1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年01月31日

1月も今日で終わり

テーマ:マラソン

1月は昨年末の横浜の自宅に戻っての走りこみが効いて、久々の200km超え!

217.2km 目標比108%!

自分にとっては月間200km超過は、非常に高い目標達成となりました!


しかし・・・


昨日は、結婚記念日というのに・・・

自分が管理する事業所の営業予算も、ほぼ達成見込みだというのに・・・・

こういうときに限って、トラブルが!!!(ノ_・。)


そのトラブルがまだ解決せず今日はお休みで走る予定だったのに走れず、また胃のむかつきも・・・


サイテーな状況。


なんとか、2月、心機一転といきたいところだが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月29日

館山若潮マラソン 後記

テーマ:マラソン

あまりにも、今回のレースが自分にとって残念な結果だったので、なんとなく悪いイメージの大会のようになってしまったが、まだ参加したことがないランナーの皆様のために・・・館山若潮マラソン大会 そのものについて記しておきたい。


というのも、この大会運営については、全く申し分のない、すばらしい大会だからなのだ。


準備からはじまり、実際の大会の運営、そして地元の人々の応援のすばらしさ。

ゴールをしたあとでも、アフターケアの配慮。さらに、早めに帰宅する人たちのための誘導。

なにをとっても、素晴らしい。

いろいろマラソン大会に参加したが、このような素晴らしい大会は、はっきり言ってほかにはないと言える。


まず、会場設営だが、市民運動場を使っているが、そこまでに車で行く人が多いので、会場までに迷わないよう早めに看板が掲出されている。

そして、迷わず会場に近づくと・・・ちゃんと駐車場も完備。(駅からのバス無料運行もあり)

係の人が安全に誘導してくれ、それも余裕をもって駐車できる施設(さらに自分は芝生の上でした)。

会場はそこから歩いて200mもないところ。

受付は前日からもあるが当日も7:30からということだが、ちょっと前について受付に行くと、「いいですよ!」ってすぐ受付してくれる。

参加者全員には、菜の花のプレゼント(これが車で持って帰れるからいい!)

