詩人 瑠冠 Official Blog prologue~comma~詩と詩集のブログ 電子書籍・ツイッター・歌詞・五行詩

詩を綴っています。
詩を日々更新中。詩、三行詩、五行詩、歌詞などなど。
電子書籍で著作の公開も。
電子書籍 無料 公開中。
ツイッターもやってます。
ごゆっくり。

数あるブログの中から


このブログにどうぞお越し下さいました^^



よろしければポチポチ応援よろしくお願いしますブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
瑠冠の【電子書籍】→ 【kobo】   【ブクログのパブー】

詩人 瑠冠 Official Website「OVERTUNE」


↓公式HP
別館 OVERTUNEへ
綴った詩を載せています。(無断転載禁止)
Copyrightⓒ 2009-2017 瑠冠. All rights reserved.

(ここに載せている詩作すべてに関して)


近年の詩はこちら→【カテゴリ:詩-word-】

(旧)詩はこちら→【カテゴリ:詩】

五行詩はこちら→【カテゴリ:五行詩】

三行詩はこちら→【カテゴリ:三行詩】

日記のみはこちら→『日記』
拍手御礼はこちら→『拍手御礼』

あなたの心に触れる一言がありますように。




電子書籍はkoboブクログのパブーにて公開中。

----------------------------------------


【Biography】

2010年2月3日 FM NORTH WAVE(北海道)

「SMILE MARCHE(スマイルマルシェ)」内にて
私の書いた詩「colored pencil」が朗読されました。



2011年6月 書籍「3.11心に残る140字の物語」に
ruka00のハンドルネームにて参加しました。

現在インターネット(ブログ、ツイッター、ホームページ)を
中心にした詩人活動中。

----------------------------------------


有料電子書籍

「Sence of wonder」
Sence of wonder
詩を21編収録。うち5編が書き下ろし。
価格:500円
koboでの購入はこちらからどうぞ。
-----------

無料電子書籍

「Blossom~花と咲かせて~」

Blossom~花と咲かせて~
詩を25編収録。うち3編が書き下ろし。
著者撮影の写真も8枚収録。
価格:無料
Requiem~comma~
$prologue~comma~詩と詩集のブログ 歌詞・三行詩・電子書籍・ツイッター-requiem
Prelude~shine~
prologue~comma~-prelude

「Real heart」
$prologue~comma~詩と詩集のブログ 歌詞・三行詩・電子書籍・ツイッター


全て書き下ろしの詩&写真付き詩集。
詩7編・写真7枚を収録。
価格:無料
2011.5.12公開。
--------

↓無料で詩集をダウンロードできます。kobo対応。


「double-edge」
PDF版ダウンロード(無料)
$prologue~comma~
時に言葉は諸刃の剣。
それがどうか希望の力へと傾くようにと。
そんな思いを込めて。
全12編(その内一編は未公開詩)。
140Words twnovel ~LOVE&HOPE~
140Words twnovel ~LOVE&HOPE~
Twitter小説集電子書籍。ツイッターノベル100作品収録。


ちょっとした読書にどうぞ。
無料で閲覧&ダウンロードできます。
2011.6.25公開。

------------



眩い光に手をかざし
不意に浮かんだ微笑み

瞳に透ける朝日は
なお美しく
この世界に降り立つ

時は遂に来た
駆け抜ける風は
全て君に味方する

心の奥底から
尽きぬ力を感じながら
一歩一歩を踏みしめてゆけ




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

管理人のザ・インタビューズpage

人気ブログランキングへ



拍手掲載詩は現在5種類。拍手のお返事は日記にて。

↑押していただけると励みになります





テーマ:

もうすっかり
変わってしまったのかもしれない
俺はすっかりーー

そんな杞憂は
ただの勘違い

情けなくなるほど
不自然なほど
何も変わっちゃいなくて
流す涙まで
同じ色していてさ


変化が乏しいという
違和感を俺は
生きていく
決まりそうで
決まらなかった肚が
決まった途端
とても枷が重くなったような
翼が強く軽くなったような
相反する鼓動が
宿ったような気がして


