笑って砕けろ!

Mis Favoritos//引退までのカウントダウンからタイトル変更!
人生笑った方が勝ちだー!
苦しいから楽しいがあり泣けるから笑える。
もう最後は笑って逝ったよあの人は!という気持ちで気楽に
書かれるブログ。引き続きサッカー、犬そして映画やドラマのこと中心です。


テーマ:

動物病院で一番こまるのが「1から10でどの位ですか?」と聞かれる事です。

食欲、活力、かゆみなどなど…10をあの時としていいのか?

でも犬はなにも言わないからこっちの判断は正しいのだろうか?

 

先生も時折こちらの判断でも「厳しく見て」と促すこともあるので、少しばかり感情的な物言いになってしまうことがあります。

ずっと見ているわけではないから難しいのです。

 

今回、私も入院してそれがありました。

術後の腹痛で「痛さは1から10でどの位ですか?」と聞かれたときです。

いったいどれを痛さMaxにしてよいか分からなかったのでついついきつめの口調で行ってしまいました。

 

「急にお腹が痛くなってトイレに駆け込む直前位にぎゅっとくる痛さです!!」

 

看護師さんごめんなさい。数値化って難しいのです。こんな言いぐさの私に対して流石に対処になれている看護師さん。

 

「だいたい感じが分かりました」

 

だそうです。

 

しかし、この数値化って…データ入力するための数字なのかしら?

シクシク、ちくちく、どすん、ぐりぐり、きーん…そんな表現はデータ上は却下なのでしょうか。

ドメスティックな表現だからだめなのかしら。

 

だいたい痛さのピークはいつ頃という共通認識ってカルテにあるのだろうか?

とか

いままでどの位の痛さを経験しているのか、確認しているのだろうか?

などと思ってしまうのですが、「いつからいつまでの痛み」という区切りを示していただけた方が伝える側も言いやすいかな?

 

また、女性の方が痛みに強いかもしれないし…女性でも月のものが激しい人とそうでない人との痛み耐久性も違うのではないか?

数値というのは分かりやすいようで分かりにくいということを理解していただきたいな。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どうやら最近は、何かあった場合の裁判を考えてお医者さんは「最悪のケース」までお話ししてくださいます。

私の場合も、手術前日に色々話しを伺いました。

正直なところ、よく理解できない。そして、自分がそんなに悪いのかと錯覚してしまう。

 

そのくらいに細かく、どんな事が起こりえるのかを説明があります。

ありがたいのですが…一度に詰め込んで言わずに、何回かに分けて教えていただきたいのが患者の本音。

正直言って手術は怖いです。だから出来るだけ気持ちに負担を掛けたくはないのです。

最悪なことと問題ないことを必ずセットで教えていただいた方が心の負担も少なくなります。

 

だから私は先生の仰る最悪なケースでは絶対ない!そう自分に言い聞かせて手術に臨みました。だって説明中、貧血でへたってしまいました。

 

そして術後は腸閉塞を起こす場合もあるから注意してください、と言われました。

とくに食事を取れるようになってから。

それにならないように「良く噛んでゆっくり食べる」ことというアドバイスをくださいました。

 

これよ、これ!患者の望む先生の言葉は。簡潔で分かりやすく、納得できるもの。

 

人間の凄い所は大腸になにかあると小腸が頑張って消化をするそうなのです。

でも小腸に負担を掛けると「太る」そうだ。

なので「良く噛んでゆっくり食べる」事が大切だというのです。

 

そしてまた、先生の言葉をしかと受け止めそれを実践しています。

消化器の手術だったので入院前から食事制限もあり術前の断食、術後の食事制限で6㎏ほど痩せたのですが、咀嚼の回数が多いので満腹感もあり今のところ術後の体重をキープしています。

 

でも筋肉を戻したい!体がたるんでる~!

 

 

お医者さんの言う事はとても恐いのですが…ああそうだよねと納得いくお言葉も多いのです。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

地元の駅は開かない踏切解消の工事が進み、駅が地上から地下へと潜ってしまった。

踏切がなくなったのは事故防止にもなるし、待ち時間が少なくなるという利点も多い。

 

でもね…不便も多いのだ。

 

駅の向うとこちらを繋いでいた改札前の階段とエスカレーターがなくなったので、ぐるっと迂回していかないと目的の場所に行けなくなったのだ。

これは…行って戻る道のりなのでタイムロスが多い。

 

なかなかそれも面倒であり、街の分断は踏切があった頃と変わらない。

 

なによりも駅、乗り換えが不便になったのだ。

なにせ下へ下へ。エスカレーターも階段も長いのだ。

今は駅構内の導線も悪くしっちゃめっちゃか。暫く構内に入っていないと乗り換え通路が変わっているので迷ってしまうのだ。

 

余計ないらだちを覚えてしまうのは、ものすごく残念な気持ちになる。

 

駅の外も色々立てているけれど、実際に駅周辺に住んでいる人々は若い人だけではない。

そんなわけの分からにもの立てるなら保育所や駐輪場作ればいいじゃない?

