1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008年04月29日

本州はRUNシーズンもそろそろ・・・だね。

テーマ:マラソン

やっぱり、マラソンは どちらかというと寒い時期のスポーツである。

だから、そろそろ、本州では、ハーフマラソンやフルマラソンの大会は、徐々に少なくなり、これからはトレイルやトライアスロンなどのアドベンチャーレース系、また、10km程度の大会が増えてくる時期である。


マラソンも流行のようなものがあって、「東京マラソン」の功績としては、一般の参加者をぐぐっとひろめたわけだが、そのお陰か、影響か、以前から走っていたランナーが次のステップを模索しているように思う。


という自分も、今年はウルトラなどにチャレンジしてみようかな?な~んて、すごく軽い気持ちで参加してしまうわけだが、ホント人間の欲求というのは尽きないものであると感じてしまう。


しかし・・・一方で、どうもフルマラソンというものに対して、決して悪い傾向ではないと思うが、あまりにも「カンタンに」挑戦し、結果、その厳しさに挫折している人も多いように思う。


いやいや自分でもそうだったのだが、ハーフを走れたあと、30kも走って、そうすると不思議とフルなんて走れてしまう なぁ~んて錯覚してしまうのだ・・・が・・・

さすが、ハーフとフルは全く違う競技なのだ! というのに気付くのである。

いや、30kとフルも全く違う。


これは、30kまでは通常体内に保存しているエネルギーで走りきれるのに、35k以降はたとえどんなスタミナのある人間でも、エネルギーの枯渇をまさに感じてしまう瞬間なのだ。


今回、自分が「かすみがうら」に参加しているときに、初めてフルに参加した人が本当に苦しんだレースを体感していた。いや、自分も初めてフルを走った「かすみがうら」では、32k地点で完全にノックアウトされリタイアしたのだが、走り初めて間もないランナーはみな、この苦しみにぶちあたっているように思う。


ハーフや30kでは、確かに若さやスピードをもったランナーが一気に走りきれる距離だが、フルについては35k以降にいかにスピードをそれほど落とさず走れるか?にかかっているのであるということを実感するのだ。

誰もがこの「ピーク」を乗り越えないと、本当にフルを走りきれないのである。


しかし、だからこそ、フルを「最後まで走りきった!」という走りができた時に、とても感動できるのである。


やっぱり、自分はフルが好きだ。

いや、いや、正直、フルは辛い。ハーフは体力への影響も少ないが、さすがフルはだめだ。

だからこそ面白いのだ。


今シーズン、とくしまはDNSのために、結局、かすみがうらが最終のフルレースであった。

次は仙台のハーフ、そして隠岐の島の100kである。


安易に100kを乗り越えられるとは全く思っていない。歩いても到達したいと思っている。いや、制限時間に関係なく100kmを超えたいだけだ。


ブームが後押ししてくれたのだと思う。

今年100kmにチャレンジして、また、乗り越えられない何かを体感してみたいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年04月27日

2008年 東京夢舞いマラソン 開催決定!

テーマ:マラソン

おおっ!

今年も「東京夢舞いマラソン」開催されるようです。

http://www.tokyomarathon.jp/


第9回東京夢舞いマラソン開催決定
開催日:2008年10月12日(日)
スタート:9時
会場:新宿区立四谷中学校 (スタート&フィニッシュ)


やっぱり、出たいなあ。

夢舞いファンだし・・!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年04月26日

5日間開いた

テーマ:マラソン

結局、「とくしま」は昨日ホテルをキャンセルし、そして昨晩は東京から来客あり深夜2時過ぎまでカラオケなど。

そして、今日、実に「走らない日連続5日間」を開けて久々に走った。

(5日間というのは今年初めてかも)


朝、起床したばかりではまだ腰も張っていて痛みも多少あったものの、もう凝っているという状態なので、少し動かした方が良いのでは・・・なんて軽い気持ちで、朝食をたべて出かけた。


調子がよければハーフ程度は走ろうかな~なんて思い、キロ6分くらいのゆっくりJogペースで走りだす。


暫く走っても、走っている上体で腰は痛まず、だんだん調子がでてきた。

途中、5分を切る程度までペースアップしてしまったが、結局ハーフの21km以上を走った。


ちょっと前まではハーフを走ってもけっこう疲れたのに、最近はハーフを走り終えても、まだまだいけるというスタミナは十分ある。脚の痛みもない。腰は結局、走っている状態では痛くなることはなく、気持ちよく走ることができた。

