国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は25日午前の記者会見で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が沖縄を訪問することについて「福島氏は閣僚だが党首でもあり、党の立場で沖縄問題の解決に努力するのは当たり前だ」と述べた。その一方で、「(普天間飛行場の名護市辺野古移設案は)進行形の案であり、社民党はそういうことで連立離脱なんて子供みたいなことは言うべきではない」と強調した。

【関連記事】
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定
「決着なき決着」迷走再び 辺野古周辺、首相が初表明
「辺野古から逃げてまた帰ることはあり得ない」 亀井氏が政府案反対
「社民党、おとなしくして」中井国家公安委員長
虐待が子供に与える「傷」とは?

首相動静(5月22日)(時事通信)
大阪・港区の男性死亡 330メートル引きずられた跡 防犯カメラに不審トラック(産経新聞)
<ルフトハンザ>世界最大の旅客機A380導入 W杯独代表特別機に 来月日本へ(毎日新聞)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
事業仕分け 裁判記録コピー代、人に頼んで50円、セルフでも20円…(産経新聞)
AD