笑って砕けろ!

Mis Favoritos//引退までのカウントダウンからタイトル変更!
人生笑った方が勝ちだー!
苦しいから楽しいがあり泣けるから笑える。
もう最後は笑って逝ったよあの人は!という気持ちで気楽に
書かれるブログ。引き続きサッカー、犬そして映画やドラマのこと中心です。

うちの秋田犬わんわん、黒(虎)がロクで白がゴーゴ足あと。でもロクの方が年上です音譜



真ん中のド○ンちゃんがワタクシ、ペピータです。モザイクにするとかなり悲しい気分になるので、似てると評判の食○ンマン大好きド○ンちゃんお面にしてみました。
在りし日のロク…天国で幸せにね!



いぬばか

テーマ:
雨が続き、犬の毛もしっとり。
外でゴロゴロ転がったり、寝たり、草むらに入ったり。
雨に濡れたりで、よくある犬が雑巾みたいかほりになっている!

我が家ではにおうとなっちゃんズと呼んでいます。

納豆くさいから。

日曜日、久しぶりの太陽!
なっちゃんズは綺麗に洗われ今度はほわほわ綿菓子ズになってしまいました。
{39795CC4-6E63-45A0-80A9-4930CB69C33E}

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

動物病院で一番こまるのが「1から10でどの位ですか?」と聞かれる事です。

食欲、活力、かゆみなどなど…10をあの時としていいのか?

でも犬はなにも言わないからこっちの判断は正しいのだろうか?

 

先生も時折こちらの判断でも「厳しく見て」と促すこともあるので、少しばかり感情的な物言いになってしまうことがあります。

ずっと見ているわけではないから難しいのです。

 

今回、私も入院してそれがありました。

術後の腹痛で「痛さは1から10でどの位ですか?」と聞かれたときです。

いったいどれを痛さMaxにしてよいか分からなかったのでついついきつめの口調で行ってしまいました。

 

「急にお腹が痛くなってトイレに駆け込む直前位にぎゅっとくる痛さです!!」

 

看護師さんごめんなさい。数値化って難しいのです。こんな言いぐさの私に対して流石に対処になれている看護師さん。

 

「だいたい感じが分かりました」

 

だそうです。

 

しかし、この数値化って…データ入力するための数字なのかしら?

シクシク、ちくちく、どすん、ぐりぐり、きーん…そんな表現はデータ上は却下なのでしょうか。

ドメスティックな表現だからだめなのかしら。

 

だいたい痛さのピークはいつ頃という共通認識ってカルテにあるのだろうか?

とか

いままでどの位の痛さを経験しているのか、確認しているのだろうか?

などと思ってしまうのですが、「いつからいつまでの痛み」という区切りを示していただけた方が伝える側も言いやすいかな?

 

また、女性の方が痛みに強いかもしれないし…女性でも月のものが激しい人とそうでない人との痛み耐久性も違うのではないか?

数値というのは分かりやすいようで分かりにくいということを理解していただきたいな。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

twitterでフォローしている方々のわんこ画像をみていると…

 

狭いところ好き率が高い…ような気がします。

 

うちの犬も狭いところが好き。

 

それも私の荷物がごちゃごちゃ置いてある部屋で変な格好して眠るのが。

 

人間だったら確実に寝違いしてるよ…と思いながらその寝姿を眺めています。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうやら最近は、何かあった場合の裁判を考えてお医者さんは「最悪のケース」までお話ししてくださいます。

私の場合も、手術前日に色々話しを伺いました。

正直なところ、よく理解できない。そして、自分がそんなに悪いのかと錯覚してしまう。

 

そのくらいに細かく、どんな事が起こりえるのかを説明があります。

ありがたいのですが…一度に詰め込んで言わずに、何回かに分けて教えていただきたいのが患者の本音。

正直言って手術は怖いです。だから出来るだけ気持ちに負担を掛けたくはないのです。

最悪なことと問題ないことを必ずセットで教えていただいた方が心の負担も少なくなります。

 

だから私は先生の仰る最悪なケースでは絶対ない!そう自分に言い聞かせて手術に臨みました。だって説明中、貧血でへたってしまいました。

 

そして術後は腸閉塞を起こす場合もあるから注意してください、と言われました。

とくに食事を取れるようになってから。

それにならないように「良く噛んでゆっくり食べる」ことというアドバイスをくださいました。

 

これよ、これ!患者の望む先生の言葉は。簡潔で分かりやすく、納得できるもの。

 

人間の凄い所は大腸になにかあると小腸が頑張って消化をするそうなのです。

でも小腸に負担を掛けると「太る」そうだ。

なので「良く噛んでゆっくり食べる」事が大切だというのです。

 

そしてまた、先生の言葉をしかと受け止めそれを実践しています。

消化器の手術だったので入院前から食事制限もあり術前の断食、術後の食事制限で6㎏ほど痩せたのですが、咀嚼の回数が多いので満腹感もあり今のところ術後の体重をキープしています。

 

でも筋肉を戻したい!体がたるんでる~!

