笑って砕けろ!

Mis Favoritos//引退までのカウントダウンからタイトル変更!
人生笑った方が勝ちだー!
苦しいから楽しいがあり泣けるから笑える。
もう最後は笑って逝ったよあの人は!という気持ちで気楽に
書かれるブログ。引き続きサッカー、犬そして映画やドラマのこと中心です。


テーマ:
「やっぱ赤いユニってスゴイよな~。スタンドが真っ赤なサポに取り囲まれると妙な威圧感あるじゃん」
「浦和とか韓国とか、あミランだろ~」
「青じゃだめだよな~。なんか穏やかじゃね~?」

この会話を聞いたのは埼玉スタジアムです。
私の席のすぐ後にいた男性達の会話…青はリラックスさせる色ですから。
確かに威圧感ないよね。ネコ型ロボットが赤かったら…恐いかも~。
クールに見えてしまうので恋を求める女性には禁色みたいです。
…だから私恋とご縁がないのね。ピンクだよピンク!!!!

というのはさておき、ジーコ・ジャパンにとっては日本で行う最後の試合。
外気も試合も寒かった…………正直、中盤のメンバーが替わっても得点力には
期待持てないなぁ。
いやむしろ俊輔のFKが一番可能性ある?なーんて考えてしまいました。
そしてやっぱり予選のスペイン代表なんですねぇ。
左サイド突破し中に送ってシュートは枠の外…またはGK正面。
右サイトのクロスからシュートははずれ…。FK、ミドルもダメ。

レージェスの突破!トーレスシュートは枠の外!
ラウールはまだシュートを打っていません。
ホアキンから中に入った!あぁGK正面だ。
バラハのFKはバーの上をいき、アルベルダのシュートはサイドネット。
うーんこんな光景がフィードバック。

サバイバルに気を取られすぎ、自分のアピールばっかでチームとしての勝利を忘れてしまった感もありました。
痛いのは中軸のFWがいないところ。存在感や威圧感、そしてチームをもり立ててくれる闘志のあるFWを選んで欲しいなぁ~。というかもう決まってるんでしょ。
FWだけじゃなく他のメンバーもそうなんだろうけど、やっぱり松田と中澤のコンビというのは世界に発表して欲しかったな。

ドイツ戦とマルタ戦で良い感触を掴んでいただきたい。それだけです。

さて~遠路はるばる自宅にかえるとFAカップの決勝はもう前半も40分近い時間でリバプールが負けていました。なんというかジェラード魂のゴールがきまり、同点としたのも束の間またリードを許すという展開。なによりも捻挫してたシャビやら足故障してるキューウェルらが交代です。
(モリエンス登場だよ後半!)
なんだか足つるメンバー多発で我慢大会みたいなピッチの光景に唖然…。
そして足つりメンバーの一人ジェラードがまた考えられない位置からのシュートで同点となり結局3-3のまま延長戦。ここでもしびれクスリがドリンクに入っていたかのようにみなさんヘロヘロ状態でPK戦となりレイナが頑張って勝利!
…ドラマチック・リバプールですねぇ。PK戦はGK活躍がお約束なのか??
フジのアナウンサーに一言ぺぺはホセの愛称です。

魂もった選手がいるチームっていいよねふとそんなことを考えたFAカップファイナルでした。


モリエンテスが小さく見えるリバプール

赤ナンド
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
君もコップなのか?

休暇返上だけど、実は周りのスタッフだってクリスマス休暇だから結局は数日お休みになったラウール。その数日間をリバプールで過ごしていたとは!
宿泊先はモリエンテス宅なのだろうか。で、家族は?
いい気分転換になったかな?多分モーロと思いっきりべっちゃべってストレス発散したんだろう。
あ、日本土産受け取ってたりして!!

