笑って砕けろ!

Mis Favoritos//引退までのカウントダウンからタイトル変更!
人生笑った方が勝ちだー!
苦しいから楽しいがあり泣けるから笑える。
もう最後は笑って逝ったよあの人は!という気持ちで気楽に
書かれるブログ。引き続きサッカー、犬そして映画やドラマのこと中心です。


テーマ:
ロンドンオリンピック…いやもう文化度の高さというか…
音楽、演劇、バレエ、コメディ、ファッション…いろいろなテイストでしたねぇ。

なにせオープニングからカンバーバッチ様の登場ですから!




初めポールで終わりがジョン。ジョンとフレディの降臨があったりボウイがちらっとでたり。

モッズテイストもあったり…ちょっとあなたフーだのキンクスだのってさ。
マイ・ゼネレーションはフェイセズだぜい。
ノエルだったり

でもね、モンティ・パイソンのアイドルさんをアーティストって何?
ここでモンティ・パイソンがでるのが凄くイギリスなんだけどね~。
MUSEの扱いが気の毒だったNHKの放送…。

なんかさーウドー音楽事務所みたいな。

で、ペレが途中にでてきて…その時知ってるよ~サンバとサッカーはブラジルには欠かせないし。


なんかいいなぁ~。羨ましい。

羨ましいといえばメキシコです。メヒコ・メヒコ・ラ・ラ・ラです!
サッカーのブラジルとの決勝はワタクシ…メキシコ応援しちゃいましたよ。
実はブラジルの国歌が長いのでその間い歯磨きなぞしていたら…先制点を見逃してしまいました。
あとでリプレイみたら明らかにブラジルがお馬鹿さんプレーとうか舐めてましたよね、相手を。
やっぱり戦う相手には敬意を示さないと負けますよ。
試合前に開会式にでてコンディション最悪だったスペインを思い出しました。

試合内容は確かにブラジルはブラジルで楽しませるプレーがあったのですが…いやそこでヒール連発しなくてもいいからゴール枠に飛ばせよとか。
守備緩いとか…。試合中に仲間割れだし。

メキシコは体格的にもそれほど大きくも無いけれど、前方からのプレスも早くいくし、ドリブルもできるし、組織力もあるけど個人技もある。
やっぱり日本は勝てなかったわけです。いやもう日本はメキシコみたいなチーム作りでもいい?
ブラジルの猛攻もしっかり守っていたし、防戦一方ではなくきちんと攻撃もありました。
セットプレーの得点なんか日本戦と同じような感じ。

しっかりしたチームを作ってきたな…。OA枠がしっくりしていましたね。
ブラジル…次は金はもう「絶対」なのでしょうね。なにせ五輪で金を取っていないから。


さてさて、日本は今後どちらに進むのか。個人を強化するかさらに団体競技に重きを置くか。

結局、一番金を取ったのはレスリングでしたね。格闘系が多かった。
団体競技での金はありませんでしたが…女性チームのメダル獲得が目立った大会でした。
体操は内村選手も言っていましたがオールラウンドな選手も必要ですがやはりスペシャリストを揃えないと団体の金は難しいかなぁ。
新体操女子は長い強化のかいがありました。このあたりシンクロはどう考えるのか。

サッカーファンにとってはこの大会は成功だったと言えます。でもやっぱり日本って最後のツメが甘いかも~。

4年ごとに騒ぐならスポンサーはずっと支援すべきだよね~。

次回サンバ大会はどうなるのでしょうか?あ、その前にブラジルはサッカーですよ、W杯!
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
内村選手の個人総合優勝でわいた日本、28年ぶりのチャンピオンは世界選手権、オリンピックのダブル優勝という快挙でもありました。
そんな選手いないのだから、本当に凄いことです。

なんだかサッカーみないで体操みれば良かったよーと後悔。
テロップがでてすぐ体操をみました。表彰式と内村・田中両選手のまとめビデオです。
うーん他の選手のもみたかったよー。

体操は10点満点の時代と比べるとEとD得点となり、特に技の得点は青天井となっています。
その為に総合力よりもスペシャリスト育成という方向に世界は向いています。

でも日本は体操は全競技をこなして体操となる、という考え方があり総合で勝てる選手育成に力をいれてきました。
どうしても体格、男子は筋力が劣ってしまう日本。
でも小さくて薄い身体でも出来ること…細部にこだわる美しさを長年継承してきた結果…今回の金に繋がったのでしょう。

