仙谷由人国家戦略担当相は5日の記者会見で、国家公務員法等改正案の審議入りが遅れていることに関し、成立がずれ込んだ場合は「7月の慣例的な人事を延ばすことも考えざるをえない」と述べた。改正後は、全省庁の部長級以上の約600ポストに関し、内閣人事局が作成管理する「幹部候補者名簿」から登用する。人事局は4月1日設置とされており、成立が遅れると名簿作成もずれ込み、7月の人事に間に合わない可能性がある。

参加条件「小沢氏喚問」は筋違う=首相(時事通信)
チリ地震の揺れ、ぐるり5周=自転速度も変化-東大地震研など(時事通信)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
「記者会見は全面開放すべき」 新聞労連が大手マスコミに提言(J-CASTニュース)
日本航空 再生へ決意 痛み受け止め「離陸」(毎日新聞)
AD