この程度であったら、たぶん、「とくしま」も走れたと思う。

ちょっと、悔しい気持ちもまだあるが、でも、もう出ないと決めてしまうと、けっこう気も楽になるものだ。


さて、今月は前半は京都~大阪もあったので、けっこう走れたのだが後半は、脚の痛みやぎっくり腰で走らない日が増えてしまった。

今日までで、なんとか220km以上は走ってはいるものの、300kmは今月はもはや無理か。残念。


6月のウルトラにむけ、GW期間中などで50km以上を走っておかないといけないなあ・・・とちょっと焦っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年04月25日

断念しました(涙)

テーマ:マラソン
せっかく抽選であたり、初めての開催であった とくしまマラソン ですがDNSにせざるを得ません。
抽選に漏れたかたには本当に申し訳ありません。
腰はずいぶん良くなっていますが、今後に続く、仙台ハーフや隠岐の島ウルトラにむけ、今回は我慢する事にしました。
ふと、振り返ると、この前の かすみがうらは 実は 自己ベストには至りませんでしたが、二番目の成績でした。
前半かなり飛ばして、後半崩れたものの、なんとか維持できたのは、今年に入っての月間300kや、京都~大阪50kの練習のおかげです。
ここで無理をして、これからの長いマラソン生活が維持出来なくなっては意味がありません。
と、いうことであきらめました。
さあて、次の目標にむけ、がんばるぞ!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年04月23日

ちょっと、ヤバイです。

テーマ:マラソン

腰がけっこう痛いのです。

まあ、ぎっくり腰は以前は1年に1回ほどなっていました(社会人になり仕事を始めたときに、無理をして痛めたのが完全にクセになってしまいました)が、ここ2,3年はほとんど無かった。

たまに、腰に痛みがあったとしても、そう酷くはならずすぐ治ったのです。


今回、ピシッっとなってヤバイとは思ったけれど、2,3日で治ると本当に思っていましたが、けっこう治りが悪いのです。


今日は仕事上はそう急ぎのものも無かったので、朝出社して、至急対応のメールを処理して早退させていただきました。

実は夕方から京都で、懇親会もあったので、そのためにも自宅で横になっていれば良くなるかと思ったのですが。

全然よくならないのです。

思い起こせば、一度腰を痛めるとけっこう長引くものでしたが、ここ数年は本当にそういう症状に至っていなかったのかもしれません。

腰を痛めると、イスに座って仕事をしている分には問題ないのです(腰の重い痛みはずううっとありますけれど)が、問題は、立ったときにイスにすわった腰の曲がり具合が、すぐに立った姿勢に対応できないのです。

ですから腰が引けたようなまがった状態がしばらく続きます。

デスクワークでも実はイスに座らずに立てひざにして、作業をしたほうが立ったときにスムーズになるので全然楽なのです。


横になっていれば腰への負担が減っているので、意外にまっすぐ立てますが、とにかく一度腰を掛けるとだめなんです。

そういうわけで、京都にはいかないといけなかったのですが、往復の電車での状態や、懇親会場での立ち振る舞いを考慮して辞退しました。ご招待いただいたお取引先に方々には本当に申し訳ないと思っています。


さらに、さすがこの状態で、とくしまのフルを走るのは無理のように感じています。

参加費も、宿泊費も無駄になりますがでも、この腰をさらに悪化させては、仙台国際ハーフも、そのあとの隠岐の島ウルトラを乗り越える自信がありません。


悔しいです。

実はとくのしまは初回で、けっこう抽選も厳しくまわりで落選された方もおおかったので、申し訳ないと思っているのです。


後2日で回復するでしょうか・・・・


さらに、仕事もけっこうタイヘンな状態になっており、もはや万事休す・・・って感じです。


いやいや弱音を吐いてはいけないのです。こういうときこそ、ペースを落としでもゴールを目指さないといけません。わかっています。歩いてでもゴールを目指さないといけないのです。

でも、腰というからだの中心が不自由だと、本当に、モチベーションが低下してしまいます。


なんとか、もう少し気持ちをリセットしたいと思っています。


まだまだ、人生の30kmは過ぎていないはずです・・・これからがもっと苦しい35km地点のはずですから。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年04月23日

