笑って砕けろ!

Mis Favoritos//引退までのカウントダウンからタイトル変更!
人生笑った方が勝ちだー!
苦しいから楽しいがあり泣けるから笑える。
もう最後は笑って逝ったよあの人は!という気持ちで気楽に
書かれるブログ。引き続きサッカー、犬そして映画やドラマのこと中心です。


テーマ:
いま猛烈にベネディクト・カンバーバッチとトム・ハーディに惚れまくっています。

ベネネは7月の来日そしていよいよ公開される「スタートレック・イントゥ・ダークネス」で少し知名度が上がったかな?
「SHERLOCK」のS2が地上波で放送してくれたらよいのですが…。
S3は本国でトレイラーが流されたのでそれを見て、早くみたい!そんな気分です。
アサンジを演じた映画も日本で公開してくれるといいな。
メルリ・ストリープ、ジュリア・ロバーツの出演作にも出ているし、ブラピの映画も。
これから彼はもっと来ますよ!

そして今年は「欲望のバージニア」だけのトムハですが…この映画がとてもよかったです。
口数の少ない家族思いの男をトムハが背中で語っています。
家族の父性と母性を体現したと言っていますが、それが伝わってくるのです。
トムハが演じたフォレストにかなり惚れました。こんな人が近くにいたらちょっかい出したくなる。さらっとゲイリーがでていましたが、これまたカッコよすぎ。

トムハも売れっ子の俳優さんだし、マッドマックスに主演します。
あとチャイルド44、これは何度目かのゲイリー・オールドマンと共演。
トムハとゲイリーが一緒だと倍得って感じです。


このベネネとトムハは日本では未公開DVDも輸入版しかない「Stuart: A Life Backwards」で初共演。ホームレスのスチュワートにトムハ、ボランティアの大学院生のアレクサンダーをベネネが演じています。
ホームレスとそれを支援する人の話なのですが、ただ見守るだけというスタンスが日本では考えられない。でも相手を尊重している部分が感じられて押し付けするけどきっちり支えていないケースが多い日本と違うのである意味ショックです。
アル中のスチュワートにお酒渡しちゃったりね。
とにかくドライな付き合いなのですが、それがすがすがしい。

トムハとベネネの演技が共鳴していてなんともいえません。
二人とも上手いんです。だいたいトムハ何いってるかわからない!!
なりきり度がとてつもない。
強烈なスチュを受け止めるアレク。波風立たない人をさらっと演じるベネネも凄い。
ブレイク前の二人…引っ張りだこになるのも当然ですね。


そして…「裏切りのサーカス」になるわけです。
今度はトムハがベネネを受け止める演技となるわけです。
この映画では上司と部下。原作ともちょっと違う印象はありますが…。

2つの作品をみて、またベネネとトムハの共演が見たいなぁと思っています。
STIDでのベネネの肉体改造はトムハのトレーナーの通称ピーナッツ先生の指導の賜物です。
同世代だし、STIDでベネネが共演したクリス・パインは「ブラック&ホワイト」でトムハとも共演してるしね!


トムハのジョン・ワトソンやモリアーティもみたかったなぁ~なんて思ったりしている私であります。

笑って砕けろ!-はとべね変顔
笑って砕けろ!-はとべね
笑って砕けろ!-すちゅとあれく
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ベネネの本がきた!Benedict Cumberbatch, an Actor in Transition: A.../MX Publishing

¥1,930
Amazon.co.jp

私の英語力でよく買ったよねーと。
日本のベネネ本は写真満載ですが、本国のはバイオグラフィーなので写真なし。
書かれている方って…よくベネネ取材なさる方でしたっけ?
この間のご両親のお宅でインタビューしてベネネ母からお嫁さん探しについて言われた件を
書かれていた?

ラジオドラマのキャビン・プレッシャーの事が沢山書いてあるので頑張って読んでみます。

シャーロック&ベネディクト FLIX special/ビジネス社

¥1,470
Amazon.co.jp

しかしついつい買ってしまうバイオグラフィー。
ブトラゲーニョとラウールは途中まで読んでいましたが挫折。

ラウール本はご本人からサインを頂けました~!

