DQMJ3P ver1.1

テーマ:
DQMJ3P ver1.1が配信された事により暖めていたソフトを起動しました
皆様お久しぶりです

プロフェッショナルになって初めてまともなパーティーも組めたのでその紹介もしたいと思います、画像は今作のメインパーティーメンバー

パーティー紹介の前にDQMJ3Pの感想等
ver1.1にてAIが極端に呪文(攻撃呪文)を撃たなくなる不具合が修正されました
実は今まで私がDQMJ3Pを触ってなかった一番の理由がこれです一番はって事は二番以降が他にも色々有る訳ですが
今までのブログを読んでくださった方なら私の戦術がいかに呪文依存かはわかって頂けるでしょう、呪文無しのドラクエなんてやってられねぇ
ver1の頃も手動なら呪文も撃てる事は撃てるのでAI1のスキップなら実用に耐えるのではとスキップパーティーも組んでみましたがここでもときどき霧合戦の有利不利が逆転したと言う落とし穴が
また異常とも思えるスクエニの合体推しにより超強力な合体特性達が登場しました
リバースをゴミにした究極行動はやい、4枠物理強化の斬鉄ノーガードは未だに許せません……
通常の特性にも太陽の鏡やら妖精の笛やら妖精の笛やら妖精の笛やらなんでこんなもん出したんだと思わずには居られない物が追加されてたりしますが悲しいかな、与えられた環境で生きるしか無いのがプレイヤーの定め
モンスターの絶対数に特性のコストやスキル枠が増えた点だけは素直に嬉しかったです

以降無印DQMJ3との変更点も踏まえながらパーティーの紹介に移りたいと思います

・魔戦士ヴェーラ
超こうどうはやい AI3回行動 自動MP回復 おすそわけ 聖なる守り
ビーストフォースSP 魔軍師イッド キャット・リベリオ 僧侶の知恵

・大魔王デスタムーア
いてつくはどう つねにアタカンタ 亡者の執念 会心かんぜんガード 聖なる守り
耐性ガードEX 地ガードEX パラディン 怪盗

・ガルマッゾ
闇ブレイク AI3回行動 こうどうおそい 会心かんぜんガード 太陽のカガミ
破壊神シドー ジュヒョウの戦士 呪いの力SP 聖竜ミラクレア

・堕天使エルギオス
ジャミングブレイク こうどうおそい 亡者の執念 かばう 会心かんぜんガード
地の探求者 僧侶の知恵 ハーゴン 悪魔ザイガス

以上が現在のパーティーです、では解説
まずポイントは亡者2体である点
勿論亡者は1ターンに1体しか発動しません、しかしながら今回どうしてもやりたかったギミック搭載の為にはこれが必要なのです

細かい説明の前に動き方から紹介致します
相手が4枠の場合とそれ以外の場合で2パターンあるのでパターンAとパターンBに分けてのご紹介

・パターンA 相手が4枠の場合
初手はデスタムーアがアストロン
2ラウンド目でヴェーラがおすそわけよそくを張りながらデスタムーアが亡者身代わり、ガルマッゾがリザオラルをかけエルギオスがおすそわけにチェイン
3ラウンド目、エルギオスが亡者かばうよそくによりガードしつつ他で攻撃

・パターンB 相手が4枠以外の場合
1ラウンド目はエルギオスが初手でAIはもん誘導に盲信のかまえ、ヴェーラが手動いてつくはもん相殺狙いのいてつくはもんをうちデスタムーアが亡者身代わり、ガルマッゾがリザオラル
2ラウンド目でエルギオスのかばうよそく、ヴェーラがセルフチェイン、デスタムーアがゼロのしょうげきを撃ちガルマッゾがエルギオスにリザオラル
3ラウンド目にヴェーラ始動のチェイン連携
どうやらはもんは身代わりが受けるように変更されたようです

いかがでしょうか
今回もかばうよそくにより防御力を確保したチェインパーティーです
亡者2体は奇数ラウンド偶数ラウンドで交互に防御している点が今回のポイント
初手アストロン、2ラウンド目おすそわけよそく+亡者身代わりリザオラルで瀕死を作り3ラウンド目かばうよそくリザオラル
4ラウンド目おすそわけよそく+亡者身代わりリザオラルから瀕死のかばう役にベホイマ、すると5ラウンド目にはまたかばうよそくとなりおすそわけよそく身代わりとかばうよそくを交互に繰り返せます
おすそわけは偶数ラウンドしか発動出来ない弱点を奇数ラウンドのかばうよそくで補う事により常によそく+亡者身代わりの守りを外さないギミック
いてつくはもんを完全にシャットアウトします

白霧対策に太陽のカガミ、取れるなら赤霧が一番なのですが発動率から太陽での無霧状態で戦う事を選びました

系統がワンダー統一なのもポイント
これは無印の頃も言いましたが亡者リザオとワンダーバーンが良相性故です
せいれいの弱体化により亡者せいれいループは著しく弱体化しましたが亡者リザオについてはお咎め無しなので使わない手は無いでしょう

最後にモンスター毎の解説

・魔戦士ヴェーラ
AI赤霧をオンにしてはもん赤霧はもんと動かしたいので聖なる守り
イッドはチェイン時にダメージの稼げる体技が取れるスキルに変更した方が良いかもしれない
こいつだけは地が埋まらないので暴走ジバルンバ相手にはエルギオスの合体に隠してあやしいひとみを狙いましょう
ヴェーラをメインにすれば究極行動はやい始動のチェインも撃てるのでその場合相方はやることの無いデスタムーアで
素早いアストロンよそくでのすてみ対策も担うけどマジンガより遅い……

・大魔王デスタムーア
身代わり役、本当は初手チェイン対策に超いては持ちのミルドラースかデスピサロ辺りが最適かもしれない
賢さがあまり高いとリザオラルでかばうの条件を満たせないので低賢さのデスタムーアを選んだものの調整の余地はある
弱点の4枠すてみと相討ちを取る為にアタカンタ、4枠はもん幻魔警戒にもなる

・ガルマッゾ
メインアタッカー兼鈍足リザオラル役
リザオの後が割りと自由なのでかばう役へのベホイマや太陽を100%にするバイメリ、ポイント稼ぎの攻撃等好きに動かせる
ミラクレアの枠も余裕が有るので他の探求者系スキルやザオリク入りスキルを持たせる選択肢も
光の旋風や賢さアップSP等も候補

・堕天使エルギオス
かばうよそく役、あわよくば4枠物理を通常攻撃反射で倒せないかと攻撃力には種を振っておく
AIはもんはどうやら高HPのバフ付きを優先的に狙うと言う情報を得たので身代わりより高いHPと盲信のかまえでAIはもん誘導を担う



AD