これは諦めなんかじゃなく
覚悟だと
やっと言えるようになったよ
遅すぎるだなんて
言わないでよ
肩を小突くの
何年ぶりかな




_____

体調が本調子じゃなかったりで
詩はちょっとしたプチスランプでしたが
ちょっと勘が戻った隙を縫って
書いてみましたw
そういうときもあるよね。
ちょっと取り戻った感が
出てきたので
このまま戻ってくれればなあと
思います(;´∀`)



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ひとりにさせない
それは失った君への言葉というより
君から僕への言葉だった

励ますようで
励まされていた
その心の声に
その姿に

語ってもいい
だけど
語らずとも
伝わってくる

「今はまだ早い」
「今だからこそ言いたい」
どちらがいいのかは
一人一人違うから
もし一生何も言えなくても
責めることなど
何一つないということだけは
伝えたい

そこにいてくれるだけで
長い一日一日を
過ごしきってくれた証だ

冬は永遠に続くように思えても
やはり永遠には続かなくて
寸分も動かないように
思える時間も
春に向かって
僅かずつ 僅かずつ
光差す日まで
埋もれた若芽のように
じっと待つ
冬は必ず
春となる

今は嘘だと思っていい
嘘だと思ったまま
今日を 明日を
共に歩こう







____

東日本大震災から3.11から6年。
6年という年月は
まだまだ心が癒えるには短い歳月。
半面なんと長いのだろうと感じる歳月ではないかなと思います。
誰と比べずとも
昨日の自分より1ミリでも進めば
目一杯自分で自分を褒めてあげることが
大切になってくる時期。
心の財(たから)があたたかな光を
得る日まで何年経っても忘れません。







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
踏みとどまる

その力は

どこからやってくるのか

考えても

分からないままだ

それでも


その正体を掴めれば

もしかしたら

その腕を掴むことが

一瞬でも

可能かもしれないと

淡く

淡く


僕にはその涙も見えていて

その声は聞こえていて

そう伝えるだけしか

できないでいるけれど

まだ根拠を

見つけられていないから

そこに居てほしい


そして

その根拠を

いつか

僕に教えてほしい

たぶん

こんなでも

生きていなきゃならない理由

その頃の僕も

見つけられていないだろうから


ひとつ

言えるとすれば

倒れていく仲間を

僕ら少し

見すぎたということ


竦む足のまま

なぜか今日も

過ごしている

とても言葉には言い尽くせない

色んなワケを胸に抱いて




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

心の鬼が

顔をもたげる

そんな事を言ったら

おまえは

どんな顔をする


それはまるで

綺麗な鏡の前

みたいなもので

善と悪

このどちらにも転びそうな

焔を俺は

今になって恐れては

目を逸らしている


刃はいつも

自分にだけ向くものだと

そう思ってきた

それが今

鏡を通して

おまえを向いているような

そんな気がして


自分を痛めつけても

自分だけが痛いと

思ってきたのに

そうではないと

知る事が今

震えるほど怖い

俺は一体

どうすればいい


地獄を知るかどうかなんて

表層の言葉なんかで

判断できるはずもない


気丈さが本物な事なんて

万にひとつのものくらい

分かっていたはずなのに

まだ俺は

疑う


分からぬ事しか

なくたっていい

声は届いている

おまえの声は

届いている

いつだって


その事実がいつか

俯ける日に

光になるようにと

俺は

それだけを

強く

強く

祈った





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
傷ついた

その手のままでいいと

言われた事など

なかったのかもしれないな

知らぬ世界の言葉は

はじめは

届かない


泣いたままでも

いいのだと

聞けたなら

また違う道が

あったのかもしれないな

蓋した「もしも」を

時折 開けてしまう


たったひとつの

優しさでよかった


大きく変えるものは

大きいものだとは

限らなくて


願わくば

その糸が

ぎりぎりでもいいから

途切れぬ言葉を

紡げるのなら

まだ

声を出す意味も

あるのかもしれない


しかしそれよりも

傷ついた心の

声が聞きたい


かつて

誰にも届かないと

諦めた僕から

今 言えることが

あるとすれば

言えば変わることも

あるということ


もし

変わらなかったとして

その勇気を

無条件で讃えたいだけだ


まだ「もうダメだ」の先に

明日が来ること

震えることもあるから

君から答えを

教わりたいだけ


それだけなんだよ


居てほしい

それだけなんだよ




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。