ベネネ本は今までのお仕事記録がでているのが嬉しいです。
あとネタバレですが索引にTokyoがあります。STIDのプロモの事がちょろっと書いてあります。


バイオグラフィーじゃないですが、ワタクシ…Real Madridのオフィシャル本にちらっとでております。そこに書いてあることは…50%ホント50%ウソってかかなりよろしい方向になっています。笑って砕けろ!-ほん
笑って砕けろ!-サイン裏
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$笑って砕けろ!-じょんはり


成田500人の効力か?
ベネさんプッシュが凄くなってきた。
どうもSTIDのキャンペーンで再来日するらしい。8月お盆のあたりみたい?

フッテージみても楽しみ。
ベネかっこいい。ご本人は天然系のぽややんな人みたいなんだけど、役によって顔つきが本当に違って見えます。だからいいの。
俳優はその役をどうだすかです。

今、旬な俳優には間違いない。

ベネディクト・カンバーバッチです!
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月に来日したベネさんの記事が最近発売の雑誌に多く掲載されています。

お給料がねーまだまだ先だから厳しい。
もう最近はAmazonのお世話になりっぱなし。確実にゲットするために予約しております。

しかし…スクリーンってこんなに薄い雑誌でしたっけ?

MovieStarは次号までひっぱる。

なんか年末にはベネの立ち位置がかなり上になって扱いも違ってくるような気がします。

なんでSHERLOCK、S1から観ているのにあの時はまらなかったのだろう?不思議だわ。


$笑って砕けろ!-べねねちゃん
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨晩は池袋で裏サーとアルゴの2本立てを観てきた。

アルゴ…子供の頃たしかアメリカ大使館云々って事件あったねー。
そんな思いでみてました。
あれ、ベン・アフレックってヒゲがあるとちょっとニステルローイ?
どんな見方なんでしょうか。

古い映画についてもちらっとでてくるあたりベンの映画界へのオマージュなのかしら。
良くも悪くもハリウッドを知っている人の作ったものなのね。
プロデューサーにはジョージ・クルーニーの名も…。
この映画のベンの演技は好きだな。この人…これからの方が若いときより良い役者になりそう。
でも監督でも色々やりそうです。

脱出劇というのは手に汗握るね。どこを一番のピークにするかが見せ所。


裏サー…裏切りのサーカス。ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイがどうしてこんなタイトルになったか。それでもパンフ売り切れの…ある意味裏ロングラン作品。
内容が内容なだけに?男性率高いのですわ。


これは別の意味で手に汗握る映画。確かに主人公のスマイリーがピンチにならないスパイ映画と言われていますが、内部の派閥争いに敗れた好かれる上司が返り咲いた話し…と思えば手に汗握る。

そして一番手に汗握るシーンはギラムの内部スパイ場面ですね。
ギラムを演じているのがベネネなのですわ。
裏サーは愛の映画だと私は思いながら鑑賞しています。DVDも英国版Blu-rayもあるのに…。
笑って砕けろ!-ギラムとスマイリー


笑って砕けろ!-TTSSの面々



ベネネとは関係ないけれど来月横浜で濱マイクシリーズがまとめて上映されます。
映画とテレビシリーズだって!これは行くしかない。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Star Trek into Darknessのフッテージがみたくて、私は何度ライフ・オブ・パイみたのでしょうか。
冒頭10分あとは既にみていた予告。3DIMAXの迫力…ありました。
パイの海のシーンは3Dで正解だなぁとおもいつつもSFは3Dあっているなぁと。

もともとスタートレックのファンではなりません。
もちろんベネのジョン・ハリソンみたさです。

悪役といってもはっきり悪ということではない…これは日本のマンガやアニメが昔から出してることなんだけどね~。
ベネさんの悪役かー。アサンジやるしね。
個人的にはラジオドラマでかなり面白いキャビンプレッシャーのようなコメディも演じて頂きたいです。あとはね、幸せに愛されて欲しい…www
ゲイでもストレートでも幸せなカップルを演じて~。
といってもシャーロックもTTSSのギラムも大好きです。
TTSSは原作設定と違って少し若いゲイだし…。まぁー英国俳優さんは障害者、ゲイ、悪役は必ず演じますからね(あとお脱ぎになります)。

WOWOWでも三角関係ドロドロドラマも放送される予定なので、今年本当にとんでもなくステイタスが上がってしまいそうな予感です。

こんなに夢中になっちゃう自分も恐いんだけど、役柄によって顔つきまで変わってしまうベネさん、本当に素晴らしい俳優さんです。
$Mis favoritos//引退までのカウントダウン!-ジョンハリ
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。