り込む。

そして、ホテルではクラブラウンジでチェックイン。
さらに、クラブでは軽食が24時間(無料で)いただけるので腹もすかないのだ。

日本からの直行便でもデンパサールに到着するのは22時を過ぎるから、このサービスはありがたい。

このクラブは、このほか、クラブ専用のプール、ジムやサウナの無料利用、クラブルームでは、毎日夕方5時からカクテルタイムでシャンパンやワイン、カクテルが飲み放題。
そして、朝食は、レストランのほかプールサイドでも自分の部屋でも楽しめるのだ。

このサービスを一度経験してから、「行くなら クラブインターコンチ」ということになってしまったのだ。


今回も、航空券を自分で予約し、ホテルは妻に確保してもらった。
(パッケージツアーでは安い場合もあるが、よく計算すると、ホテルの部屋はルームチャージで人数分で割るとけっこうパッケージよりも安い場合もあるのだ)


そして、今回は、なんとマラソン仲間の「マイク氏」と同じ便でバリに到着したのだった。

(つづく)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月29日

しまった!しくじった!

テーマ:マラソン

自分が走り始めた、記念すべき「横浜マラソン」。

今年も11月9日に開催を予定していた。

そして、事前にエントリーも用意していたのだが・・・バリ島に行っている間の25日に正式エントリー開始であった。

ふと、不安はあったものの、「たかが、ハーフマラソンのために・・・」という油断もあり、帰国してからゆっくりエントリーすれば大丈夫 なんてタカをくくっていた。

そして、今日は、朝から新しい職場での引き継ぎ。

それを終えて、自宅に帰り、そして軽く10kmRUN。

それから夕食を済ませて、ゆっくりエントリーしようと思い、RUNNETを開いた。

そうしたら・・・

なんと、28日で定員になり締め切りだって!


やられた。

まあ、昨年から横浜マラソンは公認コースとなり、5月の仙台国際ハーフの参加資格としてはとりやすい大会であったのだが・・・まさか、2500人程度に絞り格式を高めていたとは・・・油断した。

全国的に大会は増えているものの、こうして制限を厳しくし始めた大会もあるのか・・・まいったな~。


もう締め切ってしまった以上仕方ない。なんらかの資格を確保しておかないと仙台国際も出れなくなるので、早めにハーフを走っておかないといけなくなった。

ほんま、まいったなあ~。


それにしても、ヒロシ!

ちょっと、強気やないけ!

今まで、何度も参加してきたランナーをいとも簡単に無視するとは・・全く許せんよ!

どんな大会でも、過去の参加者には事前に参加案内を送って参加選手集めをするのに、まあ横浜という地の利で、主催者側も強気に出たっちゅうことやな。

東京のイシハラも強気やし、ヨコハマだとはいえ、フルをやるだけの交通規制もできず、結局ハーフにはしておいてもそれでも格式を挙げたっちゅうことやな。

ええわ、もう、11月は、「湘南」と「つくば」に賭けたるわい。

フルにモード切替や!

ほんま、あたまにくる!!!


(なんで、文句を言うときには、関西弁になるんや?!)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年08月29日

(新)定点観測

テーマ:マラソン
image.jpg
横浜に戻り定点観測位置を少し替えました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月29日

バリ島にて

テーマ:マラソン
200808261804000.jpg
お、この絵は、どこかで見たことある?よね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月28日

バリ島から帰ってきました!

テーマ:マラソン
200808280912000.jpg
今年のバリ島は、少し日本人が少なかったように感じました。
このところ、バリ島に行って、ホテルに滞在して過ごすことが増えました。
ビーチやプール、スパやジム、パラソルやガゼボのしたで本を読んで過ごすのです。
でも、今年は、新しいレストランも見つけたし、テニスもしました。
夕陽を眺めてのシャンパンは最高!
また、しっかりと働いて来年も、行こう!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年08月23日

バリ島に行ってきまーす!