試合は旧マドリー選手対決ってよりまオーウェン古巣対決ってやつでさぁね。
ニューカッスルはシアラーもいるし、ルケも移籍したところ。
好ゲームを期待したんだけど…リバプールのワンサイドゲームになっちゃいました。
しっかしなんでしょう、あのパスやらスペースの取り方!
面白いじゃないか!
なんだかリーガの1試合みてるみたいだ。正直いって、今のマドリーよりも面白いサッカーをする。
多分ラウールも……興味持ったんじゃないかなぁ。ちょっぴり一緒にやってみたいって。
粕谷氏は「ラウールやロナウ丼がこのチームにレギュラーで入れるかどうかわからない」と言ってたけど…ゼンデンがいない左サイド…もしかしたらラウールやれるかも…。(ごめんね、キューエル)

解説されるまでもなく、なんであんなにニューカッスルのディフェンスは緩いんだ?
リバプールのパスが面白いようにまわるし、要所要所でリバプールのディフェンスがしっかり守っている。連勝に無失点記録更新じゃん。
あと、レイナもいい飛び出しするし、安定しているんだな~。
もっとも若い頃から期待されてたキーパーだから、正当な評価をされて良かったよ。
まだまだ勉強不足なので、時々フィナンなのかカラガーなのか混同することがあります。
いやあれはジム・キャリーなのかヒラリー・スワンクなのか
ジェラードのクロスはとんでもない所まで飛んでくるし、シュートだってなんであんなに強く撃てるのだろう?ハートも強いし、だんだんジェラードが好きになってる(笑)。
ベニテスのチームは更に熟成されていくのでしょう。
それでもまだまだ先にいるのがチェルシー。そのチェルシーとバルサのあたるCLって楽しみだな♪

ラウールはモリエンテスだけでなく、レイナやシャビ・アロンソ、ルイス・ガルシア、そしてラファ、さらにはルケとオーウェンと話をしたようです。
モリエンスの行くところにラウールの影あり!ってことです。
モナコにも行ったし、今はリバプール通い。……でもさーマドリーVSモナコの悲劇再びってことにならないといいけど。
マドリーVSリバプール……チームワークではリバプールの方が上でしょう。
経験値はマドリーの方が高いと思うけど。ハートの面でもジェラードのいる赤とラウール不在の白。
…源平合戦かって。歴史上では白の源氏が勝つけどさー。

この試合の感想をぜひともラウールに伺ってみたい。
そつなく「素晴らしいゲームだった。ジェラードは偉大なキャプテンだし、彼のパスは一級品だと思う。守備も安定しているし、リバプールがリーガのチームでないことはラッキーだと思うね。それからこのチームにいるスペイン人選手が代表に入ることは同然のことだと思うし、彼等や他にプレミアリーグでプレイしている選手達が代表に新しい風を運んで来てくれるから今度のW杯は期待できると思うよ。僕も早く復帰できるように頑張ろうと思っている」
なーんてことでしょう。(Pepita想像なので本気にするな!)
「僕もこんなチームでやってみたい…」なんて言ったら大騒動。

ちなみに、私のウイイレですが…ラウール加入のリバプールはエキシビジョンマッチでマドリーに3-0で勝ちました!得点者はジェラード、ラウール、ルイス・ガルシア。
マン・オブ・ザ・マッチはラウールでした♪
8でずーっとマドリーでプレイしてましたが、操作性の違いなのかなぁ。それともデフォルト設定のせいか、マドリーの方が…楽に勝てる。あ、うちのマドリーはロナウ丼もベッカムも不在で、モリモリ&ラウラウ、フィーゴ、ジダン、ビセンテ、エルゲラの中盤でぶっちぎり優勝しました。
(初心者モードですけど)
9では思い切ってラウールとセルヒオ・ラモスをリバプールに移籍させました。
でもセルヒオをレギュラーに入れる事は難しいです。
レイナ、クラウチ、シソッコもです。今度ラウールを左サイドにもってきてやってみようかなぁ。

…ロナウ丼加入前のマドリーは本当に楽しかったんだけどなぁ…。
AD
コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジンクスかよ
日曜日、寒かったです。足先が凍り付いてしまうくらい…。
日産スタジアムって底冷えするんだよぉ~。特に上の階はダメだ。
なにせホームスタジアムですから。夏は時々涼しい風が吹き抜けて行くのだけどねぇ。
周りに高い建物がないし、雨も吹き込むスタジアムだもん。

2000年のトヨタカップを思い出した…。
寒くてよー試合内容も寒くてよー。マドリーがボカに負けた試合ですねぇ。

そしてリバプールってばトヨタカップには勝てないジンクスでもあるのでしょうか。
なんだか、負けて益々応援したくなった。そしてブラジルに対する心象がまた悪くなったぞ私の場合は。
あの乱入男ってコリンチャンズファンのブラジル人だったって?
サンパウロに対する嫌がらせとか言ってるけど、あれで水さされてリズムが悪くなったリバプール。
まったくブラジル人(怒)って気持ちになってしまう。
関係ないだろう?日本の警備に汚点がついたね。今後の大会運営にも影響するかも。
あーゆーバカな輩は入国させるなって。もし日本人だったら島送りぐらい厳罰に対処して欲しいよ。
パスポート没収とかさ。スポーツの運営を邪魔するバカ者にスポーツを観戦する資格などないし、邪魔する為に金払うバカからは財産没収しろって!

