だれも書かない★ニューヨーク1%未満★

ちょっとした発想の転換で人生が加速度を増していい方向に向かうことがあります。
NYにきて初めて見えたり感じたりしたことをファッション、お金、ライフスタイルから書いていきます!


テーマ:

こんにちは、コモンるみです。

 

六本木、恵比寿、青山、表参道あたりには

きれいな人がいっぱいです。ニヤリ

 

きれいな人って

目鼻立が整っているという意味ではないのです。

おしゃれに気を使いきれいにしている人。

見ているだけで

気がつくと口元が緩んでしまいます。

 

娘いわく

「日本人の女の人って

アジア人の中でもダントツにきれい」

だそうで。。。

 

どっぷりNYで暮らし多人種を見慣れた

若者の目にはそんなふうに映るんですね。

うれしいですね!

 

特にスカートの着こなしはとっても上手な人が多いですね。

 

この夏日本でよく見かけた膝丈のギャザースカート

素敵に着こなしている方をたくさん見かけました。

 

小さなお子さま連れのお母さまが

さりげなくおしゃれ上手だと

特にいいな〜なんて。

 

だけどパンツに関しては

ワイドパンツやガウチョなど

日本で局部的に

難しいシルエットが

流行しているからでしょうか。

 

結構ハードルが高いのかなと感じました。

 

特に丈と幅のバランスが

あと1cm丈が長かったら

もっと足が長く見えたのに

という方を結構お見かけしました。

 

この1cmが実はバランスの勝敗を左右するのです。

侮れない1cmなんです。

 

 

 

 

 

 

これだとあまり目立たないのですが

丈がせめてあと1cmあればよかったのにと思いながら履いてました。笑

 

 

 

 

4年前のロバート・ロドリゲスのトップとピッタリ

 

 

 

今回日本で話題のワイドパンツをひとつ購入してみました。

うれしくて買ってすぐ履いてでかけたのですが。。。

ずっとすっごく落ち着きませんでした。

 

はい、パンツ丈がわたし的には若干短かったのですあせる

 

わたし的、とは、いつもニューヨークでお直しをしてくれるテーラーのおじさんのお直し基準でいくと、という意味です。

 

アメリカでは

身長も体重も実にさまざまです。

そのためサイズ展開も女性の服なら

サイズ0から12まで用意されています。

 

パンツも180cmの人が履いてちょうどぐらいの長さが基準です。

なので丈は「お直し」をするのが当たり前。

 

テーラーでは全身鏡の前で

そのパンツと合わせる靴を履いて

まさに真剣勝負で自分にとってのベスト丈を決めます。

 

ジーンズなどは幅も調整する人がいるぐらいです。

 

そう、

服に自分を合わせるのではなく

服を自分に引き寄せる

 

パンツのお直しはマストです。

 

が、日本製の服は160cmぐらいの方を基準に作られているものが多いのかしら?

164cmのわたしにはお直しの必要はないばかりか着丈や袖丈は若干短めになってしまうものが多い。

 

今回買ったパンツも前回買ったパンツも若干短いかなと思ったのですがお店の人はすごく感じがよくつい雰囲気で買ってしまったのです。

「フラットシューズで合わせていただければそれほど気になりませんよ」

という言葉に説得され買ってしまいました。あぁ。

 

生地フェチとしては生地がすごく気持ちがよかったのでつい。

 

でも、やっぱりパンツ丈だけは

「それほど気にならない」程度ではダメだと納得。

 

その1cmで足が長くも短くも見えるから

 

日本人はパンツの丈に関してはゆるいかも

 

よほどお背が低い方をのぞき通常お直しをする習慣が徹底してないからでしょうか。

 

でもボトムの着丈(特にパンツ)は1cmの違いが大きいのです。

 

スキニーなパンツならまだしも旬のクロップドパンツやワイドパンツは1cmの幅と長さの違いでバランスがうんと変わってきますよ。

 

まず大好きな日本のファッション雑誌から今話題のパンツの着こなしを拾ってみました。

 

こうしてみるとどれも素敵なシルエットです。

でも履いているモデルさんにはきも〜ち丈が短い。

 

これはもう

長年ファッション雑誌の編集者として

スタイリングまで携わって来た経験と

自分自身、パンツ丈は

1cmの誤差も許さないで来たため

ぱっと見てどうしても気になってしまうのです。

 

 

 

 

トップが長いときはパンツの幅は細いほうがすっきり足が長く見えます。全体にサイズが2サイズこのモデルさんには大きすぎる。それでもこの幅のパンツを履きたいならあと1cm長いとよかったかも。 

 

 

 

 

 

 

トップもボトムも両方ダボダボはバランスが難しい。せめてトップは小さくコンパクトにし、幅広パンツはスニーカーの足の切れ目が見えない丈にすれば相当すっきり。 

  

 

 

 

 

 

裾がダブルで折り返しのあるパンツは床上1cmの長さが足長黄金バランス。この写真は靴が若干見え過ぎ。

 

またワイドパンツ+ゆったりロングカーディガン=背の低い方には高度な

バランスです。ワイドパンツは丈を長くしカーディガンは短くすると背の低い方も素敵に着こなせます。

 

 

 

 

 

 

ハイウエストから全体にたっぷりボリュームのパンツ。

これも床上1cmが足長黄金バランスです。今風に足もとを見せるとしてもくるぶがちょうど隠れる丈、つまりあと1〜2cm長ければバランスがよかったはず。

 

 

 

 

 

 

ヒップ周囲はゆったり、裾に向かって細くなる絶妙に美しいシルエット。華奢なヒールのパンプスと合わせると本当にきれいです。ただこのパンツはこのモデルさんには2cm丈が短かった。それかレースアップシューズなど高い位置までデザインのある華奢な靴と合わせたら最高です。

 

 

 

 

 

 

今、旬のヒップ周りにボリュームのあるタイプ。テロっとした素材感がいいですね。

パンツのシルエットもすごくきれいです。

こちら完璧に近いです。ただ足首が細いパンツはくるぶしを隠すと同色の靴につなげられてぐっと足長効果が。

 

 

 

 

 

こちらは文句のつけようがない美しい旬のバランス

背が150cm台の方はパンツの丈より幅にこだわるときっと自分なりの黄金バランスがみつかるはず。

 

 

 

 

 

いかがでしょう。

きれいなモデルさんのお顔を見ずに判断するとパンツのバランスがわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

ところで、わたしの周囲にはパンツは履かないと決めている人が少なくありません。

でも彼女たちは最上級といっていいオシャレ上手です。

 

つまりパンツだと彼女たちのスタンダードではカッコよく履きこなせる自信がないからあえて手を出さないのです。

 

オシャレに関する審美眼が高い人にとってパンツの着こなしはそれぐらいハードルが高いんですね。

 

でも、といいたいの。

 

今年のシルエットのヒップゆるめ、ハイウエスト、ワイドパンツは着こなし次第では背が低くても、また足が短くてもきれいに着こなせます。

 

特に自分のパンツの幅と丈をしっかり研究すれば。

そして丈は合わせる靴を履いて決める

 

もし、今年のシルエットのパンツに挑戦してみようと思ってらっしゃるなら。

ぜひ、全身鏡をご用意ください。

そして靴を履いて鏡の前に立ち慎重に長さと場合によっては幅を調整してください。

 

1cmの違いが美しさを左右しますよ。

 

特に身長が160cm以上の方は1cm短いと思ったら買わない勇気も必要です

長いものは短くできるけれど短いものを長くするのは至難のワザなので。

 

 

 

 

 

Rish NY Coming Soon!】

今年っぽいシルエットのパンツが登場します。

お色は合わせやすいヌード色

ヒップラインが気になる方には朗報

きれいに隠しながら魅せるデザインです。

丈をきっちり合わせては着こなしてくださいませ。

 

 

 

 

わたしに知らせる形で読者登録をしてくださりありがとうございます。

とても励みになっています!

更新状況が随時お知らせされますのでどの記事も見逃すことなくご覧いただけます。

 

 

 

インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。    
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^  

  

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください          
  Rish NY Facebook  ⬅Click♡          
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!       

       

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター          
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。          
登録はこちらからどうぞ          
         


ここからお店に飛んでいただけます。CLICK⬇        

  

だれも書かない★ニューヨーク1%未満★

 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

コモンるみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります