渡夢太郎家の猫

2008年 3月に蘭丸の2度目の子供ができました
これで、我が家は9匹の猫です


テーマ:
「ただいまからF電機株主総会をはじめます」
議長であるF電機社長の社長、風戸が宣言した。
日本の株式総会の主な議題は決算の承認と
取締役の承認である。
決算に問題がある場合、株主のほとんどの質問は
配られた資料に基づいた形式的なもので、
特別な質問がない限り株式総会のほとんどは時間通りに終わる。

総会屋は問題の有る企業と契約をして
その株式総会をスムーズに行う為の
行動をする。

F電機の株式総会は資料を基に形式的に
決算の説明しスクリーンにスライドを写し
赤字の埋め合わせに工場跡地の売却益を充当し
再建計画を説明した。

そして形式的な株主質問が行われ
質疑、応答がされ
財務担当者が内容を説明した。

株主は経営内容がしっかりし配当が保障されば
さほど騒ぎ立てることはなかった。

そこに亮が手を挙げ立ち上がった。
「質問があります」
進行役の女は亮の存在を無視し
違う人間を指名していった。
「ふう」
亮は大きく息を吸って声を張り上げた。
「質問がある。指名しろ!」
亮の声が会場に響き渡った。

進行役の女は驚きステージの袖に目をやって
上司の顔を見てうなずいた。
「次の方は・・・」
女性が指差したのは亮から遥か遠くの女性だった。
「こういう手があったのか・・・」
「まて!私はこの会社の29%の株主の委任状を持っている」
亮が声を上げると会場がざわめきだした。
「議事進行、議事進行!」
塩見の部下たちが大声をあげてざわめきを止めようとした。

「おい、彼に質問させろ!さっきから手を挙げているじゃないか」

「そうだ。大株主だぞ!」

「何か後ろめたい事があるんじゃないか!」

あちこちから怒号が飛び交い
赤字の原因がただ単に売り上げの低下
という事に疑問を持っていた株主が
騒ぎだし会場は騒然としていた。

「静粛に!静粛に!」
総務課の人間がマイクを持って声を張り上げた。

壇上にいた取締役たちが風戸の元に駆け寄った。
「社長、あの男に質問させなくては収まりませんよ」
「しかし、もし年金の事だったらどうする。
 この後の取締役の承認ができなくなる」
風戸が顔色を変えて答えた。
「しかし、このままでは・・・」

風戸は会場の混乱を見渡している塩見をにらみつけた。
「おい、宮部。あの男を連れ出せ」
「はい」

「亮、何をやっている!」
「ああ、じっちゃん」
亮の祖父拓馬が亮を叱咤した。
「ここはマイクなどなくてもお前が声を上げる時だ。
 騒ぎが起こっているという事はお前の味方
 がいるという事だぞ」
AD
いいね!(67)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「大丈夫よ、亮のところへ戻って!」
「う、うん。分かった」
仁木は陰気な感じの須藤がマギーに何かをするのでは無いかと
心配していた。
マギーは自分の体を舐めわすように見る須藤の目線で
自分の虜に出来ると確信した。

「さあ、乗って!安全な所に連れて行ってあなたの身を保護するわ」
「は、はい」
須藤は運転席に座ったマギーの太腿を凝視しながら
助手席に座った。
車を東京フォーラムの地下駐車場から出したマギーは
外堀通りに向かって車を走らせた。
「須藤さんっていくつ?」
「22歳です」
「そう、若いわね」
マギーは微笑んで須藤の方を見た。

「・・・マギーさん日本語上手ですね」
「ありがとう」
「出身はどちらですか?」
「私は香港生まれで事情があってアメリカに渡り、
 ロス市警察に勤務して
 退職してから来日して大阪で英語の教師になったの」
「元警察官だったんですか。かっこいいですね」

「アメリカの警官なんていつも命がけよ。
 そんなにかっこいいもんじゃないわ。
 給料は日本の警察の3分の2、殉職者は
 日本の10人に対して150人以上
 数字的には危険率15倍だけど、
 周りにピストルを持った人間が
 ウロウロしている。身を守る方法を徹底的に
 叩き込まれるけど、もし日本人の警察だったら全滅よ」

「済みません、ビックサイトの方へ向かってくれますか?
 ちょっと用があるので」
「ええ、いいわよ」
マギーは車をビックサイトに向けた。
「確かに日本人は甘い・・・あはは」
須藤は大声で笑った。
「どうしたの?」
「俺に團亮の殺害を命令したのは宮部でもまして塩見でもない」
「えっ!」

マギーの乗った車はビックサイトの駐車場で爆発した。

~~~~~
亮とケイトはF電機株式総会の受付で手続きをして
会場に入り仁木と三雲は会場の外に立って
外にいる塩見の部下たちを睨んでいた。

「亮、遅かったわね」
絵里子が亮の肩を叩いた。
「ああ、絵里子さん。来たんですか」
亮と絵里子とケイトが会場の椅子に座った。
「ええ、見方が少しでもいた方が良いでしょう」
「まあ、そうですね。いなほ銀行と四菱銀行には
協力を断られました」
「そう、じゃあ株が足らないわね」
「ええ、後1億株以上必要です」
「それじゃあ・・・」
絵里子は亮が気の毒でそれ以上聞けなかった。

「亮君」
F電機の元社長が野田の脇に座った。
「ああ、お久しぶりです。野田さん」
「それでどうかな、株の方は?」
「はっきり言ってこっちが握って居る株は29%です」
「そうか・・・もう少しだったな。こちらはあなたに出してもらった
 資金で、取締役を何人か味方に付けたよ。
とにかく緊急動議を取り上げてもらいたいものだ」
「そうですね」

会場が満員になると塩見の何人もの部下たちが通路に立って
監視しているようだった。
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「亮大丈夫?」
ケイトが心配そうな顔をした。
「大丈夫です、行きましょう」
「はい」
ケイトは亮の久々に見る真剣な顔を見て
素直に返事をするだけだった。

「マギー、昨日の結果を聞いていませんでした」
「はい、黒崎正一郎に例の睡眠薬を
 飲ませて、昨日美喜さんとS○Xしたように
 錯覚させました。今朝黒崎からご機嫌で美喜さんの所に
 電話がかかって来たそうです」
「睡眠学習用の睡眠薬が予想外に役立ったみたいですね」
「ええ、それで黒崎は今日のF電機の株主総会に出るそうです」
「なるほど、3000万株は向こうに行ってしまいましたか・・・」
亮のわずかな期待が外れた。

「そちらに仁木さんが須藤武と言う男が連れて行きます。
 塩見の手下の宮部に僕を殺すように指示されましたそうです。
 どうにかして、味方になるように説得してください」
亮は歩きながらマギーに電話を掛けた。
「もし、須藤武が味方に付かなかった場合はどうする?」
「後の処理はマギーに任せます」
「つまり仲間に引き入れる事が出来なかったら
私の判断で始末して良いわけね」

「もちろん、焼いて食おうと煮て食おうと生で食おうと
 ご自由に・・・信じています」
「了解です」
マギーが電話を切ると須藤を連れた仁木が車の窓を叩いた。
マギーは車から降りて須藤の前に立ち握手の為に手を差し伸べた。
「マギーです、よろしくね」
「どうも」
須藤はミニスカートから伸びるマギーの長い足と0
胸元の谷間をチラチラと覗き込んで小さな声で
答えた。
「マギー、俺も一緒にいようか?」
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。