友達とも話していたのですが、ジャッジングに偏りありませんでした?
まーね、チャンスをものに出来なかったリバプールが一番イケナイのですが、なんだか偏った裁定があった様に感じました。これはリバプールサイドでも言ってたみたいですが、単なる客もそう感じました。
しっかしスペイン代表症候群がここまで蔓延してるとは…。
これがW杯ででたら大変だ。決勝トーナメントでブラジルと当たる可能性は大だし…。
それにその前に試合を見ていましたが、サウジアラビアだって気を付けないと足下すくわれるぞ。
サプリサの終了間際FKには驚愕しました!
蹴る側から観ていたので軌道をしっかり見届け、入った瞬間「おぉ~」という感嘆詞が出ちゃいました。だけど本当によそのチームの話って程度でしたよ(笑)。

リバプールぅ…ラファ父追悼だったのになぁ。
あと、アナウンス!トヨタカップの時ってそのクラブチームの国の言語でアナウンスはいるのに、今回は日本語と英語のみ。それはダメだよ。
ブラジル人「黙祷」ってことが分かってなかった。
静まり変えるスタジアムにサンバのリズムが……空気よめっ!!!!

マリーシアって場合にもよりますよねぇ。臭い芝居みたいな転がり方とか痛がり方は最悪。
これ、後でみたマドリーでロベルト・カルロスもやっててうんざりしちゃった。
誰かさん達のお陰ですっかりブラジルがウザくなってきたなぁ。
セナ好きなんだけど……。家にあるサンバやボサノヴァのCDもしばらく封印かなぁ~。

セルティックも引き分けだし、マドリーもなんとか引き分け。
魔の日曜日になってしまった…。

マドリーよぉ~ソルダードにここまで2回救われたなっ!!!
カロちん、よくぞソルダードを使ってくれた!カロちん…ガンバレ!私は支持するよん♪
それにしてもカードの多い試合でした。
ロベルト・カルロスの大芝居に騙されるなよ、主審!!!!
次節…サスペンションってサルガドとグティなの?
……今年は多すぎるってカード収集。

なんか寒いとマシンの調子も変。ってか部屋寒い。指も痛くなるのでここでオシマイ。
AD
コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジャンガジャンガ?
この週末、サッカーみてないなぁ…。
まずはセルティックで俊輔お休み。マドリーは…デジタル見られるのですが気分的にちょっと。
けどブラボとジダンの終了間際の得点があったというので見ておけば良かった。
リピート放送みようかと思ったのですが24の4thシリーズを見てしまった。
ラウールがいないとこうなるか?
いやいや…風邪まだ治ってないから無理せずに。
それにしてもWOWOWはマドリー見切ってバルサメインに行くのでしょうか。
これからも試合の日にちがかぶるとマドリーはデジタル3に追いやられるのか?

ついでだからコクりましょう。CLは決勝トーナメント進出が気になるリバプールを見てしまいました!かなり得点差がないとリヨンを抜いて1位となれないマドリーだったし、ラウールケガ前から「2位通過」と踏んでおりました。
いやーケガしなくてもリヨン戦は休ませてほしかったし、最終戦は休むだろうと思ってましたよ。
だって子供生まれそうだったしね。なんかこれも前倒し、ついでもパパも倒れてしまった。
……だからね、今はラウールを見習ってポジティブに考えることにしました。
今のラウールは産休中……じゃなかった育児休暇中こう考えるとまー落ち着きます。年内はきちんと休んで、手術回避で来年からよ!!!!!!

でね、やっと本題。プレミアシップのリバプールの試合ですがこのところ放送されません。
モリエンテスのゴールも見られなかったし、この週末はリーセのゴールだったそうで。
そしてまた倉内くんがゴールできませんでした。
笑えるのは日刊スポーツの最終面倉内くんデカデカ登場!
あの体型、関節の位置がおかしい?なんて思える動き。なんだろう…彼を見た衝撃って例えるならば
アンガールズのジャンガジャンガを初めて見た時に似ていると思うのは気のせいか。

なんだかリバプールが倉内くんを見守る会って気がしてきた。
もちろん会長はベニテスだ。副会長がジェラードだろうか。
じわじわと会員が増えている気がします。
その目はマドリーの岡村くんを見つめる目よりも温かい…のかなぁ。
岡村くんの変わりすぎる表情がまたファンのイライラを煽っている気もします。
倉内くんは…気の毒になってくる。あのPK止められたシーンなんか。
気の毒なんだけど笑えるのは倉内くんだからか?
そんな倉内くんを12月みてきますよ、日産で。お目当てはモリちゃん他スペイン人です。(監督も含む)決勝カズもでてたら別の意味でも楽しいかも。

どーでもいいが、ラウール復帰までにはせめて4位キープして欲しいなぁ。
それからロナウ丼…あまりいい加減な発言はしないで頂きたい。
確かにバラックは素晴らしい選手だと思いますがジダンの後に…とか一緒に伝説を作ろうとか。
月に変わってお仕置きしてよかとですか?
お前なんざ見守ってやらん。だってかわいくないもん。
コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
アロンソ弟

木曜日は休診です、家の近所の医者!こっちも休みだから行きたいけど行けない。土曜日は仕事だし。
なんだか鼻水が…それも風邪っぽくないのよ。…まさか秋の花粉症?
杉花粉に悩む私は…いやーな予感がします。11月末になるまで病院にもいけやしない。
ただの風邪ならラッキー。スポーツ選手はドーピングにひっかかるから、花粉症でもクスリが飲めないそうです。実際、練習場付近にある杉を伐採したチームもあるそうです。

さて、リバプール。勝ちましたねぇ~。調子いいんだか悪いんだか。
実況、解説ご指摘のとおり身体が重そうに見えました。モリエンテスは膝の調子が良くないそうですが、代表戦があるので無理して欲しくないです。代表におけるモーロのゴール率はめちゃくちゃ高いので敗者復活でもゴールを決めてもらいたい!そしてリーグ戦で連続ゴールを挙げているシャビ・アロンソにはカードではなくゴールを!

シャビとルイス・ガルシアそしてモーロと繋がったパスに思わずうっとり。
リバプールのパス回しはもしかしてマドリーよりも華麗かもしれません。
ベッカムのパスよりもジェラードの方が美しいパスと力強いシュートがあるので、私はジェラードの方が買いだな。……もしラウールがリバプールにいったら…とつい想像してしまった。
まーそれはウイイレ9買って試してみようかな~って思います。
サッカーゲームで初めてマドリー以外のチームを操るってのもいいかも。
ラウール移籍か…。ついでに右サイドバックにはサルガドも連れて行こうかしら。

イングランド代表はあまり興味がないので倉内…こう変換したかATOK!クラウチについては殆ど解らないのですけど、あの人の動きは身体のどっかが悪いみたいな印象を受けます。
ノルウェーのフローもバカデカイ選手ですが、あんな妙な動きはしていないと記憶しております。
ズラタンだって大きいよねぇ…。手足が長いからというワケではなく、なにか関節が違う方向についているというか、誰かに操られているのか……スムーズさにかけるというか…。

アウエーの白いユニフォームとストッキングのせいでしょうか。
リバプールの選手は膝下長い人が多いようなきがします。
シセ、モーロ、キャラガー、クラウチ……。まあね、イギリスの選手は割と膝下綺麗よね。
アフリカ系の方々も。マドリーも白いストッキングなんだけど……。
ラウールは松田聖子系みごとなO脚だし、ロベルト・カルロスは筋肉の塊だし……。
どうでもいいことでしたね。

