詩人 瑠冠 Official Blog prologue~comma~詩と詩集のブログ 電子書籍・ツイッター・歌詞・五行詩

詩を綴っています。
詩を日々更新中。詩、三行詩、五行詩、歌詞などなど。
電子書籍で著作の公開も。
電子書籍 無料 公開中。
ツイッターもやってます。
ごゆっくり。

数あるブログの中から


このブログにどうぞお越し下さいました^^



よろしければポチポチ応援よろしくお願いしますブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
瑠冠の【電子書籍】→ 【kobo】   【ブクログのパブー】

詩人 瑠冠 Official Website「OVERTUNE」


↓公式HP
別館 OVERTUNEへ
綴った詩を載せています。(無断転載禁止)
Copyrightⓒ 2009-2015 瑠冠. All rights reserved.

(ここに載せている詩作すべてに関して)


近年の詩はこちら→【カテゴリ:詩-word-】

(旧)詩はこちら→【カテゴリ:詩】

五行詩はこちら→【カテゴリ:五行詩】

三行詩はこちら→【カテゴリ:三行詩】

日記のみはこちら→『日記』
拍手御礼はこちら→『拍手御礼』

あなたの心に触れる一言がありますように。




電子書籍はkoboブクログのパブーにて公開中。

----------------------------------------


【Biography】

2010年2月3日 FM NORTH WAVE(北海道)

「SMILE MARCHE(スマイルマルシェ)」内にて
私の書いた詩「colored pencil」が朗読されました。



2011年6月 書籍「3.11心に残る140字の物語」に
ruka00のハンドルネームにて参加しました。

現在インターネット(ブログ、ツイッター、ホームページ)を
中心にした詩人活動中。

----------------------------------------


有料電子書籍

「Sence of wonder」
Sence of wonder
詩を21編収録。うち5編が書き下ろし。
価格:500円
koboでの購入はこちらからどうぞ。
-----------

無料電子書籍

「Blossom~花と咲かせて~」

Blossom~花と咲かせて~
詩を25編収録。うち3編が書き下ろし。
著者撮影の写真も8枚収録。
価格:無料
Requiem~comma~
$prologue~comma~詩と詩集のブログ 歌詞・三行詩・電子書籍・ツイッター-requiem
Prelude~shine~
prologue~comma~-prelude

「Real heart」
$prologue~comma~詩と詩集のブログ 歌詞・三行詩・電子書籍・ツイッター


全て書き下ろしの詩&写真付き詩集。
詩7編・写真7枚を収録。
価格:無料
2011.5.12公開。
--------

↓無料で詩集をダウンロードできます。kobo対応。


「double-edge」
PDF版ダウンロード(無料)
$prologue~comma~
時に言葉は諸刃の剣。
それがどうか希望の力へと傾くようにと。
そんな思いを込めて。
全12編(その内一編は未公開詩)。
140Words twnovel ~LOVE&HOPE~
140Words twnovel ~LOVE&HOPE~
Twitter小説集電子書籍。ツイッターノベル100作品収録。


ちょっとした読書にどうぞ。
無料で閲覧&ダウンロードできます。
2011.6.25公開。

------------



眩い光に手をかざし
不意に浮かんだ微笑み

瞳に透ける朝日は
なお美しく
この世界に降り立つ

時は遂に来た
駆け抜ける風は
全て君に味方する

心の奥底から
尽きぬ力を感じながら
一歩一歩を踏みしめてゆけ




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

管理人のザ・インタビューズpage

人気ブログランキングへ



拍手掲載詩は現在5種類。拍手のお返事は日記にて。

↑押していただけると励みになります




テーマ:
詩に片足突っ込んでから7年(題名から引き続く感じで)。
11日が終わるギリギリで思い出したよ!
とんでもなく長い(特に前半4年くらいが)7年だった気がしますが
これからもぼちぼち書いていこうと思っておりますはい。
色々な次元を抜けてもはやライフワークなんだと思いますこれ笑
たまに見ていただければこれ幸い!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


