プルジャダイニング 館林店
群馬県館林市尾曳町7-38 尾曳コーポ  店舗1
02-7657-8300
  
皆様、ご無沙汰しております。私はそこそこ元気です。
最近は食べ歩きが少ないので記事もないのですが、この店は別です。
何と言っても、私がネパール料理にはまったのはプルジャさん
(別名:ネパール生まれのピカチュウ)のせいなのですから、
この紹介記事も相当贔屓目が入っておりますことをご容赦下さい。
あっ、そのプルジャさんの動画はここで観ることが出来ます♪。

都政広報番組 東京クラッソ!NEO『カレー博士が厳選!ワールドカレーツアー』
https://www.youtube.com/watch?v=BZ93z3GDnTQ
(8分15秒からプルジャダイニング本店が紹介されておりまする)
そんな訳で、そのネパールピカチュウ社長の3号店がここ館林にOPENしました。
プルジャグループで使う野菜を栽培している畑がここ館林にあるご縁でこの場所にしたそうです。
平日はネパール青年とそのお母さんが親子で料理を作ってくれます。微笑ましいです。
私はカジャセット、里芋と小魚炒め、ロティを頂きました。
  
  
  
  
・カジャセット  その日によって献立が変わる事もあります。ご了承をm(__)m。
主食は干し米をプレスしたもの(チウラ)、レモンとターメリックで漬け込んだネパール沢庵、
豚三枚肉スパイス煮込み、大豆のスパイス和え、菜っ葉のスパイス炒め

里芋と小魚炒めはプルジャダイニングの名物料理で、ある常連さんの熱意で定番化しました。
これを食べると里芋の既成概念が変わると思います。私は変わりました^^;。

ロティはナンのように精白粉を発酵させたものと較べて薄焼きの煎餅みたいですが、
全粒粉しか使っていないので身体に優しいですよ。

他のメニューもインド料理店のそれとは違って、素朴かつ日本人が馴染みやすい料理ばかりです。
あくまでも私見ですが、ネパール料理って、信州とか飛騨とか山形とかの山間地の料理を彷彿させます。
野菜主体で漬物も多いので、山里好きならハマルと思います。
ちなみにネパール蕎麦がきなんかもあります。

各料理とも間違いなくプルジャさんの味を踏襲しておりますが、私の記憶と比べると少し優し目の味付け。
各スパイスはきっちり使っておりますが、多少塩加減が優しいです(笑)。
場所柄、都内店と比べ塩は控えめな方が正解かもしれません^^;。
 
カレー好き、インド料理好きのみならず、
   漬物好き、野菜好きの方もぜひ一度お試し下さいませ。
AD

コメント(2)