未来を夢見て

RUN、病気、仕事、旅行。
いろいろな日々の出来事。

チューリップ赤楽しいことも、悲しいことも、毎日いろんな発見があります。

アメンバー登録につきましては、コメントやメッセージで何度か

お話させていただいている方に限定しております。チューリップ黄



日記代わりのブログです。良かったら読んでくださいね。



テーマ:

久しぶりに、アメーバブログのパソコン画面を開いたら、

ブログが書きにくくなってしまった。いまいち画面が見づらい・・・。

 

とても気にしていた健康診断。

何が気にしていたって、バリウムを飲みたくなかったから。

 

2年前、あの炭酸を飲んだとたんにむせて、吐き出してしまった。

そのあとは、ひどく気持ち悪くなり、やっとの思いで検査を終えたのだが、このせいで、かなりブルーになっていたわけだ。

 

火曜日、初めて行く病院で、検診をしてきた。

たまには、行ったことのない病院もいいだろうと選んだ。

 

大きな病院の健診センターだったのだが、

普段通らない道を使ったせいで、8時半ぎりぎりについた。

おかげで、そのままどんどん遅れていったのだが。

 

バリウムは、

注射を打ってから始めるのだが、

この注射、腕にしていたことしか覚えてない(やたら痛い)

のだが、今年からお尻にするという。

 

ひゃー、お尻なんて、子供のころ以来で怖い思いしかないのだけれど

あまり痛くないですよ、と言われて泣く泣くお尻を出したら

あれ、痛くない。ああ、よかった。

 

そのあと、あの炭酸を飲むのだが、

前回むせて吐き出したと言ったら

 

「一度に飲まなくていいんですよ、少しづつ分けてこの水で飲んでもらえればいいんですよ」

 

え?そうなの?初めて聞きました。

一度に含んで飲んできたのだが、分けて飲めば落ち着いて飲めるじゃないですか!

 

バリウムも、以外にゆるくてそ

んなに重くなく

まあ、いつも

「もっと飲めないですか?」と言われ続けてきたから、

まじめに、少しずつ飲み続けてたら

「無理しなくていいですよ、飲めるだけでいいですよ」と。

 

え?そうなの?じゃあ、もっと飲めそうだけどやめておく。

 

そのあとはお決まりの台の上での踊りですが、

女性技師さんだったせいか、明るく元気に音頭をとってもらったら

意外と元気にできた。

 

終わってみたら、大したことないじゃないのって感じ。

 

今までいかに嫌な思いをしてきたかってことかな。

病気あがりのときなんて、

男性の若い技師に

「若いんだからもっときびきびと動いてください」

と言われて、かなりムカッと来た。

 

昔受けたところは、かなり厳しい口調で台の上で動けと言われて

あんた何様?の気分だった。

 

炭酸を吐き出したときは、あきれ顔で、新しいのを持ってこられた。

 

私が、嫌いモードでやっているわけもあり、

今までの技師さんが全く悪かったとは言わないけれど、

 

ちょっとしたコツとか、患者さんを少しだけ和ませる言い方とか

そういうので、違うんだと思う。

 

こんな風に思ったのは久しぶり。

 

思わず、「良かったです」とお礼をいって帰ってきた。

 

かといって、また次回も今回の技師さんにあたるなんてわからないし。

 

そんなこんなで無事に健診は終了。

結果はどうかしら。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
何しろ、春の名古屋ウィメンズからすっかりマラソンに前向きに取り組めず、
それでも、夏にもそれなりにサボらず練習してきたのだけど。

月末に迫った、フルマラソン。
じたばったしても、仕方ないのだけど。

なんだか、「楽しむ」ということを忘れてしまって。
アスリートなわけでなく、タイムにこだわれるレベルでないし、
何より、誰も私に期待してるわけでなく。
何がこんなに不安なんだか‥。

でも、今週末にあるハーフ大会を怖がってたら、
「長年練習してる自分の身体を信じて、楽しんで走ろう!」
とメッセージをくれる友人がいて。
そうだね、マラソン歴だけは長いかもー  私  笑

少しだけ気持ちが持ち直した気がする。

そんな私をブルーな気持ちにさせるのが、
明日の健康診断。
昨年は、嫌でキャンセルしてしまった。
今年は節目の年だしなと言い聞かせて‥。

ああ、9時から絶食だと。

ああ、健診ブルーでもある。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日のお客様。

 

私が30代ぐらいのときからお付き合いさせていただいている方。

昨年社長であるご主人が亡くなり、息子さんが会社を継がれた。

 

正直お会いした当初の30代のころは、少々怖い方だった。

なんでも見透かされているような感じで。

でも、前の会社を辞めた時に、「うちに来ない?」とお声をかけて

いただいたので、少しは私を認めてくれていたのかもしれないと

思ったものだ。

 

今の会社に来て、またお付き合いが始まった。

もう電話でしかお話することはないけれど。

 

今日電話での第一声。

「名前はまだ変わらないの?」

 

普通の人が聞いたら、かちんとくるのかもしれないけれど

私はそんなに気にならない。

もしかしたら、お客様にとっては、私はいつまでも30代のあのころのイメージで止まってるのかもしれない。

(私も、お客様はあのころのままで止まってる)

 

そうそう、私はまだ名前が変わらず、

おそらく、お会いした当時のお客様の年齢を越えたのかもしれない。

 

思わず電話口で、「紹介ください」と言いたかったけど(笑)

 

ありがとうございます。

私は相変わらずです。

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。