フルマラソンと いうもの

テーマ:マラソン

この前の週末は、私の仲間が多くフルマラソンにチャレンジしていた。

関東地区では、「かすみがうらマラソン」にチームベジー!の多くが。

そして信州長野の「長野マラソン」にも参加している人も。長野については記念大会だったので、そういうきっかけで参加された人もいたようだ。

そして西日本では岡山「津山マラソン」があった。


この4月後半に差し掛かる時期は、もう春から初夏にかかる時期で、このあとはフルマラソンの大会はぐっと減る。

昨年の夏の世界陸上や、今年のオリンピックのように世界大会は夏場に行われるが、初心者など市民が参加する大会は、さすが熱い時期には開催できない。

したがって、この4月中旬が限界なのである。


あと、大きな問題は、この季節の変わり目というのは「カラダの順応」がまだ途上であるということ。


走っているとわかるが、「夏の汗」と「冬の汗」とは違うのである。

「冬の汗」のまま、「夏の汗」にすぐにはからだも順応できず、したがって体調に異変をきたす。

本当はこの時期、徐々に「夏の汗」に馴らしておけば問題ないのだが、それをいきなりフルマラソンでやるととんでもないことになる。

自分が最初のフルマラソンの「かすみがうら」でリタイアしたのは、フルマラソンへの甘い考えと、そういう体調順応をしていなかったからだ。

しかし、その後の「かすみがうら」では、毎回苦労した。そう、この4年間ほどは、ずうっと快晴で暑さが厳しい大会であったのだ。

しかし、今回は小雨も舞うような肌寒さが功を奏し、暑さのリスクは減っていたと思う。


長野や津山は、そういう暑さでバテた人が多かったようだ。


津山には初マラソンの仲間もいた。フルマラソン2回目も。

初マラソンの仲間は、やはり相当バテて5時間を越えてしまったようだ。ただ、途中、エイドにも立ち寄りフルマラソンのもうひとつの楽しさも体験したようである。

また2回目の仲間は、ハーフでは自分より全然速い若者であるが、さすが後半バテてしまい歩いてしまったようだ。


長野に参加した仲間も、水分補給などで苦労したようである。


やはり、マラソンは後半勝負。それも、30km以降である。

中には、前半の貯金で後半を支えよう、という作戦も考えてしまうのだが、実はなかなかそうはいかない。

今回の自分の走りは、結果的にそういうものになったのだが、そうしようと思っていたわけではなく前半の調子のまま後半も走りとおし、3時間30分を切るつもりであったのだ。

やはり、リスクが少ないのは、前半ゆっくり入り、後半のスタミナを維持しておくということだ。

これは、どんな本にも出ている。しかし、できないのだなあ・・・これが。


あと、給水であるが、この時期は最初からとったほうが良い。

冬場はハーフ程度であれば給水もいらない時もある。

その調子で給水を避けていると完全に「熱中症」や「脱水症状に」になりかねない。

飲まなくてもいいので、水を口に含みうがいをするだけでも良い。

これは、「かすみがうら」で何度も失敗をしてきた自分の経験だが、前半に水をとっておくと、後半に水をそれほどとらなくて良いのだ。後半は前半よりも水やドリンクへの欲求が増加する。そこで、「ゴックン」と飲んでしまう。

そうすると、今度は腹が重くて走れなくなるのだ。

なので、自分は、前半から水を補給しておき、いわば体の水分量を飽和状態のようにしておき後半の水を少なめにするようにしている。

おかげで、後半、水分の取りすぎで気分が悪くなることはなくなったし、集中力も切れなくなった。


今回、たくさんのフルマラソンの完走記をいただいたのだが、もし参考になれば試してほしい。



さて、しかし ふりかえってみると フルマラソンというものは、一度上手く走れたとしても次に上手くいくことは保証されない。また、コースによっても異なるし天候も左右される。


だから、やめられない。面白いのだとつくづく思う。


そんなこんなで、今日も走りたいのだが、まだ腰は痛みが抜けていない。

とくしま 大丈夫だろうか・・・?

最悪、ぶっつけ本番LSDとでもしようか?


まあ、それも良いかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年04月22日

いろんなことがあった先週末

テーマ:マラソン

18日(金)から、横浜の自宅に帰ったのだが・・・まあ、ホンマにいろいろあった週末でした。

18日は、夜、新幹線でゆっくり帰りました。最近新幹線をゆったり乗るコツを覚えまして、なるべくすいている新幹線の、自分にとっては居心地のいい座席をうまくキープできるようになりました。


そして、ビールとちくわをいただきながら、本をちょっと読んだり、音楽を聴いたりと、なかなか新幹線の過ごし方もなれてきた感じです。


そして、乗り換えもスムーズで自宅に到着。

その日は、とってもHappyな気分で寝ることができました。


翌日、朝から大忙し!

娘は大学生というのに学校です。(土曜日に授業を入れるとはなかなかやるなあ)

そこで、自分は、まずはぶつけられた車を修理に出すことに。

実際に、車をみたら、・・・およよ・・・そこまでやるか!というへこみかた。どうもフェンダーまで影響がでているようでした。

まあ、運転はできるようなので、ディーラーに向かって運転をしましたが。・・・いつもは慣れている道のはずでしたが、途中、ふと気がつくと横浜新道に!?

