笑顔と涙

テーマ:

帰国して、早一ヶ月ちょっと経ちました。



だいぶ前のような話の感じ。



実は帰国の決まった時、

一番うれしいものをもらって

一番のスペインで学んだことがありました。




僕は毎日、12時前くらいに必ず行く場所がありました。


そこは

学校前のパン屋さん。


学校前にパン屋さんは

2つあります。



1つのパン屋さんは

僕のスペイン語をできなさ具合に

初めて行った時すごく機嫌を悪くしていました。


次行った時はすごく嫌そうな顔をされました。



でも、

もう1つのパン屋のおばちゃんは

初めはイラついていましたが、

段々優しく笑顔で接しくれるようになりました。


僕が幾たびに笑顔で

出迎えてくれました。


「また、来たの君^^ありがとうね」


なんだかそんな風言っているような笑顔でした。





毎日、街でも家でも

環境の変化になじめず悩んでいた自分にとって


そのおばちゃんの笑顔を見ることが

心の支えでありました。




そして

10月20日。


帰国決定日。




何か敗北感のようなものを感じました。


今までいろんなこと諦めずやってきて

この帰国の希望を伝えたことがすごく自分にとって

負けを意味したような感じがしたのでした。




そして、決定後いつものように

パン屋のおばちゃんのところに。



そして、

つたないスペイン語で帰ることを告げる。


「来週日本に帰ることになった。パンおいしかった。ありがとう」



片言のスペイン語をジェスチャーで。


そしたらおばんちゃんに伝わったようだ。




そしたら今までで一番の笑顔をくれた。


そして僕の大好きなクロワッサンチョコラータをくれた。


覚えててくれてたみたい。




そして

店を出た後、

昼間にも関わらず、街中にも関わらず

大粒の涙をこぼし泣いてしまった。



「今までがんばったね」



感動して泣いたこともあるし、

悲しくって泣いたこともある。



でもうれしくって泣いたことは今までなかった。



すごくうれしかった。


あの笑顔をもらうことが

この留学の目的ではなかったのか。



今まで我慢していた辛い感情から

こみ上げたものもあったのだろうが、

それ以上に笑顔のパワーに涙した。



笑顔は言葉が通じなくても想いが通じる。



笑顔は大切なモノ。




スペイン語を勉強して

またおばちゃんの店に行きたい。


AD

スペイン最終日(本当は一日前)



少し遅く目覚める。



学校ですることが先週ですべて終わったので。



10時半ごろ、学校に到着。



お世話になった研究室の教授、いやドンというべき

バルデペラス教授が珍しく研究室にいた。


いつもは忙しいので

研究室にはいない。



そして、

出発日がチケットの関係上、

金曜日には決まってなかったので、

出発日を告げる。



バルデペラス教授は

すごく優しい方で


「楽しかったかい?」


「君の健康状態わからなくてごめんね。」


など、言ってくれた。



最近は外人恐怖症だったせいか

英語さえもあまり理解できなかったが

今日は全部理解。


でも、あまり話せないのはあいかわらず。




そして、

お昼に送別会をしてくれると言ってくれた。




お昼まで時間のある僕は、

ネットをして待っていた。



時間がまだまだあったので、

学校中を散歩した。




そして

スペインに来て初めて行ったカフェ にパンを買いに。



あのときよりすんなり自分の意思表示ができていることに

すこし関心。






そして研究室に帰ったら、




送別会が用意されされていた。




そしてスタート。


バルデペラス教授が僕に


「カンパイ!」


と言って杯を交わしてくれた。


S先生に教えてもらったのかな。


その後はみんなと。



いつも驚くのは


昼間からみんなワイン飲んでいること。



さすが。



この2ヶ月間でカフェのランチでもよく見た光景。


まだ不思議。



だって仕事中。


みんな実験だいじょうぶ?