もちろんスペシャリストも必要です。個人名がつく位の独創的な技ができるのはスペシャリストが多いのですから。
それでも全ての競技をスペシャリストと同レベルで戦える総合が強い選手というのは体操選手の理想です。

内村選手の練習と努力は本人の仰る通り恐らく世界一のはず。
彼は次のリオデジャネイロも目指すそうだから…。


内村選手の理想の体操っていったいなんなのでしょう。


難度の高い技をいれ、姿勢、つま先など細部にまで気を抜かず、そして着地をきっちり決める…そんな演技を理想としているのでしょう。


今回の金メダルでも「技を外す」ということを選択した内村選手。
これもまた作戦です。
鉄棒では最高難度のカッシーナをいれてコールマンを外すということ。
つまりは落下を回避するため確実にできる事をし、減点を少なくする。加点はあるのでもともとの点数よりも点が伸びると考えてのことでしょう。

それでも勝ててしまうのが素晴らしです。
跳馬での着地は「ぴたっ」という擬音を付けたくなったほどです。


今後、いっそうの高みを目指して内村選手の理想の体操を披露していただきたい。
そして今回出場した選手もまた次なるステップに進んでもらいたいものです。
なにより山室選手のケガが早く回復することを願っています。

そして種目別…田中兄弟と内村選手が出場しますね!まだもうちょっと体操を楽しめそうです。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私、体操競技が好きなんです。

古い体操ファンなのでそれこそトカチェフ、コマネチって頃からみてます。
それだけ年とってるんだけど…。

ビロゼルチェフと冨田が男子体操で私の中では不動の一位なのです。


うーん…どうしたんだ、団体予選。
内村が鉄棒で落下、あん馬で落馬…?
彼だけじゃ無くて他の選手も…。
けれど加藤の演技が安定していたのには少し驚きました。


私どうも昔からアメリカのパワー体操って好きでは無いのです。
女子もそう。迫力はあるんだけど…なんかちょっとピンとこない。

美輪明宏さんがね、「内村くんの美しい体操」と言っていましたがおいおい冨田が先だよ。
冨田は世界から「美しい体操」ってことを認められていたのだ。
それが進化して内村です。
また内村ってのも独特な世界があるからね。

ほんと、あの頭からつま先までピンとして膝が離れなくて着地がぴったり決まる体操の理想型。


これがね、オリンピックでももっと見せつけられるといいな。
種目別はちょっと残念な結果ですが、まだ団体、個人、ゆかがあるから。

私個人は男子鉄棒の華は「鉄棒」と思っています。
種目別に内村が出られないのは残念ですが…まだまだ試合があるので全力で最高の演技を見せて欲しいものです。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もうすぐロンドン五輪も開幕です。

お天気が不安定だという話しです。そういえばU-23(Sub-23)のベラルーシとの試合も雨が降っていましたね。


昔からオリンピックといえば…私は体操を楽しみにしていました。
モスクワの時も体操だけはみていたっけ。眠たい目をこすりながら…。
ソビエト崩壊後はロシアの体操は……。
あれは気のせいだたのでしょうか。ソウル五輪で…私が大好きだったビロゼロチェフの鉄棒の演技中、どうも日本人応援団っぽい声援の大声でバランスを崩して…。
国はともかく、一時期は男女ともに体操はソ連選手を応援しておりました。


さて、男女ともオリンピック前の親善試合がありました。
男子は……予選中がピークだった?なんて感じてしまいました。
どうもこの2試合、しっくりこない。先発で点をとれていませんよね。
温情なのかこの後のJリーグを考えてなのか…バック・アップメンバーの試合起用…これは「コンディション」の一言で片付けるべきことなのでしょうか。
ちょっと清武選手の自分に酔ってるプレー?ってなことを感じてしまいました。
予選中、確かに清武選手は飛び抜けていたようですが、今はいいパスを出すのですが浮遊感があるように思います。なんかこう…ゆらゆら。どっちあっちこっちふらふら。

どうなのでしょう。いくらシュートを打ってもゴールが決まらなきゃ勝てません。
杉本選手のゴール、効率いいなぁ~というかごくごくシンプルにシュートを打っているような感じがします。

なんだかまだ先発もはっきりしないようだしなぁ…。吉田選手のやる気は凄く感じました。
やっぱり山村選手よりも安定感あるし、攻める時は攻めますよ、という姿勢はさすがA代表の選手という気がしました。


