いつになったらフルマラソン走るんですか

ガラスの足のおっさんが怪我にめげず初フルマラソンを
目指すブログです。


テーマ:

ボンジュール、マーボーですzzz

 

昨晩一緒にお風呂に入った長男(5歳)が突然「人生最悪」と叫んだ者ですびっくり

 

息子よ大人になったら人生楽しいぞ、なんだってできるし、色んなことと闘える。人生は短いぞ。

 

 

T2

トレインスポッティング(1996)

 

20代の人(このブログを20代が読んでるか疑問だが)は知らないかもしれませんが、公開当時中学生だった私はこの映画に呑みこまれました。部屋にポスター貼ってたなウインク

 

イギリスの若い麻薬中毒者をポップに、スタイリッシュに描いた作品。

主人公のレントンが便所の中を泳ぐシーンは、映画史に残る名シーンでしょう。

 

その続編の「トレインスポッティング2」が公開されたのですが、

 

この作品でレントンが中毒になっているは何とランニング。

ランニング依存症なんです。

 

 

ランニング依存症

マーク・コバートというアメリカ人男性は、全米連続ランニング協会の公認する記録保持者だ。

 

1968年7月23日から、休まずに走り続けているらしい(現在はどうなっているか確認できなかった)

骨折した時は建設用のブーツで、足を引きずりながら走ったという。

 

 

八戸市の小児科医師ブログの一文

 

「家族や友人よりもスポーツを優先したり,あるいは疲労や痛みがあり,医師が止めるにもかかわらず,トレーニングを続けるのは,このホルモン(エンドルフィン)だけが原因ではないという。その最大の原因は,スポーツにより自分の掲げた目標が達成され,自己の能力を証明できるという精神性にある。30歳代後半から50歳までの男性では,仕事での出世が絶たれ,能力の低下を実感する者が多い。そこで,やればやるだけ成果が得られるスポーツに魅せられる。「10km走れた。しかも,タイムはどんどん伸びている」と。人生のなかで,スポーツほど成果を実感できるものはない」

 

「女性では20歳代前半までの年齢群のほうがスポーツ中毒になるリスクが高い」「この年齢群では,望み通りの体重と理想的な体型を手に入れようとスポーツをするが,この場合,拒食症を併発することもまれではないという」

 

「スポーツをしないと24~36時間で禁断症状が現れる場合は,明らかにスポーツ中毒である。こうした患者は,疾患やほかにすべきことがあってもジョギングしなければ気がすまない」

 

「Schack博士によると,定期的にジョギングをする人の 5 ~ 7 %がこのような重症患者で,軽症患者はこれよりもはるかに多い」

引用元http://blog.goo.ne.jp/kuba_clinic/e/4ca052a8ba141b3d023791ba15664690

 

20代前半の女性はランニングはやめないでくださいちゅー

こんな記事ウソに決まってる。

 

30歳後半から50歳までの男性はやめて下さい。

あなた病気なんだから病院行こうよ。

いい大人なんだから、病院怖いなんて言ってちゃダメ。

 

 

ストイックは美化

ユウゾーさんという方がブログでいいこと書いてました。

http://livelognet.com/runner-is-junkie/

 

ランニングを続けている人って凄く真面目な人に見えるようなのですが、僕は全然そうは思いません。だってランニングを続けている人は、ただの麻薬中毒者なのですから。

 

パチンコ依存症の人も、対象が違うだけで大きな差はないんですよ。最終的には快楽を求めているのですから

 

ランニングを続けてると、脳内麻薬物質が分泌される

 

ランナーは苦難に立ち向かっているわけではなく、単純に快楽を求めている。

 

あなた麻薬中毒者快楽主義者だったんですかデレデレ

もう表歩けないですね。

 

ランナーへの2chの反応
わざわざ電車に乗ってきてまで皇居周辺を走ってる奴も 心の病気の一種だから駆逐した方がいい。
 

ランナーズハイに犯されたランニングジャンキー

奴等の体は常時、鉄分・カルシュウムが排出され栄養失調の抜け殻。
シ○ブ中と大差ねえwww

 

 

テレビにもよく出演している中野信子さんは著書の「脳内麻薬」の中で

よく聞く言葉で「ランナーズ・ハイ」というものがある。経験された方は「この道をずっとどこまでも走り続けられるような気がする」と述べている。この時利用されるオピノイドが「βー|エンドルフィン」だとされています。その作用はモルヒネ(鎮痛剤として用いられている)の6.5倍とされています。ジョギングには中毒がありランニング依存症は体調が悪くても毎日毎日取り憑かれたように走りつずけるのが特徴です。走り地付けることで本当に体を壊し、走るのを休むと麻薬の禁断症状と同じような症状を起こしふさぎ込んだり、自分を責め続けたりすることのあります。脳内麻薬に頼りすぎると、麻薬と同じ危険を招くこともあると知っていた方が良いだろう。

 

麻薬と同じ。

もう一回

麻薬と同じ。

 

 

 

ランニング依存症テスト
新潟ファンランという団体がランニング依存度テストなるものを公開していたのですが、現在は消去されています。
 
あいつらの仕業か。
 
しかし大丈夫。
 
時間がない方には名前を入れるだけの
 
ちなみに私の結果は
 
 
人間やめなくちゃいけないみたいですゲロー
 
あなたにはいい病院紹介しますから、コメント欄で
 
 

にほんブログ村 押してください。よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

マーボーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。