シャビ・アロンソとえば、兄弟選手としても有名です。おにいちゃんはつい「しっかり!」と応援したくなるタイプ…って中川家のおにいちゃんみたい?
どうもサッカー選手は弟の方が出世するような。
日本で言えば三浦兄弟、そうカズさんです。ヤットもそうだっけ?
古くはドイツのフェルスター兄弟。弟のカール・ハインツは天使の顔もつCF殺しと言われていた…。
ぶっそうなニックネームですがそれはハンサムな選手でございました。
86年のW杯決勝でマラドーナのマークをしていましたっけ。がんじがらめに押さえたつもりでもディエゴはするりと抜けていった…。
シャビも弟出世タイプなのか?最初「なんて大きな顔なんだ」と思ったけど…実際みると惚れます。
昨年イタリア対スペインの親善試合でそう思いました。遠目でも顔がデカイなぁ~なんて思ったけど佇まいがカッコイイ。雰囲気があるんですよ。思わずみちゃうタイプ。
けどモーロとラウールのコンビみちゃうとそっちばっか気になってしまった。あの二人本当にお互いの動き出しが解っているだよねぇ。こっちは血の繋がらない兄弟ですから!

……あーリバプールの試合を書くつもりだったんだけど、なーんも感想書いておりませんな。
だってCLの影響のためかみんながたついていたんだもん。
マドリーもそうかもな……。ラウール、サルガド、セルヒオ、イケルケガだけはしないで!
(パブロおばはんもそうだ)
やっぱりCLの日程も考えた方がいいかもしれないねぇ。選手のコンディションが悪いと見てる方も面白くないよ。親善試合の日程云々言われるけど、各国リーグの試合数も考えなきゃいけないんじゃない?…スペインなんて長いですよ。CLの決勝にでちゃうとW杯本大会グループリーグがきつくなりそう。…今度のトヨタカップが不評な理由もよくわかります。
客は…いい選手のいいプレーがみたくて試合に行くってってことをFIFAを筆頭に世界の協会が理解を示してくれるといいのですけど…世界的にサッカー=お金儲けの図式が出来ているから難しいかもね。
 |  リブログ(0)

テーマ:
タイトル1丁
ぴりっとせん試合をみてもーた。
場所はモナコ、スタッド・ルイ2でございます。
ここは……思えば昨年モリエンテス探しの旅に出たとき立ち寄った場所ではないですか!
大学と隣接した、海にほど近い小さな競技場……正面には「スポーツ」と名付けられて像が飾られています。ぐるっと1周してもあっという間、ベルナベルの大きさが異常なんだわ、あれは要塞?
などぼんやりと考えてしまいました。

さてさて、CL抽選会のあとのスーペル…いやスーパーカップ。
モリエンテスにとってモナコは特別な場所、ゴールを決めたかったに違いない。
なによりも2002年はベンチに入れて貰えなかった…。
2003年はモナコで大活躍、だれよりも戦いなれたフィールドに戻ってきたのだから気合いも入っていただろう。
だけど、どなんでしょうねぇ~。この人気合いはいると空回りすることが結構ある…。
気負うとスカッとはずすから……男前なのにヘタレといわれる所以はそこか?

ジェラードをケガでかき、日程もぎちぎち。
早々と本気モードの戦いが続いたこともあり皆さんお疲れなのか?
やはり新戦力とのマッチングがイマイチなのか…。
解説ではモリエンテスの存在感が薄いといっていたが、パスがこなきゃ何もできない。
ゴール前のクロスも不正確だったり、ルイス・ガルシアにブロシュの生き霊が乗り移ったのか
やたら“出る”んだからそれは無理という話。
1トップ張ってる選手がボールとりに下がるなんて出来ません。
もうちょっとルイス・ガルシアがモリエンテスのサポートにでても悪くないかもなー。
と思ったけど、なんだかサイドがゆらゆらだった……。

けれど、ゼンデンという選手…プレミア見ていないし、オランダ代表も疎かにしていたので知らなかったのですが……いいな、この人!!
遠目にみると“メンディエータ”?なーんて思っちゃったけどこの人はクレバーだし、判断力も優れているなと感じました。
この人がジェラードとシャビ・アロンソと上手く中盤を構成したらいいボールがトップに入って来そうだし、ジェラード頼みの中盤からの攻撃が程良く分散されそうだ。

そしてシセ、この人の速さはただ速いだけじゃない感じ。
どこかの横綱どんも速いけど、まるで野生動物みたいでわくわくする!
あーエトーと同じ匂いなのか?エトーよりもより野生に近い感覚だと思うけど。
ハーマンからのパスだっけ?シセの2点目は。
最近マドリーはあーゆー絶妙なロングがない。えっ?ベカモですか?????
彼はオーウェン限定パスですから。マンUに置いてきました。
あとイングランド代表戦までエネルギーチャージしておかないと出せません。
んでもってサイドチェンジばかりです。イエロの出していたパスとは違います。