一方のなでしこ
フランス戦は完敗。ちょっと選手の動きが鈍いかなぁ~という印象でした。
なでしこらしい走りじゃなかったかな。なんだかロングボールばかりが目立っていたような…。
コンディションもイマイチという感じも受けました。
宮間選手がもってもパスを出す場所が限定されちゃってるのかな?
ただ、なんとなくこの試合は「負けてもいいです」という印象がありました。
後の報道をみると手の内は全て晒したくないということだったそうで。
みた感じはフランスの方が良いサッカーをしていたかな?
でもちょっと身体に頼りすぎてる部分もあり…というのが私の感想。

なでしこの方が、メンバーをある程度同じで戦っているのでチームのコンセプトは選手個々が理解していると感じます。
男子はこのメンバーで戦うことは時間が少ないので…どうなのでしょう。
ただ吉田選手が入って守備の安定感は上がったと思います。
点が入らないのはやはり攻撃の選手の責任です。
ただこのチームのコンセプトがよく分かりません。とりあえず予選突破…だけ?
どんなサッカーをしたいのか。ザッケローニー関塚のラインが見えにくい。

こんなこと言っては非国民と罵られるかもしれませんが、スペイン…油断しなければ勝てるよ。
君たちのイメージは「A代表」だよ~。

そしてどことなく、なでしこの方が男子よりも余裕があるように感じました。


欧州サッカーは移籍市場とプレシーズンのまっただ中です。
あーラウールのチームは…シーズンがヨーロッパのスケジュールと同じなので今はプレシーズン。
ツイッターには書いたのですが、ちょろっとバルデベバスを訪問したそうです。
どうだろう、フベニールの監督であるモリエンテスには会ったのかしら?
バルデベバスの練習場にはちゃんとバルもあるので、お茶もできるよ!
そうそうバラハス空港からは近いから。

そのラウールの練習風景ビデオ。ようやく余計なBGMのないスッキリとしたビデオがアップされていました。
…ラウール相変わらず指導をしているんだけど…シャルケの選手みたいにはいかないんじゃないの?やっぱりレベルがねぇ…。
人間ペースを落としちゃうとそれになじんでしまうから…。ラウール一人がレベル高くてもそれについてこれない人ばかりだったらラウールが下りていくしかないよ~。
そこはシャルケとは違うと思うな。


そしてデル・ピエロが震災チャリティマッチに参加!
これは一人の日本人としてアレに感謝です。
だからアレは日本でも人気高いんだね。J参加はおすすめしませんが…。というかアジアやアラブはやっぱりダメよ。(随分昔の年金リーグ…スイスの方がましだと思えます。)
ごめんなさい、最近Jに魅力を感じられないのです。
最近のJは優勝するチームがころころ変わって実力も拮抗していると感じられるのですが、どうも海外のリーグを忘れられる程の魅力がない。
ACLを見ていてもとりたて強いという印象もなく、開催国枠頼みのような状態です。
ACL出場のチームがリーグ戦で選手温存ってのは別に悪でもないと思うのですけどね。

欧州で活躍していた選手のJ参加ですか?それは嬉しいと思うのですが……どうだろう。
だってクラブの質や環境は厳しいと思いますよ。子供の教育を考えたら…日本どうよ?と私は思います。あと…Jとしてもビジョンも不鮮明。ファンは頑張っていると思います。(でも一部ファンの行動はやりすぎじゃないか…とも思える部分があります。)


そして…今年は何故だかツール・ド・フランスを見ています。
最近ちょっと見ていなかったのですが復活です。
この時期の欧州はツールですねぇ~。スペインでも生中継あるし、メディアもそればっかり。
オリンピックと被らなかったから選手は良かったね。
だって私の知る限り、ツール・ド・フランス>オリンピックという比重だもん。


そんなこと感じたここ数日です。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ツール・ド・フランス…初めてしった頃にはデルガドってスペインの選手がいて、NHKの総集編を見たときはレモンがやめるとき。

スペインに遊びに行ったときにちょうどインデュラインの連覇が止まってしまって、実況から解説がみんなそろって「私達は大変悲しいです」って。それで引退しちゃったんだけどね。
確かアトランタ五輪の頃。五輪よりもツールで盛り上がっていましたねぇ。

