今シーズンを終えて

テーマ:

先日の京都マラソンで今シーズンのレースが全て終わりました。

歳を取るごとに1年がどんどん早く過ぎ去って行くようになり

今では瞬きをした瞬間の如くあっちゅうま。

 

なのでマラソンのシーズンなんて数日で終わったような感じ。

僕の希望としては・・・

もう少しゆっくりと日々の時間を感じながら生きて行きたいのだが、

親が言うにはこれからもっと早く過ぎ去るらしい。

 

なんてこったパンナコッタ

 

でも僕は娘と最低100歳は生きるっていう

約束をしているのでまだ倍以上ある♪

 

2014年の9月頃から本格的に走り出して以来

夏に走った村岡ダブルフル直後の栗マラソン以外は

初めて怪我故障なしでレースに挑むことができた。

あれほどガチガチにしていたテーピングも一切なしでね。

痛みがなく走るってことを今まで経験したことがなかったので

自分の体がこんなにも動き続けてくれることに感動した。

 

でも、お腹のぽっこりはなくならなかったけどね。。。

 

昨夜、録画していた北九州マラソンなどを観ていて

いつもならその場に自分も居たくなったり

直ぐにでも次のレースに出たくなったりと

ムラムラソワソワしていたんだけど

そういうのはなくて満足している自分がいることに気が付いた。

 

ほんま、今シーズンはやりきったんやな~ってね。

 

2017年10月15日

びわ湖高島栗マラソン ハーフ 1時間30分25秒 PB更新

2017年11月3日

京都丹波ロードレース ハーフ 1時間34分27秒

2017年11月23日

福知山マラソン フル 3時間13分38秒 PB更新

2017年12月10日

奈良マラソン フル 3時間10分15秒 PB更新

2018年1月21日

高槻シティーハーフマラソン ハーフ 1時間26分59秒 PB更新

2018年2月11日

世界遺産姫路城マラソン フル 3時間7分24秒 PB更新

2018年2月18日

京都マラソン フル 3時間46分1秒

 

全レースフルMAXでガチンコで記録を狙いにいった。

終わった今だから言えるけど

京都丹波もあのコースで90分切るつもりだったし

京都マラソンも最低でも6分台で走り切るつもりだった。

40分もオーバーしてしまったけどね(笑)

 

もちろんこれからも記録を更新し続けて行きたいけど

僕が1番やりたいことは、やるかやられるかのガチンコ勝負。

 

次シーズンも妥協なく攻めることができたらなぁと思う。

 

命がけでGETした京都マラソンのメダルは・・・

翌々日に・・・

 

100均のカゴで作ったマラソングッズ入れの中に放り込んだ(〃∇〃)

 

 

どうやって保管したらいいのか分からないだけで

僕にとっては大事な大事な宝物に変わりはないからね!

 

AD

京都マラソン2018の結果

テーマ:

初めての2週連続でのフルマラソン。

そしてシーズン最後のフルマラソンを走ってきました!

 

先週の姫路城マラソンで3時間一桁を何とか手にしたものの

内容的には負け試合のような感じで納得はいかず。

体もかなりボロクソにやられてしまい今までにないほどのダメージでした。

 

そんな状態でしたが走るからにはガチンコ以外考えられず

気持ちはいつでも走れる状態で1週間を過ごしていました。

 

ただ、

前回のブログでも書いたようにどのような設定で走るのか

姫路城と同じ設定でしっかりと目標とするタイムを手にするのか

結局、当日の朝になっても決めかねた状態でどこかに迷いがありました。

 

京都マラソン2018公式HP

 

【開催日】

2018年2月18日(日)

選手受付 前々日・前日 みやこめっせ(京都市勧業館)

フルマラソンスタート 9:00

 

【会場】

京都府京都市

西京極総合運動公園

 

【気温】

出典:気象庁ホームページ

過去の気象データ・1時間ごとの値・京都

Garmin:2.8℃

 

【コース】公式HPより

 

【高低図】Garminより

 

結局スタート直後に決めたのは

体がいっぱいいっぱいなのは分かりきってることなので、

その時に出るMAXのスピードで走ることにしました。

 

そして、現状のフルMAXで残りライフ0になるまで出し切りました!


ハーフは1時間32分52秒!

でも既に肉離れしそうなくらいにパンパン。

それでも走り続けるつもりでしたが・・・

エイドで水分すら取る気力がなくなってしまって。

補給もしなくなりヤバイなぁとは思うものの出来ない。

これ以降は最後まで一切何も摂取せず。


案の定、一気にキツくなりだし25kmを越えた瞬間に

両脹ら脛と両ハムが千切れるような激痛。

まるでウルトラを走り終えたような疲労感。

気合いと根性だけではどうにもならず。

30kmを越えると痛みは麻痺し重い鉛の棒を2本引きずってる感覚。
ただただ前に進むだけ。

キロ6分とかになりだして。

でも足だけは絶対に止めない。

 

37km手前で3.5のぺーサーにも抜かれました。

この辺りから全力でキロ7分も難しい。

39km後半で突然腰から下に感覚が戻って激痛で

思わず止まりそうになったけど意地で止まらない。

止まったら、ずっと応援してくれてる人に対して申し訳ない。

僕は何の恩返しも出来ていないから走り続けないと。

それにこんな状態でも進もうとしている自分の体に失礼。

自分の心の弱さで歩くわけにはいかないから。

体が本当に限界超えたら自然と止まるから。


40kmを越えて内臓もやられ吐き気も出て

本当に残り2kmは命削るのか?

