パーソナル・マーケティング/本田 直之
¥1,512
Amazon.co.jp

小さい頃から目立ちたがり屋で、
有名になりたかった自分には

すげー納得の本w


夢に向かうための
パーソナルマーケティングは

毎日のように考えているので
自分の中の情報整理にちょうど良かったにま~


本書の中で、

『企業のマーケティングは得意でも
自分のマーケティングの苦手な人が多い』

そうなんですよね、納得にゃ



現状どのような市場で

どういうニーズがあって

自分の強みは何が武器になるか

競合は誰がいるか

そして向かうべきところは何か


この5つをグリグリ循環させれば
打ち手が見えてくるのだとは思いますはぁはぁ


自分自身のキャリアや
今後どうあるべきかを悩んでいる人は
ぜひ読んで欲しいなぁと思いますいー

AD
600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書)/上阪 徹
¥798
Amazon.co.jp
3連休に読んだ本。


料理好き・WEB好きってのがあって
全体的に面白かったですにま~


その中で、
自分が一番学んだことは


『説明がなくても使えるサービスが良いサービス』
*若干ニュアンスが違っていたらすみません。。。


サービ提供元が良かれと思って
色々機能を追加したあまり、

日本のモバイルのように
分厚い説明書が必要になってしまうようでは、

一部のリテラシーが高いユーザーのみしか
受け入れられない。


日本のモバイルが
世界で受け入れられなかった
理由の一つだと思う泣


『説明書見なくても使えるよ!』

と思っているのは、
実は日本人だからこそであり、

理由としては結局のところ
日本人全体の知識・教育レベルというのは
やはり世界に比べると高いそうだえ゛!


誰でも読み書き計算ができるって
当たり前のようで世界ではそんなことはない。


海外のブルーワーカー、
字の読めない人だってたくさんいるそうだ。

先進国のアメリカだって。



だから、説明がいらず直感的に感覚で
利用方法が分かりやすいサービスって

世界中に受け入れやすいにま~


何と言ってもiPhone。


説明書はペラ一の小さい紙すげ~


簡単な動作だけ説明してあって
後は説明なしで楽しめるチョッパー


だから色々な100弱の国々で
受け入れられているんでしょうねにゃ


でも、

『簡単なユーザビリティにするのがいい』
『シンプルがいい』
って言っても、

機能をいっぱい付加するよりも
断然難しい。。。



誰でも分かる・使えるサービス創りは
モノ創りの常に目指すべきとこですねはぁはぁ






AD

挑戦

テーマ:
一流の人は空気を読まない (角川oneテーマ21)/堀 紘一
¥740
Amazon.co.jp

今日の朝、読んだ本。


この本で言いたいことは、

■周りに合わせて同質化しないこと
■失敗を恐れずに挑戦すること


特に1つ目は納得。


素直にすべて周りに合わせていては、
柔軟性のない、そして物事を考えない人になっていく。

その場限りの評価であればいいのだが、
グローバルに自分を成長していきたいのであれば、
空気を読まず、突き進んでいく必要がある。
(読めないのではなく、読まない)
自分をグローバル化する仕事術/天野 雅晴
¥1,500
Amazon.co.jp
(この本でもそんな感じのこと書いていました)


要は、挑戦である。


『挑戦しないことは死と同等である』

『失敗は勲章である』


と、そう本の最後の方に書いてある。


CAにも

『挑戦した結果の敗者には、セカンドチャンスを』

という文化もある。



今年は、モバイルSEO、
モバイルが盛り上がること間違いなし。


だから、失敗を恐れずにどんどん

挑戦していこうメラメラ



AD