ブエルタ・エスパーニャ…最終日はマドリーだったりするので懐かしい風景に思わず見入ってしまいます。

ロードレースの小説もすきなのよね。あれでチームがいかにエースを勝たせるかという競技だということをしりました。



LLサンチェスが勝ったねぇ。しかしなに、画鋲とか巻かれたみたいでパンク続出。愉快犯だって…だめだよロードレースの事故は死亡事故にもつながるんだから。


犯人は捕まえてほしいです。お前がはだしで画鋲の上走れ!っておもいました。


関係ないけどちらっとみたあのチームの画像。
…あのBGMにイラっとします。選手の生声の方がずっといいよ。それよか妙な技術が安っぽい。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
国体じゃなく。

世界フィギュアで羽生選手の気迫が画面を通してでも伝わってくる演技に心打たれました。
なんて気持ちの強い子なんだろう。
もちろん髙橋選手の演技も素晴らしかったです。あの難しいブルースがお客さんを引き込プログラムにしてしまうなんて…。本当に真のエースだわ、大ちゃん。

羽生選手の得点は、正直言って驚きました。けれど納得、終わってゾクってきたもの。
転倒以降はまた別の空間に行っちゃった演技でしたよ!
髙橋選手はあれ?抑えられちゃってた?というのが正直なところ。
トップにたっても伸びなかったのでもうPCSという制御機能があるので優勝は…。

それにしても若い力が躍動するのを見るのは良い!と感じる年になっています。
…おっさん達がこぞって若い娘さんと結婚するってのは…確かに分かるけどね。
私はもう愛でるだけでいい。

スケートが終わって、今度はサッカーの若い力。
ファンじゃないのにボルトン戦をみてしまいました。
このところ、ずっと見てるよ宮市選手を。可愛いよねぇ~上手いよねぇ~ドリブルもパスも期待しちゃうよねぇ~。

彼が五輪代表のチームに入ってくれると嬉しいんだけど。
だってロンドンでしょ。
ガナーズに戻るなら五輪出場ってかなりいいアピールになるんじゃないの?
というかもうFIFAが理事会で、所属する男子選手が五輪に出場するU23代表に選出された場合、各クラブは招集を断ってはならないと決めて発表したそうじゃない。

さぁどうするドルトムント(笑)。香川はOAじゃないぞー!

羽生選手って平たい顔属だけど表情がある選手だと感じます。
気持ちが体現できる選手って好きだぁ!


ラウールが17歳でデビューした時、既に成人だった私は「この人のファンになっていいのだろうか?」とかなり悩みました(笑)。
最近はもう「彼等の母親世代じゃん!」ってな開き直りで応援することにしました。
だってさーセスクの親父さんと同世代なんだよっ!
ユリアンやホルトビーの応援するさ!

…あれ、すっかりU23ドイツ贔屓?
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年間シートの席をいただいたので巨人戦を観戦してきました。
試合前のスライムやいつの間にあるんだアディダスショップの原人形にびっくり。
ベルナベウもそうですが、なんだかアディダスの戦略ってどこも同じなんですね。
なんかこう…。
Mis favoritos//引退までのカウントダウン!-スライムタワー

Mis favoritos//引退までのカウントダウン!-はら監督

久しぶりの野球観戦、あれドームってこんなに小さかったっけ?
狭いし暗いな…と思えてしまうのはさいたま2002などに行っているせいでしょうか。
座席の狭さは国立並み?

屋根がある、なしでこんなに違うのね~。でもこの暑さで屋外はつらい。


いつのまにかタオルマフラーが野球に浸透している…。得点でマフラーぶんぶん振るのはゴール決まったあとみたいじゃない?
そこそこ年齢いった方たちに回し方を教えてあげたいよ~。

対戦相手のヤクルト、東京音頭と一緒に振る緑のビニール傘が小さくなっていた!


