運を最大限に引き出す8つの法則 川相ルミ

四柱推命・九星気学・宿曜占術・数秘術・宇宙の法則による開運情報
運の研究30年、役10万人の観察データ、3万人を超える鑑定の経験で得た、悩み解決法や、開運情報、心のブロック解消法、願望実現法などをお届けしております

NEW !
テーマ:


昨年秋にコラボライブをしたさいきゆうこさんが

な・な・なんと!

○○になれるかもしれないのだそう

※伏字のところはリブログ先で(笑)
 

そしてそして なんと

ぽちっとするだけでも

ラジオを聴くだけでも

そしてもちろん会場に行くことでも

その夢の応援ができるとのことで

 

とりあえず私は

ゆうこさんが一等賞になって

大きな夢が叶うイメージをし
祈りつつ


応援ポチをし続けようかなと^^

夢に向かって一生懸命な人

私も応援したいわ~ という方は↓ご一緒にどお?

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前報道番組で、ある居酒屋のワンシーンが
流れていました。
 
酔っぱらって、時折うたた寝状態で
 
一人飲みをしている30代前半ぽい男性客に
40代後半であろう 女性客が…
 
「ホンマに大変やねんて、子育てはな!
どれだけ大変かわかるか?
すんごいストレスたまるんや!」
 
と、諭すように強く語っています。
 
多分その女性客は、泥酔しても帰らない
その男性に、帰るよう提案したら
 
「家に帰ると嫁が不機嫌だから帰れない
居場所がない」
 
てきなことを、男性客が
愚痴っていたのではないかと思います。

そんなことするから余計に不機嫌になるのに
はよ帰って嫁さんの機嫌とったれよー
 
なんて勝手に思いながら見ていました。

私も若くてぴちぴちしていたころ
 
ホステス業をしていたことがありますし
居酒屋を経営していたこともありますし
何より、友人の大半が男性なので
 
いやというほど聞いてきた
 
男の「家に居場所がない問題」
 
気持ちはよくわかるのです…
 
「うちの嫁は、俺の給料しか望んでない
俺は嫌われてるから、早よ帰られへんねん
もう愛されてないねん」…と
 
普段、愚痴を言わないような人が、
酔っぱらって、たまにそのような事を言う
 
そんなことはよくありましたから。
 
当時は、そんな心の叫びのような話を聞くと
 
「男って可哀想だなー
一生懸命家族のために働いて
家で虐げられるのか~ 大変だな~」
 
なんて、思っていましたから(笑)
 