みたいな状況になりスピードも8分半。

もぅ今までに経験したことのないくらいの人数に抜かれたと思う。

でも歩くことだけは拒否し続けて何とかゴールしました。


やりきった。

持てる力全てを出し切って走り切った!

今日は撃沈じゃない。

応援してくださった皆さんと自分体に心からの感謝。

 

初めて3.5した時、ウルトラを走った時、3時間一桁で走った時、

嬉しいけどそこまでじゃなかった。

でも今日はひろしげさんを見た時、

沿道から残り僅かって教えてもらった時、

帰ってきて家族を見た時、

初めて胸に込み上げるものがあった。

大袈裟じゃなく命がけでGETしたメダル。


あっ…

ひろしげさん見た時思わず止まったけど

それは無しにしてね(笑)

それとボロボロですが帰りに少しジョグ出来たので

怪我故障はありません!暫くはお休みしますが。


もっと強くなりたい。

 

以下ラップです。

今回はスタートのロスが結構あるので公式ラップはネットです。

 

1km~5km

4:15-4:28-4:21-4:18-4:20(Garmin)

公式ラップ5km 0:21:51

 

6km~10km

4:20-4:26-4:13-4:22-4:30(Garmin)

公式ラップ10km 0:21:43

 

11km~15km

4:15-4:25-4:10-4:34-4:15(Garmin)

公式ラップ15km 0:21:19

 

16km~20km

4:29-4:27-4:29-4:25-4:17(Garmin)

公式ラップ20km 0:21:43

 

21km~25km

4:24-4:25-4:34-4:31-4:25(Garmin)

公式ラップ25km 0:22:01

 

26km~30km

4:43-5:18-5:31-5:48-5:43(Garmin)

公式ラップ30km 0:26:47

 

31km~35km

5:55-5:57-6:15-6:42-6:39(Garmin)

公式ラップ35km 0:31:44

 

36km~40km

6:59-7:08-7:48-7:56-7:52(Garmin)

公式ラップ40km 0:38:03

 

41km~42.195km

8:26-7:55-+α(Garmin)

公式ラップフィニッシュ 0:17:06

 

今回もたくさんの応援を頂き本当にありがとうございました。

スタート前に一緒にいてくださったハマーさん。

今回もひろしげスポーツからのひろしげさん。

ボランティアで沿道から応援頂いたドンちゃん・らぴんさん。

たくさん撮影しながら応援してくださったサトさん。

ランナーとしてご一緒した皆さん。

アップデートで応援してくださった皆さん。

その他諸々。

心から感謝致しますm(_ _ )m

 

以上、京都マラソンでした。

 

 

京都マラソン2018 42,195km 3時間46分01秒(05'21/km)

順位:2548位/11525

年代別順位:473位/1889

 

※デサント赤T・ファイントラック スキンメッシュ・アームカバー

バフ(首元)・カーフガード・サンバイザー

 

AD

いつものように京都マラソンの過去記事がないので振り返りつつ

対策用としての記事になりますので適当にスルー夜露死苦(4649)です。

 

前回の京都マラソンは2年前に出た2016年。

 

京都マラソン2016公式HP

 

【開催日】

2016年2月21日(日)

選手受付 前々日・前日 みやこめっせ(京都市勧業館)

フルマラソンスタート 9:00

 

【会場】

京都府京都市

西京極総合運動公園

 

【気温】

出典:気象庁ホームページ

過去の気象データ・1時間ごとの値・京都

 

【コース】公式HPより

 

【高低図】Garminより

 

ジョグノートで当時の日記を見てみると右膝と腰を故障していたみたい。

相変わらず去年の前半以降の日記を読むと「痛い」「故障」「怪我」

「リハビリ」「休養」とかの文字が多い・・・見たくないわ(笑)

 

今と全く一緒なのは

地元の京都開催のレースなのに会場に着いた瞬間迷ってる。

屋内の更衣室へ進んでいるつもりが風吹きっさらしの屋外競技場に

辿り着くという摩訶不思議な現象が起こっていたようだね~。

 

当時は奈良マラソンで記録した3時間38分44秒がベストタイムで

京都マラソンではサブ3.5を狙っていたんだけど

これまでのフルマラソンで最後まで走りきったことはまだ1度もなく

目標サブ3.5って言える立場じゃなかったんだけどな。

 

※レース前に娘に書いてもらった。

 

スタート位置は「B」ブロック。(今年はAをゲット)

スタートまではフードの付いた大きなジャンパーコートを着込んで

前から3~4列目にて待機していたが、そんな格好の奴は皆無だった。

当時はまだ何にも分からなくてね・・・

そういえば・・・

スタート前に友人がわざわざ応援に駆けつけてくれていたんだけど

今から考えたら、「その格好おかしいで!」って教えて欲しかったわw

 

スタートした瞬間一気にAブロックの真ん中近くまでBダッシュ。

 

4:40-4:44-4:39-4:42-4:49(Garmin)

公式ラップ5km 23:42

4:44-4:51-4:48-4:40-4:20(Garmin)

公式ラップ10km 24:35

 

10km行くまでに右太腿の前と股関節と膝に違和感が現れて

次第に痛みに変わり既に諦めるか悩んで走っている。

途中で鴎さんが応援してくれていて、顔見たら一気に元気に!