テーマ:マラソン
image.jpg
また、今年も行ってきます。
また、同じホテルですが今年は受験も終わって大学生になった娘と家族三人で行ってきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月22日

帰省

テーマ:マラソン
北京オリンピックで、日本の女子ソフトボールが金メダルをとった翌日、横浜に帰省する。
件の異動により引き継ぎ業務で忙しい時期に差し掛かってきてはいるものの、仕方ない。
明日から、また一年ぶりにバリ島に行くことで、準備していたのでいまさら変更などはできない。

それにしても昨晩の女子ソフトボールは凄まじい戦いだった。
何よりも、「絶対、あきらめるな!」とか、「勝負はツーアウトから」とか、そういうスポ根ドラマのクサイセリフが、真実であることを、まざまざと見せられた戦いの連続だったと思う。
そういうクサイセリフは、確かに学校の部活やサークル活動でも、何度も聞いてきたし、叫んできた言葉であるが、どこかで、「もう、ダメか!」と思っていた自分であった。
だから、フルマラソン32キロ地点でリタイアしたりしてしまったのだ。
でも、諦めた瞬間に、「勝てない」のではないか?そう思わせる戦い方だったと思う。

そして、勝った喜びの表彰式のあとに、ボールで「2016」を、アメリカ、オーストラリア、日本の選手がいっしょになって表した時は、とても感動するシーンであった。
たぶん、極限まで戦い尽くした相手だったから、できたことだったと思う。

久々に感動したシーンであった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月21日

あと数日間か・・・。

テーマ:ブログ

人事異動が公表され早速引き継ぎスケジュールや引越しスケジュールがほぼ決まった。

そして、それをじっくり見てみると・・・夏休み明けに、大阪に居る日数は、6日程度になってしまった。

その後、引越しのために再度大阪には戻るものの、実質的にはこの6日が残された大阪の時間ということになる。

そのうち、すでに送別会などが3件ほど入っているので、もはや平穏な日々ではないわけだな。

たぶん、走れる時間というのもいいところ2,3日程度だろう。


昨晩、会社の仲間と最後の練習会を行ったが、最後に送別の品をいただいた。

ありがとう。

隠岐の島のときにはたくさん応援FAXを送ってくれた人たちだ。実質半年、それもまだ両手で数えるまでには練習できなかったのだが、それでも、秋の駅伝大会にはエントリーをして走り続けていくらしい。

よかった。

走りだした仲間とは、どこかの大会で出会うこともあるかもしれない。

本当によかった。


今日は、定例の会議があった。この会議で、ある意味自分の責任もケジメをつけることとなった。そうなると、急に自分の意識も変わっていくものだ。だんだん、自分は、この土地にも関係の薄い存在になっていくのだろう。


さて、大阪に来て、最初はウィークリーマンションに住まいだし、そしてその後今のマンションを借りて大阪の生活が始まったのだが、振り返ると、本当に出かけたことは少なかったと感じる。


休みの日は、月に一度は帰省できたので、横浜に帰ったが、その他のときは、大阪城公園を走ることが基本。そしてトレイルを経験し、京都や六甲を走ることが増えてきた。

昨年の夏場はほとんど六甲に行っていた。それが終わると、びっしょり汗を含んだウエアを洗濯。そして、そのあと部屋の掃除。フローリングの床を拭くとまたまた汗びっしょりになりシャワーをしたり・・・それから夕飯の買い物。そんなことで休日は終わることが多かった。 たまに、買い物になんばや心斎橋に行っても、結局、スポタカやNikeショップに行って、ラングッズを購入することくらい。そして、RF1のお惣菜を買ってきて、ビールやワインをいただきながら夕ご飯を楽しむ という生活であった。

京都に観光に行ったのは・・・家族が来たときくらいだった。

奈良にも結局、走って通過はしたものの、一度も観光にはいかなかった。

神戸も走りにいったくらいだし・・・淡路島も・・・四国も・・・・ 結局、思い返せば、大阪城公園と自宅の往復を軸としたせまい範囲でしか活動していなかったのだ。


終わってしまうと早いものだなあ。


明日は、夜に帰省する。そしてあさってから夏休みで、またまたバリに行ってきます。


そして帰国してからは、新しい勤務先での引き継ぎから開始となります。


本当にあっという間の2年間だったように感じます。



大阪の生活も、あと7日。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。