だれも書かない★ニューヨーク1%未満★

ちょっとした発想の転換で人生が加速度を増していい方向に向かうことがあります。
NYにきて初めて見えたり感じたりしたことをファッション、お金、ライフスタイルから書いていきます!


テーマ:
もし、みなさんがこれからのシーズン、ニューヨークにいらっしゃるのならぜひスーツケースに入れてほしい服があります。


LBD (little black dress)、黒いワンピースです。

みなさんがお住いのエリアによっては、
(アメリカならたとえばテキサスとかマイアミとか)
黒い服を着るなんて不吉なことと考えるところもあるかもしれませんね。

でも、NYでもパリでも、ロンドンでも、そして東京でも
今も昔も黒はティーンですら重宝する色として市民権を得ています。


ご主人の駐在でNYに来た友人も、
自分自身がNYで働くためにNYに来た友人も、
日本から持って来たたくさんの洋服のうち
着なくなっちゃったものはたくさんあるのに
唯一役に立っているのは黒のワンピースやトップ、スカート、ジーンズなどだと聞きます。


それに・・・



わたしはRish NYを立ち上げるまで、仕事柄いろいろな方の住まいにお邪魔する機会がありました。


シングルの女性が住むワンベッドルームのお部屋もあれば、五番街近くの、暖炉が各部屋にありエレベーターがついているような豪邸といっていいタウンハウスにお伺いする機会もありました。


当然クロ=ゼットの中を拝見するわけですが、ひと目で「ああ、この人は相当なおしゃれさんだな」と思う人のクローゼットはなぜか決まってこんな感じでした。






先日いったアポイントメントオンリーのブティックのクローゼット





これがさらにスペースに余裕がある場合は・・・










more closet photos




つまり、ニューヨーカーの愛用する服たちはカラフルな色がとても少ないのです。



わたし自身夏はプリント柄をガンガン愛用しますが、これからのシーズンは黒、ネイビー、グレー、ベージュ、ブラウン、(今年は焦げ茶やプラム色が加わりますが)本当にカラフルな色は出番が少なくなります。


当然、パーティなどに出かけても、会場の90%近くが黒でうまっていることが多いのです。


先日古い雑誌を整理していたら、90年代の「アベニュー」誌が出てきました。


「アベニュー」は平均年収が高いジップコードに住む住人だけに無料配布されるニューヨークの雑誌でした。

25年以上前のその雑誌の中にこんな記事があり笑ってしまいました。


「ニューヨーカーたちは今年も変わらず黒がお好き。ギャラリーの展覧会に行ってもパーティに行っても、そこには黒、黒、黒があふれている」

というような記事だったのです。


郷に入っては郷に従えといいますが、NYにいらっしゃるならぜひ黒の服をお持ちください。




さてここからは、娘が15歳のときの過去記事の抜粋です。


 
さて、靴の売り場に来てみたら、なんと大々的なセールの真っ最中。
最近ハイヒールの靴にやたら憧れがあるらしい娘は、目が釘付けに。


娘「あ、マノロもあるっ! みてみて」

娘「知っている? マノロは、靴のBLDなんだって」

母「えっ それどういう意味?」


娘「つまり、マノロは黒のワンピース(Little Black Dress)並みに持っていると便利な必需品ってことでしょ」

母「ふ~ん」


マノロが必需品って、バブル時代の25ans読者レベルのスタンダードだわ。(遠い目)


娘と一緒にお買いものをする利点は、こうしてまったく知らなかった知識を得られること、そして気軽な話しの延長で、彼女が考えていることを警戒せずに教えてくれることです。


しかしなんといってもこの日の収穫というか、目が点は、これ↓でした。


「わたしね、Kikaちゃんのベビーシッターをしているのは、ルブタンの靴を買いたいから」

え~っ! それはいくらなんでもちと早いんじゃないかィ?????

「Lady Gagaだってディオールの靴が買いたくて、アルバイトしたんでしょ。ダメぇ?」
って言われても・・・・。


まだまだ身長も伸びていることだし、ハイヒールは16歳までは待ちなさい、
それにルブタンはいくらなんでも分不相応だよ、と説明をしたら

娘「え~っ、レイチェルやクリスティーンはすごい高いヒールの靴で学校に来るよ」

母「そんなの学校で禁止じゃないの?」

娘「何も言われないよ~」

母「・・・・・・・・」

すっごい世代のギャップ、住む環境のギャップを感じるのはこんなときです。

今時、東京や大阪、パリやミラノ、ハリウッド、サンフランシスコあたりに住むティーンたちってこんな感じなのかしら。



中学生のお子さんをお持ちのみなさま、どのようになさってますか? ご意見などをお聞かせいただけますと幸いです。





この記事によると15歳のころ、娘はヒールの高い靴、しかもルブタンに興味があったんですね?  笑


でも17歳になった今毎日履いているのはスペルガやオープニングセレモニーのズックです。笑


スカートにすら興味がなくなってしまいました。
変われば変わるものです。


それでも毎日のように着ているのはやはり「黒いトップ」や「黒のジーンズ」なんです。




みなさんもぜひこの機会に素敵なLBD を見つけてください。

Rish NYでもLBD をいろいろなブランドから揃えています。

 http://www.rishny.com/SHOP/list.php?Search=lbd ⬅LBDのサイトへ



【3周年記念お値打ちmust-have 3点】

すとんと着るだけで「おしゃれ上級者」に見える逸品
10月3日(水)21時より衝動買いができるお値段のLBDなどが発売になります。ぜひチェックしてみてください。


今やNYドラマのクラシック、30代以上の方で一度もご覧になったことがない方はぜひ見てみて。
4人の主人公たちとその背景となるNYがとっても素敵です。


こちらは主人公キャリーのLBDの着こなし。
来週発売になるカシミアの風合いのストールなどで色を加えて着こなしてみてください。






いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

コモンるみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります