少しのアイディアで普通の商品に個性が生まれるんだなと
先日感心したこのアイスオレ。

普通の氷だけではなく、
豆腐一丁分くらいあるであろう大きい氷。


ホットのカフェラテだと
ラテアートで各お店個性を出す事はできるであろうが、

冷たい飲み物は中々個性が出しづらい。


ただ単に氷の大きさを変えただけなのに
ちょっとみんなにシェアしたくアイスオレに変わりました。

味はただのアイスオレなんですがね。


こうやって普段あまり個性の無いものも
ちょっとした変化で個性というのは生まれるものです。

名前を変えてみたり、キャッチコピーを付けてみたり、
順番を変えてみたり、色を変えてみたりなどなど。

個性や特徴、魅力が少ないと感じた時は
大きな変化を求めずに小さい変化を求めてみてはどうかなと。


そんなことを考えながら関心しながら飲んだアイスオレでした。
ただ飲みにくかったw


アイデアのつくり方/CCCメディアハウス

¥864
Amazon.co.jp
AD
エンジニアで良い人いない?
恵比寿でおいしい和食のお店ない?
今面白いスマホゲームない?
活きのいい新人いない?


日常で色々と人に上のようなことが
聞かれる事があるかと思いますが

だいたい多くてもパッと思いつくのは
多くても

3つ


プレゼンのテクニックとかでも3つに絞ると
人の記憶に残りやすいっていう話しにもあります。

ここでパッとその3つの中に
出てくる人ってなんだろう?

とふと考えたら
まずはシンプルに

①成果・結果が出ている人

これはmustですね。
聞いてくれる限りはそれなりの結果を求めているので。

次に成果や結果が出てなくても

②いい奴・信頼できる奴

紹介するからにはその紹介した相手にも
満足してもらいたいという気持ちもあります。

あと最後に

③なんかめっちゃ個性的な奴

いい奴は前提なんですが、
何かやってくれそう、紹介した相手も今まであんまりあったことないタイプとか
紹介しがいがあります。想定以上のシナジーが起きて成果が出る可能性もあります。

③とかはどういう条件の場合でも
共通して思い出しますし。


すべての人の記憶の中の3人に残るのは厳しいですが、
誰かの記憶の中の3人に残るとチャンスは
急に舞い降りてくる事があると思ってます。


特定のチャンスが欲しい場合は
そのチャンスを持っていそうな人に
上の3つのアピールは必要そうですね。







すべては記憶に残るサービスのために―最先端ヘアサロン「RITZ」がなにをやっているか/フォレスト出版

¥1,512
Amazon.co.jp
AD
組織が大きくなると
人が増え、制度が整い、便利な仕組みもできる。


立ち上げフェーズに比べ
環境は格段によくなっていく。



自分が新卒の時、
CAテクノロジーという会社の立ち上げに携わり、

当時はSEOコンサルタントをCAT内にコンサルタントの経験者もいなく
同期と一緒にCAグループ内にベテランコンサルタントに

毎日ようにアポのお時間を頂いて、勉強のお時間をいただいていました。
オフィス内にいらっしゃるわけではないので、その時間が本当に貴重でした。
*N村さん、本当にありがとうございました!!