まぁ、慣れているから大丈夫なんでしょうけど。



こんな感じで送別会は進む。





そして、

バルデペラス教授が

一つの茶色い髪袋に包まれたモノを出す。




僕に、みんなからのプレゼントらしい。



開けてみると、

僕が所属していた研究室の名前が入ったボールペン。



それを見たら、

涙が溢れてきた。



二十歳越えてから、

なぜか涙腺が弱くなってきている。


ほとんど、

うれしいとか別れの時。


両方だったから。




そしてら

バルデペラス教授が


「Don't cry! Don't cry!」



うっす、空手家は泣きません。



なんか2ヶ月間みんなとそんなにしゃべったないけど、

気持ちが伝わった。


お菓子みんなと食べたり、

ロドリゴネームもらったり、

月食見たり、

アンケートしてもらったり。


みんなかなり年上のせいか、

スペインの親みたいな存在。


研究室はいつも

音楽が流れ、

大声で「ガハワハ」笑う人がいたり、

音楽に合わせて歌う人がいたり、

歌う人がいたり、

英語でしゃべってくれる人がいたり、

いつも僕を見て微笑んでくれたる人がいたり。



もっと僕がスペイン語ができたら

話せたのにな。


後悔はしてない。

言葉の伝達ができないつらさを知ったから。


また、卒業までに

スペイン語を勉強してまた来よう。


きっと。





出発日にもう一度来るので、

送別会後、研究室を後にする。




最後のバルセロナ観光。




どこの行こうか電車の中で考える。



やはり最後は

バルセロナの町全部を見たい!



ゆっくりと。




そして、

以前ディビットと行ったグエル公園に

今度は一人で。





ゆっくりとバルセロナの町を眺め、

この2ヶ月間を振り返る。




今日も日差しが強かった。



なんか、僕にしては

太陽がバルセロナだった。




朝でも

昼でも

夕方でも

カサミラでも

サクラダファミリアでも

カンプノウでも


太陽を常に見ていた気がする。




スペインは太陽。










そして、

家に戻り

フラットメイトと話す。



まず、

ディビット。



大家さん。



スペイン人には珍しく穏やかな人。



いつもいっしょにサッカー中継見てた。


そして、色んなサッカーのこと、スペインのことを教えてくれた。



優しいお兄さんだった。





次にロブが帰宅。


ロブはいつも多言語が飛び交う我が家で

わざわざ英語に翻訳してくれた。


一番聞きやすい英語だったかも。



同い年ということもあり、

今まで一番しゃべった。



ロブとメアド交換をし、

ロブが日本の文字を教えてほしいと言うので


『薔薇』を教えてあげた。



ロブ、引いてたw





最後はリズが帰宅。


ペルーの女の子。


正直、一番苦手だった。



胃が痛くなった原因の大半はこの人のしゃべり。



悪い人でもない。


すごく優しくて元気。


ただ、家で心を閉じる僕にとっては元気すぎた。


他の人なら

一番とっつきやすいタイプの人。



手作りのミサンガをもらった。


実は前にももらって2つ目。



今も腕に2つ付けている。



一番スペイン語を教えてくれたのが彼女で

日本に興味あるのが彼女。



ありがと、リズ。


今度は外でしゃべろうw










そして、

部屋を掃除、荷物の整理。







僕はこの2ヶ月間を通して


『広い世界が見えた』



まったく日本では得られない世界が見れた。



体も壊した。


でも、万年健康な僕にとっては

日本で味わえない経験。


これも『広い世界を見た』



少し引きこもりになった。



これも『広い世界を見た』



色んなモノを見て、

色んな人に出会い、

色んなコトを経験した。


広い世界が見れた。




これから日本に戻ります。



日本に戻ってからの生活は

元の生活ではありません。



『Today is the first day of the rest of your life.』

今日という日は人生の最初の日である。



僕が好きな言葉の一つ。


毎日は新しい日。


でも日本に戻った日は

今までよりもっと新鮮な新しい日でしょう。





グラッシアス!






AD

帰国日決定!!!

テーマ:

帰国日が決定しました!



バルセロナは25日のお昼ごろ出発。

そして27日にパリ、イタリア経由で

28日に帰国します。




なぜ、

パリに滞在??


と思った方!



パリには最低一泊しなければ

時間の都合上帰れません。


バルセロナ~パリの航空券代が

25日と26日では値段がなぜか倍近く違う。




それやったらね~、

まぁパリのホテル代比べたら

2泊した方が値段も安いし、

楽しめるし、

このスペインから早く出れる。




転んでもただでは起きあがりません(>Д<)ゝ”




よかったぁ、


パリの地球の歩き方買っておいて・・・

なんってたって

ルイの街ですから。


ルイだらけなんだろうなぁ☆




てなわけで

スペインの夜もあと2回。



総括はまた帰国後、気持ちが落ち着いたら書きます。




ありがとう!



スペイン☆

AD

にっくじゃがあー

テーマ:

昨日はデイビットの誕生日パーティーでした☆


てなわけ、

ルームメイトそれぞれで

各国の料理を作ろうという企画でした。



何作ろうか?