さらに、会場内には当然、仮設トイレも用意されているが、更衣室はなんとちゃんとしたハウス仕様。テントではないのだ。

随時、会場内に響き渡るように案内がされ、スタートライン付近では、ナンバーカードのかたまりでブロックで区切りしっかり準備されている。


当然ながら、ペースメーカーはサブ4と3と2名。

大会も巨大な大会とは違って適度な参加者なので、スタートの混雑もひどくない。


スタート後は、すぐ橋をわたって、一般道路を走っていくのだが・・・

応援がとにかく凄い。

地元の方々は、絶えず応援してくれる。

「絶えず」なのだ。

ひとりひとりに声をかけ、おじいさん、おばあさん、若い夫婦も、そして子供も。

主催者側も・・・


この応援の声が聞けなかった というのがどれだけあったか思い出すくらい絶えずあるのだ。


さすが山の中にはいっていったらいなかったけれど、でも、また、ちゃんと待っていてくれて、応援の声。


これには本当に感謝。


菜の花のフラワーロードもキレイだったけれど、とにかく印象的なのは応援の多さ。


給水所も、水、ドリンク、バナナ、スポンジ、飴、アンパンなど多彩。

地元の人たちのエイドでも、麦茶の暖かいの冷たいの、それに砂糖入り、なし。

レモン、うめぼし、おにぎり・・・

本当に凄い応援なのだ。


そして、走っているランナーが「ありがとう」って声を返すと、またこたえてくれる。


また、レースを安全に見守るように、ロードレーサーでサポートしてくれるスタッフ。

救護・収容車が、たくさんまわっていて、山の中にひとりぼっち ということにはならない。

疲れて座り込んだランナーに、声を架けるスタッフ。


ゴールは、多くの方々の応援で、拍手でゴールできる環境づくり。


ゴール後の芝生に寝転がっても平気。


ゴール後にも、暖かいお茶も冷たいお茶も、砂糖ありなし、パンとバナナ。そしてトン汁におしるこ。

これだけでおなかがいっぱい。


幸せな気持ちで帰ってきました。




とにかく、こんなに素晴らしい大会はほかにないといっても過言ではないと思う。


走り終えて、悔しさはたくさんだったけれど、でも、また参加したいなと思っている。


来年は、ぜひ、地元の人々に感謝して走りたいから・・・。


ありがとうございました。館山の皆さん、主催者の皆さん。応援してくれたすべての人たち。




tateyama3


そう、すでに館山市のHPで昨日の記録はアップされていました。


すごいですね!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年01月28日

館山若潮マラソン2007完走記

テーマ:マラソン

完走記を書かねばならない。

なんといっても、今回の館山は、反省しかないというレースであった。



0~5km:25分13秒

5~10km:23分57秒

10~15km:24分49秒

15~20km:25分46秒

20~25km:26分47秒

25~30km:28分03秒

30~35km:30分12秒

35~40km:30分57秒

40~42.2km:14分18秒

結果:3時間50分


見てのとおり、自分の実力では、本来フルの場合は1km5分30秒が適度な速さであり、ましてや前半はその程度で抑えないといけないのに、前半はほぼ1kmは5分。特に5~15kmでは5分を切っている。

調子がよかったというより実力に合わせたペース配分ができなかったのだ。

後半どうしてもバテるのはわかっていたのだが、この館山のコースは前半は海岸線を走るためか、アップダウンがちいさいながらも繰り返しあるのだった。ついついそこで頑張りすぎたのか。

ハーフを過ぎてぞ所に落ち込む。

しかし、本来25~30kmの程度のスピードで走っていれば、後半の巻き返しができたはずだ。

30km付近が辛かった。

このコースの最大の難所の坂道だ。

それもいったん登って、一瞬なだらかになるものの、またノボリが待っている。

それでもなんとか一度も歩かずに、登りきったのだが・・・。

32km付近で時計を見た。

「お、まだなんとかなる、2時間40分程度だ。ここから、1km6分のスローペースでもなんとかなる。記録更新も可能だ。」

と思ったのがいけなかった。


兎と亀の逸話のように、油断した。

集中力が切れ、歩きたくてしかたない。

とうとう、あるいてしまった。

そうなるともうくずれるいっぽう。

なんども歩く。

足の痛みがなかったわけではないが、それより気力が持たない。

1kmを走りきる気力や集中力が全くない。


そして、40kmを過ぎても同じ状況・・・どころか最悪の状況。

40kmからの2kmのあいだに、なんど歩いたことか・・・。


結局、それでも前半の貯金があったので、サブ4の3時間50分はクリアしたものの、帰りの車の中でなんども反省してしまった。


今回の反省を生かして、なんとか、次回は「充実した」走りができるだろうか・・・。


次回に期待すべく、今回は深く反省したい。



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年01月28日

だらしない結果

テーマ:マラソン
結果は3時間50分。
ただし、内容はサイテー。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月28日

着いた!

テーマ:マラソン
200701280719000.jpg
館山着いた!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年01月27日

お天気よさそう!明日の館山!

テーマ:マラソン


tateyama2

おお!

明日は、お天気のようだ!!

ちょうど、走る時間だけっていうのがいいね!


ということで、今日目がさめたら大阪のお天気もよく、仕事にちょっといって帰宅し、お掃除洗濯。

そして準備をしてそろそろ出発。


お天気がよければとにかく、LSDと思って楽しく走りたいな!


なんだか、ほとんど冬らしい冬を感じず、春らしい菜の花を見に行くよ。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年01月27日

お天気次第・・・。

テーマ:マラソン

28日は、「館山若潮マラソン」へ参加予定だが・・・。

エントリーフィーは当然ながらすでに払い込み済み。

そして、自宅に向けて明日帰る支度。

しかし、お天気は・・・↓
tateyama

なんとか、土曜日のような天気であればよいが、どうも非常にヤバイお天気!


今、大阪でもなんだか凄い風も吹いて、さらに夕方凄い雨も降った。


天気予報を見て、かなり意気消沈。


3週間後の「泉州国際マラソン」。東京では、「東京マラソン」があり、そこで風邪で

ダウンしては元も子もない。


明日も様子を見てどうするか決めるが、館山まで横浜から車で行くのも結局

高い高速料金を払うことになり6,000円以上の出費は確実だし、それで風邪を

ひいたら、たまんないよな~。


ま、そんなマイナーな気持ちになっていては、いけないけれどね。



でも、毎月フルをセットしてしまった自分もいけないのだし、様子見ということかな。


とりあえず、支度はしたし、まずは横浜に帰ろう!