 

4:38-4:49-4:36-5:00-4:50(Garmin)

公式ラップ15km 24:07

5:00-4:51-4:47-4:49-4:40(Garmin)

公式ラップ20km 24:20

 

奈良を走った後だったので京都の上りはそんなに気にならずに走れた。

暫くは右膝がピキピキと痛み電気が走っている感じで激痛だったが

確か18kmぐらいで麻痺してきたようで痛みが消えてきたようだ。

まだこの辺りは道が狭いこともあり結構混んでいたと思う。

 

4:41-4:28-4:45-4:50-4:46(Garmin)

公式ラップ25km 23:40

4:57-4:58-4:53-5:05-4:41(Garmin)

公式ラップ30km 24:32

 

植物園の前で身内から2度の応援。

まだ元気だが苦手ってこともあり粉末やジェルを摂取しなくなる。

この植物園は厄介だ。中をグルグルしなきゃいけないし

散々走ったのに入り口と出口が直ぐ横なので損した気分になる。

 

29kmぐらいから河川敷に入って行くみたい。

ひろしげさんがどこかで待っててくれるのでお土産に

エイドでハッピータンを貰い握り締めながら走り続ける。

 

4:45-4:45-4:56-5:00-4:52(Garmin)

公式ラップ35km 24:33

5:10-4:59-5:25-5:20-5:15(Garmin)

公式ラップ40km 26:23

 

河川敷の一番最後でひろしげさんが応援してくれていたんだけど

ハッピータンを上手に渡せなくて地面にばら撒いた(笑)

河川敷に入ってからが疲れが出始めていたけれど

待っててもらってる場所までは笑顔でって頑張っていた感じかな。

河川敷が終わってからはアスファルトの固さがダイレクトに伝わる感じで

ダメージが大きくめちゃくちゃキツくなり始める。

 

35km近くの京都市役所の所で身内がコーヒーを持って待機してくれていた。

コーヒーを飲んで何とかエネルギーを補給する。まだ自分に合う補給食が

見つかっておらずエネルギーの確保が出来ていなかったのとまだ内臓も

弱くて水分すらも中盤以降はパスしていた感じなので助かった。

その影響でか分からないけれどこの時期のレースは

度々後半に手が痺れてきたり感覚が鈍くなっていた。

 

市役所過ぎてから北へ向かう時は結構な強風でかなりキツかった。

1番キツイ場所でひろしげさん併走からの鴎さんの檄でギリギリ粘る。

 

5:15-5:17-+α

公式ラップFinish 11:29

42.195km 3時間27分21秒 (04'54 /km)

 

最後は両手の痺れなどを我慢してがむしゃらに進んだ。

本当は25分だと嬉しいなとか思っていたけど26分が無理なことも分かり

せめて27分台でフィニッシュしたいとそれだけだったかな。

 

初めて止まらず歩かずフィニッシュ。

 

京都のコースはちょこっとアップダウンする箇所があったと思うけど

奈良とかを走りきれていたら何にも気にすることはないかなと思う。

 

多分ね・・・

 

当時と今ではスピードが全くの別世界だからどうだろ?

めちゃくちゃアップダウンするやんけ!って吼えてるかも。

まぁそれはそれで面白いか。

 

フルマラソンの補給もほぼほぼ自分に合ったものが決まりだしたし

給水もしっかりと後のことを考えて摂取できるようにもなった。

姫路城のダメージは大きいが故障はしていないと思う。

(未だにガチガチの筋肉痛だけどね)

もう当時のようにテーピングや痛み止めはいらない。

 

福知山を走り終えてからずっと考えていたことがあって。

もし奈良・高槻・姫路城とプラン通りに走れたら

京都ではちょっと試してみようと思っていることがあった。

多分っていうか確実に最後まではやりきれないことなので

その後はファンランってやつをやってみてもいいかもしれないって。

 

でも

 

姫路城だけは更新したとは言え

プランから大幅にもれてしまったレースになったからね。

 

来シーズンに向けて本番で経験しておくには良い機会だったのだが。

 

だが。。。

 

もう1度、姫路城のレースプランで本当に最後まで走り通せるのか。

それが出来てからの話だと思うんだわ。

物事には順序ってもんがあるからね。

ここからは飛び級はないと思う。

お前が言うなーーーーーって声が聞こえてるけど。

そんな簡単な領域ならもっともっと多くの人がやってるだろうし。

 

わけわかめ。

 

 

最後まで読んでくれて阿離我妬(39)です。

 

 

 

AD