と悩んでいたら


ルームメイトのリズが


「スシ!」



無理です。


それは無理です。


刺身ないもん。


酢ないもん。


作ったこと・・・


は一回あるけど、ありゃ難しすぎる。




野菜も日本のないから

おばんざいもあまり作れないからなぁ・・・。


外人にうける料理・・・。



あっ!


その時あの創作料理のでもバイト人生が走馬灯のようによみがえる。




肉じゃが!


あれなら、

こっちの材料で作れるし

外人にもウケてた気がする。





でも、作ったことない・・・。



ネットで調べて・・・っと、



レシピめっちゃ簡単やん!



これが彼女に作ってもらいたい料理No.1なのか!?


これならレシピ無くても作れるや☆

バイト先でよく見てたし。




てことで、

作りました。






これがまた、

大好評で☆



日本の飲食でバイトしてたって言ったら、


調理してたのか?


って聞かれたので

いや、ホールとデザートの盛り付けとドリンクと答えたら、


料理うまいねぇと言われた(・∀・)



まぁ、22年間飲食に関わった人生ですから♪


実は実家は飲食店と小さい旅館なのです。



ふぅ、初めての肉じゃが

成功だ!


まさか10人前作るとは思ってなかったけどw




よし、余ったから

イギリスのヨースケに持って行こう☆



これが更新される頃、

ヨースケのびっくりした顔が思い浮かぶww


明日から・・・

テーマ:

ロンドン行ってきます!!



思い起こせば、

中学校のとき、ポールスミスのコートを誕生日に親からもらって以来、

こよなく愛してきたポールスミス。



あの時、

いつかロンドンのポールスミスへ行くんだ!

と心に決めて、ポールスミスを購入してきた。



ついに、

念願かなって

10年越し・・・。




・・・



・・・



・・・


でも、それ以外

ロンドンって何があるんだろう??



サッカー?


フィッシュアンドポテト?


ギネス?



思い浮かばない・・・。



あっ!








http://d.hatena.ne.jp/より



ロビンマスク!!




このくらいか・・・_| ̄|○


まぁ、

リーズ在住の友だちの

地球の歩き方に頼るしかないな。



てなわけで行ってきます。


ブログは

時間指定で

更新されます☆


文化の違い~名前~

テーマ:

今日から僕は


ロドリゴ

です。



??



話しをさかのぼると、


今日研究室でPCをしていると、

何やら研究室の人が僕を呼ぶので

行ってみると、

いつものお菓子です☆



お土産か何か?

と尋ねると、


どうやら、

研究室の一人の女性のお祝い事のようです。



誕生日??


と思ってたら、


スペインはほとんどカトリックのようで、

カトリックには名前にクリスチャンネームが付くそうです。


そのクリスチャンネームは

一年中の毎日決まった日に

付けられているようです。


ちょっとわかりにくいので

例えば

ルイというクリスチャンネームは

10月11日など。


カレンダーに日本の「大安」のように書かれています。




さらに

スペインの名前は日本に比べ長いので

決まったショートネームがあるそうです。


ニックネームみたいなものでしょうか。


もちろんルイは短すぎて

ショートネームはないようです。


その代わり、逆にすると、

ルイをショートネームにする名前は

ロドリゴらしいです・・・。



ロドリゴ!?



スペインではそうしよかなぁ・・・・。

生クリーム

テーマ:

ダリ美術館を出て、

お腹がすいたので、美術館を出てすぐのカフェで食事をしました。



いつも通りの

Menu del dia(日替わりメニュー)を注文。



日差しもいいし、

料理もうまし!



スペインの日替わりメニューにはいつも

最後に必ずデザートがつきます。



それがけっこう楽しみ。


スペイン語がわからないので

適当に頼むため

いつも何がでるかドキドキもの☆


てなわけで

出てきたのが、




生クリーム



多っ!!




プリンより体積がでかいです。


こんなんばっかり食うから

みんな太ってるんだろなぁ・・・。


mechanさん 情報によると

世界第一位の肥満の国らしい・・・。



街中で

スペインの女性を見ると

かわいい人ばっかりです。


でも

よく見ると腹が出てる人が多い・・・。


この食事では納得いきます・・・。

美術館でのマナー

テーマ:

そんなこんなで、

フィゲレスに到着。



ここに来た目的は

ダリ美術館☆


ミロ、ダリと

有名な画家を2週連続で見ているわけですが


正直くわしく知らない(´ロ`;)


まぁ空気を感じるのが主目的だからいいとしよう☆



他の観光地と違い、

まったく日本人の姿は見えず。


テラーサといっしょだなぁ。


テラーサほとんどアジア人いないもん・・・。



そんなこんなで、

旅番組のようにテクテク適当に歩きながら


市場をみたり、


こんなかわいいダリの似顔絵見たり、


おもしろい^^



そして地図をまったく見ず、

野生の嗅覚で

ダリ美術館を発見☆


中はこんな感じです。





!?