ただ、私も子供ができ子育てを経験し
ママ友達とも関わるようになってから
 
奥様サイドの 思いや状況がわかるようになり
 
男が被害者ではないことがよくわかりました
 
そして愛されていないわけではないことも…
 
で、その居酒屋のシーンに戻りますが
女性客が、また話始めたのです。
 
「もうな、子育てっちゅうのはな
ホンマに大変でな、ストレスいっぱいでな
働いてる方が、よっぽど楽やねんで!」
 
あ~これもママ友さん方や
ご相談に見えるお母さま方からよく聞く言葉…
 
たしかに、私も子供を産む前から働いてたし
結婚してから補助的に働いてた時期もあるし
その思いはよくわかります。
 
働くだけなら子育てよりよっぽど楽です。
 
ただね、離婚して子供達と自分の生活を
支えるために働くようになってから…
 
重みというか、責任というか、それは
それまでとは全くべつものだったのです
 
子供たちが成人するまで、不自由させずに
養っていくために、自分の老後のために…
 
そこそこ稼げる仕事を続けなきゃいけない
終わりがどこかわからない
 
だから、病気なんかできない
子供が病気をしても早退できない休めない…
 
同じお給料を稼ぐにしても、

守るものがなかった時や、
生活に足りない分を稼いでいた時
 
とは全然違ったのです
 
それに加えて、世の旦那様方は
 
奥さんを一生養っていかなきゃならない
 
という思いで働いているでしょうから
尚更だと思うのです…
 
私は幸い、両方の立場を経験したので
今は、両方の大変さ、想いがわかります。
 
そして、たくさんの方のご相談を受けてきて
仕事や子育てだけに関わらず

この
私の方が大変、あんたの方が楽
俺の方が大変、お前の方が楽 
 
これが
私もがんばってる、あなたはもっとがんばってくれてる
俺もがんばってる お前はもっとがんばってくれてる
 
に変わったら、
夫婦間での問題って激減すると思うのですよ
 
旦那様の 
愛されていない、俺は金だけ求められてる
居場所がない という勘違いがなくなると
 
例えば、浮気や不倫、ギャンブル依存
暴言、暴力…等も減るだろうし
 
進んで家事も手伝ってくれるだろうし
何より、ねぎらいの言葉をかけてくれたり
態度で示してくれるようになるだろうし
 
そうなると、奥様の 
不機嫌な態度、嫌み、無視
旦那様の身の回りの世話、家事を嫌々する
 
ということも激減するだろうし

いっぺんに両方がそうなる
ということは、なかなかないと思うので
 
気付いた方から
 
私もがんばってる、あなたはもっとがんばってくれてる
俺もがんばってる お前はもっとがんばってくれてる
 
という思いで関わるようにしていくと 
良好な夫婦関係を築けるのではないかな
と、思うのです。
 
万一、ご縁がなくなり別れになるとしても
 
気持ちよく、より良い将来につながる別れ方
ができるんじゃないかなと。
 
ただ、怒りがたまり切ってる
寂しさや悲しさが募り過ぎている状態では、
 
「できない、思えない」
と言われる方も多いですから、そんな時は
 
まずはその辛い胸の内を相手に伝えて
出し切ってみてはいかがでしょう…
 
というアドバイスをしています。
 
伝え方は「私はこう感じ、こう思ってる」
 
そして、たまりにたまった思いを伝えた後は
自分から、関わり方を変える。
 
それを実践され、ラブラブに戻ったご夫婦は
数えきれないほどおられます^^
 
自分のことも 相手のことも 
理解しようとしてみる
 
夫婦関係に関わらず、対人関係の修復に
とても有効な手段だと感じています。
 
わかってても、やりたくない時あるけど(笑)
 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

 

ベルブログではお伝えしきれないような開運情報を配信しています

現在12300名の方にお届けしています
人生を変える!運のため方使い方8日間無料メールセミナー

現在5270名様に配信中
エネルギーの法則を知って簡単開運♪

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(3)

テーマ:
 
私の使命はなんでしょうか?
 
個別アドバイスをしている時に
よくいただくご質問です。

以前は運命学を使って
ここ数年は潜在意識の状態を読み取って
 
たくさんの方にお伝えしてきたのですが…
 
使命を知っただけでは 
人ってなにも変わらない
あんまり意味がない
 
ということを痛感しています。

そして あなたの使命は警察官です とか
モデルです とか 作家です とか
 
ある特定の職業を使命 と勘違いしている人
もとっても多くいらっしゃって…
 
もちろん向き不向きはありますけどね。
 
ただ、向いていない仕事だから とか
社会貢献になっていないから とか
仕事をしていないから
 
使命を生きていない
 
ということではないと思うのです。
 
シンプルに言うと
 
自分の目標や夢、願望を
実現させるために動くこと

この過程で、勝手に自然界の中で
役割が果たせているわけなので
 
準備中であっても、使命を生きている 

ということになるわけですよね。

例えば 大好きなこの彼と結婚したい!と
強く感じているけどお料理や家事が苦手…
 
という状況なら
 
お料理や家事ができるようになるために
学び、練習をし… 
 
この過程が今、使命を生きるということ

喫茶店を経営したい!という夢があるけど
開業資金がない という状況なら
 
それに必要なお金を稼ぐための仕事が…
 
今、使命を生きるということ。

要するに 
 
自分の夢を実現させるために命を使うこと
 
だと私は思っています。
 
※ちなみに、使命と宿命は違います。

最初に思い描いていたものとは違う形で
結果になったというケースも多いようで

例えば喫茶店するつもりで動いていたはずが
 
カウンセラーになっていた! という
予測していない結果になるかもしれませんが
 
それは天の計らい
 
自分の思いを形にするために動いていると
 
ちゃーんと自分にとって最善の着地点
魂の目的地に連れて行ってくれる。
 
魂の目的ってなんぞ? という方は
 
過去記事をどうぞ↓

魂の時代とはなんぞや?

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)