実況ではやたら右が必要だとかほざいてましたが、どこのチームだって足りない場所はございます。
それを補いながら戦うものなんでしょ?
チェルスキーのように豊富な財力があっても……コマが揃ったってもめるんです。

リプレイで流れましたがモリエンテスのヘッド、相変わらずの滞空時間でございます。
彼はホント飛んでるみたい。
いやーマドリーは空中戦弱いから。後からわざわざ出てこないとだめだもんなー。

結局は逆転勝ちのリバプール。へたれ王者は健在です。
何はともあれ、おめでとう!早く立て直せよ!!


そしていよいよ、リーガも開幕。
なんですかルシェンブルゴはラウールだけではなく、ロベルト・カルロスとカシージャスにまでイヤホンを装着して欲しいと言ってるとか。スペインサッカー協会よ、NOといってくれ!
コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

テカテカのラファ


やったねーリバプール。こんな面白い試合が見られて幸せ。朝早く起きたかいがあったものだ。
まさに「You'll never walk alone」でございましたよ、イスタンブールは。

大方の予想はミランの勝ち、1点取って守って攻めてきた隙を見てのカウンターで2点。
いや最初から想定外でしたよ。1分も満たない間にマルディーニですよあなた!!
勝ち上がってきてからのキーマンであるクレスポが2,3点目をたたき出し、リバプールサポ…コップはまさに葬儀参列者とった感じ。
ところがどうでしょう。後半からイケイケ!
ジェラードの得点は大きかった。やっと彼の良さがわかりましたよ。
守るの上手いなぁ~。どうも2002W杯予選でカーンから得点を奪った印象ばかりだったからこんなに守備がきっちり出来る人とは思ってなくて、認識のなさを大反省。

やっぱりダイレクトプレーがでるとイングランドサッカーの持ち味が出るな。
だけどそこにスペインサッカーがからむとまた味が濃くなる。
マドリーだと上手くいかないけどリバプールでは成功してるななんで?

デュデクがかなりハンブルしたり危なっかしいプレーを披露していたというのに、いざPK戦となったらなんですか大ヒーローになっちゃったよ。
これだから試合って…。

ずっと放送席にいたモリエンテスも表彰式にはばばーんと登場。ラファと抱擁して頬寄せ合って、めちゃくちゃ嬉しそうだった。
この大会に出られない事を知っていての移籍だったのにね。
出られるはずだったスーパーカップの表彰式とは大違いだった。よかったね、モーロ。

しかしながら、マドリーは時代に逆行した補強を行うつもりなんでしょうか。
時代はビッグネームがひしめき合うチーム有利じゃないのよね。むしろリスキーになっている。
ベテランは必要さ。けど若手の育成を妨げちゃいけない。
少数の飛び抜けた選手にみんなついていくのさ。大きな試合だからこそのスペクタクルをこの決勝が教えてくれたでしょ。チャリティーマッチみたいなチームは回数見られないからありがたいのよ。

で、リバプールは今年2回来日決定ですか。
マドリーとかさなりそうだからこっちの日程も調整が必要だわ。

チャンピオンの一員を迎えるスペイン代表…どんな感じかな。
カニサーレス…ついに代表落ち!時代の流れですかね。
コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

髪留め(笑)


去年はマドリーがモナコに負けると予想して的中。いや、フレッシュモナコにノックアウトされたのですっかりファン。今年は…あはは~1年限定だったしね。
今年からちょっとリバプールの試合を観たりしてます。
まだプレミアには慣れないけど、モリエンテス見たさに…にわかファン以下ですね。

今年はセリエかプレミアのチームが優勝と公言していた私、一昨年のミラン優勝は開幕前から言ってたんですよねぇ…そろそろマドリーと言いたいが……今のところは何とも言えない。
ラウールの調子が戻らない限り難しいでしょう。

そうそうレッズです、やはりアンフィールドには魔物がいます。
あの歌は呪文なんだよ、きっと。チェルシー選手のそっくりさんがでてたんじゃないのか?って位どうしてあーもゴールが遠いのでしょう。
シャビ・アロンソいなくても頑張ったよ。ジェラードもイマイチだったけど、なんだかこの大会のラッキー君はルイス・ガルシアなんだろうか?それともベニテスだったりして…。
いやモリエンテスだ。たとえ出場してなくても
所属チームが2年連続決勝進出!

