日本弁護士連合会は18日、会務の取りまとめ役となる事務総長に海渡(かいど)雄一氏(54)=第二東京弁護士会=を就任させると決めた。宇都宮健児・新会長が4月1日に任命し、任期は2年。海渡氏は刑務所の待遇改善活動で知られ、原発差し止め訴訟の住民側代理人やグリーンピースメンバーによる鯨肉窃盗事件の弁護人を務める。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相の夫でもある。

【関連ニュース】
東京地検:弁護士と元妻を8億円脱税で起訴
日弁連会長選:再投票で宇都宮氏当選
懲戒請求:弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知
日弁連:会長選再投票は10日 都市対地方の構図で激戦に
詐欺容疑:国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山

監視カメラ 高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中(毎日新聞)
<火災>住宅半焼 38歳母親死亡、6歳児重体 栃木・鹿沼(毎日新聞)
農水省公用車、車ごと随意契約 会計検査院が「不適切」(産経新聞)
<汚職裁判>収賄に問われた元入管職員に実刑判決 東京地裁(毎日新聞)
「心神喪失」専門家でも分かれる判断 明確な基準必要(産経新聞)
AD