途中で右折するのをすっかり忘れたみたいでした。

そこから、あわてて新道をおりて戻ることに。たぶん20分もかからない道を40分以上かかってしまいました。


ディーラーに入庫し事情を説明し保険屋さんとの連携もし車を預け、今度は床屋さんに向かいました。

月曜日は「人間ドック」の予定で、そのあとに床屋さんに行こうと思っていたのですがここで行ってしまえば月曜日は横浜を走れる!と思い、思い切って用を済ましてしまおう!ということで。


床屋さんはスムーズに終え、帰宅。

そして、今度は、土浦に向かう準備をして、出かけました。

その途中、稲毛に会社の上司が入院しているのでお見舞いをもっていくことにしました。

稲毛に着き、お見舞いの品を買って病院に向かいました。しかし、たまたま外出中ということでいたしかたなくお見舞いの品を預けて土浦に向かいました。


柏で常磐線に乗り換え、そして、目的に兄宅の近くに駅に到着。

携帯電話で、「歩いていくよ!」と言っておいたので、駅から歩くことに。(普段は車で送り迎えしてもらう場所なのですが、土曜日はぜんぜんからだを動かした感じではなかったので、その目的もあって)


しかし、夜の道は方向がわかりません。

雨もふってきていましたが、方向も位置関係もわからず道にまよいつつ、大きくぐるっとまわった感じでようやく到着。車で10分もかからない場所ですが、1時間かかってしまいました。


そして、翌日は、「かすみがうらマラソン」です。

準備万端、風邪は強いものの、例年になく肌寒い感じが自分にはとっても良い環境で走りだせましたが・・・しかし、結果はあまり立派なものではなかったのです。


京都~大阪 を2回走って距離に対する抵抗感がずいぶん改善していましたので、フルを走りきれる自信はありましたが、しかし、まだまだ練習もペース配分もよくできていなかった結果です。

それでも後半、歩かず、走りきったのは、やはり50km走をやっておいたおかげかと思います。

脚の痛みがなければまだいける感じでしたし。


そして、50km走を走り終わっても筋肉痛がそれほどひどくないのに、このかすみがうらのあとは筋肉がけっこう張ってしまいました。これが、結果、ぎっくり腰につながったようです。


走り終えて、兄宅にもどり風呂にはいりお昼を頂戴し、そして応援にきてくれた家族といっしょに帰宅。

土浦駅では多くのランナーがいましたが、座ってかえれたので完全に家族3人爆睡状態でした。


そして、自宅でゆっくりごはんをたべ就寝。


そして翌朝(月曜日)です。

人間ドックの予定があったので、朝起きても食事はできないし、なんとなくボーっとしていました。

体の節々が痛いし、筋肉痛もひどい。まあ、でも検診だけだからなあ・・・ということで、検診が終わったら走るつもりでいました。


トイレにいき、最後の検●をとろうとしました。

洋式のトイレの場合、水で流れてしまうので、反対向きに座り、トイレットペーパーを利用して●をキャッチしておくわけですが、その体制にはいった瞬間!

「グキっ!」ドンッ

って・・・・


サイアク。ぎっくり腰です。

ここしばらくなかったので安心してましたが、こういう筋肉が固いときが一番危ないのです。

まあ、そうはいっても普段の練習の成果か、動けないほどにはなりません。

早速、腰にコルセットのようなものを巻き、人間ドックの検診に向かいました。


「フルマラソンの後は、いい結果がでるかもしれない!」と思ったのですが、このギックリ腰もあり、サイアク。

・身長が減少している(腰が曲がってしまったので)

・メタボチェックのウエストまわりの計測も増えている(これも腰のせい。体重は前年より減っているのに)

・バリウムをのんでの胃の検査ではグルグルまわるのがキツ!おかげで、炭酸を2回飲まされた。

など、結局はあまりよくない結果かも。


それに良く考えれば、走った翌日なので、タンパクも多いのでは?