 

 

お医者さんの言う事はとても恐いのですが…ああそうだよねと納得いくお言葉も多いのです。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

地元の駅は開かない踏切解消の工事が進み、駅が地上から地下へと潜ってしまった。

踏切がなくなったのは事故防止にもなるし、待ち時間が少なくなるという利点も多い。

 

でもね…不便も多いのだ。

 

駅の向うとこちらを繋いでいた改札前の階段とエスカレーターがなくなったので、ぐるっと迂回していかないと目的の場所に行けなくなったのだ。

これは…行って戻る道のりなのでタイムロスが多い。

 

なかなかそれも面倒であり、街の分断は踏切があった頃と変わらない。

 

なによりも駅、乗り換えが不便になったのだ。

なにせ下へ下へ。エスカレーターも階段も長いのだ。

今は駅構内の導線も悪くしっちゃめっちゃか。暫く構内に入っていないと乗り換え通路が変わっているので迷ってしまうのだ。

 

余計ないらだちを覚えてしまうのは、ものすごく残念な気持ちになる。

 

駅の外も色々立てているけれど、実際に駅周辺に住んでいる人々は若い人だけではない。

そんなわけの分からにもの立てるなら保育所や駐輪場作ればいいじゃない?

 

ふと、店の看板が無ければ道路もすっきりするのだけれど。

だってパラリンピックやるなら、街の置き看板邪魔だって気が付かないのだろうか?

 

駅ビルに洋服ばっかりあるよりも、それこそ保育所や銀行、郵便局、役所の出張所、病院の検査施設(血液検査などが提出できる)などがあれば生活の時短にもなるしより暮らしが楽になるような気がするのだけれど…。

 

駅ビルこそ、もっと柔軟に考えればいろいろな使い道があるように思えるし、人が暮らしやすくなるための都市再開発だと思うのだけど、政治家や役人、大企業の方々はそう思わないんだ…。

そこで暮らしている人、そこを利用する人々の意見を取り入れての再開発なら本当にそうなっていると実感できるのにね。

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今まで二頭飼いをしていましたが、これほど片方の犬にべったりするのは初めて。

ロクはゴーゴにかなりべったり。

ゴーゴが病院へ言った時も泣き叫んでうろうろ。

家の内外をくまなくチェックしてドアをがりがり(母親談)。

病院に「いつ戻ってくるの?ロクが寂しがっている」と着電があったほど。

 

お散歩中でもちょっと離れてしまうと、ヒーヒー鳴き始めダッシュします。

 

「うーん、それは依存症かもしれないなぁ。お散歩も一匹でしてみる訓練も必要かも」と動物病院の先生からアドバイスを受けました。

 

お年寄りのゴーゴを家に戻してロク一人旅をもくろんだところ、後を振り返って座り込んでしまいました…失敗。

 

わざと散歩ではぐれても走ってしまうので持ち手がしんどい。

 

来るべき日の為に訓練しておかないと…とは思うのですがなかなか上手くいかない。

家の中で昼寝の場所がちがっても、それは「いる」と確信しているから大丈夫なのでしょう。

 

こんなケースは初めてだから…犬を飼うのは難しいです。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

退院後、食べるものも通常の物。

 

まだお腹がひきつれる事もあるけれど、入院中のような腹痛は無いので痛み止めを全く飲んでいない。

 

卵巣がなくなったので、必然的に更年期障害の症状がでてくる。

いわゆるホットフラッシュというもの。

 

がんを発症したのでホルモン系の薬は飲めないとのことなので、この症状が頻繁におこり憂鬱になるというのなら漢方を処方すると言われているけれど検診にはまだ時間がある。

 

そう、エストロゲンの減退によって起こる症状なので更年期にはクラリセージというアロマオイルが良いとされている。

けれどこのエストロゲンはホルモンだからこれは避けた方がよいのか?

 

体に良い物は時として毒となる…そういうことなのだろうか。

 

やはりフランキンセンス?

 

精油は本当に奥が深い。ちょっと学んだ程度じゃ手に負えないのでは?