レッズに関しては教えてもらわなくちゃいけない事ばかりなので何とも言えませんが…。
チャンピオンズ・リーグ決勝で、シャビ・アロンソが観られるのですよっ!!!!
ちょっと興奮してきます。スペイン人も外国で活躍できるんですよ。ルイガル…しっかり!
マドリーではCLでたことあったっけ?のヌニェスが出てるし……なんだかもうスペインマニアとしては嬉しい限り。それにしてもリーガ…このていたらく……ヨーロッパに置いてけぼりだよ。

どうなるかな、決勝…イスタンブールか。

追記1:コメントありがとうございます。
追記2:「リバプール十字軍/ジャッカル」しってますか?随分昔、男性デュオのジャッカルっつー人達がリバプール十字軍ってのを歌っていたのですが…子供心に変な歌だなぁ~と感じおりました。
知ってる方いらしたらお知らせ下さい。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Gooooooooool gooooool de Morientesってな具合に騒げなくなってしまったねぇ。これでリバポーな人になってしまったモーロ。こっちでもナンドって言われてるのかな?移籍後初ゴール、決定的なチャンスを自らぶっつぶしてしまったモーロですが、きちんと仕事をこなしついに待望のゴール。先制を許していたアウェーで同点に追いつくゴールと逆転のゴールにもちゃーんとパスで絡んでいたのは見事。
モーロはヘッドだけではなく、足技も使え、パスも出せるという証明ができました。
流石週給1,700万円の男だわ。
ペナルティエリア外からのシュートだった訳ですが、ボールを受けてからドリブルし、相手を上手くかわして落ち着いてシュート。あーこれぞモーロなのよ!!
頭の使ってるの!(球にぶつける使い方じゃなくて~)
チームの連敗も止まったし、ちょっと安心。
ただけが人が多いチーム事情もあってかどうも守備がヨロレイヒーな印象を受けてしまうリバポー。中盤からの攻め上がりもまだちょっとそれぞれやっている感じで一環したビジョンが見いだせていない。やっぱりねー中盤の守備というのは大事だと実感してしまうな。ここがしっかりしてると守る方も楽だし、攻撃もやりやすくなる。
相変わらずモーロは守備にちょろっと顔だしたりしてますが、まだブロシュとのコンビネーションは今ひとつ。同国人のせいかルイス・ガルシアとは絡みやすいようだ。
キャプテンのジェラードがモーロに気を使ってるなぁ~と感じるのはパスもそうなんだけど得点後の喜び方に現れていたようにも思える。

…好きになれそうかな?やっぱり勝つというのは大事なんだなーと実感したゲームでありました。

朝試合見てから「人体の不思議展」ちゅーものを友達と見に行った。
ちょっとグロいけど、人間の身体っていろんなパーツで構成されてるんだなーと感心する。とくに血管はもの凄い数。部分的にみると珊瑚の様にも見えるのが面白い。
筋肉がどこでどう繋がっているのか整体で随分きかされたけど、人体見本をみるとよく理解できる。人体輪切りとか日常生活では絶対にお目にかかれないものを見ることが出来、なかなか良い体験ができた。
そして脳年齢と骨密度チェックもした。
脳はかろうじて実年齢より3歳若かった。骨は恐ろしいほどみっしりしていた。20歳を基準にしたら+17%、実年齢は+23%と問題なし。
…整体や医者からがっちりしたいい骨格と言われたのは間違いなかったというわけか。
さらにリラクゼーション体験をして、ストレスチェックをうけたら頭が少し疲れてると診断。
確かに最近は記憶力低下などもしかしたら脳腫瘍?とテレビの影響かかなり心配していたのでほっと一安心。疲れてること確認して安心というのも変だけど、やっぱり嫌な職場での単純作業は身体に悪いということも立証されたわけだ。

リラックスは身体に良い。モーロも初めての試合は緊張してるのが表情でわかったくらい。この試合はいつものモーロらしい印象を受けたからゴールできたのかな?
寂しいのは黄色いユニまるでレイソルを纏っているのと得点後喜んでくれたのがラウールじゃないって事くらいか。
でもなーもうベルナベウでは白いユニのモーロを観られないから.
聞こえてきた応援の声は「モーリエンテス、モーリエンテス」であって、「モリエーンテス、モリエーンテス」ではない。
私もこれでふっきれたんだー。
コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日は午前から午後にかけて月に一度のリフレッシュ・タイム。
おばあちゃんの原宿と呼ばれる都内某所(ばればれ)でのーんびり。
有名なお地蔵さんと対面してきました。最近右側の腰が妙に痛くて。
これ多分「臀部」の凝りが原因じゃないかと。座り方などに問題ありだと思われます。
ハムストリングを強化しないとバランスの悪い体になってしまふ。

夜はラウールファン並びにマドリディスタである友人とお食事。
あーでもない、こーでもないという話で盛り上がる。
思うところは一つ、守備が安定すればラウールのゴールも増えるよね。
余計な守備しないで済むし。それでも世界一コンビプレーのできない2トップ、いつまで続けるのだろう、ロビーニョきたらやっぱりラウールは左サイドに戻るのか?カシージャスと早く契約延長しろ、エルゲラを大切に。
などなど。

カンテラーノの伸びが今ひとつなのはガラクティコスという蓋があるからね。ブラックホールに吸い込まれちゃってる。試合ださせてもらえないから、噛み合わないでしょ。ラウールだって育てながら使ったじゃありませんか。
そうでしょ?カンテラーノじゃありませんが、モーロだって最初は控えだったけどチャンスもらってそれを活かせたし。そのチャンスもあまり与えていないぞ。
スペイン人、カンテラーノ達のマドリーへの道は閉ざされたのか?

そして夜。リバプールの試合なのですが、本当に悪い時期にモーロ行っちゃったのね。
中盤スッカスカですが、リーグ戦前半を見ていない私にもシャビ・アロンソがいなくなったせいかしら?と感じます。おそらくプレミアにはピボーテという認識というのはないと思うからまたスペインにいたときと若干ちがう仕事もしてたかもしれないけど、彼のインテリジェンスを感じさせるプレー、奪ったボールの処理といかに攻撃に映すかというものは代表戦、ラ・レアル(ソシエダ)見てたから想像しやすいのえす。

どうも解説と実況に不評なモーロ。モナコに対応するのは早かったけど。
でもまー試合すぐゴールという訳ではなかったので、その当たりはもっと冷静に見守って欲しいです。モーロ、ラウールやジュリのイメージじゃだめだよ、バロシュとは…。
むしろ横綱と組んでるイメージ…ってやってないよ、殆ど一緒に(苦笑)。
モーロはモナコでセカンド・ストライカーもこなしたのです!ボールはたける人なんです。ヘッドだけじゃないんです、守備もちゃんとするんです。
ふと青山お返しするからモーロと交換してと言いたくなる自分。

そして、思ったのはジェラードを好きになれるかでリバプールというチームを見る目が変わるのではないか。多分彼の調子が私が見た2試合いま一つだから退屈な印象しか受けないのではないか。もともとイングランド代表を応援してはいないし、あまり興味もないのでジェラードの印象ってのも薄い。ただW杯予選でカーンからゴール奪ったんだよなって事実だけ。

シャビ・アロンソの復活とジェラードの活躍、モーロのゴール、私がリバプールに声援を送る気持ちを持つ、どれが一番早いか。これからの楽しみだな。

モナコに対してはすんなり面白いな、いいチームだなという印象を受けたのは恐らくジュリという選手が私好みのプレースタイルだったからでしょう。
GKのローマもステキだったしね。あとフランスもラテン系、CL見ても面白いものフランス・サッカーって。代表もそうだもの。

音楽と映画、アートなどサブ・カルチャーはU.K好きなんだけどどうにもこうにもフトボルのスタイルが…。これで面白みを感じるようになったら私もサッカー観戦者として一歩進むことになるのかしら?

それにしてもフエラでのリバプールのユニは真っ黄色。
サザンプトンが赤白シマだったのでアスレチック対ビジャレアルに思えてしまったよ(笑)。黄色…柏レイソル?モーロの黄色はちょっとね~。
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。