笑って砕けろ!

Mis Favoritos//引退までのカウントダウンからタイトル変更!
人生笑った方が勝ちだー!
苦しいから楽しいがあり泣けるから笑える。
もう最後は笑って逝ったよあの人は!という気持ちで気楽に
書かれるブログ。引き続きサッカー、犬そして映画やドラマのこと中心です。


テーマ:

誕生日の前に、色々と検査をした。

 

もともと8月には子宮筋腫の治療として子宮全摘手術をする予定だった。

 

実は数ヶ月前から血便と思われるものがでており、気になっていた。

お腹の痛みは筋腫のせいかな?そう思っていた。

 

検査の結果、便潜血があるので要検査とのこと。

内視鏡検査をしたら…「結腸がん」が発見された。

 

胃と肺の検査の予約をして帰宅すると、病院からの電話で8月9日だと消化器、婦人科の医師が揃うので手術可能とのこと。この日を過ぎると暫く待たなければならない。

 

ならば、と電話口で手術日を決めた。

もともと23日に手術予定だったので、2週間前倒しでもよいか…と。

 

そして、6日に入院が決まった。

 

入院前の検査で胃と肺は何も問題なし。

 

そして手術。予定は5時間半くらいの長さだったが3時間半弱で終了。

出血も少なく、輸血は無かった。

初見よりもがんの大きさも小さく、後の病理検査報告ではステージ2、リンパへの転移無し、抗がん剤無し。

一安心だった。

 

検査から結果、手術までがあまりにも慌ただしかったので「がん」ということにピンときていないそれが正直なところ。

 

ただ、手術をして2日後の朝…子宮がなくなってしまったことに対して泣けてきた。

とても泣いた。

不思議となんで私はがんができたのだろう、という気持ちにはなっていなかった。

むしろもっと前に自分を労っていたら筋腫も小さくてすみ、全摘ということにはならなかったと感じた。

そう思っても、がんが見つかったので予防のために卵巣も摘出した。

 

けれど、泣いてなんだかすっきりした。この手術があったのでがん摘出も同時にできたのだ。私は子宮に助けられたのだ。最後の最後に子宮が私を助けてくれたのだ。

ありがとうと何度も言って沢山泣いた。

 

今のところ、私の体にはがんがないと思われる。

なのでこれからもそうありたいと思うのだ。

 

この夏あったことを心に刻み、自分自身の体の声をきき大切にしようと自分自身に誓った。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

Pepita(ペピータ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。