立ち上げフェーズなので、アシスタントさんもおらず
自分たちでレポートも毎日、毎日作っていました。

社内の足りない備品を買いに行ったり、
ネットの配線の工事(?)みたいなのをしたり
色んなことをやっていた気がします。




組織が大きくなると、
社内に経験者の人もいらっしゃいますし、
上記のような作業はアシスタントさんや総務の人、業者の人がやってくださいます。

もちろん、組織にはフェーズがあるので
立ち上げフェーズにいたからすごいとかそういう話しではなく、

今の環境は当たり前ではなく、
環境に甘んじないことが重要だと思っています。


成長している時だからこそ
改めてここを意識したい。

AD
前から引っかかっていた
「結論から話すと・・・」って話す人で

聞いている側がすぐに理解できる場合と
できない場合の違いがこの本の一節を読んで
ハラオチできました。



世界のエリートはなぜ次々とチャンスをつかむのか?/宝島社

¥1,512
Amazon.co.jp


話しは結論から話すというのは
基本中の基本となっていますが、

ほとんどの人は誤解した話し方をしてます。

結論から話すというのは
「自分の言いたい結論」ではなく「相手の聞きたい結論」を最初に話すという事です。


それって結論じゃないやん!
というたまに起る正体はこれだったのかと。

人は誰しも自分に興味の無い話しは
なかなか理解がしづらいもの。

理解ができないものは
聞いている側に取ってストレスを与えるため
情報がほとんどインプットされません。

なので結論から話しているつもりでも
相手に伝わっていないのは

相手が欲しい結論ではなく、自分が話したい結論のためだからです。



「結論から話しなさい」と
部下や後輩に教える時には付け加えて

「相手の聞きたい結論から話しなさい」
と教える事でより一層コミュニケーション能力が成長するかと思いますかお



我々の身を置いている
インターネット・スマホ市場は
誰がみても成長している市場です。


当たり前のように私が社会人になってから
この市場は右肩で成長をし続け、

会社も成長を続けています。


成長をしている市場だからこそ
チャンスも山ほどあります。


成長している市場だからこそ
自分の成果(数字)というものも右肩であがっています。



でもここで改めて
考えた方が良い。


市場が前年で120%で伸びている中で
同じく個人と組織が前年で120%伸びていれば

成長しているのではなく
横ばいということ。


市場が120%で成長しているのであれば
121%で個人と組織が伸びていなければ

成長していない。


環境に甘えることなく
成長市場の成長スピードを追い越して

成長していきたいと思います(`・ω・´)
先週より弊社CyberZにも
8名の新卒が配属されました。


今年もまた個性豊かな新卒たちですw



彼ら彼女たちの日報を見ていると
アツい思いと一生懸命さが非常に伝わってきて

こちらも感化されます。


最初のうちは分からないことだらけだと思います。
誰だって最初は初心者なのですから。



分からないうちはどんどん先輩を捕まえて
どんどん質問していってほしいと思います。


しつこいなぁと思うわせるくらい
聞いていくのがちょうどいいと思います。



1回聞いたことは2回聞くな的なのが
昔から(?)あるような気がしますが、

何回か聞いてくれる方が
聞かれる立場としては安心です。



僕も今でも重要なところは何度でも聞いてます。
そしてそれをハラ落ちさせて、血肉化につなげます。


この半期は新卒にとって
社会人生活の中でも最も吸収できる期間ですので

どんどんとチャレンジしていってほしいです。



さぁ4月もなんとあと2週。
僕も彼ら彼女らのパワーに負けないように
頑張っていきたいと思います。




誰が点をとってもいい

テーマ:
大好きなジャイアントキリングにこんな1シーンがあります。

---

FWって何?