検診が無事終了し帰宅。

その途中、自分としては確信していたのですが、絶対に途中でトイレに行きたくなるはず。(というのも、お腹がよわく去年も言えに代えるまでにきちゃいましたから)

それを想定し、ウルトラで必要なグッズをB&Dで購入することもかねてそのビルに向かう。

案の定、まずはトイレに駆け込むことに。

そうしたら、しっかりもう・・・早いなぁ~


そして帰宅してあと半日はずっと横になってました。

おかげで腰もよくなりました。


まあ、いろんなことがあった週末でしたが、結局、どれもこれも、なんかいまひとつというところで旨くいっていない感じ!ちょっとリセットしないおいけないですね。


ところで、車ですが、なんと板金加工も必要ならしくGW期間中には戻せないみたい。

代車もお願いしなくては。

仙台国際の帰りにでも寄ることにしようかな。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年04月22日

大阪に向かっています

テーマ:マラソン
image.jpg
愛知県安城付近です。
腰はずいぶん良くなりました。
やはりマラソンのトレーニングのおかげで腹筋が強くなったと思います。
でも、実は以前よりぎっくり腰は年に一回はなってしまい、2、3日は寝込む持病だったので、ずいぶん改善したと思います。
たぶん明日は走れそうですから!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年04月21日

やっちまいました(涙)

テーマ:マラソン
なんと、フル翌日にぎっくり腰です。
今日は横浜に帰ってそのまま人間ドックの予定でした。
そこで朝、検●をとろうとして、ぴくっと!
参ったなあ、今週末もフルあるのに。
まあ、これから少しおとなしくしてます。
本当は、横浜を10kmくらい走りたかったんですが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年04月20日

かすみがうら 記録

テーマ:マラソン

【LAP】


かすみ   泉州

5'04" S-1 5'18"

4'41" 1-2 4'25"

4'46" 2-3 4'34"

4'33" 3-4 4'44"

4-5

9'01" 5-6 9'22"

4'30" 6-7 4'37"

4'33" 7-8 4'39"

4'40" 8-9 4'43"

9-10 4'40"

9'14" 10-11 4'34"

4'49" 11-12 4'36"

4'46" 12-13 4'43"

4'39" 13-14 4'44"

4'44" 14-15 4'42"

4'56" 15-16 4'44"

4'52" 16-17 4'39"

4'56" 17-18 4'48"

4'48" 18-19 4'51"

4'49" 19-20 4'44"

20-21 5'03"

9'50" 21-22 4'44"

22-23 4'51"

10'55" 23-24 4'57"

5'01" 24-25 4'57"

6'24" 25-26 5'04"

3'34" 26-27 5'00"

5'45" 27-28 5'12"

5'02" 28-29 5'15"

5'49" 29-30 5'17"

5'09" 30-31 5'04"

5'26" 31-32 5'18"

6'32" 32-33 5'24"

5'27" 33-34      

6'36" 34-35 11'00"

6'11" 35-36 5'48"  

6'36" 36-37 4'58"

6'51" 37-38 5'20"  

6'01" 38-39 5'45"  

5'58" 39-40 5'38"

5'57" 40-41 5'45"  

6'43" 41-G 6'35"


今回、かすみがうらでは前半にアップダウンがあるコース。後半はあるいみ延々と続く変化のないコースで後半は精神的ながまんの強さが結果に現れる。


泉州のベストの記録と比較して明確なように、まさに、後半に追いつけなくなっている。あれだけ、ロング走を取り入れたものの校歌が出ていないのではないか?とも思えるが、いや実際走っていての精神的な変化は全くいままでの後半のダレかたとは違っていた。


原因は明快で、やはり脚の痛みがでた。その様子が現れるのが24~26kmのあたり。(記録がヘンなのは表示の位置がおかしかったと思う)

ここで、左脚の付け根やふくらはぎに痛みが走った。次週のとくしまもあるので、ここではムリをせずリタイアしようと本気に考えたのだが、給水所で水をかけたら、楽になったのだ。

そして気分を切り替え走りだす。

しかし、今度は精神的に負けそうになった。

ただ、高橋尚子さんの姿が頭によぎった。

脚が痛くても走り続ける姿。それを思い返し、走り続けることにした。

しかし、32kmあたりからは、苦痛の連続。脚に力が入らないのだ。

痛みよりも脚の筋力がない。きっと、前半のスピードアップが原因だと考えられる。

まだまだ、練習不足ということなのだと思う。

それでも、粘った。

途中、私設エイドでレモンなどもいただいてなんとか走りとおそうとした。

途中、自販機を見つけるとコーラを飲みたくなった。

しかし、ここでペースをさらに落としてはいけない。


たぶん、30km付近の記録のまま、泉州と同じコンディションであれば間違いなく3時間30分も切れたと思う。

しかし、今回はここからが地獄であった。

ただ、歩こうとは思わなかった。

それに止まらずひたすら走ろうとした。


38km付近でベジー!の仲間に抜かれたが、でも自分のペースを守るしかなかった。


そしてなんとか、ゴール。実際は思いのほか良い結果だとおもった。

これはやはりロング走とペース走の効果に違いない。


42kmが確かに長い距離ではあるが、少しは壁が低くなったように感じた。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。