試合の内容よりもそんなことばかりが気になってしまいました。
あーJリーグもずっと行ってないからそんなこと感じるのでしょうね。


でもやっぱり野球、長いよ。途中おトイレ休憩とりました。


暫くみてないと選手がわかりません。監督やコーチの時代はよく観てたからさー…。
きっとサッカーもそうなるのでしょうね。

Mis favoritos//引退までのカウントダウン!-まふらー

Mis favoritos//引退までのカウントダウン!-どおむ
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は採点競技というのが非常に好きです。

アクロバティックな競技に花を添える芸術的要素というのが他の運動競技にはない華やかさがあるからです。

年齢的にもコマネチに惹かれた世代ですからね。
今では技に名前を残すトカチェフの現役時代もテレビで見ています。
その時代から大技のできる選手じゃなくて手堅い人が勝つんだよね…オリンピック。
自分の名前がつく技があるってどんな気分なんだろうって体操は思います。
シンクロも必ず見てます。カナダが強かった時代から…。

やっぱりルール変更があると見てる方も分かりづらくなるものです。


見てる方は…普通の人ではあり得ない、できない高度な技を見たいのです。
メダルとるために無難にまとめられても…という意見そして何が何でもメダル。つまらなくても良し、メダルこそすべて…。
どちらかなのでは?


今回のフィギュアスケートはショーをとるか競技をとるかの岐路になっている印象を受けました。技術といっても飛べているジャンプに回転不足、足りないのに成功という曖昧なジャッジングははたして技術点と言えるのでしょうか?

難度の高い技に挑戦するならば挑み点みたいのつけてもいいんじゃないの?
あと特定の国や選手に高すぎる点を出すジャッジは排除しなくちゃね。
いっそのこと昔みたいな規定演技を復活させればいいのに。

トリプルアクセルを成功した浅田選手、4回転を成功させた小塚選手…なんだか技の出し損になっていませんか?

体操もフィギュアも得点が青天井になっているのはどうなんでしょうか。
減点法にも限界はあるけれど加点法はどうも「?」な印象を多く残してしまうのでは。

体操だってねーロンドンに向けて内村選手は今よりも高度な技に挑戦してるんですよ?難度はどんどんあがるし、女子だって着地にムーンサルト入れるのが当たり前になっています。
逆にアクロバティックすぎて批判されているのですけどね。
でも芸術って好き嫌いが一番出やすい。
競技なんだから技術に対しての評価を一番にして加点が芸術じゃないのかしら?体操で下駄足はまずいというは誰だって分かりますけどね!!
それになんでもかんでも女子は17過ぎたらセクシーさを求めるのって個性無視じゃないですか?


伊藤みどり以来の3A成功って…技術を進化させないでどうするのだろうか。
こうなったら意地でもジュベールには5回転を飛んでもらいた気分です。


そして…報道はごく一面しか出しませんよね。
2002年のW杯私は日本でボランティアをしていましたが、一部のライターは日本のボラ仲間をぼろくそに書いておりました。
…ちょっとまて!私は共催国でも試合をみたがセキュリティはおかしかったぞ!!なんで入り口ぎりぎりまで宗教団体が活動できるんだよ!
とかまったく違うカテゴリーの客がどうして前方の席まで入れるんだよー!

そして街の雰囲気です。まーったく共催無視でしたよー?そこをちゃんと報道しなさい。ロゴだって2つの国の国旗をあしらっているはずなのに、日の丸ではなくただのサッカーボールになっていたり。
スポーツ用品店ではアディダスコーナーに日本以外のチームは置いてあったり。まぁあからさまな共催無視ムードだったのにまーったく違う報道をしていた朝○新聞とかなに?意見は黙殺されるしねラブラブ


なによりも今回はフィギュアスケート、男女ともに全員入賞ということを評価したいです。


追記:感動ってやたら使うのは興醒め。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は都民ですが、2016年のオリンピックはマドリーを応援しています。
だってあの飽きっぽい人達が2012年で負けてもまだ頑張って立候補してるんですよ!
それに本当に市民がやりたいって言っているのですもの。
一応ラウールも応援団に入ってることなので。


コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
初めはボクシングかと思っちゃう世界大会。
まずは日本代表の連覇をお祝いしましょう。

…しかしあの変則トーナメントは改めた方がいいし、ラウンド制も変な仕組み。ルールもきっちり世界標準がなく、ボールが違うのも不思議です。

アメリカは優勝したいなら大会途中に監督が子供の結婚式で抜けるなんて…。
なかなかサッカーみたいにはならないよね。
まぁ一つ位は圧倒的に強いスポーツ競技はあった方がいい。

…アメリカ勝てないと次回なし?そんな国だし…あんまり世界的な視野ないよねぇ。
まだサッカーは日本でも ACLがあるから…。


サッカーファンになる前は野球ファンでしたが、もっと前にこんな大会あったらなぁと思えます。

雑誌でさんざぼやいていた野村監督はどう思うかな。
ユーロにスペインが優勝した時の私と同じ?
コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。