「あのチームだったら成果が出せたのに」
「あのサービスのプロデューサーだったら私でも活躍できるのに」
「あのお客さんの担当だったらもっと売り上げを作れるのに」

そう思う事はしばしば。
隣の芝はどうやっても当事者じゃない人にとって
青く見えてしまうものです。


ただその青い芝は当たり前ですが
最初から今の成果や活躍ができていなく

最初は小さい小さい成果しか出せていないものです。
成果さえ出ていなかったのかもしれません。


青く見えるとなりの芝は
いくつの失敗と努力を重ね

時間をかけて成長してきたものです。


もちろん成長していくのも
青さを保つ努力も現時点で多大にしているのでしょう。



初めから上手くいっているものはほとんどなく、
逆に最初からうまくいっているもの、急にうまくいったものは
地に足がついていない状態でいつ崩れるかわかりません。


隣の芝が青く見えたら
自分の芝を時間をかけて青くしていく努力が必要ですニコニコ
AD