だれも書かない★ニューヨーク1%未満★

ちょっとした発想の転換で人生が加速度を増していい方向に向かうことがあります。
NYにきて初めて見えたり感じたりしたことをファッション、お金、ライフスタイルから書いていきます!


テーマ:

こんにちは~^^ 改めて明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。 パリやミラノ、ニューヨークの情報なら日本でもいっぱい入手できるけれど、

サウスビーチの情報はまだそれほど充実していないようです。


ということで、今回も通称、サウス・ニューヨーク、SOBE情報を。

ニューヨーク番外編です。





90年代初めのころのサウスビーチは、フォード、ウェルミーナ、エリートをはじめとする世界トップレベルのモデルクラブが16以上もオフィスを構え、夏場のオフシーズンに行くと、オーシャン・ドライブ前のビーチフロントではファッションの撮影隊がわんさか、あちこちで撮影をしていたものです。



それからすぐに、お洒落なものには目がないスタイリッシュなゲイの子たちがやってくるようになり、そうこうしているうちに、エイズ前の狂乱のNYでは徒花的クラブだったStudio54のオーナーによってDelano Hotelがオープン.




90年代は、単位面積当たりの美男美女の数は、イビザよりも、ポルトチェルボよりも、申し分なく世界中で一番高い場所だったのがサウスビーチです。



けれど1997年7月、ジャンニ・ベルサーチェがオーシャン・ドライブにある自宅の前で射殺されると、サウスビーチのベル・エポックはある意味で終焉を迎えます。



ベルサーチェのお屋敷は売却され、昨年まで営業していたブティックもとうとう店を閉じてしまいました。 ベルサーチェもかなり早い時期からサウスビーチに来ていた一人でした。



わたしたちがかつて、毎朝のように通ったオーシャン・ドライブのニューズ・カフェは、ジャンニさんご本人のお気に入りでもあり、よくお一人でいらしているお姿をお見かけしました。




その日も、ニューズ・カフェで新聞を買って家に戻ったところを門の前で射殺されたのです。





ベルサーチェがそのお屋敷を買い取ったのは1992年。


スタンダード石油の相続人であるアルデン・フリーマンが1931年に建てたスパニッシュ・コロニアル様式の邸宅を買い取り、隣接するブティックホテルにまで敷地を拡げ、1年以上かけて寝室10室というヴィラを建てました。











       今もヴェルサーチェのトレードマークはそのままです。














他の方のブログでわたしが撮った写真を無断でご使用になっているのを見つけて以来、写真にはクレジットを入れ、50K以下のサイズにすることもあります。ご理解ありがとうございます。




本来なら、サウスビーチの目抜き通りでもあるオーシャン・ドライブは、ホテルなどの商業ビルに限り、しかもファサードはアールデコ・スタイルであることが条件でした。



彼がどういう経緯でアールデコ・スタイルではない個人の邸宅をオーシャン・ドライブに建てられたのかは疑問です。




けれど、そのお屋敷が売りに出され、テレコミュニケーション関係のビリオネア、ピーター・ロフティンが買い取ると、会員制のクラブに早変わりしました。


会員になるためのメンバー費は5万ドル(約550万円)、年会費はさらに4千ドル。 会員はたったの200人でした。



エルトン・ジョンやマドンナもパーティを開くのよ。 





ヴェルサーチェのロゴを模ったホールを中に入るとモザイク状のタイルが美しいプールがあり、モロッコ・スタイルのリラクゼーションの中庭に出ます。

        

ヌーボーリッシュ&下品ぎりぎり、せめぎ合いの美を表現するのが絶妙だったジャンニ。



      宿泊すればオフシーズンで1泊1200ドル~。18歳未満の子供は入れません。





このヴィッラの名前は、Casa Casuarina

食事は、賞も受賞しているウルフギャング・バーク氏の手によるもの。


でも今なら、会員でなくてもこのヴィラを貸し切ってパーティを開くことも可能なの。



サウスビーチきってのエンターテイメント・プランナー、Barton G を雇い、ここでパーティって、ちょっとヌーボーでイケイケって感じですね^^




それかあえてお堅い会社がビジネスで使うとか。



まだまだエクスクルーシブなサウスビーチ、マイアミ案内は続きます^^

次はだれもが訪れることのできる、もっともっとすごいヴィラのこと。




今年も早々にたくさんのコメントをいただきとてもうれしかったです。


ありがとうございます!





いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

コモンるみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります