だれも書かない★ニューヨーク1%未満★

ちょっとした発想の転換で人生が加速度を増していい方向に向かうことがあります。
NYにきて初めて見えたり感じたりしたことをファッション、お金、ライフスタイルから書いていきます!


テーマ:
こんにちは、コモンるみです。

いつもご訪問ありがとうございます。
ずっと楽しみにしていてくださったみなさま
大変にお待たせいたしました。
今日はこちらの続きです。


日本初といっていい
明治のスーパー・ワーキングマザー
永井繁子については
ほとんど知られていませんが
知ればすごく元気がでる
エピソードをお届けします。




パークアベニューのお花屋さん
パークアベニューにフリーリストがあること自体珍しいです。



拙ブログでご紹介し
たくさんの方にご興味を
もっていただいている
「Daughters of the Samurai」


著者はニューヨーク生まれ
ニューヨーク育ちの
アメリカ人女性です。

著者ジャニスが、
アッパーイーストの
会員制図書館の
地下室で
埃まみれの1冊の本に出会ったことが
この本の誕生のきっかけとなりました。
(わたしが何度かご紹介しているアリス・ベーコンが書いた日本のインテリアに関する本だそうです)








繁子は、146年前
明治4年に女子留学生として
初めてアメリカに渡った
5人の女子のひとりです。

そのうち14才の
最年長の二人は
上記のジャニスのご著書によると
(日本のどの書物にも書かれてない)
驚愕の残念な理由で挫折。

残りの3人、 山川捨松、津田梅子
そして永井繁子は
無事10年の留学を終えて帰国しました。

日本初のワーキングマザーから学ぶ「ほどほど」バランス

津田梅子は英語を話すとおしゃべりでちょっとわがままなアメリカ娘だった

アメリカのソサエティが熱狂した146年前にアメリカに長期留学した日本女性

過去は振り返ってこそ。146年前アメリカに留学した3人のサムライの娘たちに学ぶ


なぜか永井繁子は
後世にそれほど
存在を知られていません。

津田梅子や大山捨松の名前は
ご存知のみなさんも
永井繁子は知らなかった方が多いのでは。

間違った記述もたくさんあります。


ところが繁子こそは
女子が夢見る「すべて」を
手中におさめ
どれもいい感じに全うした女性です。

しかもそれを
美貌も才能も
十人並み(ごめんなさい)で
達成しているのがさらに好ましい。


3人の中では
わたし的には一番親近感を感じ
やってみたい人生を歩んだ存在です。


なぜ彼女だけが後世には
ほとんど知られてないのか。

その理由は
梅子や捨松はせっせと
アメリカ人の友だちや
ホストファミリーに
手紙を送り
それが後世に遺ったのですが

繁子はそれをしなかったからです。


なぜ?

繁子は
ニューヘイブンでの生活が始まると
すぐに恋人ができたのです。

しかもそれは信じられないことに!
日本人留学生でした。

さらに信じられないことに!
バッサー大学の3年を終了し
帰国すると、その彼
瓜生外吉(うりゅうそときち)と
結婚しちゃうのです!


当時、彼女のクラスの女性たちは
家が決めた人と結婚するのが
普通でした。

いうならば、繁子の結婚は
彼女のクラスでは
日本初の恋愛結婚だったのです。


瓜生外吉は留学を終えると
大日本帝国の海軍大将に
後には男爵の称号を授けられ
貴族議員としても活躍します。


wikiでお写真を見ると
なかなかのイケメンです。

ニューヘイブンでは
アナポリス海軍兵学校に留学し
6年間を過ごして卒業します。

ジャニスのご著書によると
近所のアメリカ人たちの間でも
大変に評判のいい青年だったようです。


その外吉と繁子は
同じ町に暮らしていたのです。

外吉18才、繁子13才です。
お年頃です。笑
(当時女子は14才ぐらいで結婚しました)
こうして
恋に陥る条件はそろったわけです。


思えば、
捨松を引き受けたベーコン氏が
繁子を隣町の友人に
お世話を頼んだからこその
幸運でした。

ベーコン氏は
繁子も引き取らなかったことを
後で後悔しているのですが
繁子にしてみれば
それでつかんだ幸運だったのです。


捨松はホストファミリーの
末っ子で2才年上のアリスや
当時イエール大学に留学していた兄と

梅子は一人ワシントンで
第二の母といっていい
ランマン夫人と親しい関係を築く間

繁子は外吉と
どんどん親しくなっていったのです。

外吉はバッサー大学にも
繁子を訪ねてきています。


繁子は梅子や捨松より1年早く帰国
二人の帰国を待って
瓜生外吉と結婚します。


しかもその結婚式では
日本初の洋式ウエディングドレスを
パリに特別にあつらえて
すべてを洋式でするの。


それを実現できた背景には
繁子の実兄で三井物産初代社長
三井財閥を支えた
益田孝の存在がありました。



帰国した繁子が洋楽教育に
尽力したことは先の記事をご覧下さい。


繁子と外吉は生涯の仲良しで
子供もなんと6人も! なしました。


めでたし、めでたし。



繁子の性格は
Fun Loving (楽しいことが大好き)
ダンスが上手

リーダータイプの捨松をフォローし
小さい妹の梅子を助ける
典型的な次女的な女性でした。


想像するに、
脇役や
内助の功に尽くすことを厭わず
一家の太陽的存在だったんじゃないかと
思います。


さて、この繁子と捨松は
バッサー大学に入学する前の夏に
ワクワクする大冒険を計画します。
最初は捨松のホストファミリーの
ベーコン氏に反対されるのですが
最後は実行しています。


それについてはまたいつか♪


こちらのご著書は
近い将来日本語訳が出版されるそうです。

ぜひみなさん、読んでみてください。











【幸せな女のワンピース】
12月2日(水)21時発売
http://www.rishny.com/SHOP/list.php?Search=bm


身長150cm台から70cm台まで、20代から70代まで、
だれもが持つ体の弱点にも逐一やさしく、
しかも男目線で女性の美を引き出してくれる服作りなら
右に出るデザイナーはいないと思います。


バッジレ・ミシュカ。
クチュールの道25年
シンプルなのに時代を超えたエレガンスを
「旬」のさじ加減で味付けしたミシュカといっしょなら
安易にスポットライトを浴びてはいけない
社交的に難しい場面も安心してお出かけできます。

基本的にオールシーズンお召しいただけますが
特にこれから新春、謝恩会や卒業式まで
しっかり重宝するワンピースのラインアップです。







ニューヨークの日常やプライベートを写真でさくっと切り取ってご紹介しています。
フォローくださったり、いいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^


Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
「いいね」を押していただけますと、お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!




ここからお店に飛んでいただけます。CLICK⬇

だれも書かない★ニューヨーク1%未満★



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

コモンるみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります