◆iメニューは1日2000万PV--NTTドコモ原田氏が語るモバイルコンテンツビジネスの現状


弊社mixiモバイルアプリのDailyの
PV数を考えると、

全mixiモバイルアプリの合計PV数って

iメニューを
余裕で超えてるやんえ゛!


PVがすべてではないですが、
i-menuより現在ユーザーが閲覧し得ていることは確か。


もしかすると
すべてではもちろんないですが、

コンテンツによってはi-menu(検索)とSNSと
ユーザーが使い分けてくるんじゃないですかねぇにゃ
*もちSNSにちゃんとした検索機能が付いていることが前提ですが。


何か大きなムーブメントを感じますにま~
AD
■Googleモバイル、「急上昇ワード」をリニューアル
--------------------------------------------------
グーグルは9月18日、「Googleモバイル」で提供している
「急上昇ワード」をリニューアルした。 

急上昇ワードは、Googleでの検索回数が急激に
増えているキーワードとその説明を表示するサービス。

今回のリニューアルでは、キーワードの説明とともに、
キーワードに関連するニュースや画像が表示されるようになった。

また、急上昇ワードのページで表示されていないニュースや
画像の検索結果をワンクリックで調べられるようにした。
-----------------------------------------------------

検索ユーザーは
『興味がある』or『もっと知りたい』など
ニーズから検索されているので、

急上昇ワードは結局何かが
説明が付いていると便利ですねいー


ちょっと現時点(21時00分)の
キーワード急上昇ワードを見てみると、

--------------
1.水谷修
2.神谷明
3.『さよならが言えなくて』
4.名探偵コナン
5.渡辺えり
6.アイフル
7.臼井義人
8.スルメイカ
9.シルバーウィーク
10.三洋電機
--------------

なるほどにゃ

5と8は謎ですが、

それ以外はどうやらテレビ番組や
ニュースと関連しているっぽいですねはぁはぁ


09年上半期の急上昇ワードでもわかるように、
やはりモバイル検索はPC以上に
テレビとの親和性高いですね。

もっと検索と連動した
テレビ番組やCMがあれば面白いのに。

特にCM。

『モバイルで検索』って
案外少ないですからねううっ・・・


PCで検索より効果は高いと
思うんですがねきゅんっ


AD
■グーグル、“Googleモバ子”でモバイル検索をアピール
-------------------------------------------------
グーグルが9月1日から、モバイル検索を訴求する
キャンペーンを実施する。

コンセプトは「検索したい、その瞬間にGoogle」
(グーグル 執行役員マーケティング本部長の岩村水樹氏)。

PCの検索は使いこなしているものの携帯では
あまり利用していないという人や、携帯をメインで使う若者層に、
知っていると便利な検索サービスの使い方を紹介する。
-------------------------------------------------

もっと広い世界を見るのだ☆~モバイルで世界中の人を元気にするために~

・・・

ダメだろ、こりゃwえ~!!


記事の中で、
モバイル検索がPC検索に
近づいてきたと書かれています。




ただ、
自分の中では、
今後はまったく違う進化を遂げるんではないかと
思っていますにゃ



GPS・加速度センサー・デジタルコンパス・Felicaなどなどの
モバイル独自の機能と合体して、

面白い検索が生まれてくるんでないでしょうかね。


例えば、『渋谷 居酒屋』で検索するユーザーは

PCでは2・3日後の飲み会の予約の場合かもしれませんが、
モバイルは実は渋谷にいて近くの居酒屋を探しているかもしれません。

そうなればGPSと連動した検索結果なら
そのニーズが合致するかもしれませんしねはぁはぁ


ここ1~2年ぐらいが注目ですね。





AD

もっと広い世界を見るのだ☆~モバイルで世界中の人を元気にするために~


■米Google、iPhone 3.0以上にご近所検索「My Location」を提供

----------------------------------------------------
米Googleは7月15日(現地時間)、
iPhone 3.0以上の端末で「My Location」機能を追加したと発表した。

iPhone上のSafariでGoogleにアクセスすると
専用のトップページが出現するが、
ここにMy Locationの項目が追加される。

リンクをクリックすると現在の位置情報が入力され、
検索窓に入力されたキーワードにマッチした近所の
アトラクションが一覧表示されるといった形だ。

挙げられているサンプルでは、
例えば米ニューヨークの

マンハッタンにいるときにMy Locationを有効にして
「jazz clubs」と入力すると、
周囲一帯にあるジャズクラブ一覧を表示する。

場所は自動的に更新されないため、
もし都市やエリアを移動した場合には
Updateのリンクをクリックして適時位置情報を更新する必要がある。
-----------------------------------------------------

これモバイル検索の理想的な形ですねにま~

仕様がよくわからないのですが、
GPSを使っているんでしょうかね。

その精度が非常に気になりますがあせる


モバイル検索で実は一番多く検索される時間帯は
帰宅後就寝前までの

22:00~23:00

と呼ばれています。
*Googleの公式データより。


ただやはりモバイルの特性上、
移動中の利用というのは目が離せません。

そう考えると、
位置情報検索は切っても切り離せないにま~


今まで店舗検索などは
いくつかサービスが展開されていますが、

すべての情報をそのサービスで
網羅できるとは限りませんかお


なので、Googleが位置情報も
検索対象にするのであれば

非常にモバイル検索の可能性も
広がっていくと思いますいー


まだiPhoneのみの対応ですが、
このサービスはかなり目が離せない
新しい検索のスタイルだと思いますえ゛!




GoogleのGOOG-411 ってご存知ですか?


2007年から開始している
米Googleのモバイルサービスです。

無料電話ベースの情報サービスで、
米国内の411電話番号案内サービスに代わるサービスです。


内容は、

まずこの番号に電話をかけ、自分のいる場所と、
問い合わせたい地元の店の種類を告げます。

例えば、
『カリフォルニア州のマウンテンビューにあるピザ屋』携帯

このやりとりはすべて音声認識によって行なわれ、
認識が完了すると自動的に相手の店に電話がつながります(`・ω・´)

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/15/17174.html



これが何と・・・


もっと広い世界を見るのだ☆


日本の携帯にも対応したようです。

たぶん、超最近のはず!!

でも、ここをクリックしても
特にアクションが起こらないことから

まだ実験的に何かを始めようとしている模様かお

Google公式ブログ にもまだ載っていませんし。


また何か分かれば
ブログで紹介します。

何だか最近のGoogleモバイル、
すげー勢いで進化していますにま~