止まった針

湛えたままの時計

壊す予定はない

進みゆくのが

時代だというなら

俺は簡単に

敵対する

忘れさせようとする

その意志に


止まったままの

時間は

動かない

それでも成長しようとする

肉体に

釘を刺した

約束は

覚えているよなと


キリなど

つく時は来ない

そのことを

知るから

出来ることも

あるのだろう


苦しみを

知りたくはなかった

そう思っていたはずなのに

苦しみを知らぬまま

もし歩いたのなら

それは自分では

なくなってしまうと

強く感じてしまう矛盾


この痛みこそ

俺ならば

痛み止めを食べながらでいい

明日は

どこへ行こうか




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


懐かしむだけの

はずだった道

急にぱっくりと深淵を

のぞかせて

抱えているさと

銃のように

現実を

突きつけてくる


胸の痛みは

ひくことはない

そんな事は

分かっていたはずなのに

毎年思い知らされる

あまりの傷の深さに

直視など

できていなかったのだと


短く長い

永遠より長い

○○の刻は

ついにおまえを

超えてしまった

枯れたはずの涙は溢れ

またあの日々を

心は彷徨いはじめる


目覚めるのは

変わったこともあったと

少しは思えるからさ

もちろん

いい風に


悲しみがますほど

俺は

生きるさ

闇の住人は

潔さだけがとりえ






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も
誰かの世界が
灰色になる

指を一つ鳴らせば
世界が滅べばいいと
そんな夢を見ながら
眠るのだろうか

瞑る目元から
涙が伝う

それは確かに
終わったのだろう
何の音も立てずに
何の音も
受け入れる事など出来ずに

朝が来る残酷を
我らは知る

それでも
変わらないと決めたはずの
己も
何処か変わってしまい
誰より苦しむ
執着と言われようとも
思い出を抱きしめていたのに
その思い出も
胸の中で
俺と同化してしまって
見分けがつかないんだよ
今では

もう分ける事の出来ぬそれは
俺のものになるはずだった
しかし違った
背中を押し始める
その事から逃げる
逃げる事が正しいのか
そして分からなくなる
俺はただ
おまえをずっと
運び続けたいだけ
ただそれだけなのに
全て撃破してきた目の前に
立ちはだかるのは
悲しみをものにしたはずの
自分自身だ

俺は
おまえを
今でもちゃんと
刻めているか
答えが聞きたい

けじめなど
つけたところで
つかないんだよ
何をしてやれるんだろう
今もまだ
慟哭してるんだよ

怖くなるんだ
忘却が
何より怖い
忘れたりしないと
勇気づけてくれないか
夢の中でも
いいから



---
残暑が厳しいですね。
まだまだ熱中症に要注意!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


その涙

俺が全て引き受けよう
たとえ刃が降り注いでも
この身をもって
鋼鉄の傘となろう
君も傷つけやしないが
そのために
僕も傷つきはしない

もしも世界が
君を
絶望に突き落とすような
素振りでもみせたら
もしかしたら俺は
世界さえ
滅ぼしかねない
その事がとても怖い
戯言と思って
聞いていてくれれば
それでいい

いつかみんな
いなくなること
その事から目をそらせなくて
繋がりを持つことに
意味を感じられなくなってた
それでも心の支えが
人なのは
どこかで知っているからだろう
いなくなることの
その先と
その真相を

涙の数ほど
真実との距離は
近くなる
あの日流せなかった涙は
一生心に流れ続ける
それでいいのだと
たったそれだけを
言えるようになるまでに
途方もない時間が
かかってしまった
たったそれだけが
全てだった

だから今
君を守れる
君を守りたいと
願う必要はもうない
俺たちはもうとっくに
その力を
この手にしているのだから
何もできないと
もう泣く必要もない
悔し涙の時期も過ぎた
静かに満ちるそれを
やっと俺たちは
手にしたんだ
悲しみの果てに
血の涙の果てに



---
本日は大暑なり。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。