館山のお天気がよくないようであれば、横浜みなとみらい 20kmをやればいいもんね!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月26日

行ったり、来たり。

テーマ:しごと

水曜日は、東京で人事評価の面接をしないといけないために、早朝から新幹線に乗り込み、そして終日面接。

そして、早めに横浜の自宅に帰宅し、ちょっと走った。


だんだん、東京~横浜~大阪の移動にも数を重ねるたびに慣れ始めた。


以前は、東京の会社から大阪などに出張の際は、飛行機を使用することが多かった。というのも交通費がほとんど同じだったからである。航空会社も法人向けのサービスもあり、その契約で航空券を購入すると安いだけでなく変更もきくので、ビジネスには最適なのである。


しかし、最近は、新幹線のほうがさらに便利に感じるようになった。

特に、「エクスプレス予約」というサービスがあり、これも、発券するまでは変更が効く。

それに、予約はPCを活用したWebサイトからでも、ケータイからでも可能。

さらに、一部早割りのような特典もあり、特に早朝などは比較的安く購入できる。

実は、今回は新横浜からグリーン車を利用してみた。というのも、普通車とほとんど価格が変わらないのである。

JALなども、ビジネスむけの広いシートを+1,000円でサービスしているが、それに近い。

しかも、グリーン車は静かだし、お手拭も、音楽ノサービスも、毛布も貸してくれる。

トイレもちゃんと確保されてきれいだし・・・。


飛行機の場合、結構面倒なのが危険物と呼ばれるもの。つまりヘアスプレーとか、はさみを持ち込めない。

荷物を預けると、その荷物がターンテーブルから出てくるまで待たないといけない。

通常の旅行だとそれはそれで気にしないものの、ビジネスの場合は少しでも早く動かないと約束の時間に遅れてしまう。

だから、ほとんどのビジネスでの利用客は機内持ち込み用のピギーバックなどを利用して、すぐ移動できるようにしているのだ。


新幹線であれば、全く預ける必要はないので、とても気が楽。駅についたらすぐ乗り換えできるし。

ということで、最近はほとんど新幹線になった。


朝一番の新幹線で新大阪に戻り、そして会社へ向かって始業には充分間に合った。


しかし、今日は大事な用を忘れていた。

午後、京都に行かないといけなかったのだ。

仕方なく、早めに食事もすませ、京橋経由で京阪電車で京都へ向かった。

(これが、安い。東京~鎌倉間って500円以上したと思うけれど、京橋~四条川原町って、390円なり!しかも、特急!)


そして、指定された場所は祇園。

風流というか、なんた別世界の町だなあ、と思いながら、あるお店の2階で打ち合わせをしてまたとんぼ返り。

会社に戻って、仕事。


ま、そうなこんなで今日も終わってしまったが、電車なので移動すると思ったより疲れるのだが、仕事の成果ははかどらない。

はかどったのは、読書だけ・・・。



今朝、新幹線で富士山を見たときはきれいに輝いていた。

大阪に近づくにつれ曇り勝ち。でも、着いたら快晴。

明日からはお天気は下り坂らしい。


日曜日の館山、どうしようか。

お天気が悪く、風邪をひいたりしたら泉州国際に出れなくなるし。

今回の館山は、あくまでも調整のつもりで無理をしないようにしよう。



大阪に着いて感じた。

なんか、ほっとした気分。

東京はせわしなくて、なんとなくギスギスしていた感じがしたのだが、大阪に着いたらなんだかほっとしたのだ。

(当然、横浜の自宅は一番くつろげるけど)


だんだんと大阪の生活に慣れてきた証拠みたい。


MBS放送の、「今夜はえみぃ~GO!」がとっても面白くて好き!

関西の深夜番組はおもろいで~!上沼恵美子は、サイコーやな!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月25日

なぜか祇園におる

テーマ:マラソン
200701251538000.jpg
これも、仕事
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年01月25日

名古屋をすぎて

テーマ:マラソン
200701250755000.jpg
きれいな雪山
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。