また撮らせてもらいましたw




ここでは

日本人の団体のおじいちゃんおばあちゃんと

日本人の女の子2人組み

美大生っぽい男女3人を見ました。


日本人ってやっぱどこでもいるなぁ。




この美術館はもちろんフラッシュ禁止。


そんな中2回連続して

フラッシュをたいて怒られ、

さらにもう一回して退場させらったっぽい人がいました。



よく日本人は海外の美術館などで

マナーが悪いと言いますが、

マナーの悪いのはどこの国の人だってそう。


マナーの悪い人は

世界中共通しておばちゃん。


何個か美術館・教会見て、


禁止区域でフラッシュたくおばちゃん

教会の儀式のときフラッシュたくおばちゃん

美術館で携帯で大声しゃべるおばちゃん


・・・


・・・


ひどいですね。


フラッシュ一回くらい間違えたならしょうがないですが、

注意されてもしてるとは・・・。


日本では若者はマナーが悪いと言われます。




そう言っている方々、


人は自分を写す鏡


自分のやっていることもう一度見つめなおしてください。



僕も見つめなおします。

世界の車窓から

テーマ:

スペインの国鉄に揺られながら

フィゲレスに向かう。



目的は

ダリ美術館。



2時間という長時間の列車は

スペインで初めてなので、


ドキドキ(・∀・)


と思ってたら




いつも通り寝てしまった・・・。



でも、

30分くらいして


起きて


外を見ると



「世界の車窓から」で見たような風景が。





・・・


・・・



・・・

(・∀・)!

なんかいい!


普段、

日本では外なんて見ないけど

たまには見るのもいいものだ。



普段してないことを

ちょっとしてみる。


これも広い世界。



でも、

いっぱいはやらない。

ペースが狂うので。

自分のペースを狂わせないのが僕にとって大事なことなので。




座席のカバーを外す、

いたずら少年にも出会う。

そして、

ゆらりゆらり揺られてフィゲレスへ☆

文化の違い~券売機~

テーマ:

今日はバルセロナから離れショートトリップ☆


朝の6時起き。


家を出たのが朝の7時だが、

スペインの朝は遅い。


こんな感じ↓



テラーサからバルセロナまで出て、

バルセロナ一大きい駅、サンツ駅に到着☆


朝一ということもあり、

人はまばら。


地下鉄の切符の買い方はわかるが、

目的地フィゲレスの行き方、

切符の買い方はわからないので、



キョロキョロ(゚Д゚;≡゚Д゚;)

キョロキョロ(゚Д゚;≡゚Д゚;)


キョロキョロ(゚Д゚;≡゚Д゚;)



あそこのお兄さんに聞こう!


基本、

こういうのを聞くときはお兄さんです。

兄貴的存在で頼りになるんで。



英語で行きかたと時間の見方を教えてもらって

ようやくこれで出発できる!!



・・・




・・・





・・・




切符の買い方は??



聞くの忘れてた_| ̄|○



もう一回聞くのは何だから

自分で探そう!


もう22歳なんだし。

いやもうすぐ23かぁ・・・。



何やら

人の行列を発見!!


はは~ん・・・、

どうやら券売機で買うようだ☆



でもすごい長蛇の列。



一番バルセロナで大きい駅なのに

券売機が一個って・・・。


日本ならこのくらいの大きさなら

20はあるぞ・・・。



並ぶこと10分。


もうすぐフィゲレス行きの電車が発車する!



そしてうまい具合に

僕の番♪

えへっ(・∀・)


行き先のボタンはわかったが、

何やら他にもボタンがあったので

後ろのお兄さんに聞く。



そして英語で教えてもらって

往復13ユーロ☆



よし、お金を入れるか(・∀・)


10ユーロ札入れて・・・













???



入らない!!!



なぜだ!?



偽札か!?



すると

後ろのお兄さんが


「小銭だけだよ」



何!?



13ユーロも小銭普通持ってねーよ!!



日本ならこのような場所で

小銭のみなんてありえないが・・・。



そして、泣く泣く列を離れ

お菓子買って小銭を作り、

また券売機に。


予定より1時間遅れることになりました・・・。