と改めて思うのである。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

誕生日の前に、色々と検査をした。

 

もともと8月には子宮筋腫の治療として子宮全摘手術をする予定だった。

 

実は数ヶ月前から血便と思われるものがでており、気になっていた。

お腹の痛みは筋腫のせいかな?そう思っていた。

 

検査の結果、便潜血があるので要検査とのこと。

内視鏡検査をしたら…「結腸がん」が発見された。

 

胃と肺の検査の予約をして帰宅すると、病院からの電話で8月9日だと消化器、婦人科の医師が揃うので手術可能とのこと。この日を過ぎると暫く待たなければならない。

 

ならば、と電話口で手術日を決めた。

もともと23日に手術予定だったので、2週間前倒しでもよいか…と。

 

そして、6日に入院が決まった。

 

入院前の検査で胃と肺は何も問題なし。

 

そして手術。予定は5時間半くらいの長さだったが3時間半弱で終了。

出血も少なく、輸血は無かった。

初見よりもがんの大きさも小さく、後の病理検査報告ではステージ2、リンパへの転移無し、抗がん剤無し。

一安心だった。

 

検査から結果、手術までがあまりにも慌ただしかったので「がん」ということにピンときていないそれが正直なところ。

 

ただ、手術をして2日後の朝…子宮がなくなってしまったことに対して泣けてきた。

とても泣いた。

不思議となんで私はがんができたのだろう、という気持ちにはなっていなかった。

むしろもっと前に自分を労っていたら筋腫も小さくてすみ、全摘ということにはならなかったと感じた。

そう思っても、がんが見つかったので予防のために卵巣も摘出した。

 

けれど、泣いてなんだかすっきりした。この手術があったのでがん摘出も同時にできたのだ。私は子宮に助けられたのだ。最後の最後に子宮が私を助けてくれたのだ。

ありがとうと何度も言って沢山泣いた。

 

今のところ、私の体にはがんがないと思われる。

なのでこれからもそうありたいと思うのだ。

 

この夏あったことを心に刻み、自分自身の体の声をきき大切にしようと自分自身に誓った。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週はいろいろ。

ニッキ演出関係とポール・ウェラーな日々。

来年のミュージカルJAM TOWNですが、ミュージカルなんだから自分で演じちゃえばいいのに~と感じるのは私だけではないはず。

私が行ったのは渋谷。このミュージカルのお披露目という意味合いのライブ。主演の筧さんが「ハッ!東山紀之です」というサービス。テンションの高さはヒガシじゃない( ´∀` )

MCは藤井さん。タカシ・フジイをちょっと思い出しましたが私はマシューの方がいいかな。
あとは東風さんってex真中瞳…。

音楽担当は西寺郷太が音楽担当とうことでこのライブはドラムを叩き、MC補佐みたいな存在でした。

「マイケル、プリンスと本を書いたから次はニッキさん、少年隊で!」という言葉を信じたいなぁ。

肝心の音ですが、ミュージカルだから人の説明だったり感情を表す楽曲ですよね。
たぶんそうなんだと思います。
若い女優さん、松浦雅さんがなかなか歌唱力あっていいなぁと感じました。この子がどんな演技をみせてくれるのか楽しみ。

水田航生さんってあまり良く知らないけど、ダンスはかなり期待できそう。そしてこの回は女性ダンサーが華を添えておりました。
振付のYOSHIEさん、かっこいいわ。大人の女のダンスという印象で過剰でない色気がぼわーん。


で、→ JAM TOWN公式


えび座演出中のニッキ本人はいたみたいなんだけど…確認は出来なかった…けどしょんぼりしません。ミュージカルの内容を確認しにいくつもりだったから。
けれど演出よりも本人が表舞台で歌って踊る姿がみたい。
でも…「つか風味」なしな演技でお願いしたいなぁ。


そんなかんなで、私はそのえび座も見てきました。
事務所内外の演出ってどう違うのか。「あゝ同期の桜」を見てきて、小さい劇場で戦時中の話だからキラキラなくてOKの舞台。それとは違うジャニーズのそれも今年CDデビューというキラキラ真っ只中のA.B.C-Zの演出。
場所も日生だから久しぶりに私もキラキラしたジャニーズワールドというファンタジーへといざ!

…だったのですが、どうも錦織本人がキラキラを否定しているのが…本当に彼はジャニーさんに信頼されているのだろうか?と。
でもまぁジャニーさん演出のショーがキラキラあるからいいか。

ニッキ演出の1幕はニッキが好きそうなギャグが多いので若い子はキツイ?と感じました。
物語はジャニーズファンタジー。細かいことは気にするな、いざこざ後の熱い友情ってところです。私自身がまたえびメンバーのキャラを把握していないのもキツかったかな?

2幕のショー。えびの運動神経、アクロバットはどのグループもまねできない。
中国雑技団とは違う愛嬌があって良し。
あとね、少年隊とえびは別物です。
少年隊のプレゾンは1、2幕ともミュージカルであとにちょろっとショーという宝塚みたいな構成だったし、歌とダンスはプロフェッショナル。
カッちゃんのダンス、素人はできないよ!!歌も音程は安定してるから。なんたってダンスはジャニーズの2トップがいるグループだし。
一時期のニッキの歌声はそりゃもうミュージカルスターそのものだった…。

で、そのえびですが…結論としては戸塚くんのファンですがダンスは五関くんを推します。


単純にえびとニッキの共演がみたくなったえび座でございました。

ウェラー先生ライブはまた後日。

日生の前で


お花ですねー。
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。