俺にとっては、11人の中で一番相手ゴールに近い選手。

そんだけだよ。

ゴールならだれが決めたっていいのがフットボールだ。

FWが決めなきゃいけないなんてルールは無い。


---

ゴールを決める=FWのイメージは強いと思いますが、

もちろんサッカーはMFであろうと、DFであろうと
誰でも点を決めることができます。


ビジネスに置き換えると
営業はFWのような役割で、

売り上げ(=点を決める)をあげます。


ただ、サッカーと同じように
営業ではないスタッフも

点を決める(=売り上げをあげる)ことはもちろんできます。


直接ではなくても
間接的にでも。


なので、サッカーと違い
スタッフは受け身になりがちですが

自分が点をどんどん決めてもいい。


僕はそんな元日本代表の闘莉王選手のように
どんどん攻めていきたいと思いますし、

自分の所属するコンサルチームのみんなも
どんどん点を決めれるメンバーにしていきたいと思います。



GIANT KILLING(8) (モーニングKC)/講談社

¥580
Amazon.co.jp
「強みを活かす」

社会人になっていくつか学んだ事があるけれど
これが学びの中で存在が一番大きい。

といっても
新卒の頃から教えてもらってたけど、

これをちゃんと実感でき行動できたのは
この1、2年くらいじゃないかなと。
*その頃、お世話になった皆様すみません・・・。

そう、社会人の大半が「強み」というより
「好き」という軸で動いていた。

「強み」×「好き」なものであれば
此れ最強なり、なのだけど

実際はそうでないことが多い。

ヘタの横好きみたいな。


「強みを活かす」

特にこれは個々最近意識している事だし、
意識せずとも組織がそのように役割を与えてくれるのが
何よりもありがたい。


でも、「強みを活かす」っていうと
強みだけに目がいきがちで「弱み」に
目が届かない場合がある。


「強み」が突出していて「弱み」を凌駕していればいいのだけど、
「弱み」が「強み」の足を引っ張ってしまっていては元も功も無い。


例えば、
行動力やスピードが強みであっても
仕事の内容が雑過ぎる場合等、信頼に繋がらない。


資料の提出は早いんだけど、
数字がいつも間違えてるとか。


「弱み」を「強み」に替えたり、
強化する必要はないんだけど、
最低限「強み」の足を引っ張らないようにはしないといけない。

総合的に強くて一つ何かが光っている、
これが理想の形なんでしょうね。

もしくはそれを補ってくれる
仲間と一緒に仕事をするか。


「強みを活かす」って意外と深いです。

7年後と7年前

テーマ:
2020年東京オリンピック決定しましたね。

その瞬間はグッスリ寝ていて
起きてから知りましたw


で、「2020年かー、7年後かー」と
今日はずっとそのことをぼんやりと考えていました。

こういうことを休日に考えだすと
ほぼ家から出ない私。


7年後は37歳。
いい歳ですwさすがに結婚はしてると思いますが。


自分としては7年ってすごい絶妙な期間で
想像付かない年月でもないし、
でも何をしているのって言われると想像もなかなかできない。


逆に7年前って何してたんだろうか。
2006年、内定者だったことろですね。

ちょうど7年前のブログ記事が出てきましたw
*ブログって凄いw


7年前の今日に今の自分は全く想像していないし、
サイバーエージェントもこんな規模まででかくなってるって
想像も付かなかったです、正直。


ただ7年前おぼろげなから想像していた
今の自分はけっこう乖離がある気がします。


なんで乖離が出たのかなと考えていたのですが、

こうありたいというイメージも芯もなく
おぼろげに日々をすすんでいたからなのかと。


日々の仕事もそうですが、
イメージができないものは成功もせず、

目標を決めないと正しい道には進めない。


なんだかそんな7年だったのかもしれません。

だから次の7年はしっかり自分の7年後をイメージして
走っていきたいと思います。

なんか東京オリンピックが
良いきっかけでした。

7年後、この記事をまた読み返したいです。





Soul Surfer [Blu-ray]/作者不明

¥価格不明
Amazon.co.jp

事故で片腕を無くなった女性サーファーのお話。

片腕を無くして初めての
サーフィンの大会。

やはり上手くできずに悔やんでいる彼女のもとに、
世界中から応援の手紙がいっぱい。

彼女は「どうしても、こんなにヘタなのに
みんな応援してくれるの?」

そして親が
「あなたが一生懸命頑張っているからよ」と。



応援したくなる、協力したくなる人に
共通するのって

本気で一生懸命頑張っている人だと思う。

例え上手くいかなくても前を向いている人は
すごく魅力的。

なので、どんな時でも
一生懸命本気で頑張っていれば

人は協力してくれるし、応援してくれる。

一生懸命なんて誰でもやってることなので
ポイントは”本気”かどうか。

常に”本気”で目の前の事に向き合っていきたい。