 

ふと、店の看板が無ければ道路もすっきりするのだけれど。

だってパラリンピックやるなら、街の置き看板邪魔だって気が付かないのだろうか?

 

駅ビルに洋服ばっかりあるよりも、それこそ保育所や銀行、郵便局、役所の出張所、病院の検査施設(血液検査などが提出できる)などがあれば生活の時短にもなるしより暮らしが楽になるような気がするのだけれど…。

 

駅ビルこそ、もっと柔軟に考えればいろいろな使い道があるように思えるし、人が暮らしやすくなるための都市再開発だと思うのだけど、政治家や役人、大企業の方々はそう思わないんだ…。

そこで暮らしている人、そこを利用する人々の意見を取り入れての再開発なら本当にそうなっていると実感できるのにね。

 

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

退院後、食べるものも通常の物。

 

まだお腹がひきつれる事もあるけれど、入院中のような腹痛は無いので痛み止めを全く飲んでいない。

 

卵巣がなくなったので、必然的に更年期障害の症状がでてくる。

いわゆるホットフラッシュというもの。

 

がんを発症したのでホルモン系の薬は飲めないとのことなので、この症状が頻繁におこり憂鬱になるというのなら漢方を処方すると言われているけれど検診にはまだ時間がある。

 

そう、エストロゲンの減退によって起こる症状なので更年期にはクラリセージというアロマオイルが良いとされている。

けれどこのエストロゲンはホルモンだからこれは避けた方がよいのか?

 

体に良い物は時として毒となる…そういうことなのだろうか。

 

やはりフランキンセンス?

 

精油は本当に奥が深い。ちょっと学んだ程度じゃ手に負えないのでは?

と改めて思うのである。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生日の前に、色々と検査をした。

 

もともと8月には子宮筋腫の治療として子宮全摘手術をする予定だった。

 

実は数ヶ月前から血便と思われるものがでており、気になっていた。

お腹の痛みは筋腫のせいかな?そう思っていた。

 

検査の結果、便潜血があるので要検査とのこと。

内視鏡検査をしたら…「結腸がん」が発見された。

 

胃と肺の検査の予約をして帰宅すると、病院からの電話で8月9日だと消化器、婦人科の医師が揃うので手術可能とのこと。この日を過ぎると暫く待たなければならない。

 

ならば、と電話口で手術日を決めた。

もともと23日に手術予定だったので、2週間前倒しでもよいか…と。

 

そして、6日に入院が決まった。

 

入院前の検査で胃と肺は何も問題なし。

 

そして手術。予定は5時間半くらいの長さだったが3時間半弱で終了。

出血も少なく、輸血は無かった。

初見よりもがんの大きさも小さく、後の病理検査報告ではステージ2、リンパへの転移無し、抗がん剤無し。

一安心だった。

 

検査から結果、手術までがあまりにも慌ただしかったので「がん」ということにピンときていないそれが正直なところ。

 

ただ、手術をして2日後の朝…子宮がなくなってしまったことに対して泣けてきた。

とても泣いた。

不思議となんで私はがんができたのだろう、という気持ちにはなっていなかった。

むしろもっと前に自分を労っていたら筋腫も小さくてすみ、全摘ということにはならなかったと感じた。

そう思っても、がんが見つかったので予防のために卵巣も摘出した。

 

けれど、泣いてなんだかすっきりした。この手術があったのでがん摘出も同時にできたのだ。私は子宮に助けられたのだ。最後の最後に子宮が私を助けてくれたのだ。

ありがとうと何度も言って沢山泣いた。

 

今のところ、私の体にはがんがないと思われる。

なのでこれからもそうありたいと思うのだ。

 

この夏あったことを心に刻み、自分自身の体の声をきき大切にしようと自分自身に誓った。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は祖父の命日であり、私の誕生日でもあります。


戦争で亡くなっているから一度も顔を見たことがない祖父ですが、祖母からその人となりを聞いてきました。その祖母もとうになくなり、祖父の話は殆どきけません。
でも写真と祖母の思い出話から祖父を想像しています。


そんな誕生日


今回なぜかかばんばっかりプレゼントで頂きました。
好きだから嬉しい!沢山使おう!ならば出かけないとね!

$笑って砕けろ!
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私が下北沢周辺に住んでかなり長い年月がたっています。
なにせ本多劇場が影も形もなかった頃だって知っているくらいです。

マジックスパイスは北沢ゴルフだったり、オオゼキは第一勧業銀行。
グルメシティは忠実屋でしたね。みずほ銀行は富士銀行で、銀行強盗が立てこもったとか…。
すみれやエニー、三河屋…みんななくなっちゃった。


住民からすれば、あの開かずの踏切がなくなるのは喜ばしいことです。
階段ばかりの駅で使い勝手が悪い。
あ、それよりも駅前の郵便ポストの目の前が公衆便所で男性側は投函するとき丸見えというのは…直らないのでしょうか。


でもね、なくなって欲しくないものがなくなります。
駅前市場です。あれこそが下北沢なのです。

子供の頃は、お魚など商品に触ってよく起こられました。
成人になってからも「あなたはよく魚の目に触ってたわ」と乾物屋のおばちゃんに言われたり。
お漬物売ってるおばあちゃんやのり屋さん、お茶屋さん、貝屋さん、八百屋さん、惣菜屋さん。
ミネ薬局にアメリカ屋…雑貨屋さんでデンマンブラシも買ったなぁ。
お肉屋さん、鳥屋さん、魚屋さん。

にわとりの首ちょんぎって逆さにつるされてる…なんて光景の場所でした。

市場の前の三河屋さん、年末は整理券がでるくらいの混雑だったな。


結局、再開発という名の破壊が下北沢にもやってきたのです。
最近は大手不動産がはびこり、家賃もあがり空き店舗もちらほら。なじみの店がどんどんなくなり、どこも同じ全国展開のチェーン店ばっかり。

あのね、若者の街とか言っていますがすんでいる人は昔からいる人もいるの。
だから古着屋や携帯屋ばっかりというのは…よそでやって、という気持ちです。


駅ビルが建つといいますが、立ち退きする店舗はそこには入れません。
道路が出来るのでやはりどけといわれている店舗も同じです。
なにが再開発。結局は経堂も成城学園前も同じような駅舎に駅ビルの没個性。
同じチェーン展開なら住民は「ハンズ」を待ち望んでいます。
いつも噂で「ハンズできるらしいよ」って。グルメシティが出来る前はよく囁かれていました。


小田急と井の頭の連絡も5分以上かかるようになるし、使い勝手…悪すぎ。
渋谷もそうですが地下ってエスカレーターだし、使う人にとっては「どこまで行かなきゃならないの?」なのですが、設計者とか電鉄会社、都って「作ってやるんだ、知るか!」なのでしょうね。


ということで…鉄の人に混じって写真とりました。
「小さいカメラは金網につけてもレンズ入るから大丈夫ですよ」と鉄さんたちが教えてくれました。サンキュー!


山の手の下町風情をいつまでも残して欲しい…そんな街なんだけどね。

笑って砕けろ!

笑って砕けろ!

笑って砕けろ!-市場
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも細長い人ってのが昔から好きだったようです。

今でも大好きポール・ウェラー、秋の来日が楽しみだ。
パンク世代のデビューだったジャムですがビートですよね。
モッズ大好きポール兄さんだもん。モッズスーツがカッコイイ。
未だ現役、兄さんの若かりし頃。サラサラヘアがステキです。







で、最近のポール兄さん。



コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うさぎ24話を回覧された方は「なるほどねー確かにそうかも」って思って下さったでしょうか。
もちろん「何言ってんだ!」という意見もあるでしょう。

国連の常任理事国ってみな「核」ありますよね。
日本には非核三原則ってありますけど国内に原発があるんだもん、核が無いは嘘です。

歴史的な文献をひもといていくと、あぁって思える事が沢山あります。
今回のうさぎ24話もその中の一つです。

原発の問題をエネルギー問題にすり替えれば…ある部分の反対勢力を抑えることは容易になります。改めて考える必要がありそうです。


ご本人からのご希望で、レスは私だけが読むことにし公開はしません。
>冷たい母さん


橋下さんの文春の記事はなにか作為的なものを感じてしまいます。
どうしても維新の会を排除したい動きというのがあるのでしょうか。
文春って国民に訴えるよりも明らかにある権力にしがみついている様にしか見えません。


私が中学生だった頃の話しです。社会科の課題で自由レポートとうのがありました。
私はどうにもこうにもなすすべがなく、先生に相談したところ「お前はこれでやれ」と原発の本を渡されました。2~3読んだでしょうか。


冷たい母さん様の仰るように原発のゴミ、「核分裂で起こったものを分解することはできない」という箇所に私は驚きました。その当時の私は「原発を作固は反対である」という締めで…とりあえずレポートを提出しました。評価はお陰様で良かったのですが、先生からは「今度は賛成側の立場でレポートを書いてみましょう」と書かれていました。

