13日午前0時40分ごろ、相模原市中央区富士見3の国道16号交差点で、神奈川県警相模原署のパトカーが、横浜市戸塚区の男性会社員(28)の乗用車と出合い頭に衝突し、男性が右足に軽傷を負った。

 同署は、運転していた男性巡査部長(33)が安全確認を怠ったとして、自動車運転過失致傷の疑いで調べている。

 同署によると、赤信号のため停止していたパトカーが、信号無視して右折した車を発見。赤色灯を付けてサイレンを鳴らし交差点に入った直後、左から来た男性の車に衝突した。信号無視の車はそのまま逃走したという。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
駐車場事故:4歳はねられ死亡 小さな姿気づかず 埼玉
交通事故:中学生4人はねられ軽傷 大阪・熊取
交通事故:車がバスに追突、乗客ら13人けが 相模原
飲酒運転:取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間
電動車椅子:オートバイに追突され男性死亡 大阪

悠仁さま、お茶大幼稚園に入園(時事通信)
スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」(読売新聞)
<白骨遺体>山林の車付近に 死後十数年 岐阜・下呂(毎日新聞)
「5月末決着」こだわる首相、真意いぶかる声も(読売新聞)
<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)
AD