当時の私には「賛成」の立場は全く理解出来ませんでした。
そして原発のエネルギーは「電力を大量に生み出し、国を豊かにできるものだ」という誘導に気付いていませんでした。

今はどうか…。なんとなく過ごしてきた自分がここに居ます。
福井出身の友達が「うちの県といえば原発がいっぱいあることかな」と言っていたことすら最近まで忘れていたほどです。


素人の考えでも、危険なものは危険なのです。背中が寒くなるという感覚は間違いないと私も思います。
私だって素人です。

なにせあやつは人には制御できないやっかいな代物です。結局どこも「原発で作られたゴミ」は処分できず、地中に埋めるという事しかできません。
宇宙戦艦ヤマトに出てくるコスモクリーナーDのような放射能除去装置が発明されれば良いのですがね…。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
友達がスペイン・マドリーより帰省しています。
実家が岡山なのですが関東に一番の仲良しさんがいるのでこちらの方にちらっと顔出しです。
本日はお昼過ぎから夕方まで、一緒に過ごしました。
暑かったけどねw

私がマドリーを訪問するときは必ず会っている友達で、お家にもご厄介になったことがあります。
ここ最近は私がドイツに行っていたので…ご無沙汰でした。

上の二人の息子さん達はもう高校生になっているので私の知るあの子達じゃなかった(;゚ロ゚)

だってねー背も高くなったし、口数も減っていた。
でも末の子はまだ幼稚園だから…おしゃべにになって活発!


ご主人は可愛そうにお留守番…。

この家族の凄い所は日常的に三カ国語が飛び交っているということ。
子供達は日仏のハーフなんだけどスペインでの生活が長いからスペイン語をまるで母国語の様に扱っているのです。

友達も子供達がスペイン語で話しても日本語で返すし、そりゃ~上達するわ。
ご主人は子供達にフランス語で話しているのですけどね。
彼女と子供達と私は日本語で話しています。時々単語とかスペイン語で言ったりするけど…。
ご主人とはスペイン語を使っています。


彼女からの情報では…本当にスペインは失業率が高くなり、消費税も上がるしで景気が悪いそうです。唯一明るい話題はサッカーだそうです。
映画産業なども国からの援助はカットだそうです。
またフランスでも政権が変わり、免除されていた子供の教育費も負担をしなければならなくなったとか…。
やっぱり国の財政が厳しいと…そうなってしまいますね。
だーかーらー今の日本では高校無償化なんて無理なんだよぉ~。
このところ災害も多いのですから新幹線よりも復興費に使わなきゃ。
日々の暮らしが最優先でしょ。


あと彼女からの情報でフランスの良さを一つ。
彼女たちはフランスに家があり、現在は人に貸しているそうです。
でもここの住人が家賃を払っていないそうで、法的な手続きを取ろうとしているそうです。
ところがフランスって…家賃滞納でも冬に追い出すことは出来ないそうなのです。
…人道的だよね~。人が国を作っているんだ~と感じてしまいました。
まぁ彼女のケースは貸している人が子だくさんらしくさらに旦那さんが亡くなってしまい母子家庭になってしまったから追い出しにくい状態になってしまったということ。
彼女たちも…どうするか少し考えるそうです。


彼女の子供達…長男がすっかり日本のマンガにはまってしまったのにはびっくり。
次男もおしゃれに目覚めたそうで…子供の数年って驚くべきスピードで変化するのね。


人の子供をみると…結婚と出産っていいことなのかぁ~と感じるのですが…。
私自身は悲しい位に男性からスルーされっぱなしだし、こちらがちょっと良い感じだなぁ~と思ってもちぃーとも反応してもらえないしで80%諦めた。
実生活で知り合うのは90%女性だもん、仕方ないね!


そうそう、スペイン土産は「スペインの国民的飲み物・コラカオ」でした!
コラカオ…ColaCao…というのはミロみたいなものというか、ココアの粉末みたいなもの。
ミルクで溶かして飲むのですが、ちょっと甘いので私はお湯で溶いてちょっとミルクを入れます。
昔の『月刊レアル・マドリー誌』で選手のお宅訪問ってやつにはほとんどの選手の食卓にコラカオの容器がありました。目印は黄色いボディに赤い蓋。
なんだっけなぁ~なんのビデオだったかな。
栄養士さんがパボンに「朝食は何を食べましたか?」って質問に食べ物の他に「コラカオ」って答えているシーンがある位にポピュラーなモノです。
今あついから…バニラアイスのトッピングで少々振りかけるのもいいかな~。


久しぶりに生きたスペイン語を聞いた1日でした。

$Mis favoritos//引退までのカウントダウン!-こらかお
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。